組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

組長のクルマ達2

~栃木独身(貴族?)時代~
さて、そんなワケで栃木の山奥にスッコんだ組長ですが、自分の人生を振り返ってじっと手を見ることもうなだれることもまるで無く(笑)、美味しい空気と暇に任せて昼に夜にとせっせと働き始めました。
自分が作った借金ではないのでイロイロな機関に相談に行ったりもしましたが(おかげでヤバイ方面にも随分顔が広くなりました)、それでもやはりどうしても返さなければならないトコロもありまして、オウチがタッちゃうぐらいのお金は自力で稼がなければなりません。
3年以内、という柱を自分にブッ立て頑張ってみました。頑張ると言うと偉そうですが、実際はもっとグタッとナントナクなのです(笑)。
それなりに働くにはどうしても車が必要な土地柄ですので、とりあえずは岐阜の親戚の家に預けていた父のアシ車150系カリーナGTを引き取って乗っていました。

mh24gun-img600x450-1171786744corawn_014.jpg


密かに4AGエンジン、5MTで速いのです。
FFですが実によく出来てない(笑)のでタックイン癖が強く、4AGの乾いた排気音と共に楽しいクルマでした。
残務整理で栃木~東京を何度も往復しなければならなかったので、速くて楽しいこのクルマにはカナリ救われました。
夜のお仕事(残念ながらイカガワシクありません)にも4ドアということで重宝しましたし、燃費も良かったので借金大王(爆)には最適です。
しかし、ジープJ24購入の為に友人のオヤッサンに譲渡。あの頃は2台所有なんてまず無理でしたから。


昼夜の仕事も慣れて稼ぎも安定してきた栃木2年生の頃、ジープの他にも何かクルマが欲しいなと悪いオシリカジリムシの囁きに負けて購入したのが「Y30バン」です(笑)。

B184001380L.jpg


勿論、バン(貨物)でディーゼルでRD28(笑)なので、維持費はジープ並みに安いのですけど、ポンプの調子がイマヒトツなのか黒煙番長で何度も修理しました。おかげで噴射ポンプの構造を理解できましたが(笑)。購入価格は、たしか20万ぐらい。もちろん現状渡しで車検もなし。
写真のY30とはちょっと違いまして、3ナンバーセダン用のフロントマスクとバンパー、内装はブロアムに交換張替え済みという前オーナー力作のカスタマイズ車でした。
そのうちVR161サファリを購入する事になり、いくらなんでも3台は無理!ということでやはり友人のオヤッサンに譲渡。
ブロックに穴が空いて廃車となったようです。

借金にも目処が立ってきた栃木3年生に、隣町の建築士の友人が「貰ってくれ!」と置いて行ったのが「シビックフェリオEG6事故車修復歴あり?なし?号」です。

H003366140102010101B0001009L.jpg


大概のボログルマには驚かないワタクシですが、コイツは本当に凄かった!(笑)。
何でも貰ってしまう癖はそろそろ考えようと初めて反省もしてみました(爆)。
結局、車検を取って乗れるまでに動力関係の部品代だけで30万以上(爆)。
同じ程度のSiが買えたかも(笑)。
ボンネットや外装は、前オーナ自らの手による金属バットの巧みな技で修復されておりましたので(笑)、ワタシはヒビの入ったヘッドライトを新品にした程度です。
このクルマで初めてホンダの思想に触れました。室内がヤケに広くてエンジンは小さくコンパクト、しかもパワフルで元気一杯です。
ボディも軽くて燃費もイイとまるで悪いところが無さそうなのですが、軽量化の為に補強の入ってないボディやまるで強度に余裕の無いエンジン、ギリギリの容量のラジエター等々、まるで戦時中のゼロ戦です。
半年ぐらい乗ったら前オーナー宅へ「お戻り」に。
ワタシの手元には修理の為にあったような、そんな奇特なシビックでした(笑)。


~結婚してお小遣いが激減の氷河期時代(爆)~
借金の返済が終わり、これでやっと夜もちゃんと寝られる!(笑)、好きなクルマを好きなだけ保有できる!(解体寸前に限りますけど)と思ったのも束の間、 一人の女性がワタシのアパートからなかなか帰ろうとしません(爆)。ふと気が付いたら彼女は戸籍上の妻になっていました(笑)。
若い頃、新車のMR-2にTバーを選んだ時の失敗が脳裏をフトよぎります(爆)。
そんなこんなの1999年世紀末を過ぎ、2000年代となって弐号機Y60と共にあったのがジムニーJB23とエスクードTA02逆輸入(ビターラ)でしたが、奥様のインサイトの頭金にJBはドナドナされ、TA02ビターラはATからの大出血で買い替えを余儀なくされてしまったというハナシは以前にもしました。
暫くはワタシが自由に出来るクルマは弐号機Y60のみ、という状況でしたが、TA02ビターラがダメになったのをキッカケに乗り換えたのが「スバルプレオネスタRG」です。

2997859_1l.jpg


ちっちゃくて速いクルマに乗りたかったので、当然SC付き64馬力しか眼中にありません。なんと乗り出し170万を越える高額軽自動車でございましたが、外せるようなオプションも無く、ついでにMTも無く、安くなる選択の余地はありませんでした(爆)。
今となっては200万を越える軽も珍しくないですけど、奥様に土下座して当時現金で150万を降ろし「オジサンこれく~だ~さいなあ~」とディーラに行ったのに、「ちっ、足りねえな!」(笑)の事実にちょっとショックでした。
よく出来たCVTとモリモリトルクのSCで外観以上に走ります。
イジリメニュー(爆)はSTIの前後強化サスキットと強化プーリー、足元はRSワタナベの14インチでバッチリ80年代風にキメておりました。
燃費は軽とは思えない10キロ前後でしたけど、この動力性能ならば致し方なしです。当時はガソリンも安かったし(懐!)。
欠点といえば燃料タンクの容量がドラッグマシン並みに少なくて(たった32リッター)、しょっちゅうスタンドに行かねばならなかったことです。
なんと2度も車検を受けて、サファリ以外のワタシのクルマとしては異例の長寿命だったのですが、低すぎた車高のおかげでオイルパンを何度もブツけ、治す度にアルミ製のブロック側がヤバくなってまして、完全にダメになる前に値段が付くうち売ってしまえ(爆)と言う事で、中古車屋に売却。
現在サクシードについている3連メーターは、実はこのプレオの遺品です。



~番外編~
結婚する前に奥様が乗っていたクルマ「カローラFX」です。

E0002_010104500101.jpg


スゴイ事故を経験している(らしい)痛々しいクルマでした。下回りには溶接で接いだ跡が生々しく、実は全損だったのじゃないかと思える程。
何度アライメントを取ってもちょっと走れば狂ってしまうのですけど、ナゼかハンドルのブレも無く、車体が僅かナナメになりながらでも真っ直ぐ走ってました(笑)。
エンジンは人類の至宝4AG後期、そう、あの5バルブエンジンです。
それをATで乗るというこの贅沢な無駄!(笑)。このオンナには一生掛けてでも説教するしかないなと思いました。
いつ折れるか不安なのでさっさと売っておしまい!と言うことで、ガリ○ーというボディしか見ない買取屋で持って行ってしまいました(爆)。
今思えば、エンジンだけでも抜いてしまえば、と後悔しています。



こういう風に書き出すと、実は自分はヨンクって、「サファリ」と「ジムニー」と「ランクル80(笑)」しか知らないんだなあと改めて気付きます。(TA02はヨンク的な使い方をしませんでした)
もっとも自分的に遊べるヨンクが少ないもの事実ですけど、一生の趣味にしている割には少ないかなあと思います。
でも、イザ買い替えと言ってもダメなんだろうなあ~。
ファーストカーはまた「サファリ」を買ってしまうような気が多々、するのです(笑)。


ちょっとカジョガキ風にまとめようと思って始めた「組長のクルマ達」でしたが、思いの他長くなってしまいました。
所有の時間長短に限らず皆、思い出の深い一台でしたから。
またこれからもそーいう「クルマ達」を乗ると思いますが、そんな思い出の「屍」(爆)を累々と死ぬまで築いていけたら本望だなあと、クルマバカオジサンは思うのです。

最後まで読んじゃった方、ホントご苦労様でした(笑)。









スポンサーサイト
  1. 2007/09/15(土) 11:53:32|
  2. クルマ遍歴(変歴?)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

組長のクルマ達1

ふと気が付けば我が人生も随分なトコロに来たなあ(笑)と思いまして、今回は記憶のハッキリしてるうちに回想録なぞを(爆)。

部活とバイクとクルマに明け暮れた10代、アフターファイブと酒とクルマに明け暮れた20代、仕事と趣味と、やっぱりクルマに明け暮れてる30代(笑)と、とにかくクルマ漬けな人生でございました。
そしてこれからも確実にその路線なのは言うまでもありません。

ヨンク生活はもう既にライフワーク、自分ちの冷蔵庫の食料を上から順に紹介するようなモノなので、今回は組長の青春(笑)を駆け抜けた「クロカンじゃないクルマ」を振り返ってみたいなと思います。


~無免許時代(爆)~
大きな声では言えませんが、中学2年からクルマには乗ってました。もう時効だと思いますけど(笑)。
実の親父が商売をしていたのでその手伝いに一週間に一度、問屋まで夜中の配達に行っておりました。三郷市から錦糸町まで往復1時間ぐらいだったでしょうか?倉庫に荷物を卸して帰るだけなので誰にも遭いません。運転よりも満載してる荷降しがマジで辛かったです。
当時の愛車?は「いすゞエルフフラットロー2.0tロング」もちろんMTでディーゼルです。
親父の英才教育?の賜物で、一度も当局に止められたことはありませんでした。


~あっという間の初心者時代~
そんなワタシでも奇跡的に無事18歳で四輪免許をゲット出来ました。2輪免許は持っていたので、若干は短縮されましたが仮免を取ったらもうチンタラした教習が我慢が出来ず、そのまま試験場へ。教習所の通りに走ったら一発で合格できました。
路上教習をパスって浮いたカネ+アルバイト代で初めて買ったクルマはなんと、「シトロエンGS」です。
コレがなんとも悲運なクルマで、その所有期間はたった3日です(笑)。
栃木県小山市の解体屋兼中古車みたなトコロで車検がまだ半年残っているGSを購入。嬉しさのあまり名変も終わってないのに乗り出して当時付き合っていた彼女と堤防の上をドライブ中、前から来た建設省のジープJ36と擦れ違えず土手下に転落して横転。

gs_image04.jpg


十分に通れる巾はあったのに、今でも不思議な出来事です(笑)。
そのまま廃車、待望のクルマは無くなり親父に殴られ(笑)、彼女の父親には殴られ(時代だなあ)、とにかくキョーレツに凹みました。


~117と共にあった学生時代~
そんなバカ息子を多少は哀れに思ったのか、親父が拾って来たような117クーペを与えてくれました。お代は夏休み中の配達全てという厳しいものでしたが、とにかくまた自分のクルマが持てる!(トラックはクルマだとは思ってないので)ので、すごく嬉しかったですねえ。

117xe.jpg

実は117は自分の感性と言うか、何か自分の基準になるようなトコロにピッタリな操縦フィールで、初代、2代目と2台も乗り継ぎました。
リアがリーフでリジッドアクスルだったからかしら?(笑)
親父がくれた初代はなんとも表現しがたいくすんだ赤で、どう見てもオレンジ(笑)のXCでしたが、学生の身分では十分なシロモノです。
あっちこち走り回り、ついにフロントのダブルウイッシュボーン下側のシャシ側ブラケットがモゲ落ちてジ、エンド。
2代目は中古車屋で購入。XGというツインカムG200が載った走りグレードです。キレイなシルバーだったのですけど、何だかパッとしない(と親父が言うので)のでそのまま塗装屋さんへ納車(笑)。
わざわざ取り寄せたフェラーリ純正色の赤で再塗装しました。正直、親父の趣味に強引に合わされたカンジでしたけど、購入代金の半分以上は出してもらったので文句は言えません、というかありません(笑)。
もちろん、アルバイト代は全てこのクルマのガソリン代と改造費に費やしました。今とヤッテル事はそう変わりませんね(笑)。
この117は10万キロ以上乗り回して、学生時代の終焉を飾るイロイロな思い出を作ってくれました。散々弄繰り回したツケがエンジンブロックの割れとなり、無理と無知の結果の果てを身をもって教えてくれたクルマです。


~初めての新車AW11時代~
さて、社会人になり就職も決まり、ブローした117を起すよりも借金して新車を買おう!と気持ちも大人に決意して買ったのが、「MR2通称AW11」です。既に走り屋の世界に首まで突っ込んでいたので、大して巧くないくせにリアタイヤが駆動されることは絶対条件で、当時1800だったS13よりもずっと速そうに見えたのです。
安っぽくてFXの流用パーツなのに、乗り出し250万ぐらいしました。
 
TO_S028_F001_M001_1_L.jpg


お決まりのスーパーチャージャーのプーリー交換から始まって、足回り、LSDと一通りヤっておりました。外観以上に重たいクルマでそんなに速くは無かったけど、中速から高速コーナーが決まった時はホントに気持ちよかったなあ~。Tバーを選んだのは今も悔やむ一生の不覚です(爆)。
当時ギャラリーの集まっていた某千葉の食品コンビナートで事故大破。その後も奇跡の修理で復活するも、やはりボディがダメで真っ直ぐ走らないクルマになってしまい、ノーマルに戻して次のレガシィの下取りに。


~レガシィに摂り憑かれた時代~
もうちょっと落ち着いた車に乗りたくて、スバルのディーラーへ流行のレガシィツーリングワゴンを見に行った時、カタログとは言えない一枚の紙切れが目に止まりました。レガシィRS-Rです。衝撃でした。
パッと見た目は只の安いグレードの4ドアレガシィですが、実際はラリーベース車で各部に補強が施してあり、エンジンも220馬力とリッター100馬力を超えるハイチューニングバージョンが載っておりました。今では有名で当たり前ですが、当時は聞いたことが無いSTIというメーカー直系のチューニングマシンが、なんと合法的に買えるという事がスバらしく魅力的で、即、ホント即決で注文を入れました。色は設定がシロのみ。迷う必要も時間もナシです。ロールバーとタワーバー、リア強化LSDと強化センターデフ、120wのヘッドランプ、アルミホイルレスをオプションで選んで総額は300万にちょっと足りないぐらい。
その後、都内のディーラーでは扱えないだとかSTIからはライセンスを見せろとか、イロイロとありましたが約3ヵ月待ちで納車に。

RS-Rtrue-catalog2.jpg


足回りの交換とROMチューンだけでサーキットでも十分勝てたこのクルマも、R32GT-Rのチューニングが進むにつれチカラの差は歴然に。そうなるといつもの”イジリ倒し病魔”が襲うという悪循環の発生でございます(笑)。
今ではレガシィもインプレッサもパーツが豊富にありますけど、当時はSR系になったPS13とR32、fc3cがメインにノサばる(爆)時代で、マトモなパーツがありません。チューニングショップもレガシィなんて弄れないと断るトコロが殆どで、かろうじてワンオフ現物合わせで作る小さな町工場のようなショップでお願いするのがやっとです。
それでもステンタコ足にTD05タービン、ウエストゲート、追加IJにサブCP、GT-R用インタークーラーと、とにかく32Rの前を走りたくて走りたくて、給料の殆どを注ぎ込みました。
まだ空いていた湾岸線がセッティングの場所で、5速踏み切りでレビック(懐かし~)のツマミをコチョコチョやっていたなんて今では危なすぎて考えられません。

ちょっと経って出てきたRS-RAというクロスミッションを搭載したベース車です。
RA-RA-B.jpg

コイツのミッションを手に入れたくて、STIと何度も交渉した結果、ナンバーを切るなら(つまり公道を走らないなら)売ってもいいと言うことで一度抹消登録をしたことがありました。勿論、ミッションを手に入れた後に再び登録しなおしましたけど(爆)。
そこまでして手に入れたクロスミッションは、TDタービンチューンドエンジンには逆に繋がりが悪くて5速も早々に吹け切ってしまい、結局ノーマルミッションに載せ替えとなってしまいましたけど(笑)。

素直にGT-Rに乗り換えていれば、こんなに散財する事も無かったかも、、、と深く反省を促される一方で、ターボセッティングの奥深さと難しさを教えてくれたクルマです。決まった時のあの「暴力」とも言える加速は本当に”麻薬”でした。マイナーなクルマゆえに「プジョーかい?」と聞かれることも多々ありましたけど(笑)。

このレガシィでは考えうる事は全てやるだけやったので、いい加減半分以上シラけていた走り屋趣味に終止符を打つ事が出来ました。
民間の修理工場で「これはもう車検に通らないよ」と言われてどうしようか考えている時に、レース活動をしたいから、というタイミングよく現れた後輩に格安譲渡。スゴイ補強のボディなのでエンジンをノーマルに戻し、足回りを変えてしばらくダートラを走っていたようですが、時代はもうインプレッサやランエボに変わっていまして、そんなに好成績は残せなかったようです。
その後はどうなったか解りません。


~最後のバブル時代~
さて世の中はバブルも弾けて久しい頃、ワタシのクルマは既に「ランクル80GX(笑)」のみとなりまして、クルマ趣味には一応終止符を打ったと思い込み、スノボやカヌーに東奔西走している頃、環七のポルシェディーラーで見た928S4が目に付きました。
それは知り合いの問屋の社長のクルマで、下品な羽根とバーフェン(爆)に見覚えがあったのです。確か1000キロぐらいしか走ってないバリモノのはずで、値札は出てません。社長がカネに困って売ったのか?と思ってましたけど、実は置き場に困って預けてあるクルマだったのです。
何となく話の弾みでワタシが乗ることになり、かなり格安(といっても3本以上ですが)で譲って貰う事に。
なんと半分は成り行きですが、三郷のバカあんちゃんがポルシェのオーナーになってしまったのです!(笑)。
下品な(爆)羽根とバーフェン、エアロパーツは全て外して純正ホイールをディーラーに探してもらい、キッチリとノーマルに戻してもらいました。そう、もうチューンドには懲り懲り(笑!)だったので。

disp_pic2.jpg


さすがは928S4で、荒れた横羽線でも200以上をキープして走れます。しかも柔らかい乗り心地も維持したまま、なんの不安も無く高速レーンチェンジできるのです。
街乗りでも思った以上に見切りがイイので、左ハンドルという点を除けば取り回しに苦労することはありません。
今まで散々苦労してやってきたことが、全て洗練されてココにあるカンジでした。
しかし、このクルマも不遇で1年も乗らずに手元を離れてしまいました。

ハジけたバブルの影響は関係ないと思っていた我が家も直撃しました。親父の会社がいよいよヤバくなり、密かに役員だったワタシもそろそろ年貢を納める時が来てしまい(笑)、928S4は見知らぬコワモテのオジサンに引き取られてしまいました。
まだ残債のあった「ランクル80GX(笑)」も某有名ローン会社が来て、まとめて払うからと言ってるのに聞く耳持たず持っていってしまいました。
ボコボコなのにイイのだろうか?と逆に心配しましたが(笑)。

そして住む所さえ追われたワタシは自分の分(だとされる)シャレにならない額面の借金を抱えたまま、勤めていた某企業を辞めて栃木の山奥へ”疎開”することになってしまったのです(笑)。あ、笑えないか(爆)。


さて、クルマどころじゃなくなった組長、まずは住むところと明日の飯、それと膝が笑っちゃうほど莫大な借金をどう返すか、です!
脱線後、どんどん豪快に線路から外れていく我が人生列車ですが(笑)悲惨な気分には全然なり(れ)ません。
あまりにお気楽な我が思考には呆れますけど、それを支えてくれた上を行くおバカな友人達にかなり助けられたのも事実。
田舎バージョンのクルマ趣味生活は更に続きます!

組長のクルマ達2に乞うご期待!
しかしオレって、ホントにバカだなあ(笑)。










  1. 2007/09/14(金) 11:59:25|
  2. クルマ遍歴(変歴?)
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:1

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する