組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

やはり、、う~ん

サファリ以外のお車事情が続きます。
なんせファーストカーの我がサファリ参号機は、この一ヶ月会社の駐車場に係留されたまま一歩も動けてません。
仕事が詰まると現場確認が遅くなったりして、そのまま帰ってしまうパタンが多くなってしまうので、必然的に仕事車サクシードをそのまま乗って帰ってしまうわけです。

そんな言い訳はどうでも(爆)、先日ラティオをスタッドレスの14インチからノーマルの15インチに戻した時の感想を、やはり書かねばなあと。
話が段違い平行棒なのは少々ノイロウゼ気味なのでお許しを(笑)。

まずはおさらいを。
某組長宅は25万キロインサイトに代わって時期支援機にティーダラティオを選びました。理由は「セダンをゆっくり乗りたいから」という、まるでラシクナイ不気味なものです。さてさてラティオはとてもよく出来た車ですが、試乗では良く解らなかった部分がそのうち見えてきたのです。

まずは「固い乗り心地」。短距離をクンクン走ったり法定速度の倍で飛ばしたりするにはイイのかも知れませんが、どうにもキャラに合いません。低回転トルク型のエンジン特性にも合いません。
セドリックのようなデカイシートがついていますが、ソレ越しにも固い感じです。
次に「パワステのアシストが不自然」。動き出しはスルッと手ごたえもなく軽いハンドルが、20キロ/h程度でズズンと重くなります。その段差がとても気になるんですね。特に細い路地などを微速前進している時に不自然な感じが顕著です。

主にこの2点が気になってしまった次第ですね。まあ細かいこと言えばキリが無い部分も無きにしも非ずですが、あとはホントに良くできた車なんです。なのでよく出来ているからこそ気になる部分でもありますね。

新車にイキナリ激しい改造攻撃を加えるのも気がひけますし、電動パワステなんか弄って調整できるはずもなく、まずはタイヤに目をつけたのです。

ティーダシリーズが全車で標準としているのは185/65R15。
1500としては太くてデカイ部類ですね。タイヤを外してよくよく観察してみますが、ローターとキャリパーはシャカクに合った?小さなものです。リアはドラムですが、これもかなり不安な小さい径です。

で、14インチが入りそうな事が発覚しましたので、スタッドレスは185/70R14を入れてみました。65から70へ扁平率アップ、しかもインチダウンという”あってはならない”方向です(笑)。
思惑通りドコにも干渉せず、すんなりと14インチが収まりました。マジで13だって入りそうなぐらいです。

夏タイヤとスタッドレスという違いもありますが、まずはかなりゴツゴツ感が解消されました。よくある電調式ショックのスポーツからノーマルに戻したぐらいの違いです。急ハンドルを切れば明らかに腰砕けするのですが、当然そんな運転はしてはいけませんね(笑)。ワダチの抜けも随分良くなりました。

パワステのフィールなんですが、これも多少改善されました。スエギリから走り出しにかけては、同じ軽いままですがまあまあ繋がり感が出てきたかなあという程度です。いきなりスイッチのようにグッと重くなる傾向が若干薄れたように思います。

しかし、冬も終わり春が来て、スタッドレスはお役ごめんとなって夏タイヤに交換、つまりまたあの15インチを履かねばいかんという事態に。
悪癖は気になるものですから、交換後の試乗で残念ながらすぐに気がつきます。思ったとおり気のせいではありませんでした(笑)。
経済的な理由で暫く夏タイヤを替えるわけにはいきません。
普段自分で乗ることの無いラティオですが、奥様は少々感覚が鈍いので(爆)このまま乗ってもらうこととします。重大な事故に結びつくことも無いだろうと思われますので、、。


だけど”標準”よりもグレードダウンのタイヤとホイルが具合がいいっていうのも問題です。ティーダのハッチバックならこんなセッティングでもヨシなのでしょうが、セダンに同じ味付けをしてもダメだと思うんです。
柔らかく、深く、それでいてダンパーの効いた乗り心地で、ロールの抑制やピッチングは多少多めに出ても、それなりにゆったり感のあるフォーマルセダンにしてもらいたいものです。
現状ではエアサスのエアを全部抜いて落とした旧シーマのヤンキー風味付け、とでもいうのでしょうか?
ヨオロッパ出身のベンちゃんやvw兄弟群は確かに固めの感触ですが、路面の凹凸はちゃんと吸収してますよ。ブッシュ一個にしてもお金の掛け方違いますけど。

ちなみに我がサファリ参号機のセッティングでは、路面の凹凸は一切拾いません、てゆーか解りません(爆)。タイヤが細目のためワダチに取られる事もありませんが、ちょっと速度を出して交差点を曲がっただけで派手なロールと共に激しいアンダーステアに見舞われます。スタビはオンロードでは付けた方がヨロシイかと思います(笑)。
高速道路走行は、やはり細めのタイヤのおかげで直進安定がイイですが、雨が降ると途端に不安になります。ハンドルを切っても切らなくてもコイツ真っ直ぐ走ってるなあという感じです。速度を落とせば曲がり始めるので怖くは無いのですが、常にMTタイヤという事も原因のひとつでしょう。

そんな舗装路ではフネの様にいい加減なサファリよりも、数倍ラティオは限界も高く乗りやすく安全です。(当たり前)
音も静かでエンジンのトルクも下からバッチリあるし、cvtもそれなりに自然で燃費(*)も良い、、、。
だからあともうちょっとが欲しい、とも言えるんですね。



ではどちらが乗っていて楽しいか、と言えば、迷わずサファリに二重丸を上げてしまうんですけどね(笑)。

ステアリング?のうのう、これは「舵輪」(笑)。



スポンサーサイト
[やはり、、う~ん]の続きを読む
  1. 2007/03/29(木) 12:42:38|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スタッドレスを脱ぐ

春仕様です。ハルシオンじゃありません(爆)。
ついにスタッドレスをワタシも脱ぎます!(笑)。
いくら待っても、もう雪は望めませんでしょう。

今シーズンは雪を踏んだ回数が、サファリで1回。ラティオ0回。サクシード0回。
おお!別の意味で快挙です(笑)。しかもサクシードとラティオは新品スタッドレスを冬の間、舗装道路で使っただけという意味の無さでした。

先日、まずはラティオのタイヤを交換。
インパクトを会社に忘れて、久々に十字レンチで行いました。文明の利器に頼りすぎていた我が腕は、ラティオごときのボルトでも気合いが必要なほど弱っておりまして、少々自己嫌悪でしたが(笑)。

自分の家で取り替えるときは量販店で買える安物のガレージジャッキで行います。何台壊してもこの安物ジャッキより高級なモノを買おうとはしません。イイんですコレで(笑)。
インサイトやシビックではフロント側のジャッキアップポイントにかけて全ストロークであげると、リアもしっかり浮いてきます。
従って片側の前後は同時に作業できたのですが、ラティオはサファリを作っている会社だからか(笑)、リアが全然浮きません。
ストロークはかなりあるようですが、FFのリアって、こんなに伸びなくても良い様な気がします、、(爆)。

あまり効率的でないタイヤ交換を終えたら既に真っ暗になってしまいまして、今回は1台のみ終了!ってことで(笑)。

次回予定は営業車サクシードです。
肝心のサファリは、、、、やはり最後ですね(爆)。

桜が散る前に、みんなを春仕様にせねば。





  1. 2007/03/28(水) 18:20:45|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

すげえ!

先日、うちの奥様が某国内バンドのチケットを取ろうと頑張っておりました。
もう還暦も近いアーティストなのですが(笑)、ナゼか奥様は最近になって熱烈なファンになったのでございます。
最近はヒット曲もなく、歌番組に出ることも珍しい(爆)素敵な「おぢさま」達でございますが、特に真ん中のちっこい「おぢさま」がビジュアル的にお気に入りのようで、さすがにワタシも彼女の美的感覚を疑ってしまいます(爆)。
しかし、奥様はワタシのヨメでもあるので感覚が常人と違うのは致し方なし、というところでしょうか(笑)。

さて、そのグループのチケットですが、6月の宇都宮のコンサート分が、なんと3分少々でソールドアウト!
9時からの電話予約で、9時ピタリに電話したらしいのですが既に話し中。3分間リダイヤル攻撃を繰り返すも、繋がったと思ったら売り切れのアナウンスが流れて、ついに痔エンドでゴザイマスとのこと(爆)。

凄いですね!我々ロクノニ主催の金スコ杯なんて目じゃないですね!(笑)

ワタシも元音楽人(趣味の範囲ですが)なので、まあ伝を辿りの裏から手を回してチケットを何とかしてやろうとコッソリ暗躍してますが、昔のようにあまり”裏配布分”ってのが多くないらしいんですね(爆)。

世の中クリアで公平な事は大変ヨロシイと思うのですが、こんな時ぐらいは、、、(笑)。

  1. 2007/03/26(月) 12:12:50|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

便利装置

忙しい!ああ忙しい!しかも問題は山積みで解決策はなく、、、。

と、ワタワタしてるだけでは何も進化がありません。

ついでに世の中の進化にもついていけてない自分ですが、「あんじゃそら?」と思っていても使えば素直に「あ~便利」と思うシロモノもありますね。
最近の我が家のヒット商品ですが、やはりカーナビでしょうか?
以前にココでもご紹介したパナソニックの
linenap_img02.jpg

ですが、カーナビとしてよりもその音楽HDD機能に便利さを感じているこの頃です。
音楽CDを突っ込めばそのまんまHDDに自動で焼いてくれ、(←この”焼く”と言う言い回しもかなり昭和的ですね)しかもインデックス管理までやってくれて、しかも一体何枚入るんだ?という無尽蔵さです。
つまり、チェンジャーも要らなければMP3に変換してわざわざ圧縮版をつくる必要も無いということで、時間も余裕もない我が家にとってはこの上ない便利なシロモノですね。

奥様はレンタルCDショップでドッサリと借りて、片っ端からナビに突っ込んで”焼きまくって”います。
そんなわけなので、たまにはこんな事も。
「ねえCD明日返さなくちゃならないから、今夜ドライブにいこうよう~。」(笑)



次、
生ゴミ処理機って、知ってます?
実は随分前から導入していますが、コレも便利ですね。
文字通り生ゴミを突っ込んで攪拌して微生物に食わせて処理してしまう、という摩訶不思議な家電製品です。
main_03.jpg

生ゴミってゴミの中でも特にイヤですよね(笑)。
三角コーナーは台所の悪魔ゾーンです。しかし、放置が進めばさらにデビル化して我々の嗅覚と神経を蝕んでくるので、さっさと片付けたいモノですが、なかなか触手が伸びないんですよね。

そこで生ゴミ処理機の登場です。こいつにその場で出た生ゴミをぼんぼん放り込めば、ウオンウオンというたくましい攪拌音と共に消えてしまい(ってゆーか微生物がいっぱいの土に混ざるのです)、2~3日で土に還るスグレモノ。
もう流し台に”デビル”を置かせません。
欠点は、処理中に多少独特の臭いが出るのと(腐敗臭よりずっとマシですが)、1~2ヶ月に一度、生ゴミで出来た”土”を排出するという手間が掛かるだけです。
”土”は肥料に良いようですが、ちゃんとノーマル土と混ぜないと強すぎて植木は枯れてしまいます(爆)。
勿論、土出しはワタシの仕事ですが。

http://kadenfan.hitachi.co.jp/namagomi/bio/index.html

次、間抜けなんですが、やっと灯油ポンプが電動に(笑)。
シュポシュポ(あの手動ポンプをこう言う)は灯油を高い位置にせねばサイホンの原理を利用できず、しかもぼけっとしてると溢れるというモノですが、電動はドコにタンクを置こうが関係なく、しかもなんと!自動で止まるんですよ!(笑)。
凄い仕組みだ!!マジンガーZ的に言えばパイルダーがジェットになったぐらいの脅威の進化です(爆)。

灯油のシュポシュポ、若い頃はコレで酒を飲んだものです(笑)。
飲み会といえば一人一升、しかもシュポシュポが既に一升瓶に刺さっており、先輩のポンピングには逆らえないという恐怖のルールが!(笑)。


次、その手の病気ではないんですけど、コレは私的大ヒット!。
簡易携帯ウオシュレットです。
1880732-1.jpg

なんとメーカーはtotoです。トラベルウオシュレットという商品名で売ってます。
モノゴゴロついてから家のトイレといえば、必ずウオシュレットが付いているもんだと思っていたのですが、アパート暮らしになると標準装備は珍しく、今の前進基地にも装備はありません。
ずっとウオシュレッター?だったので紙だけではナニゲに綺麗になっていると思えず、パンツを上げる時にマンジリともしないソコハカトナイ不安感をぬぐい切れない、いえブツはちゃんと拭っているのですが、気持ち的にどうにも?な感じだったのです。
仮住まいにウオシュレットを装着するのも気が引けるし、引越し時に水道工事を行うのもメンドクサイですよね。

最初はあまり期待してなかった製品でした。所詮単三電池1本駆動です。弱々しい水流がチバチバ出るだけかと思いきや、やはり世界のtoto製、一般ウオシュレットもビックリのシュババババ!という水流がホトバしります。勿論お湯にする機能はありませんが、湯沸かし器でお湯を入れればいいだけのこと。引越しの多い方や、ちょっと出口の健康に自信の無い方、長期出張や僻地旅行に大変便利です。


次、乾燥機付き洗濯機。
ドラム式ですがタイムマシン機能はありません(笑)。
共働きで忙しい家庭の必需品となりつつあるようです。ワタシはうまく使いこなせませんが、奥様は上手に操作してますね。
ビチャビチャに濡らしたモノを電気のチカラでカラカラに乾かすのですから、効率の点では褒められたモンではありませんし電気代も掛かりますが、一度使ってしまうとこんな便利なシロモノはありません。
物干しも部屋干しも不要なので、家の中が片付くという思わぬ利点も。


こんなモンですかねえ~。
あと欲しいものは、自動に掃除してくれるロボットがあればいいなあと。4次元ポケットつきで猫型、とソコまでは望みませんが(爆)。


我が家はジオンに較べたら10年は遅れているので、まだまだ沢山の便利な製品は皆様のお手元にあると思います。組長宅的に、という温かい目で見てくださいね(笑)。


  1. 2007/03/19(月) 09:57:06|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

轟沈の底から見たもの

仕事がうまくいきません。予定していたモノが全てダメに。
各方面より集中砲火を浴びてます。
それもこれも、予定通りにモノが製作できないからなんですねえ。
ワタシは図面を書いて手配するのが仕事ですが、今は納期も工程も何もあったもんじゃあありません。
工場は既にパンクしてますが、何とかやって貰わないと電話ノイロウゼになってしまいます。
いや、もう既になってるかな?携帯電話の着信音が怖いですし。でも電源を切るのはもっと怖いんですね(笑)


世の中は景気が良くなってる?
こんな状況じゃあ明日からすぐに悪くなってくれ!と、切に願いますよ。


ブログの更新もなかなか出来ませんが、コレでは自分の更新も出来ませんね(笑)。


~心象風景~
今、轟沈して海の中から海上を見つめている自分がいるわけです(笑)。
あそこまで浮上しなければ明日は無いと思っているのです。ここにいても誰も助けてくれませんし、自分で泳ぐしかないと思っているんです。
で、弱々しくも両手両足で掻きはじめている状況ですね。

自分よりちょっと深いところに、急に人生が大変なトコロに迷い込んだmがいました(爆)。彼女の目指す海面はちょっとワタシのとは違うようですが、とにかく頑張れと応援している自分がいます。ゴボゴボ音になってしまって届かないようですが、気持ちは伝わっていると思います。
じっと上を見てないで、さあ掻き始めるんだ!

頭上の海面近くには、最近仕事の修羅場が終わった我が奥様がいます(笑)。深いところのワタシに手を差し伸べようとしていますが、届く筈もありません。やはりアソコまで自力で行くしかないですね。
もっとも彼女がその位置にいることが、自分にとってもかなりの救いですね。よかったあね。

さあ、もっと両手両足に力を入れて浮上しなければ!!
浮上しても目指す海面は荒れているんですけどね(爆)。


ああ、愚痴だなこりゃ(笑)。

とにかく頑張ります。
組長たるもの、仕事ごときで沈んだままでは居られません。

さて、少し気合いも戻ったことだし、某ゼネコンに謝りの電話を入れるか、と(笑)。




b0076096_18503763.jpg

  1. 2007/03/16(金) 15:29:24|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

商用車選び

知り合いの社長が、今度ちょっと事業を拡大するのにあたって商用車を導入したい、との相談を受けました。
といっても、株式会社の設立から会社登記の相談の中での一つですけど、他人のとは言えクルマ選びの方がよっぽど楽しいので勿論コチラ先行です(笑)。

まずダメなメーカー、車種から聞いていきます。
すると、一番お勧めなトヨタサクシード、早速落選(爆)。
理由は「オマエが乗ってるから」。、、、ごもっともで(笑)。

その他軽自動車はイヤ、三菱もイヤ(爆)、キャブオーバーはイヤ、4人ちゃんと乗れるコト、荷物はあまり載せない、女性でも簡単に操れる、等々、様々な要望が出てきます。

そうすると、日産ではADバンかエキスパート、ホンダのパートナーぐらいしか選択肢がありません。

エキスパートは一番イイ頃のアベニールベースだから、、と言ってハタと気付いたのですが、最近モデルチェンジしてウイングロードベース、つまりADバンと何ら変わらないじゃんか!!という現実でした。

CV.jpg

こんちわ、ADバンでえ~す。


GV.jpg

ども、エキスパートでえ~す。

ちょっと、ちょっとちょっと!(笑)


どう違うってゆーんだ??とちょっと調べてみると、ADバンには1200ccのエンジンが選べて上限は1500。エキスパートは1500から1800ccのエンジンが選べる程度で、外装や中身に大きな違いは無さそうです。

あ、とウェブカタログ見て再び気が付くのですが、エキスパートは「ADエキスパート」という名称になってまして、いわゆるADバンの上級グレード、トヨタで言うプロボックスに対してのサクシードみたいな位置づけになったようです。

古いボディを新車で買える!(商用車なら)という特典が日産には伝統的にあります。今でもタクシー仕様としてY31が新車で買えますね。
バンなら旧アベニール系ボディがエキスパートとして買えたのです。サイドラインがレガシイっぽくて大柄で好きなクルマでしたが、もう新車では買えなくなってしまったのですね。

しかし、同じボディを名称を変えて売る必要があるのか?と疑問も沸くわけですね。
いっそADバンのラインナップにしてしまって、エキスパートをやめてしまえば、カタログやデカール等、若干のコストダウンに繋がるんじゃない?とシロートは思ってしまいます。

伝統のトラックの名前である「クリッパー」を復活させたと思ったら、三菱からのOEMだったり、サファリ国内販売中止の報といい、日産は最近ガッカリネタが多いですね。

そんなことでホンダのパートナーもちょっと調べてみると、コレ凄い!ナニ考えてんだホンダ!??というクルマでした。

main.jpg



~続く~


[商用車選び]の続きを読む
  1. 2007/03/06(火) 10:49:29|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

久々のサファリ

会社の駐車場に監禁状態になっていたサファリ参号機を、今日ちょっと動かす時間が出来たので40キロほど乗りました。
自分のクルマなのにおかしなハナシですが(笑)。

3週間ぶり、久々に乗るサファリは「う~ん、デカイ!」(笑)
ハンドルが切れない、ブレーキが甘い、アクセルのストロークがでかい、と、改めてビックリ!ですね。
普段に使っていると全然感じないことも、基準が最近のクルマ(といってもサクシードやティーダ程度)にシフトしつつある自分の感覚との差がそう思わせるのでしょう。

しかし、3個も交差点を過ぎれば既に感覚はサファリ的に戻り、コレが普通になってしまうのですね(笑)。
切れないハンドルはちょっとだけ早めに切り始めている自分がいますし、甘いブレーキも早めに踏んで制動距離を長めにするように勝手にアシが動いています。
2000回転も回っていれば十分に走るTB42Eですが、今日びの年度末で殺気立っているU都宮市内を走るにはもっと加速が必要ですね。
ぐいっと踏み込めば巨体を傾けてみるみる速度が上がりますが、すぐに前方のクルマ群に阻まれますし、ブレーキもドスンと踏まないと止まれません。
そんな事を2~3回繰り返せば自然と急ぐ気は無くなります。どだいこのY60ATのギア比では、街中で元気よく走るには高すぎてギクシャクする感じですから。

次第に道が空いてくると「ああ、これだわ、、、」と、何とも言えない安堵感?のようなモノがステアリングからペダルから伝わってきます。ユルユルと回っているTB42Eも、ティーダのエンジンのようにその存在が解らないモノではありません。
やはりサファリはれっきとした”機械”なんですねえ~。
機械を操っているという「操作感」が安堵感と結びつくのでしょうか?


今日はこのまま高速へ乗って、1区間だけ走ってまた駐車場へ戻します。遠回りですが少しだけ時間が出来たので、自分へのプチリフレッシュも兼ねようとしてるワケですね(笑)。

ゲートを潜って、ホントに久々にアクセル全開。
目の前のTB42Eからズドドドドドドドド!とガソリン食いまくっている音がします(笑)。この音は大排気量OHVが高回転(それなりだけど)で回る時のホントに基本的なサウンドですね。V8とも違う、直6らしい筋の揃ったイイ音です。
多分、現行のツインカムTB48でもこの音は出ないと思います。

ふと速度計を見れば免許がアブナイ数字を指してますので、アクセルを緩めるとロックアップが働いて回転計がススッと落ち、いつものTBの回転域になりました。緊張も解れて巡航体制になると、「ああ、やっぱりサファリだなあ」とまた感じるワケですね(笑)。

その後少し高速でTB42Eを堪能しましたが、会社の駐車場に納める頃には既にサファリは元通り自分の手足の延長になってしまって、感慨も感動もありません(爆)。
ただ、燃料ゲージがガクンと下がったという事実が残るのみです(笑)。

やはり次はオフへ連れ出さないといかんなあ~。


20070302163911.jpg



  1. 2007/03/02(金) 16:29:52|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:6

メガネ新調

一度使ったらやめられない物、まあ皆さんの周りにはイロイロあるでしょう。
よく解らないコダワリとか、意地とかの部類もあるかもしれませんが(笑)。

ワタシの場合、メガネ”も”そのヤメラレナイモノシリーズの一つです。
メガネがやめられないのは目が悪いからじゃねーか!と突っ込まれる方もいらっしゃるかと思われますが、そうじゃねーって、「フレーム」の方ですね(爆)。

中2からずっとメガネな生活を送ってきた自分は、この鬱陶しい器具をそんなには好きではありません。出来れば無いほうがイイと思いますし、なにより邪魔でメンドクサイじゃないですかね。
メガネ不要なほど目がイイに越した事は無いのです。

そんな長年のメガネ生活で、コレだ!というフレームが、今も愛用するアイフォリクスというスイス製の”逸品”です。
http://www.eyephorics.co.jp/

全部が樹脂のようなプラ製で、小さなビスすらありません。
柔らかくしなやかで、両手で曲げても踏んでしまっても壊れません。
つまり、軽くて丈夫、という理想のようなメガネなんです。
プラレンズ専用フレームなので、ちょっとレンズがお高くついてしまいますが、今は傷の付きづらいコーティング等イロイロと選べて、こっちのギョーカイの日進月歩も大したもんですね。

欠点は一つ!
高価。
プラレンズ専用ということもあり5万円は下りません。
今回作ったメガネもぶっ飛び価格の5まん6せんえん、、、。
小遣いが月2万円のオトコには成層圏に裸で突入する勇気の金額です。

しかし、既に使用中の現メガネは、傷防止のコーティングが無残に剥がれて夜など見づらいのなんの。それだけではなく6年使用の経年変化も顕著で、フレームは一部割れ落ちてアロンアルファ補修の跡も白く情けないモノです。
アロンアルファで勝手に修理しなければ、フレームだけはまだ使えたかもしれないと店員に言われてしまいましたが、後の祭りですね。

rim_fc31.jpg


現在は新品を休日やお出かけ用に。ガタガタの古い方を平日仕事用にと分けて使ってます。
度数も変わらずですので、近眼は止まったみたいですね。


ん!!ということは老眼が進んでるのか???!!!
  1. 2007/03/01(木) 17:42:23|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する