組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

最大積載量つめるだけ

車検の前に「最大積載量」ステッカーを貼りました。
以前は無くても何も言われず通っていたようですが、今はちゃんと指摘されるよとのことで、事前にバッチりバッチこいです。

うちのサファリ参号機はキングスロード7人乗りなので、単純に2人乗りとするのには、
基本体重55㌔×5人分=275㌔
275㌔では半端なので250㌔積みとします。

つまり、乗用車登録で7人乗れるけど、そのうち5人分を荷物にするのだから最大積載量が250㌔積ならば無改造でいいでしょ?ってことです。

同じクルマなので構造計算もなんもいりません。
お手軽貨物登録の出来上がりですね(笑)。

例えば、スペースが許されるならシビックでも何でも貨物に出来るって事ですね。ハッチバックじゃないと荷物の出し入れが出来ないので不可ですが、リアシートを取っ払って室内寸法の半分以上が荷室になれば簡単に貨物登録出来ます。
リア3人掛けの場合、最大積載量は150㌔。2人掛けなら100㌔が無改造範囲になりますかね。

20070629123108.jpg


”2”の前にスジがあるのは、元々このステッカーは最大積載量1250㌔だったからですね(笑)。
”1”をちょん切って使いました。ありがとうw自動車のおやっさん(爆)。





車両重量2.2トンのサファリの最大積載量が250㌔
同じく、重量1.2トンのサクシードの最大積載量が400㌔、、、、。


疑問に思うな!!Move!Move Go!!(ビリー○ブート○ャンプより)





スポンサーサイト
  1. 2007/06/29(金) 12:36:31|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

財布

財布の趣味はありません。
チューボーの頃はナゼか刺繍の入った札入れ(札の存在は皆無)をコレミヨガシに持っていたものですが(笑)、どんどん世の中が解るにつれ実用一点張りのシナモノになりまして。

札入れなんて持ち歩くほど大きなお金を持ち歩くわけ無いじゃん!そんなカネどこにも無いじゃん!(泣)かろうじて在っても二つ折りに出来ないほど分厚くないじゃん!(号泣)と、現実を理解すればする程、財布はコンパクトかつ使い勝手優先になっていくモノなのです。

しかし、一度買えば2~3年は使い倒してしまうモノですので、強度も必要です。汗だくの作業着に突っ込んだりもしますし、カヌー等で沈して水没させたりもする財布となるので、革製品はご法度です。

そうするともう選ぶべき財布はコレしかなく、今回も同じものを新調してしまいました。今回こそは違うのを買うぞ!と意気込んでみたものの、結局都合3回目の登板と相成りました。


20070629090857.jpg

やはりワタシ的ブランドはキャンプ道具から離れられません(笑)。
モンベルの財布です。

20070629090926.jpg

灰色の方が使い倒した方です。何度も洗濯してしまったので(意図的&不意に)色が抜けきってます。
もう大人なので今回はブラックとしました。
因みに色の偏移は、迷彩→灰色→黒 の順番で、この辺りにも大人の階段登る自分が見て取られますね(笑)。


20070629091338.jpg


ざっくりとした布製なので、汚れたら洗濯機に放り込めばいいんです(笑)。中身は抜きましょう。奥様に激怒されますよ。

あまりカードが大量に入る設計ではないので、カードマニアの方にはお勧めできません。札入れにはセパレートが入ってますので、自分のカネと会社のカネが一緒に見える御仁には便利です(爆)。
小銭入れは下の写真のとおり、クパッと開けるタイプで出しやすいですが、何らかの拍子にぶちまけやすいとも言えます。

20070629091937.jpg


20070629092006.jpg


この財布、チャックでばっちり締め切ることも出来るので、カバンやリュックに無造作に放り込む時も中身が飛び散ることもなく便利です。
普段ズボンのポケットに捻じ込んでおく時にはチャックはしませんが、ズボン本体のチャックは必ず閉めるように努力しております。


フィールドで使える財布をお望みの方には、このモンベルをお勧めします。
ちなみに水没しても助かるのは財布だけです!
中身の紙製品は全て藻屑と成り果てる確立が高いので注意してください。






  1. 2007/06/29(金) 09:35:40|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

過積載号

現場が終わると、余材が出ます。
ちゃんと積算してても何かあると不安なので、材料は余計に取るのが慣わしです。特に納期のかかるものは慎重にならざるを得ません。

加工してしまったモノや開封してしまったモノは価値がないので捨ててしまいますが(勿体無いハナシです)、まだ使える未開封材や高価な金属(最近ではステンやアルミの屑)は全て持ち帰って在庫に、又は業者に引き取って貰います。

今回は物量が半端ではない為、引き取り業者から手伝ってくれと要請が、、、(笑)。
サクシード限界積載です(爆)。

20070629083921.jpg


20070629084036.jpg


室内も勿論シートを倒して積んでおります。助手席までドアクローザーやら錠前やら放り込まれ(結構重いんです)、かろうじて運転席だけが助かっている状況です。
重さの判るものだけでも1トン以上あるので、多分、2トンは積んでる、、、(爆)。



良い子は絶対真似しちゃダメだぞ!組長は日々鍛えているからできるんだ!(笑)。









  1. 2007/06/29(金) 08:47:55|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事のヤマ越え

仕事のヤマを越えました。
某グループのショッピングセンターを手がけておりましたが、昨晩で(晩というよりは朝か)何とか終了です。不可能と言われた短納期と物量に挑戦して、神経と身体がボロボロながらも勝ち越す事が出来ました。
あとは某ゼネコンがちゃんとお金をくれるだけです(笑)。

もともと設計が本業ですから、こんなに現場通いするのもおかしなハナシなのですけど、うちの会社はちゃんとした工務がおりません。
結局図面を引いた本人が現場管理も自然とやっているという、昼夜兼用システムが確立されます。
あちらの設計との交渉、ゼネコンとの工程調整、モノや職人の手配は本当に大変です。

しかし、今回の”敵”は去りました。
やっとこれで少しだけ時間が自由に使えそうです。




  1. 2007/06/28(木) 12:31:46|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンバーオイル交換で考えた

我が家のサンバーがオイル交換時期だったので、梅雨入りの快晴の日に行いました(笑)。
ご存知、スバルのサンバーはリアエンジン、リアドライブ+パートタイムフロントドライブです。基本はリアのオーバーハングに吊ったエンジンでリアタイヤを駆動するRRですね。

リアの黒いエンジンカバー(?とでもいうのか)をマイナスドライバーで(ホントは鍵なのですが)開錠して開けます。下ヒンジになってますので、ある程度整備性は確保してますが、キャリイ等のシート下エンジンを上から弄くるよりはずっとマシですね。

プラグの隣にオイルキャップが見えますが、とりあえずは潜ってパンのオイルドレンを緩めます。17のボルトですね。緩めたら黒い醤油のようなオイルがドドドっと流れてきます。オイルキャップを緩めて空気を入れてやりますと、抜けと切れが良くなるような気がします。

それにしてもサンバーは低い位置にエンジンがあるものです。シリンダーはほぼ水平にまで倒され、オイルパンを抱くように配置。ミッションから出るフロントへのペラシャフトもエンジン側(リア側)の方が下がっているぐらいです。クルマの性格上、エンジンへの環境はあまり良くありませんが、ここにパッケージングして納めていると言う事に感動がありますね(笑)。

普通、リアのオーバーハングなんてクロカン走行以外はあまり気にならない部類の場所です。ここにエンジンを納めてしまえばスタイリングに影響が少なくて最良ですよね。
FFだとどうしてもフロントに機器が集中して、ボンネットが低く出来なかったりオーバーハングが長くなったりしがちです。リアのオーバーハングはそんなに気にならないものですが、フロントのそれは気になります。ハンドリングや横から見た形に激しく影響しますよね。
つまり、「かっこわる!」なクルマになりガチで(笑)。

フロントガラスから先って、極力短いほうが居住性も荷役性も上がりますよね。究極の形はキャブオーバーだと思いますが、フロントエンジンのキャブオーバーはエンジンの上に座るレイアウトとなり、音はうるさくなりケツは熱くなり(笑)で、あまり望ましい形とは思えません。

あの有名なポルシェも最初はミッドシップで設計されていたそうですが、量産段階になってリアエンジンに変更になったそうです。
リアにもヒトが乗れるように、という配慮だったそうですが、結果的にRRのレイアウトがその後のポルシェの運命を決めたという感じですね。

つまりRRという形式は、エンジンを小さくその他を大きくというホンダで言うところのMM思想を地でいける方法だと思うのですが、ホンダさんはFFでコレやってましたね。技術を売りにするホンダさんは、安易(?)なRRという方法を取らなかったのですね。

ワーゲンタイプ2というとピンと来ないかもしれませんが、いわゆるワーゲンバスといわれるやつです。コレもリアエンジン。ま、ビートル(タイプ1)と同じだからそれ以外に方法は無かったかもしれませんが、ちゃんとエンジンの上だって荷室になっています。

VW060S.jpg


この”変形ワーゲン”シリーズでタイプ3という2ドアセダンがありましたが、フロントには広大なトランクスペースが、リアにもエンジン上にソコソコ使えるトランクスペースがあったことを思い出します。
しかし、そこにナマモノを置く事はやめておいた方が良さそうですが。
荷室の広さはRR+水平対向の素晴らしさですね。

09_01.jpg

この美しい”おフランス車”もRRです。直列の4気筒を縦積みしてます。縦積みなのでリアのオーバーハングが長いのですが、ホイルベースとのバランスが絶妙で、絶世の美形マシンとなりました。
縦積み+リアエンジンは昔のクルマによくある形式です。
4人乗れてスペースに無駄がなく、といえばFFの独壇場だと思われガチですけど、そのFFには「等速ジョイント」というアキレス腱があったので、昔はこの辺りがネックでRRが多かったのだともいえます。

その後FFは激しく進化し、等速ジョイントの問題どころか、タックインやトルクステアも克服し、アクセル踏み込みアンダーさえも4WSや左右のトルクを変える事により乗り越えた現在です。
その裏でひっそり絶滅したかに思われましたRRが、なんと三菱のiという軽自動車で日の目を再び見ました。

iはリアの車軸の上にエンジンが乗っかっているRRです。オーバーハングではありません。従ってリアシートの下にエンジンというレイアウトですので、相当熱的に苦しいと思われます。
今日のコンパクトエンジンにより採用できた最新のレイアウトともいえます。

乗った感じはリアエンジンをカンジさせない、というか結構普通にウルサイというかで(笑)、この配置のメリットはこの独創的なサイドビューを作り出すためにあるというのがホントの所なのでしょうか。
フロントの造形はまるで未来の国のコンセプトカーです。
多分、このモデルは子孫を残さないまま消えていくでしょう。

そうするとこのスバルサンバーは国内で最後の、ホンモノのリアエンジン車になると思います。本家ポルシェよりも先にフロントへのドライブを実現しましたし(笑)、本家よりもリアエンジンであることの利便性を最大限に形にした名車であると私は思っとります(笑)。

確かにサンバーはオイルは漏れるし、タイミングベルトは細いし長いし、エンジンの位置が低すぎるのでラフロードでヒットすれば致命的だしで軽トラとしてあまりイイトコロがありません。
オイル洩れはこんな小さなスペースに、軽トラックの癖になんと4気筒のエンジンを横倒しに押し込んでいるからで、機械的に無理があります。補機の取り回しだって長くなってしまうのでタイミングベルトも必然的に長くなってしまい、狭いスペースに4気筒ですから細くなっても当然です。

しかし、ラフロードを走らない舗装路メインでの荷役には、4気筒のスムーズさとエンジンが遠くにある静かさから、長距離を走る赤帽さんご用達のマシンとなっているのですね。

そう考えるとうちのサンバーは、ラフも走らず長距離も走らず、全く過保護なヤツです(笑)。

02sambar06.jpg

猛烈に押し込まれたパワーユニット。左の箱はマフラー。リアエンジンはマフラーの取り回しも大変です。


egi.jpg

赤帽車専用の赤いヘッドカバー。ちょっと欲しいレアアイテム。
「赤く塗れば三倍早速くなる」というガンダム世代ではお馴染みのチューニング。○○専用、という名称も泣かせる。






  1. 2007/06/18(月) 09:53:43|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

捕らわれの猛獣

20070615184338.jpg



仕事が忙しくなると、この大食いの猛獣はここに捕らわれてしまいます(笑)。

つまり、仕事が忙しくなる→サクシードの出番が増える→サファリ乗れない→会社の駐車場に置きっぱなし。
という図式が確立されます。

なぜか三方を網に囲まれたサファリ専用の駐車場を用意して頂きまして(笑)、感謝するやら泣けるやらでございます。
本当は入口アプローチが段差なので、地上高の高いクルマしかココに入れないだけなのですが、実質組長専用駐車場と化してます(爆)。
夏場はドクダミ草の匂いがキツイんですけど、この宇都宮市街中の一角にこんな自然豊かな場所があるなんて驚きです。

でもさあ、サファリは素直だからそんなに心配しなくても逃げ出さないって!(笑)。
逃げるのは持ち主、、、、(爆)。







  1. 2007/06/15(金) 18:51:59|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カーナビ

実は超遅ればせながら我がサファリにもカーナビが!(笑)。

と言っても、以前にインサイト(本体ドナ済み)に装着されていたパナソニックのポータブルナビを移植しただけですけど。
ポータブルなのでとっても簡単!と思いきや、架台をケチったのでまずソレをインサイトからひっ剥がすのが大変です。
あまり豪快に剥がすと、インサイト次期オーナーに叱られてしまうので傷跡が残らないように、慎重にカッターの刃などで両面テープ部分を切っていきます。残ったテープはステッカー剥がしで処理。こちらは完璧です(笑)。

さて、そうするともうこの架台はサファリ側に両面テープでは固定できないわけですが、サファリですからなあにかまうものか、タッピングビス固定です(爆)。
ポータブルナビといっても結構な自重があり、ばっちり固定しないと不安ですが、サファリY60の場合、グローブボックス上側のウレタン部分は実はちゃんと下地に鉄板が入ってまして、少し長めの鉄板タップビスならバッチリ利くんですね。
ココって、助手席のクラッシャブルゾーンだろ?。鉄板入ってて良いんだろうか??(笑)

さて、このパナソニックのナビですが、ヒトコトで言って一昔前のDVDナビです。ナビ機能の他にアナログテレビチューナーがついてますが、付属のロッドアンテナを伸ばしても移動中はまず写りません。ティーダに入れた地上波ワンセグとは比べ物にならないモノですね。

DVDナビですがDVD再生機能はありません。ナビですから、ナビさえちゃんとしてりゃイイんです(笑)。

しかしながら自慢ではないですが、ワタクシ自分の行動範囲内の道路は全て把握しておるつもりで、都内だろうが埼玉だろうが林道だろうが道に迷うことなどは極稀です。「よくこんな道知ってるね」と言われるぐらい裏道もバッチリなのですが、やはりナビが必要なのです。

実はナビそのものの機能はどーでもいいんです。欲しいのはvics機能。
コレはFM多重放送に連動して渋滞をリアルタイムで(田舎だと微妙)教えてくれるスグレモノなのです。
コレが付いていれば「ああ!裏回れば良かった、、」とか「高速乗るんじゃなかった!」なんて後悔する回数が圧倒的に減ります。

勿論この情報がリアルタイムと言っても、若干の時間差もありますし受信できなければ何の意味もありません。
もっとFM多重放送できめ細かい渋滞情報を流して欲しいものです。



20070612171315.jpg


20070612171452.jpg


ケータイカメラ壊れたかな?上半分が光だらけになっちゃうですね。
  1. 2007/06/12(火) 13:23:32|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

憂鬱な雨

久々に、サファリネタの為に週末はサファリ出動!と思いきや、どうにも雨が降ってしまいました。
関東地方でクロカン遊びをしている方なら解ると思いますが、あの関東ローム層+雨の恐怖を(笑)。

どんな凶悪なタイヤでも、赤土が露出したらもうグリップしません。
グリップしないどころか止まりません。
水は高いところから低いところへ流れるように、サファリも高いところから低いところへ流れていきます(笑)。
そして、誠に残念なことに低いところへ流れたらもう高いところへは登れません。
デフロックを入れようがゆっくりタイヤを回そうが全開フルスロットルで回そうが、もう脱出は不可能。
怪我が増える前にさっさとレスキューを考えた方が利口です。

ローム層+雨ではワダチも難しいシーンです。
ハンドルをいくら回しても戻しても、ワダチから抜けることが出来ません。まるで線路を走るのがイヤになって駄々をコネている機関車のようですが、ワダチ(線路)の呪縛からは逃れられません。

グリップが悪いと転倒やシャフト折りのリスクは少ないのですが、思うように走れないのでストレスが溜まります。
結局イキオイ+振り回しで走るしかないので、ボディが凹みます(爆)。
ボディが凹むだけならいいのですが、リアコンビを割ったりウインカーをモギッたりして出費もババンと嵩むのです(爆)。

つまり、濡れたローム層の上は走ってはならぬということです。
無敵のサファリにも弱点があるのですよ(爆)。

そういや雪もダメだなあ(笑)。



040418044.jpg

壱号さんのY60は、きれいに逆立ち出来ます(笑)。
この後前転はせず、元に戻りました(チッ)。
壱号さん曰く、「ああ、ウインチが在って良かった!」だそうです。




  1. 2007/06/08(金) 18:31:40|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

温泉の3

最近、サファリネタがないぞ!とお嘆きの貴兄に、今回もまた温泉ネタです(爆)。
いや、いいわけですが我がサファリ、腰痛にはその乗り降りがキツイんですね(笑)。乗ってしまえばレカロシートと高い視点でゆったりノンビリ楽チンなんですけど、降りるときのコトも考えるとちょっと敬遠気味になり、我のクルマながら申し訳なく思う次第で。
完治したらまた頼むぞ、ということで、サファリ君暫くお休みです。

さて、そんなジジイには、やはり温泉がお似合いでゴザイマス(爆)。
今回ご紹介するのは、栃木県は烏山市の川向うにある、山深い谷にポツンと佇む「烏山温泉やまびこの湯」です。

ここはちょっと変わった経歴があります。
まず、町営の烏山温泉としてスタートしたのですが、源泉が出なくなったのかもしくはポンプが壊れたのかで暫く「お湯」で営業しておりました。
当時400円の入湯料金が、お湯時代は200円と半額だったのも微笑ましい出来事でした。
そうしているうちに施設が閉鎖、もうこのまま廃墟一直線かと思われたのですが、昨年リニューアルされ今度は民営でスタートです。
近くの大金温泉から湯を運んでいるようで、大金温泉の成分表が貼り付けてあります。もちろん経営も大金温泉。入湯料金は500円に上がりましたが、まだ安いほうで助かります。

そんなこともあり、泉質がどうのこうの言うような温泉ではありません(爆)。大体運び湯なんてマニアがっくしのシステムじゃありませんか。

それでもイイと思うのは、いつも清潔で空いていること。
コレ大事ですね。
混んでいる温泉は、泉質がいくら良くてもゆっくりした気分になれないのです。
洗い場は並んでいるし子供は騒ぐ、大人は怒るで何のためにわざわざ温泉場まで来たのか意味不明じゃないですか。

お湯に効能なんて無くてもいい。清潔で静かでゆっくりできればそれでいい。塩素が効きすぎでも逆に消毒されてイイ(笑)。
そんな気持ちにさせられる「烏山温泉やまびこの湯」です。

ちょっと小さいけどサウナも付いてます。

yamabiko.jpg

峠を下ると谷状になっている交差点の角にイキナリ現れます。

P2010039.jpg

内湯です。奥の打たせ湯はご他聞に漏れず中止。そんなにレジオネラが怖いかあ!!いやこわいっすね(笑)。


P2010041.jpg

露天風呂。内湯よりもさらに薄い成分。もしかするとお湯のみかもしれないけど、ココを一人独占してタユタウのは至福のヒトトキです。



20070606104140.jpg

休憩場より外の駐車場を庭越しに見るの図。遠くに我がサファリが写ってます。喫煙コーナーは吸引式のテーブルあり。畳敷きの休憩所もあります。カラオケもないし、食事メニューも安いのでアフター湯上りも静かにゆっくり過ごせます。


何度も言うようで申し訳ないですが、ホントに泉質としてはダメダメです。一応紹介すればナトリウム・カルシウム塩化物泉でphは7,6ですが、どうにも水割り50パーセントという感じですね(爆)。
勇気を出して口に含むと塩辛いですが、飲泉はお勧めしません。
しかし、ソレを上回る価値がココには在ると思います。









  1. 2007/06/06(水) 10:56:36|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MRに白い影が!!

今日は腰痛の関係で診察の日です。
先日撮ったMRを検証して貰うというわけです。

診察一番を狙い朝早くに出て行った割には、道路が混み腐りやがりまして獨協大学に取り付いたのが遅くなってしまいました。
クルマに自由に乗れるようになったので、奥様に教わった通りに(今日は独りで痛飲もとい通院)診察券を再診販売機(?)に突っ込みまして、貰った番号はB2番。
つまりBということなので、Aの軍団の次です。

もうフテネ状態で待合室に態度悪く座ります。前回、前々回、そのまた前の反省を踏まえてポケットには文庫本をねじ込んできたので、少々の時間はどんと大船に降りたつもりで構えておりましたら、いきなり「ビンポン」音と同時にB2の電光掲示板が光りました。

Aのヒトを差し置いて中待合室に入りますと、すぐに佐野元春×3先生に呼ばれます。
なんかちょっとヤバいのかオレ??と不安が募ります。診察時間は930からだというのにまだ15分も前です。おいおい、重傷?

ビクビクしながら元春×3が見つめている写真を覗き込みますが、自分の身体の断面だというのに何が何だかサッパシ解りません(笑)。
ふと元春×3が重い口を開きました。
「白い影が」

てぃらり~!鼻から牛乳う~

そしてさらに追い討ちをかけるように「相当、我慢してたでしょ?」
「いえいえ!最近は全然痛くないし無理なポーズや重たいモノ持ったりしたときちょっとこわばり感というか痛みとかいえ痛みとかそんなに無い風で、そういや何となく重いような痛いような気もしますけどええ!!そんなに自分ヤバいっすか??」
とココロで思った事を取り敢えず整理して日本語に翻訳しながらクチに出そうとした矢先でした。

「いや、おしっこ」
「??』
「いやいやMR撮った時におしっこ我慢してたでしょ?」
「。。。。うん。」
「ほれ、ココ膀胱。白い影がおしっこ。満タンだね。」
「、、、、で、おっさん(失礼)、腰は?」

結局、腫れは若干見られるモノの前回と較べればずっと小さくなっているし、CTで見えた影も無くなっているから問題は無さそうだとの事。
心配されていた「脊柱なんちゃら筋腫」とは違うようで良かったねと元春×3が握手を求めて来たので、はいはいとねちっこい手を握り返しました。
そんな怖そうな病名の(覚えちゃいねえけど)病気を心配してたのか!?元春よ。言えよ。

そんなわけで、一応無罪釈放となりました。
元春に「まだ無理しないでね」とは言われましたが、そりゃ誰にも言う慣用句だろうという事でココに「今回の腰痛事変解決」の報告を致します。

帰りのお会計も自動販売機にお金を入れるシステムです。
領収書を取ると器械にも「お大事に」と言われました。
とっさに「うるせえよ」と言い返す自分はまだまだ若いな、と思いました(爆)。

ご心配してくださった皆様、おかげさまで治りました。
この場を借りて(この場って、いちおうオレの場だけど)厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。またよろしくお願いします。(?)













  1. 2007/06/05(火) 15:07:24|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

おのれ理不尽なり、をどうしたものか

某所友人の夫婦が別居状態と聞きました。

詳しい話はあえて聞いてませんが、どうやら嫁ぎ先の義母とうまくいかない様で、友人の嫁さん(どちらもガッコの後輩ですけど)がソレが原因で病気に。現在子供を連れて実家に帰っているとかで、ちょっとビックリです。

ワタクシの周りには何だかそんな御話が多くて、今の世情なのか旬なのかは解りませんが、友人や知り合いのヨワイ30代半数の家庭が何らかのモンダイを抱え、また既に行動に出ているといった状況です。

どうにもプラス”鬱”という病気に掛かっている場合が多数ですね。

我が家は幸か不幸か、不真面目なワタクシの性格ゆえモンダイはムーディーに右から左に受け流すコトしか出来ない(笑)ので、現状オッケイという危うくもビミョーな状態です(爆)が、、、、。

逆にうちの奥様は生真面目で間違ったことが大嫌い、権利にうるさいという典型的な優等生タイプですので、ちょっと理不尽なモンダイに当たるとどうにも納得がいかなくて、喚いたり考え込んでしまったり風ですね。

なので我が家は警察官と犯罪者が同居しているようなモノです(爆)。

世代が違うと理不尽な問題(理不尽と我々が思っているだけかもですが)も増えます。近所づきあいや地域の決まりごとにも理不尽はあります。
2世代で住む難しさは、上手に理不尽を受け止めて左に受け流すテクニックが問われると言っても過言ではないでしょう。

特に嫁いでこられた奥様方には完全分離型2世代住宅という”贅沢”でも、近くに旦那の親が居座ってるという「事実」がダメなようです。草むしりでも植木弄りでも何でもカンでも親世代に頼めばいいのに、ナゼかソレを嫌がる奥様、、。うちのオフクロなんか頼まれればなんでも嬉しそうにやってくれるのにねえ??

現在は我が家も仕事が忙しくて、折角建てたマイホームには親世帯が二人で住んでいるだけ。我々は気が向いた週末か長期休みにしか戻れません。
しかし、逆に言えばその状態が奥様を正常値に戻しているワケですね。


以前、那須のお山のドエライおじいにお話を聞いたときのこと。
「田舎で暮らすにゃな、近所のヒトに頼めるだけ頼め。皆イヤそーにしてても内心は嬉しいんだど。」
みたいな事を言われました。まだ独身でよく意味が解らなかったのですが、今では痛いほどわかります(笑)。 


よく聞く理由に「考え方が違うから」なんてお言葉を耳にしますが、ニンゲン誰しもが考え方もやり方も違います。
考え方が同じなんて実際在りえません。タッチやマナカナだって違う(と思う)でしょう。
そんな考え方の違う個性を楽しめないと他人とは暮らせません。
「受け入れる」と考えると重苦しくなっちゃうのでキツイかもしれませんが、「楽しむ」とすればどうでしょうか?


思考パタンのブルース?として、義母義父に何か気に障ることを言われたとします。「変な考え方、今の言葉は本心か冗談か、冗談だろうまあいいっか笑って済ませてしまおう。」と思うのか、「いやソレ違う。間違っている。でも言えない。ええい後でダンナにウサを晴らそう!」と思うのかは、自由だあ!!ではありません(爆)。

笑って済ませましょうよ。
「ジョークならソビエトとだって話せる」とレーガンさんは言ってました。アメリカ的ウンチクですね~。


嫁姑のモンダイなんて典型的な考え方の違いですよね。飯をてんこ盛りにしようが2杯に分けて食おうがそんなことはどーだっていいじゃん!(笑)と思うのです。

それよりもサファリの販売中止のモンダイをどうにかしないとダメだ!と、バカ旦那は力説するのですがもちろん誰も聞いてはくれません(笑)。












  1. 2007/06/04(月) 15:28:25|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

温泉の2

温泉にはうるさいのです(笑)。
実は3年間程温泉の仕事をしていましたので、ずいぶんその時に勉強したのですね。
実際に自分で掘った事もあります。本当の源泉というモノもいじくり回してきました。温泉を配管するノウハウも学びました。
楽しい仕事でしたが、楽しみ過ぎたのか気がつくと今の会社にドナドナされてしまったのです(笑)。

さて、そんなわけで組長お勧め温泉の第2弾は、なんと隣の県の茨城から。
里美温泉ぬくもりの湯という、ちょっと(かなり)マイナーな温泉です。
ここの泉質も強アルカリの単純泉。phはなんと10.8。骨になりそうな勢いです(笑)。
マイナーなので空いているという点もスバらしい温泉ですが、前回の芦野温泉に較べると風情と言う部分はかなり省略されており、まるで銭湯のような、、(爆)。
一応、取って付けたような露天風呂もあります。
難点はうちから遠いという事。2時間はクルマで走る距離です。温泉から海へ出る方が近いぐらいですが、このお湯の感触を思い出してしまうと行ってしまうのですね。

P3050023.jpg

イデタチ的には富士山が書いてあれば間違いなく金町の銭湯なんですけど(爆)。
寝湯なるものがありますが、とても浅いのでダラシナイ潜望鏡が水面上に露見し、すぐさま敵に発見されるのは必至です(笑)。

P3050024.jpg

究極のアルカリ泉とも言えます。アルカリマニアにお勧めします。

15分も入っていれば、もう骨まで食えるぐらいに煮えます。
そんなに湯温は高くないので我慢することはないのですが、逆にそのまま長湯するとヤバいかもしれませんね。




  1. 2007/06/02(土) 12:13:32|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温泉の1

ここ栃木は温泉の宝庫です。
とりあえず温泉の成分なら何でもありですし、全部入れみたいな豪気な温泉もあります。

皆様はどんな温泉がお好きでしょうか?
日本人なら草津に代表されるような、白濁して硫黄のにおい漂うイカニモ火山の温泉!ってのが選ばれるでしょう。確かにあの匂いとお湯には圧倒されますね。お好きな方にはタマリマセン。

しかしですね、あまり温泉地の近くに住んでしまうと、そんな硫黄な温泉はどうにも敬遠しがちになってしまうのです。極たまに、友人が来て付き合うとかその程度になっちゃうのですね。

地元民にとっては 温泉=家の風呂代わり みたいな図式もあります。
つまり、”今日は風呂溜めるのめんどくせ~から入りにいっちゃおーぜえ”的な感覚なので、あまりキョーレツな硫黄臭漂う温泉だと困るんですね。
3日は硫黄の匂いが抜けません。フトンもしかり。

なので、良く行く温泉といえばナトリウム単純泉の無色無臭透明系が多いのですね。
なかには循環で猛烈に塩素が効いてて、あんじゃこら的な温泉もありますが、それでも硫黄のコダッコイお湯よりは遥かに現実的というモノです。
どうせ行くなら透明無色の単純泉でもちゃんとかけ流しで効能が期待出来る所がイイですよね。

ということで、組長的お勧め温泉を2カ所紹介しましょう。

まず今回は栃木県北の芦野温泉です。
アルカリ性の泉質ですが、なんと重曹泉でph9、8という強アルカリなんですね。
もうここまでくるとお湯はヌルヌル感触。長湯せずともしっかりと暖まります。もちろん源泉そのまま。但し加温はしているようです。飲泉も可能ですが、飲み過ぎると胃がダメになりそうです(笑)。
欠点は洗い場の数が少ない事。8人分しかありません。洗わずとも身体の古い角質は温泉の成分で落ちると言われていますが、風呂に行って来たのに全身ゴシゴシ洗わずには還れない性格なので洗い場の充実は必須科目なんですね。混んでいる時には洗い場待ち渋滞が見られます。
また、備え付けのボディソープとシャンプーが個性的です。
オレンジ成分由来のものと炭入りのもの、馬油配合とバリエーションもバッチリ。つくづく洗い場の数が少ないのが残念でなりませんね。
9000476_1505_1.jpg

お風呂は全部で4つ。源泉そのものの浴槽と二つの薬湯、露天風呂が一つです。ハーブのミストサウナもお勧め。薬湯は?です。お風呂代わり利用のヒトはヤメときましょう。

onsenbunsekihyou.gif

この成分表を見て「おお!」と思った方はカナリの温泉マニアですね(笑)。

日帰り入浴料は1500円と少々高いのですが、夕方になると630円にガッツリ下がりますのでソレを狙いましょう。土日祝日は間違いなく混んでいます。
喘息やアトピーが治ったとか、リウマチが治ったとかの体験談が壁に貼られています。中には科学的根拠の薄い治癒報告もあり下手なオカルト雑誌よりも面白かったりもします(笑)。

お泊まりも可能でわりとリーズナブルな料金設定です。
詳しくは芦野温泉0287(74)0211
http://www.ashinoonsen.co.jp までアクセ~ス!(笑)

コレ見た芦野温泉関係者、なんか下さい(爆)。










  1. 2007/06/02(土) 02:50:37|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する