FC2ブログ

組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

JRの陰謀

先日久しぶりに宇都宮線で東京方面へ。
用事は大したことないのですが、電車で行けばホラ、酒が飲めるではないですか(笑)。
新幹線とまで贅沢できないので週末フリー切符+普通グリーンでオラ東京さイクだと決め込んだわけです、、、が、、。
「ニッポンの文字は小さくて読めない!」と騒いでる御仁もいらっしゃいますが、ワタシは「JR東日本はクサくて乗れない!」と騒ぎたいのです。

中距離用の普通列車グリーン車って、2階建ての両端に平屋のお部屋席がありますよね。
ガキどもは100パー上の階に行くのでわりと静かになるお気に入り席なのですが、今回大きな弱点に気が付きそして逃げ出しました。
餃子駅から自治痛い駅までは平和だったのです。しかしそこから乗ってきたカッポルの男が臭いのなんの。
タバコ臭を隠すためか死臭のような香水を5リッターほど振り掛けてきたらしく、もうこの小部屋に大充満でゲロゲロオエオエ。
すぐに斥候を走らせ地階に空席があることを発見し、直ちに移動して辛うじて生命を繋げました。
いやもうマジで臭かったのなんの。
なんであんな死臭のような腐敗臭が好きなのか、月刊ムーレベルの大疑問です。

この日は春休みでグリーン車も徐々に混雑して、オウ山駅で既に立ち見客が。
グリーン券を買ったんだからそりゃ座りたいでしょうが、残念ながら早い者勝ちなのが胴元JRの非情ルール。
最近飛んでるらしいサイタマー(笑)に突入すると、さらにドドドドっと増える立ち見の人々、、。よく見るとかなり老人も多いです。

「オレはこの席を金払って買ってるんだから気にせず座ってて良いんだ」という黒い心の声と、
「いやまてまて、奴らだって金払った上で座れないんだぜ」という白い心が葛藤します。

さりげなく降りるフリして立っちまうかとも思いましたが、スヤスヤ隣で寝ている奥様もいるので悩みます。
しかし奥から聞こえる老人どものこんな声が耳に、、、。
「昔はねえ、若いモンは最初っから座らなかったもんだよえ、見たら若い人ばっかり座ってるよねえ」
「ほんとにねえ、ヒドイもんだよ」

その瞬間、絶対に我が行先駅まで立つもんか、と思いました(爆)。
そんな聞こえるように嫌味言うのはまったく逆効果でしかありません。

でも普通車グリーンもいっそ指定席にしたほうが良くないかJR?
週末とか期間限定でも良いから、混む時期だけ指定のほうが良くないか?
今や浦安鼠帝国のファストパスだってスマホで取れる時代だぜ?

なんだかんだ用事を済ませ夕刻となりました。
上野駅からの帰りもまた普通グリーンへ。
すぐに熱海発のヤツが来ましたが、グリーンの扉のホームは長蛇の列。
やっぱ乗れないかな?東京でガッツリ客が降りてないかな?上野で降りないかな?と淡い期待を寄せるも完膚なきまでの試合シューリョー(笑)。
やはり上野始発狙いしかなさそうです。
餃子市行きは1時間以上待つのでその間、上野公園の桜開花状況を監視してきました。

2019の五分咲き上野

3/23現在で5分咲きというトコロでしょうか。東京の開花宣言が3/20だったことを思うと咲き過ぎのような気もします。
例によって缶ビール片手にメイン通りを視察しましたが、何組かは既に宴も高輪ゲートウエイ、という大酔っ払い集団もチラホラ。
ちょいと気が早いのではないかと思うのですが、空いてるから正解ソレ〇大ピンポンです(笑)。

30分ほどパトロールして久しぶりに上野名物ドン突き終点の地上ホームに。
終着駅ぽくて好きですが、やっぱりこーいうのは効率は悪いんだろうなあ。
時間通りに14番線発の快足ウサギ号が入線してきて無事にグリーン椅子ゲット。
往路の反省を生かして最初から地下階の中央付近に陣取りました。

んが、JRの試練は終わりません。
ウトウトして目が覚めたらオー宮駅を出たところだったですが、どうにも臭い、、、。
オー宮から乗り込んできた真後ろのジジイがいわゆる段ボールコンストラクチャー系の方らしく、その異臭は午前中の腐敗臭に勝るとも劣らない破壊力をまき散らして我が鼻腔を汚染蹂躙しだしたのです。
酒とタバコとゲロと生ゴミがブレンドされて、それでいて酢酸系の嫌味も隠さず感じるような、、と自問自答でテイスティング(笑)。
「臭いよね、なんかすっごく臭いよね」
目が覚めた奥様も気づいたらしくしきりに聞いてきますが、じゃオレにどうしろと言うのでしょう?

もはやこれまでと斥候に出て汚染のない陣地の有無を調べましたが、上の階は空席絶望。
両端部屋も皆無。辛うじてこの地下階の先端の椅子が空いてました。
ここはトビラが開くと外気が飛び込んでくるし、何よりも足がが延ばしづらいので嫌われます。
しかし背に腹は代えられません。すぐに移動開始。
「クセえよ」とジジイを睨んで吐き捨てたのは言うまでもありませんが、その隣で上野から座っていたであろう女子がとても可哀そうに見えました。開かない窓に助けを求めるよう逃げるようにうずくまって悪臭に耐えておりました。

前の席に移動できたとしても、同じ車両の同じ車内なので何となく臭いのが漂ってきます。
次にアテンダントさんが来たら「異臭がします」と言おうと思ったのですが、あれだけジュースだグリーン券だとウロツイテいたがったのにまったくピッタリと来なくなりました。

JRさん、これだけ科学が進んでいるんだから喫煙者と悪臭者は切符を買えないようにするぐらいできるだろうよ。
臭気計測器と券売機を連動させればいいだけじゃんかよう。
もはやテロだよテロ。マジでサ〇ン事件だよ。何とかしてくれよお~(泣)。

今週末も電車に乗らなきゃだし、来週はハネダーから国外逃亡しなきゃなんねーのでそれまでに何とかしてください(笑)。

スポンサーサイト
  1. 2019/03/25(月) 15:34:08|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教授会へ

毎年猿ヶ島で行われる関東サファリ乗りの祭典「茶話会(教授会)」に参加してきました。
今回はうちのゴクツブシ号ことTB参号機で出撃。
湯水のようなガソリンと中型戦車高速料金に大枚出資して相模原まで行くのですが、参号戦車はガソリン車なのでディーゼル規制区域でも大丈夫。
何年も参加している行事ですが、コンプライアンス違反ではないのは今回が初めて(爆)。

2ぞくぞくと

3毛色の違う仲間も

珍しい四駆が来るのもこの会の醍醐味。
オーナーのお話も面白いのですが、喫煙者率が高いのが唯一の難点。
まあ屋外だから良いんだけどね。

ちなみに上の赤いハマー、いすゞのエンジンが載っているという何ともマニアチックなカイゾーが施されていました。
凄すぎます。

4四駆乗りは皆なかよし

この日は雨予報でしたが、晴れ間も少々垣間見ることが出来るほど上出来の天気でした。

5少数派

今回も少数派だったY60。
でもあの穴掘り号とご一緒できるとは光栄の極み。
遠路はるばるご苦労様でした。

せっかくY60、せっかく似たようなボディ(笑)、せっかく戦車なのだからと誘い合って2台で奥のモーグルで少々屈伸運動を行いました。
ワタシはカメでスタック(笑)、穴掘り号はショックが折れるという惨劇がありましたが戦車乗りはその程度では挫けません。
こんなこともあろうかと、が需要なのです。
穴掘り様、すかさず予備のショックを取り出してさっさと交換してしまいました。さすがです。

7同型戦車

今日は参号機を引っ張り出してホントに良かった。
次はワタシが西に行く番ですね。

そんなこんながありましたが会は楽しく無事に終了。
その後、すぐに土砂降りの雨。
とても日頃の行いが良い人がいたんですなあ(笑)。

また遊んでクダサイね。

  1. 2019/03/19(火) 10:02:20|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

河津桜を見に行くのはたぶんコレで最後でしょう

今年も毎年恒例の河津桜見物に行ってきました。
2/23でしたが、とにかくもう丁度この日が大満開だったせいもありクルマニンゲンイヌその他亜種が阿鼻叫喚の大集合。
毎年ちょっと早く着きすぎる感じもあるので、今年は1時間ほど遅く到着するように餃子市をデッパツしたのも良くなかったですね。

2/23日、朝の4時までに高速に乗るべくセド君Y31号を叩き起こし、そのまま眠たい目をこすりつつトーホク自動車道へ。
セド君にほぼ新品のスタッドレスを履いたのでその具合確認もかねての起用だったのですが、心のどこかで「のんびり行っても余裕だぜ」的なオゴリがあったのも事実。
非力なセド君は法定速度で走っても十分に「動かしてる」感がしてヨロシなのですが、気持ちと時間に余裕がないとコイツには乗れません。
ベンちゃんときたらそんな速度じゃまだタービン寝てますからね(爆)。

首都高~東名~沼津からは有料道路と一般道で朝8時にはほぼ予定通り河津へ到着したのですが、既に狙っていた駐車場は満車。
誘導の人に従っていくと砂利敷きのオフロード(Y31基準)に導かれまして、よく見れば駐車場ぽく線が引かれています。
クルマもどんどん増えてきてるしあまり贅沢求めて彷徨っていたら完全に難民になってしまうと思ったので、奥様の「え~?こんなとこなのおお?」を振り切って駐車。
協定があるのかどこも駐車料金一律一日700円也。去年よりも200円値上げされておりました(泣)。

しかしこれが絶妙のタイミングで日頃の行いが功を奏したか(笑)、5分もしないうちにみるみる周囲は車で溢れかえり我が砂利駐も一気に満車に。
そして気が付くと駐車場を求める難民がミチミチの渋滞を作成、我々がシュルっと無問題で通ってきた幹線道路まで意識不明の大渋滞となり、アレヨアレヨのその光景に股間がジョジョっと戦慄しました。
もしあと30分遅かったらあの列に並んでいて、しかもその並んだ先にも空いている駐車場はないのです。


1満開ですた

4あっぱれ


桜はさすがに見ごたえがありました。写真はニンゲンその他亜種どもが写り込まないようにアングルを探すのが大変(爆)。

3どないや

2桜と橋

35足湯なんか入ってる場合ではない

足湯に浸かってのんびりしている場合ではありません。
この時でもワタシはあの阿鼻叫喚型駐車場から無事に脱出できるかどうか不安でしょうがないのです(笑)。

しかし我が不安は杞憂に終わり、10:30頃には無事に河津を撤収できました。
堤防のようなビミョーな道路際の端っこに停めたことがラッキーでした。
もし一台分区画がズレていたら確実に脱出不可能地獄(-_-;)。つーかコレで金取るってどーなのよ、、、。
何はともあれ良かった良かったです。
奥様も大量のミカンや謎の柑橘類を買い込んで上機嫌。セド君のトランクは一気に黄色くなりました(笑)。

で、次はお約束の南伊豆の”河津”桜へ。ヤヤコシイですね(笑)。
それにはまず下田まで行くのですが、海沿いのクソふん詰まり国道は避けて山側ルートを選択。
大渋滞を尻目に逆ルートで山中を目指しますが、それにしても反対車線は次から次から押しかける車の列でいつ果てるとも解らぬ車列が続いており、いったい彼らは何時になったら到着できるのだろうかと要らぬ心配まで湧いてくる始末。
悲しいかな、無事に生き残れた我々は彼らを嘲笑うしかできないのです(爆)。

下田で昼食タイム。コレも毎年お決まりの回転ずし屋で新鮮魚介に大満足。
近海ものと称してホントはケープタウン沖でも全然許しちゃう(爆)。

南伊豆に着いたのは13:00頃でしたが、こちらはそれほど混んではおらずまさにネームバリューの低さの勝利。
狙っていた駐車場には入れませんでしたけど、桜祭り会場から離れた場所には停められましたので結果オーライです。

6もう来年からもここでいいんじゃね

こちらもジャストタイムの見頃でした。
ニンゲンやその亜種の集団も疎らで、ようやくゆっくり桜見物ができました(笑)。

5南伊豆はすいていた

マジでもう来年からは直接こっちに来ようかと思います。
河津はTVで紹介されすぎちゃってダメになってしまいました。改めてマスコミパワーを思い知りました。
あの渋滞に並ぶ勇気も、今年のようなラッキーを連続で引き当てる運もワタシにはありませぬ。
過度の人気は身を滅ぼしますぜ。

7諸悪の根源の人

↑の御方が納得してくれれば、の話ですがね(爆)。



  1. 2019/03/01(金) 01:22:06|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

インフルエンザ

2/5(正確には2/4)から2/9までインフルエンザで休暇でした(笑)。
実に4年ぶりのインフル感染、どこか自分とは無縁という発想があったんでちょっと意外。
だってうがいは喉から血が出るぐらい(笑)、手洗いも皮膚の色素が落ちるぐらい毎回必死にやっておったのです。
それでも奴らのほうが強いのだから、もう防ぐよりも為るに任せたほうがヨロシイのではないでしょうか?(爆)。

2/4の月曜日、朝起きてガンダム大地に立つもなんとなく身体のアチコチがぎこちなく、どうにも可動リンクのジョイントがスムーズに動きません。
「アレ?どうしたんだろ?」的な感じではあったのですが、まあ動いてるうちに治るだろとそのまま出勤。
仕事は相変わらずクソ忙しいので午前中はそんなことも忘れ文字通りバリバリと音を立てて業務に励んでおりましたが、昼飯時に腹が減らない、どころか胃の下部分が何となく気持ちが悪いとゆー近年アルマジロな気分になり、こりゃオカシイぞとようやくシャシーの不調に気付く始末。
机の中にあったいつの葛根湯だか解らんヤツをぶち込んで治った気になって午後もブリブリと仕事をこなし、残業までして通常通り家に帰ったのですが、熱めのシャワーを浴びても身体から全く寒気が取れずどうやら結構な発熱を醸している症状が自覚できたので超早めの就寝にて明日に備えました。
2/5未明、どう考えても仕事ができる状況ではないことはドコを見るより明らかだったので上司及び職場にメールをして再び布団の具に。
この時点で今日は早く病院に行ってインフル検査をしてこなければなるまいと心に誓ったのが災いしてか一睡もできず(笑)、そのまま朝の開店待ちの病院へレッツゴウ。もちろん一番乗りでした。
9:00の診療開始とともに診察室に呼ばれて世間話と軽い診察。
そして先生に「やっとくか?」と言われて後ろ手に取り出しましたるは、例のあの細くて長い拷問具(笑)。
ああ、やっぱりコレなのね、この分野、科学は一歩も進歩してないのね(泣)。
心の中で激しく抵抗するも大人を取り繕う我が身体は既に諦め100パーセントで看護師さんに委ねられ、ついに鼻の奥深くにズブズブとアレを差し込まれ想像通りの激痛にて我が汚染液の採取が終了しました。
次の日まで痛かったから、アレはちょっと入れ過ぎたんじゃないかな?と今になって思う始末ですが後の祭り。

10分も経たずに再び診療室に呼ばれ、なぜか嬉しそうに「A型ね!インフル決定ね!」と先生に結果を告げられて今週の身の振り方が決まりました(笑)。
「新薬もあるけどどーする?副作用とかよく分かんないんだよね?」と言われればもう実績のタミフルを選ぶしかありません。
薬局で5日分のヤクを入手して帰宅しました。
チャリで来たのを後悔するほど、帰りは憔悴してました(笑)。

まずは各方面に電話連絡。件数が多いので「かくかくしかじか一週間休みますので」、と伝えるだけで2時間(笑)。
これだけで熱が出そうですが既に熱発してるので、ま、いっか(爆)。
昼飯を無理矢理体内へ捻じ込んで熱覚ましとタミフルを規定通り投与して、ようやく再びベッドに横たわると不思議と色んなやるべきコトややっておいたほうが良いコトを思い出し、飛び起きて掃除機なぞを掛け始め(笑)本棚を整理してコメを砥ぎ炊飯器をセットしてシャワーまで浴びてから再び布団の中の人に。
これでこのまま気を失ったまま死んでしまっても、奥様にグチグチ文句言われずあの世に行けるだろうと深い眠りにつきました(笑)。
 
気が付けば20:00。インフルと聞いた途端に非情になった奥様に叩き起こされ、夕食を食いヤクをぶち込んで再び寝室へ。
寒気は納まってませんが眠気はすっかり飛んでしまって、本を読むなど手持無沙汰に時は流れて気が付いたら2/6の朝。
ずいぶんと身体が自由になったような気になってしまったら、もう布団に食われている場合ではありません(笑)。
寒気も納まってきたので熱も下がったのでしょう。朝食を食ってタミー投入とルーティンは守りつつ、さて今日はどうしよう?(爆)。

「外に出たらダメだよ!」と奥様に言われてしまったのですが、ワタシはもう昨日までの瀕死の病人ではないのです(爆)。
時計の針の回転を苛立ちながら凝視待機しつつ、皆の出勤を見計らって会社に電話をして確認と指示をすれば本日の業務は終了(笑)。
”10:00かあ、本屋が開くな”と思ったが最後、気が付いたら防寒着にマスク着用にてバアンと玄関扉オープン(爆)。
つくづく寝てられないホモサピ一名なのです。

ウイルスをまき散らさないように注意しつつ予定の買い物を済ませ、薬局でクレベリン置き型を買って帰宅。
シャワーを浴びて外気の汚染を洗い流して撮り溜めたCSの番組をナナメ見していると、背中に何となく懐かしい寒気が。
腐ってやがる、早すぎたんだ、と一瞬だけ反省して布団に戻り惰眠を貪っているとまた元気になってくいるという、まさに回復とダメージのセメギあい。
やっぱりシャシーのどこかにまだMPを吸い取る敵が潜んでいるのだ、ということなのです。
「働く細胞」のイメエジだと今まさに白血球さん達が我が体内で血まみれになって戦っているのでしょうな(笑)。

夕方、奥様に脱走したことを咎められつつ無反省で夕飯。
病気には耐えられても暇には耐えられんのだよとホザキつつタミーを摂取してこの日は終了。
そういえば熱が下がっていても酒が飲みたいとか全く思えないので、やはり本調子ではないのでしょうなあ。

2/7、もう目覚めた瞬間から「完治」と細胞中が具申しているのが解ります。
”勝訴”、のように習字をもって走り回っているヤツもいます(笑)。
インフルルールだと熱が下がって3日間は外出禁止、となってますので、本日はまだマル二日経ってません。
どうしようか?何しようか?、ああ、こんなでは定年した後の悠々自適生活がマトモに過ごせるのだろうか?と悶々としつつ、たまたま観始めた溜め撮りしていたCSの海外軍事ドラマモノが面白くなって一気見してしまって気が付けば夕方に。
こんなに洋物(笑)にハマったのはXファイル依頼でした。

2/8、もう引き籠りネタがありません。天気もヨロシクメカドックで「出掛けろ」と言われてるが如くの暖かいドピーカン。
植木に水をやって那須基地に電話すると、先日注文したセドリックのスタッドレスタイヤが届いているとのこと。
「いやあいかんなあソレは早く履かねば明日からの雪に間に合わないぞう」と棒読みに呟いてからババっと着替えてセド君のキーを引った繰って国道四号へ(笑)。
天気予報では南岸に低気圧が近づいてきていて関東地方でも積雪の予報なのです。
でも別にベンちゃんは既にスタッドレスだし、今履いているセド君のスタッドレスだって経年ヒビが目立つ以外には特に無問題なのですが。
那須基地でタイヤを積み込んでイキツケのタイヤ屋さんで交換作業をしてもらいすっかり灰色になった空の下、さて雪でも味わいに行くかとほくそ笑んだところで奥様からメールが。
”洗濯もの回収とブリ大根” なるほど、遊んでる場合ではないってコトですね(泣)。

金曜の夜だというのに特にすることも無く、フツーに飯を食ってテレビを見ていれば既に寝る時間。
熱だとか吐き気だとかインフル症状も影も形も無くなって至って平穏な夜となりましたが、それはそれでなんか勿体ないようななんか忘れてるような(笑)。
明日はちょっと酒でも飲んでみるかと思いつつ2/8終了。

2/9(土)は雪の予報だったけど、餃子市内は大した積雪も無くまさにスッポリと拍子抜け。
所用で奥様と北へ出掛けねばならなかったのですが、スタッドレスを履いたベンちゃんの敵ではなくところどころの着雪&圧雪でまさに不謹慎ながら「もっと降れよ積もれよ」と思ってしまったのは正直な気持ち。
それでも日陰のカーブにはご丁寧に溝に落ちた車がレッカーを待っておりましたが、ノーマルタイヤかスピードオーバーか、はたまた技術不足の自業自得なのでこちらから助けることはありません。

餃子基地に帰投してビールを飲んでみるも、ううむ、あまり旨くないではないか。
ウマいビールはいつ飲んでもウマい、という持論に反して、どうにもこうにも喉を入って行かないのでコレはやっぱりタミーちゃんの副作用だろうかと疑うコトしきりなのです。
あと1日分残っているけど、もう服用はやめたほうが精神的にも良さそうです(笑)。

2/10日曜日、今日は餃子基地マンションの下水管清掃があるのでお出かけは不可。ということでしたが、コレが遅れに遅れて夕方になることが判明したので、奥様と隣町の温泉施設へ。
インフル明けでイキナリ不特定多数の前でスッポンポンになるというのもどうかとは思ったのですが(笑)、まあもうウイルス保菌期限も切れてるので大丈夫でしょうとの判断によりデカい浴槽でのんびり浸かるコト1時間。
身体も温まってオイルの回転が良くなったか、帰宅すると急に酒が、ビールが飲みたくなる欲求が復活してちょっとびっくり。
なるほどなるほど、必要以上に身体を温めるとアルコホル欲求は復活するようです。
人体の神秘にまた一つ触れることが出来ました(笑)。

2/11は世間様もわが社も休日でしたが、さすがに4日も休んだので休日出勤です。
たまりに溜まった仕事を進めて(ちょいと手を付けて)やった気になって現在に至る、というワケです(笑)。
まあいい骨休みだった、というには時期が悪すぎましたけど、溜まっていた録画を処理するのはちょうどいい時間でした。

インフルエンザ、いくらか下火になったとはいえまだまだ猛威を振るっている最中ですので、掛かった方はぜひともナイスな暇時間をお過ごしください(爆)。




  1. 2019/02/12(火) 07:49:02|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヘッドスパ

去年より1~2か月/1回程度の周期でヘッドスパなるものに通っております。
これがマジで気持ちいいのなんの。
日頃からの頭の重さやモヤッとした頭痛がスカッと取れて、しかも頭皮に良い(笑)と良いことづくめ。
ま、ちょいと気恥ずかしい美容室的なお店に行くのと、必ず予約が必要なのと、少々お高いというのが玉にキズなのですが(笑)。

餃子基地より歩いて3分以内という見事な立地にそこはあります。
先日も施術を受けてきましたが、目的物件が近いというのはとてもありがたいし、不精なワタシでも続けられる要素の一つなのでしょう。

まず、ヘッドスパリスト(?)のオネエサンが近接カメラで我が頭皮の状況を観察されながら診察をしてくれます。
ストレスがあると頭皮が赤っぽくなるらしいのですが、ワタシはいつでも赤っぽい。
「ストレス?そんな見えんモノは現存しないわ!」と豪語しているわりには秘かに現代人並みのようで(笑)。
ちなみに健康な頭皮は黄色っぽい肌色をしているとのこと。
中年男子にありがちな毛穴の汚れや詰まりはありません。これだけはいつも褒められます。
毎日これでもか!とシャンプーしてるのが功を奏しているのでしょう。

診察が終わるとオネエサンに個室風の小部屋に連れていかれ、椅子に横たわりましてムフフなタイムの始まり、、、などというコトは一切なく、まずはガシガシと施術用の液体を振り掛けられてアタマを揉みに揉まれるのです。
もはや潰す、と言ったほうが適切かもしれません。小柄なオネエサンの割には指ヂカラがスゴイのです。
最初はものすごく痛かったのですが、今や痛気持ちいい境地に達しました(笑)。
この人、ギターやったらとても上手になる気がします(笑)。

その後、アタマに密閉できる宇宙人的なカバーを掛けられ、怪しげなホースが接続されて頭皮を蒸されます。
程よい暖かさに思わず寝落ちしそうになります。ジッサイ毎回眠りこけてます(笑)。
10分ほど蒸されるとシャンプー施術のお時間ですが、この時も指ヂカラのグリグリで揉みに揉まれてバッチリと目が覚めるのです。
オネエサンの気が済むまでグリグリゴリゴリされて、シャワーで流されるとだいたい施術は佳境。
最近はもっと強くても、もっとこの時間が長くてもイイかもとか思ってしまう自分が相当アヤシイ(笑)。

再び近接カメラで頭皮の状態を見せてくれますが、もう全然色味が違うのですよ。
赤っぽかったのが薄いピンク色になり、場所によっては黄色っぽくなって健全な無問題頭皮に近づいた、という訳です。
それだけではなく、まるで脳味噌が半分になったかのように軽く感じるのです!(笑)。
これが味わいたくて通ってるようなもんですが。

最初はうちの奥様がこのマッサージを受けて感銘を受けたのが始まり。
「アンタも行ってきなさい!予約してあげるから!」とほぼ無理矢理予定を突っ込まれ、バックレ防止のために店の玄関まで連行され(笑)、つまりワタシは100パー渋々嫌々だったわけなのです。
トコロがこのスッキリ感を一度味わってしまうともう、あの指ヂカラ施術も気持ちよく感じて一発で虜になったというワケです。

それ以来おかげでひと月に一度ペースで通っているのです。
日曜日の朝9:00より1時間程度ですので、休日の時間もそれほど無駄にはなりません。

ヘッドスパ、そんなの女子供のやるもんだと思ってるオッサンの方(笑)、機会があればどうか一度体験してみてください。
お店によって違うとは思いますが、アナタが思った以上に首から上がスッキリすると思いますよ~。
ワタシのような短髪だと、さらに「こうかはばつぐんだ」(笑)。

注)ゲーハーから復活するかどうかは定かではありません(爆)。


  1. 2019/01/28(月) 18:28:13|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する