組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

弓張サファリミーティングのお知らせとお願い

さて、いよいよ5月2日の弓張サファリミーティングが近付いてきました。
当日はアレスクラー弓張の管理者でもある、我が六年二組主催の走行会(ファン感謝デー)が開催されています。
なのでサファリミーティングは駐車場の一角をお借りして行いますので、囲炉裏の家の前の受付(たぶんワタシがいます)に駐車場所を聞いて下さい。
一応、10:00頃よりサファリミーティングの方の受付を開始します。


また、サファリ人口を少しでも増やすため(笑)、ささやかですけど展示も行いたいと思います。
簡単なアンケート用紙を記入して、それをクルマの左側リアウインドに貼り付けてください。
名付けて 「サファリの昨日美展」 (笑) (昨日までは綺麗だったのに、、の意味)

公開アンケート内容は、
オーナー源氏名・ハンドルネームまたは本名
型式(Y60かY61か程度)・年式
改造箇所 (無記でも可)
このサファリを選んで良かった点。
このサファリを選んで泣いた点(笑)。
室内の見学の可否 (否の場合はドア施錠してください)

等を考えております。

展示時間は12:00から13:00を予定していますので、その時間にはフリー走行等を中断して所定の位置に駐車願います。
遅く来場される方も出来ればこの時間に間に合うようにお願い申し上げます。


当日は宜しくお願い申し上げます。

六年二組 組長







ささ、そうと決まれば洗っておくか。
洗っても洗っても、ボディの凹みは落ちません(笑)。

サファリを洗う1


ワタシのワイロクはこのタイプの洗車機にギリギリで入る車高です。
横幅もバーフェン無しだと大丈夫みたいです。
しかし街場のスタンド併設洗車機ではお断りされる可能性が大ですね(爆)。


サファリを洗う2


もちろん、洗車機後に拭きとりなんてしません(笑)。
水垢?ナニソレ?(爆)






スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 01:57:18|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

恐るべし中国

恐怖の中国の巻(笑)。

上海モーターショウ、大盛況だったようですね。
コレからの市場は中国!ってな感じで日本も世界も各メーカーがドシドシ売り込んでいるようです。
日本の象徴みたいなクラウンでさえ中国に輸出しちゃうらしいし、欧州の老舗高級メーカーもガンガン進出とのこと。
もしかして61サファリも売ってるのでしょうか?
なんとなく外国サファリのイメージは、サンバイザーにアラビア文字のトリセツとゆーカンジなんですけどね。
中国語で「サファリ」ってどうやって表記すんでしょうか?
翻訳ソフトでは「游狩猎远征旅行」とでました。解るような解らんような、、。
ってことはサファリY60グランロードリミテッドは 游狩猎远征旅行 Y60 祖道路被限定 ?(笑)


さて、そんな活気溢れる中国で、ワタシのもっとも興味のある分野が ”フェイクモノ” なのですね~(爆!)
上海でもそんなファニーなクルマが大量発生したそうですョ(笑)。
フクザツな気分になるよりも、 「さすが中国!」 と誉めたたえたい程のニセっぷりです。

untitled.jpg

ギャランじゃないです。

untitled-1.jpg

ミニじゃないです。

untitled-2.jpg

ジープじゃないです。




untitled-4.jpg

おおう!(笑)もしあのバイエルンのエンジン屋が軽バン作ったらこうなるのか? グッドな洒落が効いてますね~(笑)




untitled-5.jpg

大御所もハイこの通り(笑)



untitled-6.jpg

スマートとトヨタのあり得ないコラボが実現したのですね!
オリジナルよりもカッコイイかも。




untitled-7.jpg

軍用だってビビらねー姿勢も大切(笑)。




untitled-9.jpg

六本木のベンちゃんもすっかり悠久4000年に取り込まれました(爆)。




思えば日本も今のクルマ文化は「模倣」から始まってます。
サファリの爺さんのG60パトロールだってランドルーバーの模倣ですし、ヒイ爺ちゃんの4W60はまるっきしデッカいジープです。
そんなオームカシじゃなくってもFC3Sは944デザインだったじゃないですか(笑)。

中身はどうでも姿はイメージが先行するようで、お手本とするクルマによく似てしまいます。
ま、書道だって最初は先生のお手本見て書くですからね(笑)。
そーいうの越えていくとオリジナルデザインとゆーか、そのメーカーの色がみえてくるカンジがします。
近年のZやスカイラインは完全に日産なカタチをしてますし、三菱もマツダもスバルもメーカーの色が前面に出てきてますよね~。
トヨタさんは相変わらずミョーチクリンなディティール(爆)。
最近のT車の珍妙なボンネットの盛り上がり方は、デザイナーが全員リストラされたコトを雄弁に物語ってるんですね~(笑)。

なので、そのうち中国自動車業界も溢れんばかりの個性が噴出してくるんじゃねーカナ?とワタシは思うのです。
中身も中国オリジナルなエンジンやミッションが出てきたら面白いですよね。
”気功無段変速” とか、 ”漢方直噴エンジン” とか(笑)。



前者は”気合”で変速出来る中国ならではの機構。念じるだけで発進から最高速までスムーズに変速(笑)。
スイッチやレバーなどの機構を大幅に省略できる(爆)。

後者は漢方薬を専用ノズルでシリンダー内に直接噴射することにより、一時的に燃焼効率の圧倒的増大を図る機構。
スッポンエキスやアザラシの睾丸等が主原料。絶倫警告灯標準装備。使用回数に制限あり。






  1. 2009/04/28(火) 00:38:06|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サファリのメンテ(オイル交換とハンドル交換編)

久々にマイサファリネタで(笑)。

そう言えばもうすぐ車検だなあ(爆)、ということで、車検整備に絡めてオイル交換となぜかハンドルなぞを替えてみました。

まずはオイルから。

oil 1


今回、財布の中が厳しいシベリア永久凍土なので高級オイルはさっさと諦め、ついでにフィルター交換も次回(爆)ってことで、”嘔吐嗚呼流図”の格安オイルを使用してみます。
10-30Wで1980円×2カンなり。
手前のはフラッシングオイル。どっかの閉店セールでゲットしたまま寝ていた品ですが、賞味期限がきれそうなので気安めに使用してみます。


まずは徹底的にヌキましょう(笑)。
もうでないよう~と言っても少量は出てくるモンです(爆)。
しかし、苛立って揺すったりするのは逆効果ですよ。じっくり待ちましょうね。

oil 2

このオイル受けはもちろん自作です(笑)。
20リッターのポリタンクをテキトーにブッ裂いただけですが、半分から上を裂いているので立てた時に10リッターは廃油を持ち運べるというシロモノでございます。
ま、みたまんまですけど(笑)。

黒いなあ、ショーユだなあ(爆)。


次はフラッシングオイルを投入。

oil 3

シャバシャバ系の洗い油ですね。エンジン内部の溜まったコレステロールを洗い流すためのもんです。
安物のオイルを使う人もいますけど、やっぱり専用の方が良く落ちるような気がします。

oil 4

この黒いジョウゴは嘔吐嗚呼流図で198円で特売してたヤツですが、そのままでは使えないのでサファリのヘッドカバーキャップにハマるように加工。
加工と言っても首下をぶった切っただけ(笑)。でもヘッドに捩じ込んで固定できるから至極便利なんですよ~。
首下をぶった切るのは、TBもTDも、案外ヘッドカバーの内側に余裕はないからなのです。

5分アイドリングさせて、フラッシングオイルを抜きます。
コレ、5分以上は避けたほうが無難です。油膜まで切ってしまいますのでエンジンに良い事はありません。オイルに厳しいディーゼルも避けた方が良いようです。
また、もともとこの”汁”はシャバイのでドレンからビビョ~っと勢いよくホトバしるため、下からヌクときにはソレナリに気をつけないといけません(爆)。


全部ヌキ終わったら本命をぶち込みます(爆)。
当たり前ですがドレンボルトはしっかりと締めてから(笑)。
そろそろ銅パッキンも交換してやりたいのですけど、今回は(も)再利用(爆)。

エンジンがちょっと静がになりました。
安物オイルなので、ちょくちょく交換してやらないといけません。
といっても年間3000キロ程度の稼働なんで、年2回のオイル交換でも”贅沢”なローテーションなんですよね(笑)。




次、ハンドルを交換です。

handoru 2

このMOMOちゃんハンドルは、何と15年以上前のレガシィ時代から延々と使用してきた由緒正しきスバル純正の逸品なんです(マジで)。
とゆーもの、外径が38パイとデカイので当時即刻撤去して35パイのベローチェに交換。その後ジムニーなどに利用され、時には他人に渡り、時にはカビまみれまで放置されたりしてきた悲惨な経歴の持ち主なのです(笑)。
本来はスポーク部分に黒いカバーが付きますけど、そんなの長旅のうちにどこかへ消え去ってしまいました。
しかし38という径は実はサファリにピッタリで、ワタシの調節範囲の視線ではハンドルにメーターがケラれることがありません。
以後10年以上愛用してきたシロモノですが、ロクな手入れもせず因る年波には勝てずで表面は既にボロボロ。握ると革がぽろぽろと捲れてきます。

handoru 3


だがまだ使う気でいる(笑!)ので、表面の革を張り替える悪だくみをするため取りあえず一度取り外す事にしました。

いくらワタシの激ラブサファリとはいえ、さすがにハンドルがないと運転が難しい(笑)ので何か物色せねばなりません。
最初はノーマルに戻すことにしてましたが、ボスがスプラインに食い込んで外れません。
渾身のチカラで引いても煽っても外れません。プーラーなんて洒落た道具は持ってませんし、だいいちハンドル交換で外れなかったという経験は今までなかったのです。
しょーがねーのでボスをカチ割る事も考えましたが、よく考えれば他のボス用ハンドルならば付くじゃねーかと(笑)。

で、”ついで”という名の探索の結果、某U市の”派亜土御腑”にジャンク品3000円の”ナルディ風”ハンドルを発見。
ずっと今まで黒革のハンドルだったので、たまには気分を変えてウッドにしようかな~なんてナンパ思考でサクッと購入。
木目が高級サファリにぴったりやあ(笑)、などどこれ以上は呆れられるのでヤメときますが、実はハード泥遊びでもウッドのハンドルは有利なんですよね。
泥だらけの軍手でも汚い革手のままでも、拭けば簡単に綺麗になるんです。
革製品はこーいう場合大変ですね。いくら拭いても泥水が浸みこんで、それが乾いて街乗りなのに手がまっ黒なんて事はよくあるハナシで(笑)。
”握り具合”はそりゃ革のほうがイイですけどね。


handoru 1


このナルディ風、裏側にメイドインイタリーとナルディっぽく掘り文字がありますが、ホントかどうかは大変に怪しいシロモノです(笑)。
本来鉄スポーク部分にウッドのカバーが付きますが、どうもソコまでは我がサファリには不要ではないだろうかと撤去。
ボスに固定する穴位置はまさしくナルディ。ま、バッタモンだってココはバッチリ再現するとは思うので判断材料にもなりません。
径は多分36.5パイだと思いますので、今までより少々小さめになりましてメーター上の方のインジケーター類がケラれて見えませんが、ま、とりあえずの仮設だからいっか(笑)。
ちなみにホーンボタンはホンモノのナルディです。




さて、外したMOMOちゃんを再生するには、やっぱり革(皮)を買ってきて縫い縫いするしかないのでしょうか?
ワタシ小学校の時、家庭科の授業で思いっきり自分の手を足踏みミシンで縫ってしまって以来、まったく裁縫と言うモノが出来ません(笑)。
針もキャブのニードルより細いモノは是非とも触りたくないニンゲンでございます。

ああ、ヨワイ40にして初裁縫にチャレンジするしかないのでしょうか?(笑)






  1. 2009/04/27(月) 00:35:31|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

(仮称)第1回サファリミーティングIN弓張



以前にもお知らせしましたとおり、不肖くみちょうが音頭をとりましたる表題の件について、詳しいインフォメーションをお知らせいたします。


開催場所:栃木県矢板市長井字弓張2964 アレスクラー弓張オフロードコース駐車場
開催日時:5/2(土)受付は10:00から サファリミーティングとしては無料。コースを走行する方は1500円を受付時にお願いします。
ミーティング中で気が変わって走りたくなった時はその都度申し出て下さい。敷地内も飲酒運転はご法度です。
内容: 各自自由に過ごしやすいように過ごして下さい。家族、仲間とのバーベキュー等も大歓迎です。イベント等は特にありませんので、お気軽にご参加ください。
一応、集まってくれた皆様には、組長特製「心は錦」ステッカーを全員にプレゼント致します(笑)。

尚、並行して我がチーム「6年2組」主催による弓張ファン感謝デーを行っております。
コースは有料にて自由に走れますが、サファリ以外の車両も走っていますので譲り合っての走行をお願いします。



また、アレスクラー弓張の位置が解らない方は、本局の「弓張への道」の地図を参照してください。
携帯電話は通じませんしメールも入りません。
皆様のご無事なご到着をココロよりお祈り申し上げます(爆)。





  1. 2009/04/24(金) 17:55:23|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

J24が謎な映画

またまた映画の話で申し訳ないっす(笑)。
それも記憶ギリギリラインのビミョーなクダラナ作品ばかりで、ちゃんと中身と合ってるかどうかも不安なんですけど、 ”構うものか” でお送りします(爆)。
とゆーのもコレも既にレンタルにはありません。とゆーかDVD化されてない?? こっちのセンが濃厚ですね。


今回も四駆系映画のご紹介、 「KAMBA!暴走迷路」 という題名だけでも笑えるシロモノです。
資料(ビデオのペラだけですが)によれば1992年の作品で、主人公メカはなんと、ジープJ24? J26かも? もしかして えっJ27? とゆー解りづらさ(笑)。
ハードボイルドが全く似合わない小西博之さん(逆に笑えます)が主演で操ってます。

sblue_video-img258x444-1181165240bousou.jpg



なんで元J24乗りなのに解りづらいのかって―と、劇中に出てくるジープは44ナンバーなのにガソリンエンジンの音なんですね。
J29なんてのは最初からありませんし、思うにJ24に2000㏄のアストロン系ガソリンエンジンを載せ替えたんじゃねーかと推察するわけですが実際は解りません。

話は前述の「走破!」よりもちょっとだけ凝ってまして、原稿用紙で2枚とちょっとぐらい(笑)。
クダラナ系としてはクライが高いかと思います(爆)。
でもオシッコ我慢してでも観てないとハナシについていけないレベルではありません。

運び屋(そんな商売をJ24でするなってカンジ)のコニタンがジープに似合わない ”ボディコン” のねーちゃんを山奥の別荘に連れて行くというお話。
もちろんタダのおねーちゃんではなく、スーツケース(だったかな?)の中身を狙う敵も現れ林道でハイスピード ”(フィルムの早送り)” のカーアクションというコメカミ片膝モノ(笑)。
しかも敵メカが下品にリフトアップされた ”ランクル60” という、まさに的を得た選択が笑えます。

ジープがすんなり通った後にランクルがスタックしたりと一同大納得な場面もあるんですがそこはそれ、この手の映画ですので実情と現実が段違い平行棒(笑)。
終盤でねーちゃんが死んじゃったりとかコニタンが怒ったりとかするんで、お話としてはまあ中の下程度で推移しますが観れない事はありません。気になってむしろちゃんと観てしまいます(笑)。


最後はジープをランクルにブツけて大クラッシュ炎上谷底行きとゆー、どっちが ”勿体ない” か各自ご覧の皆様の判断の分かれる結果となりましてフィニッシュ(爆)。
ステージは人気のない林道、登場メカは両者壊しても惜しくない程度とくれば、ワタシ達「西部警察」世代なら想像はつく展開ですが(笑)。


この映画、ワタシ達的にはとにかくJ24が謎なんで気になっていたのですね。

「ガソリンだよなあ~やっぱガソリンだよ。」
「でも4ナンバーでヤバくない?、アテレコなんかなあ??でも音は完璧アストロンだよなあ~。」

高速道路で景気よくメーターが上がるシーンでは、
「やっぱガソリンだよこりゃ!4DR5がこんなに加速するわけない!」
「(撮影用に)裏から指で回してんじゃん?」(笑)

さらに林道でスタックしておねーちゃんの上着だけで脱出しちゃった時には、
「ガソリン、Rはエアロッカー、決定(笑)。」
「、、、もうフツーに観ようよ、、。」


まあ、今だに謎ですけどね。





  1. 2009/04/23(木) 00:03:52|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「走破!」だってさ(笑)

今回も組長的映像の話でございます。
ほんとはこの映画、ちゃんともう一度観て復習したかったのですけど、近所のレンタル屋さんには既に置いてありませんで、ワタシの記憶力と資料映像が頼りの中身となっております(笑)。
間違いはソレナリに真摯に受け止めますので、詳しい方はどうぞご遠慮なくご指摘ください。


サファリが登場する映画やテレビはホント少ないのです。
有名どこでは「西部警察」の160ロング放水車仕様で、無名どこでは今回記憶の底から無理にサルベージしてきたこの「走破!」という勇ましい題名の邦画がありました。

Y60が主人公メカとして登場しますが、これがまたスペシャルに ”クッダラナイ!” 中身なのですね(爆)。

走破!no




登場する車両はランチャインテグラーレとY60サファリのショートという、なんとも不思議な組み合わせ。
ハナシはとてもシンプルです。
山奥の診療所で急患、血が足りねーってことでランチャとサファリで運ぼうというお話。
主人公ドライバーに取って付けたようなトラウマがあったりしてクダラナサを助長するという小技も冴えまくり(爆)。
モチロンこの手の映画なので、シナリオは200字以内で終わってしまう中身なのです。

まずはラリーストの川原さん(本物)がランチャで雪の峠道を攻めまくりますが、グリップ走行が渋過ぎて映像的には??な気分(爆)。
映画なんだからもっとドリドリして欲しかったけど、本来公道でのリスクをしょった本気の走りってのはこうなんだろーなあと勝手に解釈しないと、この時点で軽く第1睡魔に襲われます(爆)。

次に道がなくなり(除雪が切れたんだっけ?)、ルーフラックに補助灯にガードバーという満艦飾のサファリY60ショートがご登場。
元クロカンのプロというフレコミの設定の割には主人公はヒサシ付きの ”リーゼント” なのも爆笑ポイント(爆)。
主人公メカのドエリャーなゴージャス仕様にもクラっときますが、幅広タイヤに4輪チェーンが雪かき設定ならこのオニーチャンのヒサシも雪仕様てコトでみょーに納得です(笑)。
途中、 ”ヘタこいて” 路肩に落ちたのでウインチングもバッチリ披露。ちゃんとダブルラインだったような。メカウインチだったかな?
イッコクを争う状況でダブルというのはとにかく渋い!(笑)。

そんな絵にならないクロカンシーンに第2睡魔も克服したならもうラストはすぐです(爆)。
TD42生の ”漁船サウンド” も高らかに黒煙を遠慮なしに吐き散らして、ロケハンで厳選されたであろう”デフ下までの「深雪」”を蹴散らしながら爆走するY60はホントにカッコいい、、、んだろうか??(笑)。

輸血用の血も無事に届き急患も助かり、最後は主人公のトラウマも解消されてチャンチャンというワケなのはこの手の常套手段なのでしょうがない(爆!)んですけど、なんだかその全般的にカメラワークがダメダメなのかそーいうの見ていてカナリ不快になるんです。
ま、いろいろと問題だらけなハナシなんですけど、一般人さんがコレを見て 「サファリスゲー!!」 と感動して雪山に単独で入られた日にゃあコリャ大変ですぜ。
雪は最低でも2台で、こんなシリアスな状況になればホントは3台欲しいっすよね。
それもおんなじ車だとおんなじトコロで進めなくなるので出来ればジムニー絡めてのパーティになるだろうとワタシだったら想定しますが、その前に看護婦さんが抱えられるぐらいの箱一個程度の血液ならばクルマでは無くてスノモのパーティにするでしょうね(笑)。

しかし、当時数多にあっただろうクロカン系四駆の中から「Y60」を選んでくれたコトには日活さんに手を合わせて感謝でございます。
なにも雪に弱いワイロクを引っ張り出さなくても、、、パチェロや乱狂のほうが楽だろうに(笑)

ワタシラ年代的に「ロマン」な頃の日活さんは良く解りませんが(笑)、ソレが培ったのか低予算でデッチアゲル技術はスゴイなあと思いました(爆)。


でもこの後にも先にも、四駆のクロスカントリーが映画の題材として取り上げられることはなかったように思います。
やはり、スピード感が皆無で派手なアクションもなく、じみーに推移するクロカンシーンはどう考えても売れなさそうですよね(爆)。
なんせ女子にモテないクルマ趣味ナンバー1ですから(笑)。



  1. 2009/04/22(水) 00:54:51|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TOKYO DRIFT

映画の話です。
っつても別に映画館に行ったわけでもなく、CSを徘徊していたらタマタマ偶然にオープニング映像だったヤツをそのまま暇にまかせて見たにすぎませんが、この ”クダラナサ” を是非皆さんに語りたいと思った組長であります(爆)。

hi_dvd_ws01.jpg


「ワイルドスピード3・東京ドリフト」とゆー、かなり前に公開されたブツです。
ワタシはどうにもこーいう日米合作とか日韓合作とかの”合作モノ”は好かんので、この話題な映画も後回しにしながら今日まで生きてきたんですけど、遂にとうとうグッサリと見てしまったワケですね(笑)。


img_02.gif

img_03.gif


だいたいこの「ワイルド」シリーズは1も2も見る価値なしのバカ映画(爆!)で、それはそれで面白かったんですけど(結局観てるし)、3はまさにこーいうバカ映画を完全に極めた感もあります(笑)。

舞台は日本の渋谷。
ボーソー事故を起こしてアメリカから逃げてきたアメリカの若者が、アメリカ人の東京在住の父親を頼って(ああややこし)やって来たぜと言う「え?どーすんの?向こうの事故ってそんなんで解決すんの?」的な疑問から始まります(笑)。
もちろんそんなワタシの疑問には一切答える事はなく、間違った日本感丸出しの背景で物語は進むのです。
この主人公の親父の棲んでいる家がまたコテコテ下町住宅で、まさに良く出来た貧乏日本のジオラマをみるようでかなり笑えます。
そこに外人さんが昔から住んでいる我が家のようにいるというシュールな映像もヨシ(笑)。
白い炊飯器と乱雑に散らかった台所が昭和のリアルですね。


中身は東京ドリフトというだけあって、随所でドリフト見放題。
そのうち対立?する敵キャラのにーちゃん(どう見ても韓国人か中国人)とガイジンが、伊勢丹の新宿Pビルじゃねーか?と思うような場所でまさに狭小バトル。
グリップの方がずっと速えーぞ!と思ってはイケマセン。なんせドリフト映画なんです。
狭い螺旋のランウエイをZ33がドリフトで登って屋上まで行くシーンは必見です。
ここだけはなぜかCGっぽくない!。もちろん、ぽくない、だけかもしれませんが。


で、そのファーストバトルでクルマをボコにしたヘタクソ主人公が仲間や親父のチカラを借りながらも猛特訓によってドリフトできるようになり、最後はこの敵ニーチャンに勝ってちゃんちゃんというストリー的には、 ”400字詰め原稿用紙2枚で済む内容” となっております(爆)。
どっちが速いかの勝負なのに、話中盤で主人公の外人が乗るのは ”ランエボのドラシャ抜きFR仕様” ってのには頭痛に片膝つきますが、まあFRのバリエーションが乏しい日本車ではショウガないですね。ニガ笑っておきましょう。
土屋先生が釣り人のふりをしてさりげなく(なくもないか)登場しております。

こーいう日米合作映画では主人公その他の重要なセリフは英語喋りの日本語字幕表示ですけど、日本人の日本語喋りでは英語字幕になるのも笑えるポイントです。
そしてこの敵キャラのにーちゃん達がしゃべるアマリにもタドタドシイ日本語がまた笑いを誘います。
英語の字幕がないと何言ってんだかわかんね?(笑)
設定はどうやら日本人のようですが、君たちはナニジン?
アジア人をバカにしてはいけませんね。

ヒロインも完全にいただけません(爆)。日本生まれのガイジン育ちみたいな設定ですが、どう見ても煮ても(爆)18歳の高校生には見えません。
そうそう、なぜか主人公も仲間もみんな高校生なんです。 画面の前の大きなお友達が声を揃えて「なんでや!」と叫ぶポイントでもあります。
アメリカ人が太平洋の向こう側から日本人を見ると、全員男子詰襟女子ミニスカートのハイスクールスチューデントに見えちゃうんでしょうか?
ふと ”ユートピア” の”ゴムの方”を思い出しました(爆)。


そんな夜遊びの過ぎる日本のアメリカ人不良高校生が、最後は架空(だろ?)の峠で敵韓国キャラのにーちゃんと峠勝負になるわけです。
もはやステージは東京でもなんでもなく山奥で繰り広げられるワケですから、某”カシラモジのD”もビックリな展開(笑)。
しかしココまでにランエボを壊した主人公はハチロクではなくなんとオヤジから巻き上げた(んだろうな)の古ムスタングなんです。
エンジンは劇中でデカカタツムリのRB26っぽいのが積まれたようですが、脚周りはどう見ても ”リーフリジット” (笑)。

どんな峠かは知りませんがZ33がリーフに負けるわけないじゃん(笑)
でも負けないとお話が終わらないので敵の役目として最後はきっちりクラッシュ!。
韓国人のくせに日本人のフリなんかしてるからです。中国かも知んないけど(爆)。
ボクらアメリカ人はやっぱりラストはフェイバリットなアメリカンスタンダードマシンでハッピーエンドさHAHAHA!
みたいな、靖国神社の右翼にも是非見ていただきたい内容のシメとなっております(爆)。



とりあえず悪は滅びて正義は勝つ的なワッカリやすい大雑把な柱に、日本人はクルマの勝負といったらドリフトだ!という間違った解釈の荒っぽい仕上げが張ってあるという素晴らしい映画でございました。


アメリカ人よ、本当の日本人の「クルマで勝負」は ”デコトラ” なんだぜ!(笑)

「ワッパ回しなら誰にも負けねえ!」
「オレのトラックなら30分だ!」

20070914203219.jpg


DSTD2176_l.jpg




まさにコレが真のジャパニーズスタンダード!!(笑)。

次のワイスピ4は 「TOKYO DEKOTORA」 でどうすか?









  1. 2009/04/19(日) 23:55:35|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ちょうとっきゅうひかりごう

”鉄分”が濃いわけではないですし実際良くは解らない世界なのですが、基本乗りモノ好きですので興味はあったりもします。
なので、今回は鉄道(新幹線)の話題です(笑)。

先日、ニュースで寝台特急「はやぶさ/富士」が廃止されたとの事。
我々の世代、ガキの頃一度は「ブルートレインブーム」なるムーブメントが一度は経験しているかと思われますが、そん時の記憶だともっとたくさんの青い寝台特急が九州に向けて走っていた記憶があるのですよね。
ちょっと前に廃止された「さくら」は記憶に新しいですけど、改めて調べてみると「あさかぜ」もすでに居なくなっていたんですね。
出雲の国へ向かう「出雲」も青い列車の方はとっくに消えてるし、「瀬戸」、「紀伊」なんてもうシナプスすら繋がりません(爆)。

ワタシ的に大阪往復に便利だった急行「銀河」も引導を渡された現在、もう青い寝台車が東京駅から出ていくことも到着する事もないと思うと、ちょっとだけ「あれまあ」と思います(笑)。ま、その程度の感覚なんで申し訳ないんですけど(爆)。
サファリの国内販売中止の方がズシンと来た系のモノですから(笑)。



で、この国では”青いの”は消えて行き、”カモノハシ妖怪”がノサバって来てるのです。

改めて思うに、東京から北は八戸から南はご存じ博多まで、新潟から長野、支線的だけど秋田も山形も新幹線でイケるんですよね。
いずれは八戸から青森、函館と新幹線は北海道まで伸びていくでしょうし、南だって九州新幹線がすでに走っています。
新型の”すんげえカッコ悪い”車両もJR各社からバシバシと登場して、まるで不気味さを競っているようで門外漢としては楽しいです(爆)。

”新車”だそうです。モチーフは天狗?天狗ショーなのね!??(爆)
E5新幹線



ワタシが思うに新幹線のデザインは、すでに登場した時に決まってしまったような気がするのです。
とっさに、「今すぐ新幹線を思い浮かべなさい」と言われたら、

200系

img_196330002 200系


ですよね?


決して、
2008_07_19_0030001 E2系



や、
E4新幹線


では無いですよね?(爆)


乗りモノ世界で稀に見る不気味デザインは空力とかトンネル圧力とかの低減が目的らしいのですけど、ワタシはアヤシイと思うんです(笑)。
これはデザイナーが、「未来の乗りモノなんだから未来っぽくしなきゃああしなくちゃだわどうしましょ!」と、強迫観念に慌てふためいて書いちゃった風なモノに後から理屈を付けただけだと睨んでおるのです(爆)。

速度もこれ以上は誰も望んでないだろうし、だいいち飛行機には絶対に勝てそうにもないじゃあありませんか。
リニアが現在の新幹線に取って代わって走るのはずっと先のそれこそ未来の事だろうし、しばらくはコレで行くしかなさそうです。
なのでもっと「元新幹線」をフューチャーしたような古新しいカタチは出来ないもんでしょうかね?


などど思いつつ、なんで我が脳裏にこんなに旧タヌキ型新幹線が他不気味生物型新幹線を許さない程ベッタリなんだろうかと思っていたら、答えはすぐそこに。

univ-t01.jpg


だってマークがこれじゃあさあ、ねえJR東日本さん(笑)。






  1. 2009/04/17(金) 17:40:07|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TUBO

ターボぢゃないよツボだよツボ。
もう、こーいうの弱いんだよマジで(笑)。

170a767e-s.jpg


「お見事!!」としか言いようがありません。

気の利いたコメントしては、

いざ、キャバクラへ!!(笑)

なんてどでしょか?






こちらも、

10074573241.jpg


技ありっ!!(笑)









  1. 2009/04/12(日) 00:20:52|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

霊柩車

現在、宮型と呼ばれるいかにも”和”な豪華絢爛仕様の霊柩車が、密かに姿を消しつつあるとの事です。

Pic9-L_8ED48EED83u838D83b83N92C789C1_2-I_97EC9El8ED489E6919C1.jpg

日本の霊柩車と言えば、↑なカンジってイメージなのですけどねえ、、。


Pic19-L_8ED48EED83u838D83b83N92C789C1_7-I_97EC9El8ED489E6919C1.jpg


主流はこんな”洋モノ系”だそうです。


最近の葬式はあまり派手に行わずに、地味~にやる傾向があるそうなので、豪華絢爛なモノは好まれないのだそうで。
ま、お乗りになる主賓のお客様から苦情が出る事はなさそうですけど(爆)。




ワタシはと言えば、以前にもご紹介しましたが、やはり”最後”はコイツで決まりだってことで(笑)。


Pic19-L_8ED48EED83u838D83b83N92C789C1_10-I_97EC9El8ED489E6919C1.jpg

くうっ~!かっこいい~!!


Pic19-L_8ED48EED83u838D83b83N92C789C1_10-I_97EC9El8ED489E6919C2.jpg

うつくしいいいいいっ!!


Pic19-L_8ED48EED83u838D83b83N92C789C1_10-I_97EC9El8ED489E6919C3.jpg


ココからは乗りたくねえ~っ!!(笑)



驚くなかれ、サファリY60の特装霊柩車なのです。
なんとなくこのハイルーフ加減とか、サイドのドアあたりに面影があるでしょ?
ココまで車高を落としたローダウン術はどうやってんだろうか気になります。
常にバンプタッチじゃあ、後ろの客人も飛び起きちまいますよね(爆)。


ま、ワタシが”利用”する頃には絶滅してしまってる可能性が大だとは思いますが。


しかし、棺桶固定設備を取り除けばこのままバニングとして自家用利用もできそうなカンジ、、、。
この上品なシルバーもユーザーカーぽくないすか??(爆)

ご紹介のサファリは実はこのギョーカイの中古車物件でございます。
オフロードを走らないサファリマニアの方、是非!!(笑)。


































  1. 2009/04/11(土) 12:10:18|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2009年ゲロゲロ小隊花見会

2009年度の花見会に出席してきました。
今年のメンバーは、、まあいつもの通りです(笑)。
去年と違うのは、時短操業が1名と残業カットが2名、ぷーが1名と中身が世相を表していたことぐらいですかね(爆)。

いつもと違って少々遅い時間に小隊集合。
ワタシは宿泊先駐車場の不備の都合もあってさらに30分ほど遅刻してしまいましたが、ヤル気満々な猛者たちは既に上野某所に集合完了しておりました。
早速花見と行きたいところですが、時間は既にお昼タイムです。
いつもと予定を変更して昼食を先に。

といっても予定通りの御徒町のカレー屋さん、アーグラに前進です。
ワタシが注文するモノは毎回同じのマトンマサラカレーにナン。
1~5番まで辛さが選べますが、いつもの3番がみょーに辛く感じます(笑)。
これも齢と言う事なのでしょうか?

2009 ahgura carry1
マトンマサラカレーとナン。辛さ3番が4番に感じるのです。

2009 ahgura carry2
奥様が注文した緑色のカレー。甘口でそれなりに美味しいです。
クチから垂らせばエクソシスト(爆)。


食ったら吉池へ買出し後、猛烈な激戦が予想される恩賜公園へ突撃です。
しかしこの日は天気も良く桜満開とあって、モノスゲエ人間の数々数、、。
とりあえず逃げちゃダメだという事で若干逃げ腰ながらも突入を果たしました。

2009 hanami 4

2009 hanami 5



が、なぜか去年の花見観戦スポットがポッカリと予約済みのように空いておりまして、肩透かし気味にシートオープン。
吉池で購入済みツマミを中央へ安置して、あとはいつもの飲め飲め弾幕でございます(笑)。

2009 hanami 2


飲み物は各自持ち寄りなので(嗜好が激しく違うので)様々なアルコール添加飲料が飛び交っています。限定ビール、ローファット発泡酒、ワイン、バーボン、焼酎に日本酒etc等々、とにかく好きなモノを好きなだけが基本。

2009hanami 1

桜は満開で酒はうまいし風は弱くて温かいと、まさしく日本の春を存分に満喫。



2009 hanami 3

ほどなく予定どおり”ヤバめのコックリさん”が現れて、そろそろ1次回の終了時間を教えてくれました(笑)。
ホロ酔いで予約済みの2次会場、秋葉原の居酒屋へ移動です。

2009 hanami 6

ココもモチロン飲み放題なので、弾幕はガッツリと(笑)。
刺身のウマい(とされる)店ですが、コースはなぜか豚肉の柳川鍋。
もちろん刺身も大皿で出てきますけど印象は猛烈に薄めです。

2009 hanmi 7



で、ホロ酔いから完璧に酔っぱらいに進化しつつ突如の3次会へ。
浅草は1番1号、といえばもうお解りの「神谷バー」。

なぜか混んでます。なんと、”待ち”でした。
神谷バー、何度も通ってますけど”待ち”で入店したのは初めてです。
ここで北のおっさんが1名、明日の組の行事と電車の時間の都合で離脱。お疲れっす!(笑)

残された我々はココに来たら飲まねばなるまい縁起物の「電気ブラン」を即刻注文しました。

2009 hanami 8
陽気な酔っ払いと世の中どーでも良くなってる酔っ払いの図(爆)。

2009 hanami 7
電気ブランオールドは40馬力。ビミョーな薬剤臭が明暗を分けます。

まったくもっていつもの味ですが、決して「美味しい」ワケではありません(笑)。
でも2~3年に一度は飲みたくなる、スパンのヒジョーに長い”くせになる味”ですね(爆)。

2009 hanami 9

魔人突然甘味に走るの図。
神谷バーでパフェを食う奴が何人いるか解りませんが、とりあえずウマかったそうです。
プラス電気ブランで糖尿一直線さよならコース本日決定(爆)。



2009 hanami 10

この後、シャッターの降りた仲見世を練り歩き、浅草寺で小銭を奉納。
アツギ@魔人君の引いたおみくじで、「凶」を初めてみました(爆)。ホントにあるんだね~。
彼は失意のまま人形焼きを土産にココで離脱。月曜日には血液検査、だそうです。

ツートップを欠きめっきり元気が少なくなった我が小隊ですが、急に話は「一蘭」のラーメンに。
え~まだ食うのかよおと思いながらも「おし、イケるぜ」と言ってしまうのはワタシの悪いクセです(笑)。
再び地下鉄で上野へ戻り、ガードの西へ向かいます。

2009 hanami 11
電気ブランオールド(40度)×2+ノーマル電気ブラン×1を流し込んでもケロッとしている我が弟子と、ノーマル×1でグロッキーな弟子の彼氏。



一蘭は想像したとおり数名の行列ありでした。
思ったよりも短時間だったので誰も暴れず問題もなく無事入店出来ました。


ichiran-1s.jpg
これが中年のオヤジが絶対にやってはいけない”飲んだ後のラーメン”です(爆)。


ニンニクなし青ネギ濃さ普通の麺固めをオーダー。
以前とはなんとなくスープが違う気がしました。

ichiran-2s.jpg
これがさらに中年のオヤジが絶対にやってはいけない”飲んだ後のラーメンを完食”です(爆爆)。


さすがにもう胃袋には何も入らず、今年はココで小隊解散。
各自方々に帰宅するなり、宿泊先へ戻るなりの散開行動と相成りました。


さて、我が家はと言うと事前に西日暮里の安宿に宿泊を決めてましたので其方へ移動。
明日は奥様の誕生日サービスデーとなってますので、ワタシにはこの先の行動選択権がありません(爆)。

”指令”では、
1、都内の桜名所を案内せよ。
2、新宿に行きたい。

の2点。都会の人ならばあまりの漠然さに驚かれるでしょうが、田舎暮らし12年選手はこのぐらいではビビらないのです。
ナニも考えず、「とりあえず新宿御苑でいんじゃね?」(笑)。

次の朝、ミョーに寝心地の悪いベットから這い出して210円の朝飯を食い、宇都宮の軽自動車専用よりも確実に狭い駐車場からティーダを引っ張り出しまして一路新宿へ。
いつも利用しているコクーンタワーの地下駐は最大1600円なので、この界隈にしては良心的。(なのか??)
地下通路をテクテク歩き、靖国通りをトボトボ歩き、とてつもなく久々に”御苑”に来てみました。

で、なんと入るのに激しい行列(!)。
御苑で行列ですよ!こんなことってあるんですね。まさしく水元公園に行列で入るような感覚、、、(笑)。
桜満開とは恐ろしい程、人間を集客するパワーがあるのです。

なので臨時門という場所から200円払ってインしましたが、園内は上野恩賜公園もビックリの花見客でゴッタガエです。確かここでは飲酒は出来ないハズなんですけど、成層圏の方々がソコカシコに見受けられましてまたまたビックリ。
ヒトとしてのルールやモラルも桜の前にははかなく散ってしまうのでしょうか?(笑)。

桜はさすがの一番咲き。
名所はさすがに違います。咲き方にも風格があります。

2009 hanami 12

2009 hanami 13



その後奥様の、
「コッテリしてるけどサッパリ食べられるものが食べたい」
「銀の餡のタイ焼きが食べたい。」
「眺めがいいところに行きたい。都庁以外で。」
「コーヒーが飲みたい」(でも注文したのはココア)
「も一回銀の餡にいってお土産のタイ焼きが買いたい(先に言え)。」
「歩き疲れたので帰りたい。」
「zzzz」
と、ドラえもんも泣いて逃げ出すような追加のリクエストにも全てお答えしておきました。

しかも帰り道中にムクッと起き出して、
「太平山の夜桜が見たい」
などど言うではないですか!(爆)。

我慢です。今日のワタシはドラえもん(笑)
今年の我がサファリライフを豊かなモノにするためには、、、(笑)。









  1. 2009/04/07(火) 00:01:33|
  2. 悪いお友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する