組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

ビックウェーブ~

仕事はオレの趣味なのか?どうなんだい?おいそうなのかい?(爆)

とにかく、この何週間はとてつもなく忙しくて周りに変化があって大変でした。
細かく書き出すと文字だけで1GBを超えそうなのでヤメときますが(笑)、まあよく「自分でも頑張ってやってんなオレ」と思う程(爆)。

実は今まで色々と教えてくれて、サポートもしてくれた方が退職してしまいました。
ちょっといきなりなお話だったので、ドカンとモチベーションが下がってしまった所にその穴埋めの余波が。
ちょっとまだ心の準備もシートベルトもヘルメットも被ってないのに突然その日一番の強烈なセクションに一番乗りで突撃するような、まったくそんな心境でした。
まあそれでもやらねばコトも終わらないので、いろいろと通常業務の倍以上の分量と手配をこなして(なし崩し的ですけどね)、まあ0.1段落ぐらいはつけたかと。

おかげでその期間サファリにも乗れず(会社の駐車場に2週間放置!)、せっかく買ったハイリフトジャッキロングバージョンも雪のある所まで暇がなくて行けず、ぐっすりも眠れず、体調も優れず、とずーずーばっかり並んでしまった訳ですね。

このままでは仕事が趣味と化してしまいます。実はもはやそうなのかもしれません。
ヤバいぜ過労死一直線コースじゃん!(笑)。

とにかく、一日でもちょっと仕事から距離を置こう!と決断して、今日は「お疲れ中休み」を勝手に取る事にしました(笑)。
しかし、突然休んでもなあ~(爆)。それ以前にもうちょっと計画的にならないとダメだなあ。
朝からウェブログの更新してるようじゃあ、休んでも意味が無い?(笑)。






スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 09:22:15|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

懐かしいタバコ

タバコを辞めてもう5年以上経ちます。
でも、何かの拍子にふとタバコの匂いが気になる時があります。
”嫌”という訳ではなく、「ああ、いいな」なカンジなんです(笑)。

ヤバイですかね??
でもまた喫煙者に戻ることは無いと思います。なんとなく、ですけど。


「禁煙に成功した数少ない事例」と友人には言われますが、どうなんでしょうか?
わりと誰にでも出来るような気がしますし、世間の風潮に逆らって喫煙を続ける友人の方がよっぽど大変だと思います。納税額も半端じゃないでしょうし(爆)。

自分の場合、何のグッズもアイテムも使わずにタバコを辞めてしまいました。
寒い夜にタバコが吸いたくなって、でも表に出るのがイヤだったんです(蛍族だったので)。
急にその時「あ、もう禁煙しよう」と思って、まだ何本かあったタバコを捨ててしまいました。

それから毎晩のようにタバコを吸っている夢を見るようになり(笑)、その都度「ああ!吸っちゃった!禁煙終了!」とか思っていたのですが、現実に目が覚めれば吸うこともなく、思ったより禁断症状も出ず(夢に見てるのがそうなのかな?)現在に至ると言うカンジなんです。

確かに食後とか酒を飲んだ時とかに喫煙欲が沸いていたと思うんです。気持ち的に「ううっ、タバコくれい~」とかにもなってましたが、思った程苦しくはなかったというのが感想です。

それよりも、もう街中で灰皿を探さずに済む!タバコが切れても買わずに済む!小銭が溜まる!という利点が妙に嬉しかったですね。

ただ、ご多分にもれず、バッチリ太りました(爆)。
飯が美味くなる、だけではないんですね。
食後の一服をしないと消化も良くなるし吸収も良くなるのですね(笑)。

よく聞く、「口がさびしい」という理由ですけど、タバコを咥えているよりガムを噛んでいたほうがソレは充実していた感じです。

だから辞めたからといって、別に褒められるではないと思うのです。中には「ニコチンが既に一生分溜まったからだ」という方もいらっしゃるのですが、確かにソレは個人差としてあるかもしれません。
私の一生で許容できる分のニコチン既に摂取完了済み、と言うことですね。


さて、ではそんな若かりし頃を振り返り、思い出のタバコを見てみましょう。


22.jpg

この中の「パートナー」という銘柄はホントによく愛煙してました。
事情により公表できない年齢で吸い始めた煙草の味が、やっとこの銘柄で解った!と思ったものです。
あまり見掛けなくなってからも、タバコ屋さんに取り寄せてもらったりしてシツコク辞めるまで吸ってましたね。



23.jpg

水色の箱、ハイライト、です。
味がどうとか言うよりも、ハイライト吸ってんだぞ!という態度が大切だったような?(笑)。キライな味ではなかったのですが、何せ臭かった!(爆)
コレ吸った後は当時の彼女から「ちゅー禁止令」が発布されました。



03.jpg

見慣れたマイルドセブンライトの箱ですね。
パートナーはナカナカ急には手に入らない銘柄でしたので、その代わりにコレを愛用してましたが、しまいにゃコレばかりになっていたモノです。
三菱でサラリーマン時代を過ごした思い出の箱デザインですね。そういや、よくココにコメントをくれる山本さんはこの頃からハイライトでしたが、今でもそうなんですか??



07.jpg

”キャビン”流行りましたね!
当時(公表できない年齢の学生時代)皆が懐に隠し持っていた必須アイテムです(笑)。
この”赤箱”を持っていることがステータスだったんですね。
味が解るようになって吸えば、「よくこんなマジイの」と思ったものです(爆)。



16.jpg

キングオブタバコと言えば、やはりショートホープです!
ココにコメントをくれる友人の@アツギ君が、ちょっとPTAには言えない年齢の頃から愛飲している関係でよく失敬しました。
旨さで言ったらダントツなのでしょうが、キツイ煙草です。でもキツサはそのうち慣れてしまうのですね。
その”慣れ”が怖かった昭和の逸品です。


この他、ヨウモクも結構気取って咥えてましたが、単価の高さに続かず断念。今では逆転している値段も、当時は高嶺の花でした。
その中でも「フィリップモリス」(写真がありませんでした)の赤箱はリーズナブルでヨウモクのテイストもバッチリ(変な甘さ?みたいな)だったので、某学生の頃に一時期愛煙しておりましたね。
当時乗っていた赤の117クーペとよく似合う煙草だ、、なんて思ったりしてね!(バカ?)。

他にも思い出のタバコはあります。
缶ピース、ゴールデンバット、わかば、チェリー、コスモス(懐かし~)、ハイライトマイルド(割といけた)、サムタイム、ミスタースリム等等、、、いろいろありましたね~。

そういえば自分で巻くシステムのもありました!!

今も今後も愛煙家には厳しい時代でございますが、どうか、この”文化”をお守り続けてくださいますよう、既に他人事ながらお願い申し上げます(爆)。



  1. 2007/01/17(水) 19:13:33|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

求む!里親

そんなわけで次期支援機が決まってしまったわけですが、そうなると今まで頑張ってきてくれたインサイトがつまみ出されてしまうのですね。
残念ながらこれ以上、クルマを所有する余裕がありません。
持っているだけなら可能ですが、まだまだ走れるクルマがこのまま朽ちてしまうのも忍びないものですし、特殊すぎて部品取りとしての意味もありません。

しかし、今年冬にスタッドレスタイヤを新調したばかり。ティーダには14インチは入りませんし、165/65R14なんてちょっと珍しいサイズですよね。
夏タイヤも一昨年春に取り替え済み。この車重ではまだまだバリ山です。

いくら燃費が落ちてきたといっても、普通に20キロ/リッターは割ることは無く経済性もまだまだ健在。ボディはそれなりに小さな走り傷はありますが、大きな凹みもスクラッチもありません。

ショックアブソーバーがちょっとヘタれ気味ですが、抜けるまではあと5~6万キロは必要でしょう。ゴムブッシュも随分来てますが、日常の運行には差し支えない程度です。

つまりまだ勿体無い!ということです。

しかし、今年5月には車検が来てしまいますし、我が家には乗らないクルマに車検代を出す勇気がありません。

そこで、泣く泣く?譲渡したいと思います。
まずこのウエブログを見て下さっている皆様へのご紹介。


main.jpg


ホンダインサイト平成12年式 
リアワイパー付き仕様CVTオートマティック 
エアコン パワステ パワーウインドウ CD-R再生MP3対応AMFMCDデッキ *パワーウインドウスイッチは後期型に交換済み
走行距離24万キロ 11万キロ時に走行アシスト用バッテリー144ボルトと制御ユニット交換済み 3000キロ/毎にオイル交換 6000キロ/毎にオイルフィルター交換済み 左右ヘッドランプアッシー昨年に交換済み(プラスティックレンズの汚れが落ちなくなっていたため)
現状のままでも「ぬゆわKm/h」でリミッターを効かせる事ができます。

20070115134706.jpg


現車は上記写真のとおりシルバーメタリック色。
付属品 マット、夏タイヤ(インサイト標準ホイル付)4本、冬タイヤ(社外アルミ付)4本、レカロシート用ブラケット(シートは付きません) 取扱説明書 点検記録簿 リサイクル券(ハイブリットは高いですよ) 

ズバリ、15万円でどうでしょうか?
あ、残念ながらシートは付きませんので、出来ればご用意願います。
希望の方には適価にて中古レカロシートをお譲りします。
ボロレカロ 0円
中ぐらいレカロ 6万円
バリレカロ  15万円秘蔵品出来れば買わないで!(笑)


購入したいのでもっと詳細が知りたい!という方は管理人のみ閲覧にチェックを入れてコメントをお願いします。
すぐにご連絡申し上げます。

乗らずに転売したりオークションに出品したりする予定の方はご遠慮下さい。本当に乗っていただける方に買っていただきたいと思っております。


IMG_0997.jpg



ああ、ホントはオレが乗りたい!(泣)


[求む!里親]の続きを読む
  1. 2007/01/15(月) 14:08:07|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

日産ティーダラティオ

お詫び~前回のブログネタは不衛生で申し訳ございませんでした(爆)。
しかし、一度どこかで書かねばなるまいと思っていたネタでございます。いえいえ、反省なんて全くしてませんからご安心下さい(笑)。


さて、本文です。
イロイロと物色して回った結果、次期支援機は日産のティーダラティオ15Mというクルマに決定しましたパチパチパチ。
サファリ以外のクルマを選ぶという行為がこんなに疲れるとは、、(爆)。

ではヒーローインタビューです。
いやあ一時はどうなることかと思いましたね。
「ええ、某バイパス沿いの店、値引き渋かったですからね」
そこですぐに別ディーラーに?
「いえ、ホントにそんな気はなくて、ただソコには店頭に実車があって。ホント、あ、ココにあった、寄ってみるか?ぐらいで。」
びっくりですね?聞けばもう半分は諦めかけていたと?
「ええ、もうラティオは諦めなければという話をしてたんですよ。」



最初に商談していた某4号バイパス沿いの日産ディーラー、値引き交渉になってから経費分だけでもローンを組めだの最終的に16万しか引かないだの何だか急に強気になって、自分ワナワナしてくるし(笑)、担当営業は「店長に相談してきます」って言ったまま戻ってこないし、結局コレじゃあ決められないと言って店を出ました。
だって値引きできないなら車庫証明までこっちでやるって言ってるのに、誠意も努力も見られません(爆)。

もうこのクルマには縁が無いのかなあと半ば諦めかけて、買物帰りの夕方に環状線沿いの日産にふと、ティーダラティオの実車を発見。
ああ、そういやティーダには乗ったけどラティオは奥様が見て無いな、というコトだったので、まあちっと見てみるか程度で寄ってみたんです。
何だか冴えない課長(多分、ヅラ)という名刺の営業マンが、「んじゃあ見積でも」って言うもんだから、腹は減っていたけど寒いしお茶も飲みたかった(笑)ので店内へ。
目の前で見積を作ってくれて、仕様は先程のバイパスの店と同じとします。全く同じ値段が出てきます(あたりまえ)。
さて、もう諦め半分なのでずばりこちらの希望金額をズバリ切り出します。それよりもウーロン茶のお替りが欲しいです(爆)。

「ううっ、そればちょっと厳しいですが、、」と言いつつ、上の者に相談してきますと消えていくヅラ課長。あまり期待しないで待っていると、「決算期に入ったので、一台でも契約が欲しいんです。その希望金額で構いません。」との事。
ちょっとビックリ。先程の店の約倍近い値引きですし、ローンだ何だのシチメンドクサイこともせずに済みそうです。
コレほどディーラーで違うとは、、同じメーカーなのに、ですね。
しかも車庫証明諸費用もこちらでやるからとガッパリ削ったにも関わらず、ディーラーでやるとの事。
車庫証明の書類なんて簡単だし(残念ながら何度もやってる)、どうせ役場に印鑑証明を取りに行かなくてはならないから、全く”ついで”なんですが、まあヤリタイというヒトを止めてもしょうがないのでお願いすることにします。

ま、クルマの販売方式を考えれば差異が出ても不思議なことではないのですが、ここまで顕著だとビックリ通り越して、ガックリです(笑)。

とりあえず認印しかもって来なかったので、契約書は製作だけして貰い内金を2万円ほど入れて、ああ、買っちゃった、となったワケですね(笑)。
ヅラ課長も思わぬ閉店間際の金星に、我々が冷める程すっかり上機嫌です。


ふと考えれば、純粋な4ドアセダンの中庸的ファミリーカーを買うなんて生まれて初めてでございます。
実は4ドアセダンはスバルのレガシイを買った経歴がありますが、アレはRS-Rというラリーベースカーで純正オプションのロールゲージと120Wヘッドランプを付けたクルマでした。

今度は、普通に、あくまで4ドアセダンとして、奥様の日頃の足として、マフラーすら換えずに、そのまま、ほんとにそのままのカタチで乗りたいと思います(爆)。

さてと、15インチのワタナベだけは注文しておかなきゃ、、(笑)。


grade1_bg0.jpg


購入したラティオの色はこの写真のではなく、マイナーチェンジ新色の「アメジストグレー」という薄い紫っぽい、ホコリ被った特攻服のような色です。

グレード  15M
オプション バイキセノンヘッドランプ+AFS プライバシーガラス フォグランプ オーディオレス(気に入ったHDDナビが無かったので)
サービス  バイザー フロアマット 初回車検までのオイル交換、フィルター交換費用(回数制限アリ)と法定点検費用

見積金額は2,180,000でした。値引き後金額は、ヅラ課長との約束により言えません(爆)。




  1. 2007/01/15(月) 10:54:15|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ゲリかよ~

今回汚いです。潔癖症の方やお食事中の方、必ずお読み下さい(爆)。


うっ!オレもついにノロウイルスか???!

昨晩、2200頃何だか激しい下痢に見舞われ、都合10分おきに4度も便所へ突撃しました。

ついにノロか?流行に乗ったか?
と、半ば良かったような悪かったような複雑な心境で腹痛を抱えてましたが、4度目の水便でナゼかすう~っと、ウソのように治りました。

便器に座ってふと思い出したのは、10年以上前の事。
栃木に住み着いて少し経った頃の事です。

その日は東京の友人と苗場へスキーツアーへ行っていた日でした。
朝から腹具合がイマイチだったのですが、パウダースノーとせっかくだからの気持ちに負けて、それなりにガンガン滑ってました。
苗場の頂上付近の吹雪にも負けず、動く樹氷になりながら楽しく友人と楽しく暴れ過ごす時間は、体調不良なんてサッパリ忘却の彼方です。

夕飯の前に旅館の大浴場へ行きました。何と無く滑り終えてから、下腹部にクックッと信号があったように事後となっては思えます。
大浴場は茶色に濁っていて、いわゆる薬湯というイデタチでした。
チャっチャとパンツを脱ぎ、早く温まろうと冷えた身体を湯船に投入しました。
徐々に安らぎと暖かさが身体を支配しだした頃、突然悲劇は起こったのです!(笑)

暖かくて緩んだのは下腹部も一緒です。一気に便意が襲います。ちょっとでも動けば、勿論立ってしまえばすぐにダムは決壊し周囲の住民達に多大なる被害を与えてしまうのは明らかです!さあ困った!

ニンゲン、切羽詰ると凄い案を思いつくものです。
その時薄れゆく視界の中に飛び込んできたのは、湯船の栓!(笑)
そうだ!栓の近くで決壊させれば水流で我がブツも流れゆくに違いない!。しかもこの腹痛状況なら固形物は僅か大きさしかないはずだ!
そしてミスって少々吸い込まれなくとも薬湯の色で何とかなるはず!いける!いけるぜ組長!(爆)

そお~っと栓側に移動します。作戦開始、、心の中で静かに呼称。
大きな浴槽なのですが、栓は普通のサイズです。大丈夫か?大丈夫。
それにどうせ合併処理なら便所も浴槽も排水は一緒、、、ふふっ、、そして静かに栓についている紐を肩越しに引き、抜きます。

ごっ!と一瞬だけ音がして排水が始まりました。こちらもついに最後の緊張を解きます!。一瞬、躊躇ぎみに最初の放射が小刻みに始まると、後は怒涛の流失感が全身を包みます。ふう~、ああ、お花畑が、、脳内には静寂と共に安堵による美しい映像が流れ始めました。
でも安心はキンモツ(笑)。
水流は思ったよりも強く、栓の上に正座状に座っている私の、その、まあいわゆる”男袋”を激しく引き込もうとします!予期せぬ(というか危険予知不足)事態に一瞬怯みますが、細かく自車位置を変えて対応するしか方法はありません。コレがもしグボっと引き込まれてしまったら、この作戦の意味は果てしなく希薄になり、自力脱出不可能ともなれば我が人生も最大の危機を迎えることでしょう。

浴槽の水位に変化が出てきた頃、ようやく我が排水+多少の固形の放出も完了し栓をそっと戻します。ずごっ!という重みある音と感触で、元に戻ったことが解ります。成功かっ!?やったのかっ!?

しかし、何とはナシにモロモロとした感触が尻や腰の辺りに、、。
固形の排水が完璧じゃあなかったんだ!!
とっさに手で散らします!手に当たる感触でカナリの量のブツが流れ残ったことを感じました。
遠くから徐々に近づくように、脳内に警告音が響きます!顔から血の気が引いていくのが解ります。
作戦は微妙に失敗です!。

作戦は失敗したら?そうです。すぐに撤退!(爆)。
生き残るための鉄則ですね。
さり気無くその場を離れ、いかにも満足した風に浴槽を出ます。
勿論その前にはチャチャッと”手”で拭いたことは言うまでもありません。

その夜の夕食時の話題にこの旅館の温泉が出ましたが、浴槽については何の苦情もないようでした。しかも自分よりも後に入った方が「いいお湯だった」という感想まで漏らしていたということは、作戦は成功したと考えても宜しいのでしょうか?(笑)。

夕食後、友人が「2回目のお風呂に入ろうぜ」と誘います。
犯罪者は必ず犯行現場に、ではないですが、あの浴槽を確認したい気持ちが沸々と沸いてきます。
完全犯罪を狙うならもう行くべきではないのです。
「湯あたり気味だからい~やあ~」と返答。
下痢ソルジャーとして正しき判断が出来ました(爆)。


あれから10年以上の月日が流れました。
苗場はその後何度も行きました。しかし、あの旅館には二度と行く事はありませんでした。そしてこれからも多分、ないでしょう(爆)。



  1. 2007/01/12(金) 14:43:18|
  2. お下品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

買い替え検討中

奥様のインサイトが走行距離23万キロを越えて、そろそろアチコチとガタが出てきております。
ま、ブッシュ等ゴム関係を新調すればまだまだビビッと答えてくれる程度なんですけど、さすがに6年目にもなり飽きも来ているのでしょうか、最近しきりに車を買い替えたいと騒ぐようになりました。

そもそもインサイトを強く希望していたのは彼女ですし、私の1年1万キロしか乗ってなかった新車のジムニーJB23を差し出して、その上借金までして購入した車なのに、この仕打ちはヒドイですね(爆)。

インサイトはその超低燃費(今はそうでもないけど)と流麗なスタイルに尽きる車です。リアのタイヤカバーやすすっとリアに向って絞られたプロポーションは、シトロエンSMを髣髴させます、と言えば言い過ぎですね(笑)。
燃費は多分世界最高だと思います。カタログ値ではTのPが上ですが、実際はインサイトの方がずっと良いとの事ですね。空力軽量アルミボディと車重の割にはパワーのあるエンジンが良いのでしょう。
反面、乗降性は悪いしツーシーターだからと割り切っても狭い室内、トランクは事実上ナシともいえる程度で、手荷物やバッグ等の類は背後のカーゴスペース?に投げるしかなく、外から丸見えというカッコ良さです(笑)。

それでも車趣味人には納得のインサイトですが、車無趣味奥様には単なる使い勝手の悪い2シーター2ドアハッチとしか写らないのでしょうか?
ここまで我が家で生き延びられたのは、ひとえにその素晴らしい燃費に限るわけなのですが、昨今はその燃費性能にも翳りが見え始めました。

エンジンのアシストをモーターで行うハイブリッドでは、走行条件により電動機を回したり発電機にしたりと切り替えて行うのですけど、頻繁に放充電が行われるのでバッテリー(ACCとは別系統の)の寿命もそれなりなんですね。
インサイトの場合10万キロで交換、という感じです。
確かに10万キロで一度バッテリーとIMAユニットを交換しております。
当時はホンダの保険で賄えましたが、実費となると100万近い金額になるそうです。

で、すでに平均30キロ/リッターは走らず、25すら怪しい、普通に巡航していても20~22/リッターという、あんたフィットに負けるよ!というトコロまで落ちました。
すでに2回目のバッテリ交換時期とはいえ、実費での出費は痛いです。
ならばいっそ!との判断も働いているのでしょう。


で、買い替えの候補が「1500クラス4ドアセダン」なんですね!
いやあこのクラスは車種が多くて選ぶのに困ります。
仕方なく片っ端から乗っていくことに(笑)


まずは新車カローラから
「クルマに興味さえなかったら、コレは最高!」
gr_val03.jpg

セールス曰く「高級感」を前面に売り物にしたということでした。
乗り味は「?高級?サクシード並みじゃねーの?ロードノイズがごがーっとうるせーよ?ジープサービス??エンジンもぶべ~っと変な音するよ?もしかして3A-U?そんな古いエンジン知らない?で、コレ売るの?え?売れてるの!? ねえねえマジ誰作ったのコレ!?」
という感じです(笑)。
マーク2に迫る高級セダンを目指した割には、チープな木目張物の内装とあくまで”風”な仕上に徹するこのTの姿勢は、ハッキリ言ってゲロが出ます(爆)。奥様もこのエセ高級に気付いたらしく?な感じですので即却下。
只一つ!エライのは水温計が針で付いていた!という事です。えらい!。けっ!(爆)


前に乗ったマツダ。
アクセラ、という車です。
「マツダをバカにできないぞ!コレは日本製の欧州車。」
carlineup_axelasdn_ovr.jpg

まずは乗ってミロや、というセールスに反論するまでもなく、乗ってみました。この車は”買い”だと思いました。圧倒的に剛性が高いのです。例えばボルボに1500のエンジンが乗っているような、そんな感じですね。
ただ、残念なのはオートマが旧式の4ATしかないこと。うちは奥様が絶対AT主義なので、この時点でポイントが激減。
MTの設定があるのも珍しいのですけど、マニュアル主義なら絶対に”買い”の1台です。ああ、勿体無い、、。



次!おっとスバルかい?大丈夫かい?(爆)
インプレッサ1500セダンです。
「うちはおじいちゃんの代からスバルなの。だからコレしか乗れないの。」
p2.jpg

う~む、ハッキリ言って対象外かもしれません。あくまでうちはスバルじゃなきゃダメというような家訓的宗教的理由があれば別ですが(爆)。
独特なスタイルもびみょーです。絶対以前のライトが独立しているマスクが良かった!。自慢のフルタイム四駆も燃費を考えてる奥様にはまるで魅力に映りません。確かに四駆でよかったなあと思うシチュエーションは、この東北でも年にそう何度もありませんね。
でも困ったなあ。音もうるさくて狭くてインテリアなんて10年遅れてるんだけど、このカンジ悪くないんだよなあ(爆)。ボディも想像以上にカチリとしてるんです。
ハンドル握って2個ほど交差点を曲がれば、口元が「ニヤリ」とするし、独特のバサバサ排気音も「もちょっと踏めよ」って言ってるし(笑)。
自分的に断腸の思いで、却下(爆)。




他メーカでは、三菱にもランサーという老舗があるのですけど、例の事件からか奥様はあまり乗り気で無いようで、ディーラーには行かずです。
ただ、カタログのスペックを見る上ではあまり面白味の無い感じですね。
しかし、アクセラのように隠れた名車かも!?
三菱で?ナイナイ(笑)。


ホンダもシビックは1800でデカイし、今回の予算ではハイブリットは買えない、とゆーか、あのスタイルがどうかと思うので却下。
ワンモーションスタイルをセダンでやるなよ、、、。


いっそTのPは?とも思いましたが、確かにいい車なんでしょう。
新車だとカナリの予算オーバーなのと、どうにもあの巨大ナメクジ系スタイルが???なんですね。
でも、もう少し屋根が低ければずっとカッコよくなる感じです。





で、最後に
日産ティーダラティオ。
「モダンリビングというよりは公団住宅の居間」(爆)

latio_main.jpg

実は何度も乗ってます。出た当初にも小さなマイナーチェンジ時にも。
今風のアレンジが随所に見られますが、そんなにチャカついたカンジがしないのが日産風で良いトコロですね。
いかにも「プラスティックの木目!」という表現のトヨタさんに較べて、「木目をプラスティックで作ってみました」というカンジが悪くない印象です。
本当は15Bというレンタカーや営業車グレードが、そんな偽木が微塵も無くてインテリアは最高なんですけど、残念ながら一般売りはしないそうです(泣)。
どこか貧乏臭い(!)いえ道具っぽい雰囲気が、旧マーチや旧サニーに通じる部分なのでしょうか、やけに落ち着いてしまいます(笑)。

エンジンもこんなもんでしょう。今回のマイナーで燃費がとても良くなったのには驚きますが、それよりも最大馬力をトルクに振った勇気は買えますね。このあたり日産らしくて好きです。ホンダでは許されることではないセッティングですね(笑)。



さて、このままではティーダになりそうです。
思えば”普通”のコンパクトカーを買おうなんて、実は初めてだったりもするので良く解ってません(爆)。
コレがSUVだったりCCVだったりするなら話は簡単なんですが、国産1500クラスの選択肢の多さにヤラレてます。

あ、外車という手もあるなあ~(爆)





  1. 2007/01/11(木) 11:23:58|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新横浜ラーメン博物館

先日、アツギの友人宅別名水槽基地に寄った帰り道に新横浜のラーメン博物館なるトコロへ行ってまいりました。
実は2度目の訪問だったと記憶してますが、道も位置も全然覚えてません(笑)。

まずは駐車場で一苦労。サファリ参号機で向ったので、2.1m以下の立体駐車場には入れません。
で、必然的に露天のコインパーキングとなるわけですが、新横浜のココのソレは駐車枠がちょっと小さい、というか短いんですね。
サファリを車止めにしっかりブツけて停めても、まだ鼻先が枠外というか、通行に邪魔になる程出てしまう感じです。
ココを諦めて探し回るのも面倒ですし、ラーメン博物館に一番近い場所に空きがあった事すら奇跡みたいな気がしていたので、なんとしても停めたい!と(笑)。

で、後ろフェンスとの隙間と車止めの関係をよ~く見まして、サファリのオーバーハングならイケル!と判断したワケです。
ええ、つまりは車止めを越えてフェンスに軽く触るぐらいバックしただけなんですが、なんとか枠内にフロントタイヤが納まり、お客様が通行できる空地が確保されました。

ホッとしてチケットを取る機械に近づくと「幅1700ミリ以上長さ4600ミリ以上のお車はご遠慮下さい」と書いてありました(!)。
なあにかまうものか(爆)。


で、ラーメン博物館でございます。
先に断っておかなければイケナイのは、ワタクシ好き嫌いが無いようで、実はニンニクだけはどうしてもダメ!という生理的規定があったりもするのですね。ちょっとのカケラでも僅かの切れ端でも確実に探知してしまう能力を持っているのです。
何故キライなのかは良く解りませんが、あの食った後の身体中から発散される毒々しい匂いは身内でも最愛の○○でも耐えられません(爆)。
~続きを読むに悲しい出来事を記載~


しかし、最初に入った店はその”敵”が焦がされてとんこつスープに散りばめられたトコロに特徴があるお店でした。
コレさえなければ、ああこのみょーな焦げゴミさえなければ、、敵を避けて避けて掻い潜りその下の麺を啜りますが、既にスープには汚染が始まっていて3クチでジ・エンド。見事なノックダウンです。
komurasaki.jpg


敵もとい店の名は「こむらさき」。絶対わすれはせんぞ(爆)。


次はよおおおおおおく調べてから店に入るとします。
しかも注文の前に店員に聞くという2重のセキュリティ(爆)。
万全な体制で臨まなければいけません。

2件目、東京ラーメンで有名なトコロです。
ミニ醤油メンマラーメン550円。麺は太めでスープは魚系のダシ、濃い目の味で葱油とオボしき油がギットリ浮いてますが、なんのなんのシツコクなくスルリと頂けます。素直に「美味い!!」とクチに出ます。
harukiya.jpg

「春木屋」さん。老舗ですね。パチパチ。




満足して3件目、旭川ラーメンという変り種です。
ミニ旭川醤油ラーメン550円。ちょっと濃い目のスープに直な太麺
。一瞬モツ煮のような味もします。特徴は焦がしラード。良くも悪くも焦がしラードの匂いで食うような感じですね。奥様は塩味を注文してましたが、コレは合わないとのことでNG。美味いかどうかで聞かれれば美味いと思いますが、スキかキライかと問われれば微妙な判定でした。
hachiya.jpg

びみょーな旭川ラーメン「蜂屋」さん。普通では満足できないマニア向け?かな。





次、さすがに苦しくなってきたけど4件目、シナソバ屋さんです。
奥様は満腹でココは断念。自分だけミニ醤油ラーメン550円。透明で綺麗なスープは味も綺麗で繊細です。今までのがガツン系だったと気付かされるような、素直に体に入っていく味です。麺も細くてホッとするような食感ですね。シメにこれなら満足です。静かに、美味しい、という感じです。
shinasobaya.jpg

随所に出てくるおっさんの顔が嫌味な支那そば屋(爆)。味はイイのにね。



ミュージアム全体的にはこんなカンジで、常に夕暮れ?(笑)
20070110113526.jpg

いわゆる昭和30年代再現型というヤツです。
イニシエの言葉で「レトロ」と言いますね。
もうこの手法も全国各地にあるので、新鮮味も感動もありません。

20070110113808.jpg



詳しくは新横浜ラーメン博物館で検索して見て下さい(笑)。
中で食う代金のほかに別途入場料300円かかります。
各店には食べ較べ用のミニラーメンがありますが、普通の半ラーメンぐらいはキッチリありますので、一回での全店制覇は難しいかもしれませんね。




~ではニンニクにまつわる悲しい出来事をどうぞ~


[新横浜ラーメン博物館]の続きを読む
  1. 2007/01/10(水) 11:46:32|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

掲示板をハジメマシタ

今年より掲示板を始めてみました。
リンクに掲示板への入口を並べておきましたので、どうかご利用の程よろしくお願いします。

アドレスは
http://bbs11.fc2.com/php/e.php/kumicyo/

になってます。
コメントでは書き切れないすんごい事や、こんな話題で盛り上がりたい!とか、濃い話略してコイバナや覚書暗号出前の注文等、バンバン使ってください。


  1. 2007/01/09(火) 11:26:47|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友人私的水族館

私の厚木在住の友人宅に先日お邪魔してきました。

彼の家の最近のフェイバリットは、”魚類”なんです。
水槽がたくさんあって、さながらちょっとした水族館なんですが、中身の魚は不気味な方々ばかり(爆)。



20070109093053.jpg

なんてゆーのか、ちゃんと進化して無いとゆーか、途中系と言えば良いのか解らぬ”子ワニ”君ですね。
前にお邪魔した時にはドジョウ大でかわいらしかったのに、既に爬虫類系のヤバいオーラが出てます。



20070109093347.jpg

こんちわーっす。




20070109093457.jpg

コレがホンモノのアホロートル、いわゆるウーパールーパーですね。
白くない種類だそうです。大きさは200ミリぐらいでしょうか?
元ネタはかわいいのに、この色でこのぐらいデカくなるととっても不気味です(爆)





20070109094151.jpg

数ある水槽の中には、こんなカワイイ金魚が心和ませるように泳いでいました。日本人はやはり金魚、ジャパニーズソウルフィッシュですね。
しかし、この家ではこれは”餌”。
つまり先程の「子ワニ」たち他の生餌なんですね(!)。




20070109095339.jpg

ウサギも2匹居たりしますが、ちょっとオデブで鼻のモフモフがラブリーです。こちらは人の餌??違うようです(爆)。


今回勝手にご紹介した生き物はほんの一握りですが、このまま水槽が増え続けると、きっと床が抜けてしまうでしょう(笑)。
増槽する時は補強を考えた方がイイですが、いっそ一部屋を水槽としてしまうというリフォームを提案します。




         
  1. 2007/01/09(火) 10:07:25|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

冬装備 スタッドレス

年末にようやくサファリにスタッドレスタイヤを装着しました。
今年は雪が降らないので、どんどん後回しにされてしまいました。なんせ家にはあと3台のクルマがあります。
奥様のインサイトが最優先でしかも新品タイヤ投入。次は普段親父専用の軽トラ、私の営業車の順ですね。
このままサファリはMTのままシーズン越すのか?と危惧されましたが、年末もギリの31日にほぼ半終い状態の行きつけタイヤ屋で無理矢理交換(爆)。いつも無理を言ってすいませんという感じですが、反省の色は限りなく透明ですね(笑)。

さて、使用するタイヤはついに6シーズン目という老兵、ブリザックDM-01です。まだ溝はかろうじてあるも、ゴム質がヤバそうな感じです。
しかしブリジストンのスタッドレスは他メーカーのに較べれば経年変化で硬くならない性質なので「まだ使おうか」という気にさせてくれますね。効くかどうかで語れば地に落ちる崖から落ちるというレベルでしょう。チェーンを着ける”土台”と考えるべきでしょうね。

サイズは235/80R16という、Y60サファリスピリット標準サイズとなります。MTに較べて扁平率が5パーセント違うだけですが、履いた印象は「随分ちっちゃくなっちゃったなあや~」という感じですね。


20070105103615.jpg

ドッグ入り中のサファリ参号機。
今回はタイヤの履き替えがあるので(スチール→ブラVへ)わざわざタイヤ屋さんにお願いしているワケです。
コレばかりは手組みしてては新年が明けてしまいます。



20070105103958.jpg

で、明けて4日。那珂川河原にて。タイヤがちっちぇーなあ(笑)。
でも凄く快適なんです。加速はさらに良くなりロードノイズは皆無、サイドが柔らかいので乗り心地もフンワリですね。


20070105104409.jpg

このホイル、実はnakajinさんから譲っていただいたブラVなんです。
オフセット、幅共にナロウなY60にはジャストサイズ。
さすがサファリのプロが選んだ品物です。


”白”は夏、”銀”は冬と、ブラV好きにはタマリませんが、うちの奥様いわく「同じのがあってもしょーがないじゃん」。

んじゃC4買ってもいいすか?
はあ、だめっすね、、。


20070105105533.jpg

”無音”走行が気持ちイイのでちょっとだけ遠回りしてみました。
烏山やまびこ温泉までドライブと入浴です。ここの温泉は泉質が綺麗でお気に入りなんですね。まだあまり知られてないので、確実に空いているというメリットがワタシ的に絶大なポテンシャルを誇っている名湯です。


20070105110234.jpg

ヨコからみた図。
タイヤのちっちゃ具合が解りやすいですね。極太大径マニアのpielleさんが見たら卒倒してしまうショットです(笑)。

でもAD標準は215/80R16なので、それよりはデカいはずなんですが、、(笑)。

次からスタッドレスは7.50R16のトラック用にしたいですね!
細身大径は氷の上で効きます!





[冬装備 スタッドレス]の続きを読む
  1. 2007/01/05(金) 11:13:39|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

新年は2007年

あけましておめでとうございます。
はやいもので、もう休みがありません(泣)。
つまりお正月は、鈴鹿のホームストレートのようにあっという間におわったんだということですね。(すいませんCSで古いF1の再放送見てたもんで)
まだまだ休みで午前中から酔っぱらっておられる方もいらっしゃると思いますが、勤勉なワタクシは既にきちんと働いているという事です。肝に銘じて休んでで下さい(笑)。

今年の正月は取り立てて何をするまでもなく、またする事も無く終わってしまいました。
体調が最悪だった去年の方が、東京ミレナリヲ等あっちゃこっちゃと見物してたような気がしますね。今年は天気も穏やかで、やれば何でも出来たくせに何もしませんでした。
まあ、長い人生こんな正月があってもいいかも。

おかげでテレビはずいぶんと観ました。実はお笑い系のハイテンションな番組は見てて辛くなる方なので、今年はかなりCSのお世話になりました。
特にWRCの総集編は何度見ても(何度、というところが怠惰な生活を物語る)すげえ~の一言な神業です。
あとはひたすら酒を飲み、ツマミを食っては横になり、気がつけば睡眠、目覚めれば酒を飲みを繰り返しです。妻の実家での集まりへ出掛けても、気付けば親類縁者は皆帰り、結局最後まで酒を飲んでいたという不謹慎な旦那をやっておりました(笑)。

皆様はこのお正月、いかが過ごされたのでしょうか?
有意義でしたいでしょうか?
ワタクシ、有意義どころか健康を害しそうな勢いでした(笑)。

また年末には色々とメッセージをありがとうございました。どんなメッセージでも頂けると本気で嬉しいのですが、お褒めのお言葉だとさらに嬉しくなる単純な生物でございます。
今年もウェブログは出来るだけ更新していくつもりですので、宜しくお願い申し上げます。


20070104010318.jpg



今年も各方面よりの年賀状ありがとうございました。




  1. 2007/01/04(木) 01:07:29|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する