組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

巨大電球

近所と言える距離に有名なツインリンクもてぎというサーキットがあります。
安置されている御本尊はもちろんホンダ(爆)。
ココには日本初のオーバルサーキットがあるのですが、この場所を利用してレース以外のイベントが年間で結構な数、開催されています。
今回はその一つ、熱気球世界大会の催し物の中の「夜間係留ナイトグロー」というモノを見てきました。

夜のオーバルにたくさんの気球を並べて膨らませれば巨大な電球みたいでキレーじゃねーか?という発想だと思いますが、まさしくその通りでした。
色とりどりの熱気球が並ぶ姿は壮観でもあり、幻想的でもありで一見の価値はあると思います。
もちろん「夜間係留」というぐらいなので飛びはしません(笑)。


ちょっと早めに現着したので熱気球の膨らませ方が学べました。

まずは気球の袋をクルマから引っ張り出しておっぴろげます。
まさにノシイカ状態です(笑)。
ツインリンク気球1



送風機で空気を入れていきます。いきなりバーナーは炊きません。
ツインリンク気球2



ある程度空気が入ったらバーナーを焚いて暖かい空気を送り込みます。
ツインリンク気球3



モコモコと勃ってきます(爆)。
ツインリンク気球4

ほれ出来上がり。


風もなく天気の良い夜だったので、この後の花火も大変キレーでした。

競技でもないのにわざわざ気球を膨らませて見せてくれた世界中のエントラントに拍手です。
翌日は朝6時から競技開始らしいですので、宇都宮東口で飲んでないで早くホテルに帰って寝て下さい(爆)。





スポンサーサイト
  1. 2008/11/26(水) 09:43:56|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ぱんつ壱号

ぱんつ壱号の写真を友人が送ってくれました。
いやはや、懐かしいですねえ。

ぱんつ壱号と怪人




場所は佐渡島の両津港です。
一緒に写っているヘンな生き物は若かりし頃の@アツギ君ですね。
彼は現在の方が社会人としてどうか?というナリをしているのが不思議です(爆)。


先日ご紹介したように、この”マシン”は友人たちで最初に共同購入したものです。
所有者はワタシでしたが、皆でカネを出し合って買いました。
バンドに酒に”改造車”にと明け暮れていた頃ですので全員極度に貧しかったため、一人一万円目安。クルマを買う値段ではありません(笑)。

格安車を探していたワケではないのですが、たまたま当時ワタシのレガシィRS-Rを買ったディーラーで発見。
一緒に仕事サボってラーメン食ったりしてたスバルの営業マン(爆)に、「どーでもイイのが欲しいんだけど」と漏らしたトコロ、コレはどうかと見せられたブツでした。
下取りに入ってきた紺の三菱ミニキャブで、名変と車検をとって六万円という破格値。即決ですがもちろんクモの巣付き現状渡しです。

エンジンは550ccの2気筒で、バルカンⅡという意味不明の名称ステッカーが貼ってありました。
コイツが作られた頃って、T社のレーザーとかN社のプラズマとかワケの解らぬ名前がエンジンに付けられまくっていた時期でもあります。
リングネームみたいなもんでしょうか?所詮レシプロエンジンなんですけどね(笑)。

このエンジン、キーを捻って停めてもしばらくは「ぷすん、ぷすすん、ぶろ~ん、ぷすん、ぷっ、ぶぶぶぶ、ぶべべべ」となかなか息を止めようとしませんでした。
その間、再度イグニッションを入れればセル回さずに走りだせるというまさにアイドリングストップの元祖とも言うべきエコエンジン!(笑)。
単なる整備不良です。

ぱんつ壱号という名称は先日お伝えしたとおり、引き取りに行った日の車内掃除の時に女性モノのパンツを発見してしまったという故事に由来するものです(笑)。
いったいこの貨物然とした車内でナニが執り行われていたのか想像に余るものがございますが(爆)、とりあえずこのクルマは我々に「ぱんつ壱号」と命名されてしまったのです。
その後、この由緒正しきパンツナンバーは共同購入車に見事引き継がれていきました。

あの頃はどこかへ行って宴会、巨大なテント張って皆で寝るというのが最大のイベント(笑)でした。
5月のゴールデンウイークは春キャン、夏のお盆休みは夏キャンと年間イベントがなんとなく決められていて、ぱんつ壱号もソレナリに忙しかったのです。
何度目かの夏キャン佐渡島行きはフェリーの待ち時間に直江津の海岸で激しく泥酔。2名ほどの犠牲者を出しましたが無事に渡島出来ました。
たぶんその時の写真が↑だと思います。

その後も装備もクルマもミスボラシイ極貧ビーパルごっこは続きますが、さすがに巨大テントから一人イチテントに代わり、やっとキャンプ地でも安眠を得る事が出来たのです。
とにかく我々のキャンプは飲酒がメインという健全な野外生活でも最低部類に入るモノですので、なるべくヒトの群れから遠ざかる必要があります(爆)。
しかし休みは世間と同じ期間なので、必然的にキャンプ場などはもっての他。したがって山奥へ上流へとドンドン侵入せざるを得ません。

当時は世間もキャンプがなぜか一種の熱病のようなブームになっていまして、キラビヤカな装備やバリっとしたテントなどをワックスの利いた大型四駆に詰めこんで出掛けるのが流行りでした。
ワタシ達は当然そんなブームには美学的にも金銭的にも乗れません。装備はどう見てもホームレス(爆)、テントはヨレヨレ、洗車すらしたこと無い六万円の軽の二駆なのです。
どう考えてもやはりキャンプ場は無理でしょう(笑)。

バンドの機材車としても使う気でしたが、残念ながらこちら方面では活躍の場はなかったです。
既にそっち方面の興味が薄れている頃でもあり、たまの練習でも貸しスタジオには機材は揃っているので自宅から持ち出す必要もありません。
皆、それぞれに仕事や用事帰りに集まるので現地集合が当然となり、ぱんつ壱号の出番はありませんでした。

当時ワタシは免許とイノチをカンナで削るようなクルマがマイカーだったので、ぱんつに乗るとなんとなくホッとしたものです。
この感覚が後のセカンドカー、ジムニーSJ30購入に繋がったワケですので、あながち今のオフロードの世界へ引っ越すキッカケってぱんつ壱号だったのかもしれません。
道を外すキッカケなんてこんなもんですね(笑)。

その後、共同購入形式ブランドぱんつ壱号は二代目、三代目と継承されていきますが、極端に活躍期間の短かった三代目(笑)を除いては皆それぞれに大活躍でした。

あと20年もすれば各自仕事も子供も一段落するんじゃないかと思いますので、その時はまた共同購入ぱんつ壱号ブランドが復活する事でしょう(笑)。

その前に、生きてるかな?(爆)



  1. 2008/11/20(木) 16:02:08|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガソリン!

久々のサファリ?ネタです。

最近、ガソリンの値段が下がってますよね(嬉)。
この近辺だと、レギュラーが120円/リッター前半です。

つまり、サファリ満タンで ”壱萬円でお釣りがくる!” (爆)。

快挙です!。ベリーナイスなブラボーが素晴らしい!!
この写真が証拠です!(笑)


在りし日のガソリン1

在りし日のガソリン2


某インターパークのセルフではまた更に下がってます。
現在リッター119円!!(感涙)。


苦節3年、やっとガソリンサファリの時代が来ました(笑)。




しかし、ヒトゴトながらレギュラーと軽油の差があまりないのは気になります、、、。
ハイオクの方が逆に差が付いてます。

某所市内のスタンドでは、
レギュラー121円、軽油118円、ハイオク130円でした。

レギュラーと軽油の差はたった3円すよ。
燃費を考えればディーゼル有利なのは解りますけどね。


LPオートガスも何だか下がらないんだよなあ(爆)。
こちらはヒトゴトではありません(笑)。








  1. 2008/11/18(火) 00:42:29|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

289

先日、カーナビのソフトをそろそろ交換かなあ、なんて話をしていたら、そう言えばアソコも開通したなあとフト思いだしました。
”アソコが開通”だなんて、なんてアブラギッシュな中年的破廉恥言葉なのでしょう。思わず赤面してしまいますね(笑)。
もっともそんなアンダーグラウンドな話題ではないのでお子様もご安心ください。


何度かこの”バカブログ”でもご紹介した国道289号線、甲子道路(かしどうろ)です。

289開通



その昔、新潟からの帰り道でこの国道林道にココロ奪われて以来、ずっと気にかけていた場所でございます。
サファリならフツーの細めの砂利道程度でトランスファーを触ることはありませんが、これがフツーの乗用車では酷な国道でした(笑)。
初めて通った時は真夏、クーラーなしの2駆の軽のワンボックス(注1)に野郎3人とキャンプ道具満載という超悲惨な状況で、しかも日焼けした背中が路面の凹凸により擦れまくるという拷問付き(笑)。

289林道




それ以来ジープで、サファリでと何度もこの林道を通りましたが、実はこの林道が289号線の”バイパス”だと気が付いたのはずっと後になってからです。
”本線”はクルマの通れない”登山道”だったのですね(笑)。

289旧道



道理で林道の方には国道看板が出てこないわけだ(笑)。
ココが、289号線の本線なのです。


当時より細々と甲子の山を貫く道路の工事は始まっておりました。
さすがに週末のカローラも通れない道路で「国道です!」とエバるのも無理があったようで、至る所で重機の姿を見かけたものです。
調べてみるとどうやら平成10年頃より着工されていたようで、測量や検討も入れれば足かけ10年以上の大事業だったのですね。

289トンネル


この道路の開通でワタシの好きな南郷スキー場やたかつえスキー場がグッと近くなりました。
しかも一般道なので嬉しいことづくめではございますが、四駆乗りとしてはあの風光明媚な”289林道”も閉鎖すること無くずっと使わせてもらいたいものです。
ついでに国道看板も素晴らしい、”289登山道”も歴史の証人として残してもらいたいですね。






(注1) 当時仲間で共同購入した最初の軽ワンボックス。三菱ミニキャブというシロモノ。車検2年付きで6万円という破格値で購入。
一応、スバルのディーラーから買ったので、「ディーラー車」。しかし値切り過ぎたので現状渡しノークレームノーリターン品(笑)。
納車の日に室内を掃除していたら、なんと女性モノのパンツを発掘!。以後、「ぱんつ1号」と命名(笑)。
大森のタコメーターにmomo35φのハンドル、ターボでもないのにブーストメーター(爆)、足元はブラックレーシングとノリ重視、余りパーツ仕様の意味不明車だった。
お出かけや遠征、荷役や代車などなどに大きな故障もなく実用域で大活躍。

(関係者 ぱんつ1号初代の写真求む。pdfでメール添付望む。2代目ぱんつ1号マスターエースの写真も随時募集中。3代目デリカの写真はあるのだろうか?)




  1. 2008/11/17(月) 16:55:51|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

痛いクルマ達

え~、お台場にクルマを停めたついでに観た「知られざる世界」の報告です(笑)。

そろそろギターの弦ストックが切れてきたことと、キーボードの折りたたみスタンドが欲しいなあという事で買い出しに”上京”しました。
ワタシは上京するといつもクルマをお台場の船の科学館向かいの駐車場に止めてしまいます。
で、ゆりかもめで移動もしくはバスを使って都心へ突入するパタンが多いのですが、先日はちょっと依り道をば。
フジテレビ向かいの駐車場で随分と賑やかなクルマのイベントをやってるなあと覗いてみたら、驚愕の生態を目の当たりに!。

ランチャにランボル

まず、いきなり 「ストラトス」 でございます。
くみちょう的第一声 「はうあ、、、」(笑)。
あいたクチが塞がりません、、、。しかもその向こうには「もちかして、ランボルさんちのガヤルド君?」(爆)。

振り返ると 「おフェラーリ!」

フェラーリなのに


「やっちまったなあ!」(笑)
クールポコの杵のほうの声が頭に響きます。

まあ良く見るとカッティングシートなので社会復帰は比較的容易だとは思われますけど、そーいう趣味の方がこーいうモノをお乗りにもなられるというギャップの驚愕の事実にワタシはデカルチャーで、まさに片膝コメカミ

会場には凄い数のこーいうアニメキャラ(ぜんぜん解りませんが)がプリントもしくはペイント(マジで塗ってるよ!)されたクルマたちがずらりと展示されているのです。
しかも、ああ、なんてこった!そーいうキャラになりきってコスプレでハシャいでしまっておられる”オジサマ”がソコかしこに!!(爆)
カメラを向けるとポーズとかされそうなので”見なかったふり見なかったふり!”で通り過ぎます(笑)。

一緒に行ったうちの奥様はなぜかとても感心されておられまして、しきりに「すごいね~きれいだね~がんばったね~」と連呼しております。
果たしてそーいうガンバリを認めちゃってイイのか?と、ワタシは頭上に??が増えるばかり。

ふと奥様が、
「やっぱりサファリはないね」(爆)

実はワタシも恐る恐る探しておりました。
サファリがあったら即刻オーナー呼び出しの正座で説教2時間コース確定(爆)。

しかし、誠残念なことにジムニーが数台、餌食にされてしまったようで。



jbが

まあ、この程度なら(←麻痺してきた)。

クロカンジムニーが

しかし、このJAは僕らと同じ匂いがするのにだ、、。


ここまでくると、
jbである必要は
もはや完全に方向性すらも失った気がします(爆)。


助けられなくてごめん!と、全国のジムニーファンと二階堂さんに代わってクルマに謝っておきました(笑)。


痛いクルマ、という意味で「痛車」というんだそうで。
そーいうモノがあるとは聞いてはいましたし、何度か秋葉原で目撃もしましたがここまで増えてしまっていたとは驚きです。
しかも半数以上がキッチリとチューニングされてまして、「本来の目的」も忘れてないようなのが逆に若干悲しいのです(爆)。

大丈夫なのか


しかし、
箱スカは国で保護してください
まあ、個人の勝手ですけど箱スカは人類の「遺産」だと思うんです(爆)。


会場の奥には、
まともと思いきや

あまりの「普通」に逆に目についたFJ40。
なんでココに?と思いましたが、内装ははまさに「!!」。
写真撮るのもハバカれました。
内心、ランクルで良かったとホッとしたのも事実です。
てゆーかランクルマンはやはりそーいう系が多いのか?そうなんか?(爆)


こーいうトラックも。
ウタマロ会に通報

般若や夜叉の図柄よりも、逆に ”近寄りがたい” と思うのですが(爆)。



ホントに面白い世の中になってます。
デコトラ、族車、ドリ車の次の新しい日本のクルマ文化は「痛車」なのですね!(笑)





いや回んなくていいっす

なんの物語?、、、とりあえず回んなくていいです!(爆)。






  1. 2008/11/10(月) 09:44:45|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

三連休逝く

悲惨!三連休逝く(笑)。

つまり、仕事でした(泣)。

連休中は某病院にて改修工事がありましたので、ホントは初日にチロっと顔出して帰っちゃうつもりだったんです。
そんなワタシの浅はかな気持ちを知ってか知らずか、爽やかに「おはよ~!」と片手をあげて現場をノゾいてみれば、早朝から暗い表情の面々が(笑)。
まさにトラブルの塊のような難問が待ち受け画面だったのです。


「だって今日はツインリンクでヒコーキ、、」 言えるはずもございません(笑)。
「チケットだって6000円もしたのに!」 ニガイ言葉を飲み込みます。

「あは、はははは、、、」 クチから出るのは気の抜けた休みモードのエクトプラズムとチカラない笑いだけです。


結局休めたのは11/3の最終日のみ。
なんということでしょう。
1日と2日はツインリンクもてぎで開催されるアエロバティックスオートボルテージュ世界選手権という、毎年本気で楽しみにしていたヒコーキの競技があったのです。
あった、というのはどうやら来年からはココでは開催されないという公式発表が。
早々と真夏の頃から前売りチケットを購入して観戦のシュミレーションを毎晩何度も繰り返し(←アホや)、当日の天候を信じてもいない神に祈りつつ待ちに待ってイクセイソウ、、。
もう、コレは万難排して行くしかありません!


んが、排し切れませんでした(泣)。
OTLとはこの事をいうのか、、、人生は試練の連続なのですね。



もちろん、その分仕事はうまくいきましたけどね、、。

「おお!くみちょうだあ!くみちょうがいれば百人力だあ!」
「ああ!くみちょうが逃げたぞお!」

「、、、逃げませんよ。うんちに行くだけ(泣)。」


skypark06 WEB用に加工




国内なら、場合によっちゃあ国外でも見に行くぞ~!!

  1. 2008/11/05(水) 10:36:12|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する