組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

矢板のピアノと高原アイスとせんべいと

以前はホームコースがあった関係で矢板市には随分と通いました。
それこそほぼ毎週(笑)。
矢板在住の友人も多くなって、自然とこのあたりの地理や店には詳しくなりました。

で、ホームコースが無くなって矢板とは縁遠くなっても、ふと思い出したように行く店があります。
それがこの「ピアノ」とゆーお店。
県道30号線沿いにあるちょいと小洒落た町の洋食屋、という佇まいです。
間違っても泥だらけのヨンクや油染みのツナギで行くところではありません(笑)。

何食っても大概は美味いんですけど、おススメはお昼のランチ。
どーすかコレ!?

ピアノランチ

この品揃えはスゴイの一言。
これで1000円ちょいぐらいなんですから、お得感はハンパありません。
メイン料理は肉と魚が選べます。

以前はこーいうチマチマ系(爆)の小皿料理ってのはあまり好きではなかったのです。
「ど~んと丼で、もしくは大皿で持ってコイやア!」な竹を鉈で割ったようなバカだったのですが(笑)、寄る年波によって”美味いもんを少しづつ種類豊富に食べる”のが良くなってしまったというワケですね。

今年のGW前半は遠くに出掛ける予定も立てられなかったので久しぶりに近所をグルグルしてこのようにお茶を濁しておりますが(爆)、「ピアノ」のランチを思い出したのは我ながらなかなかの僥倖(笑)。
満足してベンちゃんを霧降高原に向けて出港させました。
次はやっぱりデザートでしょ、大笹のアイスっしょ(笑)。

大笹牧場

バビュっと鬼怒川~川治周りで”裏”から霧降高原へ。
ベンちゃんのクソトルクで大笹山の勾配もなんのその、あっちゅう間に着きましたよ(爆)。
がしかあし、、、、寒い(笑)。

下界では24℃もあったのに、霧降高原は16℃、、。
アイスどころではないのです。アツカンでもイイぐらい(爆)。
半袖という我がイデタチもちょいキチ(爆)感否めないので、ここは戦略的にも牛乳だけ頂いて撤収。
真夏になったらまた来ようぞ。

グネグネ細道の旧道(県道245)を降りて高徳方面へ左折、潰れたウエスタン村交差点(地元通称)を右折してR121を今市市街方面へ。
途中、最近必ず奥様が寄りたがる「日光おかき工房」に今日も「突入」の指示でゴザイマス。

wrapper.jpg

工場付設のお店にはこれでもか!のせんべいやおかきが売っておりますが、試食もハンパありません、。
一通り喰ったら腹がいっぱいになってしまう程。
辛いの甘いの揚げたの焼いたのカッタイのヤワイの何でもあり。
割れちゃったやつとかの超お得格安詰め合わせ販売もあります。
奥様の買い物欲も満たされたようですが、二人しかいない家庭でその量はどうなのよ?と疑問符もひまわり2号と一緒に飛んでおります(笑)。

既に時刻は夕刻。
ワタシは酒が飲みたい一心でR199を餃子市に向かってひた走り、無事に近所探訪終了です。
こうやって走ってみると、栃木ってまるで観光地みたいじゃんか(笑)。
ちなみにディステネーション(NOTディストラクション)キャンペーン中のようです。
皆さん栃木に来てバンバンおカネを使って帰りましょう(爆)。




スポンサーサイト
  1. 2018/05/02(水) 10:03:26|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

幸の湯

かなりの久しぶりです。
以前はナンダカンダ(キャンプがらみが多かったか)で日帰り入浴利用していた幸の湯、久しぶりに再訪してみました。
場所は板室温泉の手前、塩那道路(未成道路)の起点付近です。
奥の分岐を道なりに右に行くと深山ダムがありますが、こっちは毎年雪が降れば犬ころのように走り回ってるスポットです(笑)。
なので道行きに久しぶり感はありません。

22日の選挙が仕事で行けそうにないので役場で不在者投票を済ませてから、お山方面へEベンちゃんのスリーポインテッドを向けますれば、3リッターターボディーゼルのクソトルクであっちゅう間に板室温泉郷へワープ。やっぱり排気量は正義でしょ(笑)。
久しぶりの幸の湯ですが、たたずまいは記憶の彼方と一緒。
入口の木製デッカイチン●ンも相変わらずゴリッパ(爆)。

当時500円だった日帰り入浴料金は700円になってましたが、来年の3月からは800円になるんだとかの貼り紙が。
なんだかなあ、、。
廊下をとぼとぼ歩いていくと、以前は離れの露天風呂があった場所に立派な前室が設えてあり男女の入り口はココで分岐される作りとなってました。扉を開けるとちゃんと脱衣所もありますが、ロッカーは100円が戻らないタイプなので貴重品はフロントに預ける必要があります。

フルチ(笑)になって浴室に行くとなるほど、ちゃんとした内湯があるではないですか。しかも檜風呂じゃないすか。ゴージャスじゃないすか。
洗い場もちゃんと完備されて当時の面影は、、、、あまり覚えてないなあ(笑)。

image132.jpg

壁板が腐っていてところどころ朽ち落ちてるのが気になりますが、他は比較的清潔です。
身体を洗って内湯を堪能。
こーいう温泉に行くと先に身体も洗わず浴槽に入ろうとするフトドキモノをよく見かけます。
若造に限らずマナーにウルサそうな爺でも平気でチ●コだけチャッチャとお湯掛けてドプンと入ってくるのです。
「お湯に謝れ!」とワタシは言いたい!。ついでに先に入ってるオレにも謝れ(爆)。
我が流派はどんな温泉も地球の恵みに感謝し、まずは全身を清めてから浴槽に入るべし、なのです。

露天風呂への戸を開けると、見慣れないバドバドと激しい音の打たせ湯が。
この落差、水量はかなり珍しいのではないでしょうか。
脇にある打たせ湯の上流の風呂は石造りになっていて、ワタシが思い出せる当時の面影はありません。
チャプッと石の方に入ってあたりを見渡すと、記憶のある東屋風の屋根が隣に見えております。
あっちは女湯になってしまったようで、近寄ることは出来ません(笑)。

A21.jpg

A11.jpg

せっかくなので打たせ湯にチャレンジ。
キョエ~、、と小さく奇声が出てきてしまうほど「痛い」(笑)。
ズドドドドと整備不良ハーレー(爆)のような振動と音が蓄積肉(ぜい肉とも言う)を揺らします。
こりゃたしかに打たせ湯効果は抜群かもしれませんが、なんか別に筋肉痛になりそうな(爆)。

ソレなりに満喫してしまいました。
あとで奥様に女湯の状況を聞くと、立てないような深い浴槽があったようで綱につかまって入る面白システムが導入されていたようなのです。

top081.jpg

top021.jpg

(写真はHPより引用)

改めて最近のパンフを確認すると、曜日によって入れ替わり制になっているようです。
しかし週末は決まって打たせ湯が男風呂固定みたいでちょっと残念。
綱につかまってみたかった(笑)。

久しぶりの幸の湯でした。
記憶からはかなり変わってましたが、なかなかどうして良かったじゃねーか、なのです(笑)。
入浴料700円はちと高いけど、払うだけの価値はあるようですよ。


  1. 2017/10/16(月) 09:21:16|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山泉楼

餃子基地の近所にある中華料理店です。
玄関からあるいて5分未満。そのうち3分はエレベータ待ちだったりするかも(笑)。
週末にはちょいとリッチな家族連れや、謎のオッサンオバハン集団で常に混み合っておる人気店です。
ちょっとリッチ、と敢えていうぐらいリーズナブル”ではない”設定のお値段でゴザイマスが、料理はサスガとってもかな~りオイシイデリシャスオッティーモなのです。
ぶっちゃけ中華なんてドコでも同じぢゃんか、と思っていた風の我が味覚神経に風穴を開けましたよ(笑)。
ココよりウマめし中華喰おうとしたら、中華街でもちょっと難しいんじゃネーかと思うほどなのですよ。

土曜日の早めの夕方だったので久々にトツゲキ敢行。それでも17時台で2組待ちとは恐れ入ったぜよなのです。
この距離ならば冬でもサンダルで行けるこの手軽さ、ですが、財布の中身はガッツリと持っていかれます(笑)。
テーブルが全席禁煙なのも嬉しい配慮ですが、玄関入ってすぐにザラハイが置いてあるのはダメダメポイント。
クソ野郎(喫煙者)がいたら否応なしにクサい煙の中を入退場せねばなりませぬ。店要改善部分受動喫煙被害駄目絶対。


サンセンロウ店内

建物外見も店内もわりと本気ぽい中華な佇まいなのです。
ウイトレスのお姉さんもガッツリとスリットの入ったチャイナドレス(笑)。
しかし、まるで見たくならない(寧ろ、ない)のは成層圏突入高高度レベルの妙齢?な設定のオカゲかしら(爆)。
要改善醜悪婆切望交換麗若姫。

取り敢えずまあ生ビール中ジョッキ。
奥様とガチャンしてウグウグと飲みながら我此瞬間生存確認(笑)。
ナマビが麒麟なのも良。

とりまかんぱい


本日は前菜にユウリンチー、酒のアテにレバニラ炒めと絶品麻婆ドーフ。お食事はサッパリと山泉楼麺のちょいと抑えめコース。
あまり食うと夜飲めなくなっちゃうからね(爆)。
とはいえテーブルは回らないケド本格中華なので、皿は取り分けサイズと相成って候。
初老のオジサンオバチャンには十分なのです。
我若輩頃暴飲暴食当然中華 今油物大量摂取苦行 美味少量此良 残念加齢身体能力

げきうま

メニューもうまそー系がかなり多いのですが、二人だとおのずと限界が。
旨いケドやっぱり油だし(笑)。ご近所ですがコンプリは程遠い夢です。
そうそう、一部メニューを除いてニンニクが(それほど)効いてないのも本場中華ぽくて二重丸。

今回も良美味旨是幸福。
食後にオイシカッタと思えるぐらいの量が丁度いいのよ、と思える年齢にワタシもなったのですよ。
「もー○○見たくない、あと1年は要らない」とか言い出す程の量は喰っちゃダメってことっすよ(笑)。

もっともヒタスラガッツリ中華が喰いたきゃ、ちょいと車で走れば東峰飯店とゆー恐ろしい盛りの店もあるでよ(笑)。




  1. 2017/03/13(月) 00:41:46|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋深し

気が付けばもうダウンじゃないと朝夕は外に出られない程寒くなりました。
夏から一気に冬になったようで、こちら南トーホク山沿いの貧乏地区(爆)も一気に山が茶色に。
茶色い食べ物は身体に悪いですが、山の木々が茶色なのはなんとなくニホンジンのココロに良さそうだ(笑)とゆーことで久しぶりにDXサファリ号を出動させてみました。

1秋よんさま

矢板市にある県民の森付近、某林道から出てきたトコロです。
見頃ギリ一歩手前な紅葉ですなあ。

4あきりんどう

今まさに出てきた林道。入口がフリーでなぜが出口がバリケでふさがっておりましたが、まあソコはソレ、蛇の道は蛇の目ミシン、事件はNO会議室YES現場主義ってコトで(爆)。

2あきよんさま

展望台まで上がってみました。

3秋よんさま

旧型ディーゼル機関にしては煙の少ないDXヨン様号は自然の中でも安心です。

「今年はちゃんと紅葉する前に冬が来てババッと枯葉になって散っちゃうんだろうねえ」。
なんかそんな気配のする色付き方でした。

現在某事情によりミッションメンバーのボルトが一本足りないDXヨン様号なので、あまり無理はデキマセン。
林道徘徊はソコソコに麓に降りてきまして、奥様たってのご希望のリンゴ狩りに。

5りんごうがり

矢板のリンゴは全国的にあまり知られてないカモですが、県内ではちょっと有名。
ナリモノ好きな奥様が物色してはワタシが脚立に登って捥ぎ取るという、ココにも一種の社会の縮図があるのです(笑)。
ココのリンゴ狩りは捥ぎ取った分を買い取るシステムなので、あまり夢中になり過ぎると大変。

6たわわわ

リンゴの種類は、シナノゴールド、ふじ、おうりん、ようこう の4種類だったかな。
写真写りの悪い黄色いリンゴの方が甘かったです(笑)。

まんぞくなひと

まんぞくなヒト。
結局夢中になり過ぎて「どーすんだコレ?」とゆーような量のリンゴを買い取ってきましたが、後ほどスタッフが全て美味しく頂きました(笑)。

これからクソ忙しい冬の戦争が始まる、秋の週末のひと時でした。



  1. 2016/11/12(土) 14:56:40|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016の桜

今年の桜は予想に反してずいぶんと長い間咲き誇ってましたねえ~。
ま、今(4/12)となってはチルチルミチルで花吹雪は側溝へサヨウナラですが(爆)、ここ南トーホク地方は先週末あたりがピークの見頃だったんではないでしょうか。

そんな先週末にちょいと近所をグルリと周遊してまいりましたよ。

1べんちゃんとはなみ

西茄子のいつもの桜並木。
ちょうど満開100%混じりっケナシの上物。
真っ黒なEベンちゃんと桜もなかなかイケてますなあ(笑)。

2べんちゃんとはなみ

タイヤを夏タイヤにしたらまたまた燃費が良くなって、12km/10デシリットルは走ります(笑)。
1.9トンのカタマリを3リッターターボのクソトルクで動かしてる割にはなかなか上出来じゃネーかと。

4かろりおーばー
お食事は久しぶりに”白苺”で。
普段から食してるサモシイ食事からみれば完全にカロリーオーバー(笑)。
洋食なんてずいぶんと御無沙汰だったんで、出所したての高倉健のようにバクバクと喰ってしまいました。

5こみねじょう
続いてお隣県の白河さんちの小峰城へ。
桜のスポットでも有名ですなあ。

7おみごとぢゃ

6あっぱれじゃ

あっぱれぢゃ(笑)。
しかしパラボラが突っ立った無粋な建物が邪魔じゃのう(爆)。

その後、アチコチうろついてさらなる近所を目指します(笑)。

8くろいそこうえん

K磯公園到着(笑)。
もちろんウソ誇張の無い満開っぷりですが、既に桜に飽きてきました(爆)。

9きんじょもばっちり

さあ日も暮れたし、オヂサンは早く帰ってショーチューのロックを飲みたいのです(笑)。

3べんちゃんとはなみ

Eベンちゃんのディーゼルエンジンはカロカロとそんなワタシをせせら笑っております(笑)。


  1. 2016/04/12(火) 04:47:32|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する