組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

築地に寿司を食いに行く

休日前の夜に、急に寿司が食いたくなるという「病気」が発病することが、局地的ではありますが我が家ではあるのです。
発病するともう頭から寿司が離れない「記憶の癒着」が始まってしまって、もうどうすることも出来なくなるのです。奥様発病の場合は3秒ごとに「お寿司お寿司」と騒ぎたて、なんとかなだめるも困ったことにこの病魔は簡単に感染してしまうのですね(笑)。
画して寿司食いたい怪獣が2匹完成してしまうのです。

どうにも懐具合がヤバい場合(の方が大多数です)近所の回転ずしでお茶を濁す、というパタンも在りですが、夜も9時を回っていたりするともうアウト。
極たまに懐に余裕があったりして、しかも規定通り(爆)9時を回っていて、酒も飲んでおらず元気もスコブル良い、なんて夜はもう、日本の海産物名所に行くしかないじゃないですか。(笑)。


築地近辺の鮨屋はチェーン系で24時間営業なので当然夜遅くなっても全然大丈夫ですし、むしろ遅い方が空いていてヨシなのです。
しかし朝の早い街でもあるので3時ぐらいからはボツボツとターレ(追記参照、円筒形の駆動部に荷台が付いたもの。市場ではポピュラーマシン)が走り始めて、4時5時になるともう売り手と業者と客とターレが狭い場外市場を埋め尽くすので逆に注意が必要です。

ターレならぬティーダのハンドルを握ること2時間半、今夜も築地に来てしまいました(笑)。
しん、となったPに車を入れて場外にでると、鮨屋の下品なネオン以外はゴーストタウン状態です。光に誘われる害虫のように店に吸い込まれるともうソコはオクチの天国(爆)。

栃木では絶対に出会えない新鮮なネタと職人技の綻ぶシャリのハーモニーです。
よく握りは光モノから始まって、、、なんて言いますけど、好きなものから好きなだけ食っていいんです。美味しく食うことにルールなんてありません。本日2順目の中トロを頬張り、ふと時計を見れば午前1時(笑)。

ジャンケンに勝利した我が嫁は吟醸酒を煽りながら「炙り縁側」を、運転手当番のワタシは「手巻きウニ」をムシャムシャと美味に囚われた水牛のように、とにかく満足至福な時間を過ごすのです。この時点で午前2時(爆)。
そろそろ帰路に就かなければ、明日の休日を寝て過ごしてしまう羽目が確実になります。
二人で食って一人キッチリ飲んで、約一万弱。安いとみるか高いとみるかですが、事実美味しいのですから安いとするべきでしょう。



どこにも寄らず眠い目を擦りながら深夜の高速を疾走して住処に辿り着いたのは午前4時。
冬なので真っ暗ですが、夏ならばもう薄っすらと空が青みがかってくる時間です。
でかいウオンバットのように布団にモソモソと潜り込んで、心地よい疲労感に包まれながら満足して眠るのです。
ああ、真夜中の築地ラブリーだぜえ(笑)。


スポンサーサイト
[築地に寿司を食いに行く]の続きを読む
  1. 2008/01/30(水) 15:52:32|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

久々の

まとまって距離を乗るのは今年最初だったかもしれません。
やっと、ああやっと、先週末に我がサファリにココロユクまで乗り(れ)ました(笑)。

まずは去年に入れたガソリンの消化作業から(爆)。
日光まで蕎麦を食うという口実で往復です。
あわよくば雪がないかなあと薄い期待を込めて、ちょっと空いている宇都宮市内を中速前進しながら日光宇都宮道路に入りました。

どうせガソリンは後で入れるのだし、あまり燃費は考えないようにしようと深くガスペダル(当社比30パーセント増し)を踏み込みます。
回転計3500rpm釘付けで加速しますが、さすがに4速になると”突起物”の多いボディからの風切り音がどうにも気になり、右足を緩めました。

山肌の日陰の路肩はまだ雪が残っていて、染み出ている水が凍っています。
なるべく真っ直ぐに通過出来るようにカーブ入口で態勢を整えていると、柔らかい足にスタビレスなので巨大なボディがグラリと揺れます。
すかさず隣の席から「危ないよう」と苦情が出ますが、まだまだ全然問題はありません。
だってサファリは誰かが通った後ならば、どんな状況でも絶対に転ばないのですから(笑)。

そんなあまり根拠のない過信を元に、高速を降りても細い曲がりくねった杉並木を元気に走り抜けます。雪は残念ながら全くありません。
ほどなく目的地の蕎麦屋に到着。予定時間から大幅に早着でまだお昼の行列時間帯です。
仕方なく並ぶとしますが、ワタクシ的には蕎麦なんて食い物は並んで食うほど価値のあるもんでもありません(爆)。

立派な古民家を改造している蕎麦屋でいつもは静かで雰囲気はあるのですが、今日は学生は叫ぶ喚く子供は泣くオッサンはお茶をブチマケル注文は来ない蕎麦はやけに短いで、あまり良かったとは言えません。
蕎麦屋は全国「R35指定」とかしてしまえばいいのに、と自分に都合よく思うのです。


さて、これから宇都宮市内からちょっと外れたスタンドに給油に行くのですが、ガソリンの目盛りは行きの”遠慮のなさ”から最後のヒトメモリの半分、というシビレル状況を示しております。
なるべくスタンドを変えないで給油したいのは、そこは今時レギュラー136円/リッターという値段+JOMOブランドだったりもするわけなのですが、ホントは勝手に下回り点検ピットが使えるという「裏ワザ」もあったりするからなのです。

一転、今度は省燃費運転。軽自動車に煽られながらもゆっくり加速、定速運転を心掛けます。
市内環状線に入る頃には燃料目盛りは既にE直上です。
警告ランプは付きませんが、長いサファリ生活でも点灯させたことは一度もなく、果たしてこれが燃料残量を警告するランプなのかどうかすら怪しいと思っています。
環状線の左側を60キロ/h走行していると、ワタシを軽快に追い越したS15シルビアがスピード取締りの餌食に。
いつもの勢いで走っていたらワタシが確実に捕らえられていた事でしょう。ああよかったそしてざまあみろ(爆)。


程なく南警察署アンダーパスの渋滞に巻き込まれました。こんな時に役立つはずのナビのVICS情報が、今日は表示されてません。と思ったら、今、受信したようです。
渋滞してから受信しても何の意味もありません。仕方なく並びますが、ガソリンの残量が本気で心配です。
こんな状況でガス欠で止まったら、この巨体を路肩に寄せることすら出来ないのです。
凝視しているゲージの目盛りはEを割り込んで今まで経験したことのない領域に。だんだん路面の角度にも動じなくなってキテおります。
ううっ、ほんとに大丈夫だろうか??


さらにこの先インターパーク渋滞が待ち構えておりますが、ここは十分予測できるので早々から迂回路に。農道を軽快に走るわがサファリですが、事実、軽快なのはガソリンタンクの中身なのです。
確かに満タンにすれば、リアのオーバーハングにデブひとり乗せるのと同じなんだなあと(笑)。



何とか目的のスタンドに滑り込みました。
奥様からカードを受け取り、セルフでレギュラーをまさにゴンゴンと給油します。まるで乾いた土に水を撒くかのように、どんどん給油機のデジタルがでかい数字になっていきます。
ふと、自衛隊の給油活動のニュース画像が脳裏に浮かびます。アレって支援の一環だから給油される側って、タダなのかな?いいなあ?オレも支援されたいなあとクダラナイことを考えているのですけど、まだまだ給油は終わりません。
そして表示9500円ぐらいからお決まりの”スローダウン”になり、一万円キッカリでノズルが止まりました。

今回はめんどくさいので満タンにはしません。給油量は73リッターぐらい。
メーターの針で見てもFを少し割った量です。
10000円でノズルが止まらずに満タンにできる日は果たして帰ってくるのでしょうか?


軽く下回りを点検して、タイヤのエアをチェックします。
オイルの滲みも漏れもなく、タイヤも前回(去年か)のエア圧3キロを保っており問題はなさそうです。世界のサファリは放置プレイにも強いのです(笑)。


帰宅していつのも駐車場に”係留”します。
外気導入ダンパーを”閉”にし、バッテリーの端子を上げてATのPポジションを再確認。4Hに入れサイドブレーキを降ろしてフロントハブをロック。とりあえずこれで放置準備完了(笑)。


さて、次に乗れるのはいつかなあ(爆)。


















  1. 2008/01/29(火) 12:50:37|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

まんいんですよ

さて、サラリーマンと化してから早そろそろ一か月が経とうとしております。
フリーダムな世間ばかり渡り歩いて縛られることなく暮らしてきたワタシにとっては、まさに毎日が目から血のウロコ。
「定時に出勤」、なんて簡単な行為も改めて規則で決められてしまうと重いものです(笑)。

おかげで重いモノが増えて気分の重量増加は止まりませんが、体重は少々お軽くなったような、気がしないでもないような、、(笑)。
とにかく、なぜか一日の時間は確実に減った(気がする)ので、そう簡単に我が人生の記録簿であるブログが更新できないような感じなのです。う~む、困った(爆)。


さて今日の話題。
もうひとつ困っているモノに、「電車」という試練が。
恐ろしいことにこれは毎朝駅の車庫からキッチリやってくるのです。

いつも不思議に思うこと。
「定員」ってあるじゃないですか。
エレベーターにも車にも、もちろんサファリにも定員はありますよね。ワゴンなら7名バンなら5名、無理に載せれば載るけれども、それは危険な行為で法律違反じゃないですか?。
電車には何故それがないのでしょう?それもと定員が相当甘い数字なのでしょうか?
座れる椅子から考える定員とすれば、毎朝のラッシュはこれはもう立派な過積載。
おいおい、これじゃあバブルの頃の3倍積める荷台嵩上げダンプと一緒じゃないかい??(爆)。

しかもワタシの乗る路線はいわゆるボックスシートが多くて、もうかなりの確率で油ギッシュで朝から酒臭くて加齢臭全開のオッサンに取り囲まれ第4種接近遭遇状態になってしまうのです。オッサン楚歌とでもいうのでしょうか?
しかし時間帯が中高年の出勤時間帯と大いに被っているのは明確なので、あと一本早めれば可憐な女子高生たちとハーレム移動も可か!?と浅はかなワタシは思ったのです。

しかし一本早めた事実はモンキーパークの折の中に叩き込まれた気分で、はっきり言ってウルサイの一言。これは筆舌尽くしがたい尋常な光景ではありません。幼稚園バス以下です。
ナパームがこの手にあったらこの高校サルどもを全員焼き払っていたことでしょう(爆)。

ではさらに一本早めれば、、、、空いている電車はイイのですけど、ああ、会社のビルが開いてません(笑)。しかも早起きするという努力と根性も必要なのです。
たまにはいいけど毎日は無理。冬の朝は特に無理(笑)。

したがって今日もまた、オヤジたちの群れにマミれて「精神鍛練」を行うのです。
正しきサラリーマンの道のりは険しくて遠いのです。

って、自分も立派なオヤジじゃんかよ~(笑)。










  1. 2008/01/22(火) 19:37:08|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

明けてしまいましたのでおめでたいかどうかは(笑)

平成も20年です。
元年当時、何年ぐらい平成が続くのかよ(爆)と思いましたが、もうちょっと続きそうですよね。
まずは明けましておめでとうございます。

皆様はお正月休みは存分にお休みになられましたでしょうか?
ワタシは昨日(1月4日)より出勤となってまして、ゴウインに社会復帰したつもりがまた本日より土日休みとなり、嬉しいやらナニやらです。
続けて休んでおられる方が羨ましいですけど、結局出勤しても挨拶ばかりでナンにもしなかったからなあ(笑)。

で、初詣に行った時に気がついた事がひとつ。あれれ、オレってば厄年じゃん!(笑)
去年は散々だったけど、アレは前厄で、実は今年が本番だってコトお?!。
おいおい、冗談がキツいぜ神様(笑)。


まあホンヤクでも何でも、今年もノンベンダラリンとやっていこかと思います。
年賀状を頂きました皆様、ありがとうございました。

IMG.jpg




  1. 2008/01/05(土) 01:35:52|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する