組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

サファリフェンダーミラー化

なんと、我がキングスロードの高級サファリがいきなり手動フェンダーミラーに!(笑)。

以前より右側のミラー鏡面がクラクラと動いてしょーがねーし、治すならいっそボンネットのデカイサファリなんでフェンダーミラー化も面白くて実用的だと考えておりました。
しかしなかなかブツの”出物”が無くて今日の今日まで引っ張ってしまいました。


新品なら部販でサファリ純正のフェンダーミラーは出るのですが、必要以上にデカくて角ばってる上に横への張り出しが大きく、正直コレじゃあなあ~という感じだったのです。
もちろんフィッティングは最高なんでしょけど(笑)。

で、実は探していたのはロクマルはロクマルでも”ランクルの60!”の低グレードについていたフェンダーミラー。
コレがシンプルで必要以上にデカくなくてなかなかヨロシなのですよ!。
まさに、「ランクルのは最高」(爆)。


フェンダーミラー取付前

中古品ですけど、電動ではないので格安。
とめるビスと台座のゴムはついていませんのでこちらで用意します。
さすがに異種メーカーの敵対車種なので(爆)、取付台座のRはサファリのボディにドンピシャというわけにはいきません。
3ミリのゴムを挟んで辻褄を強引に合わせてしまいます。

フェンダーミラーフィッテング

前後の位置決めは純正サファリのフェンダーミラー位置を基準に。
消防車の写真をガン見しただけです(笑)。

固定は裏板を入れて5ミリのタップビス止め。
「またツマラヌ穴を明けてしまった、、、。」(笑)

で、ドアのギンギラミラーを外します。
室内側の三角当板を外すとビスが現れますので、テキトーに外します。
が、あまりにテキトーに外すといきなりミラー本体が外れてボディにぶち当たったり鏡面が割れたりしますので注意が必要です。
ワタシもうっかり落としてしまいましたが、幸いに鏡面は割れませんでした。
でも電動ミラーの配線3本をチギリながらって、、、(笑)。
思ったよりもずっと重たいシロモノなのです。


フェンダーミラー化で不要のドアミラー
抽出したミラー。



フェンダーミラー化で不要のドアミラーの中身

鏡面を取って中身を確認するともうスチールの部分がグズグズ。
根元の可倒部分などはエラく頑丈な作りになってます。戻りバネやビス穴はもうサビサビ。たぶん平成4年のアッセンブリーから一度も日の目を見ていないのでしょう。
これは廃棄でしょう。
まさか、こんなモノ誰も要らないですよね?(爆)


フェンダーミラー化で不要ステー

ブラケットを戻して裏の当板も復旧。電動用の配線を束ねて押し込んで、とりあえず黒いビニールテープで巻いておきます(笑)。




フェンダーミラーになりました

フェンダーミラーになりました2

日産サファリキングスロードライト仕様(笑)ランドクルーザー60用手動フェンダーミラー号、完成です!。



乗ってみて新鮮なのは、ドアミラーの位置が随分と死角になってたんだなあということです。
サファリY60はウエストラインが低くて窓からの視界は良い部類ですけど、さらに良くなったという印象。
窓からスカッと前方の地面が見えます。


フェンダーミラーの視認性もばっちりでした。
フロントウインドウからミラーが見えるというのは、視線の移動も少なく常に視界のどこかにミラーが入ってるので後ろサイドの視認が容易です。
十分な鏡面積の割には通行人の頭を叩いてしまうほどデカくもないので、こちらも思ったとおり狭い道でも乗り易いですね。
スタイルもミョーに突起物してなくて上々です。
う~ん、やっぱり「ランクルのが最高!」(笑)。

フェンダーミラー取付後

フェンダーミラーになりました3

フェンダーミラー化完了


ただ、バックする時などの距離感はちょっと慣れる必要ありです。
フェンダーミラーはドアミラーに比べて小さく写りますので。



フェンダーミラーのお里

ミラーにはデドコを示す表示があります。みないで!(爆)。



ドアミラーが付いていた突起が少々邪魔に感じます。
フェンダーミラー用を部販から取るか、このままか、サンダーで落とすか、、、(爆)。

スポンサーサイト
  1. 2009/07/27(月) 00:11:33|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

いけ!TB!(笑)

サファリもランクルもそうですけど、よく出来たディーゼルがある(あった)この手のヤツってのはどうにもガソリンエンジン仕様が売れなかったですよね。
特にディーゼルターボなんてグレードが出来た日にゃあ、ガソリンエンジンなんて誰が買うんだい?状態で、希少車に拍車を掛けてました(笑)。
そりゃそうですよね、軽油は安いし馬力も似たようなモノ、トルクも勝ってる、元々の土台が高級車志向なんで静粛性もヨロシイのならガソリンなんて選びません。
ディーゼルなりの黒煙は噴きますけど自分よりも後ろの出来事(爆)。
窓を開けても逆流してくるなんて事は相当な事情じゃない限りありえませんし。

ところが、この無駄とも言えるガソリンエンジン、実は全然モノが違ったりするんです。
とゆーのも今更お恥ずかしいのですけど、燃費さえ気にしなければ実に最高なフィーリングなんですよ(笑)。
特に2000RPMから3000RPMがとても気持ちいいんです。
この回転域ではTDにもTD-Tにもこのフィーリングと歯切れ良さはないでしょう。
バスのような巨体がアクセル即加速なのです。
そしてその先だってパワーがヘタることなく回って行きます。OHVが古臭くてダメだなんて一体誰が言い出したのでしょうか?
大排気量6気筒のバランス良くも低く野太い排気音が4000RPM付近まで続きます。
レッドゾーンは4400からとディーゼル並みに低いですが、そんなの無視してまだまだ回ろうとしています。

ふと日産の名機エンジン、A型を思い出します。
あの古臭いOHVもちょっとしたチューニングで随分と上まで気持ち良くブン回るエンジンになったそうです。
ガキの頃、隅から隅まで読み漁ったCARBOYにそんな記事が載ってました。
OHCですがあの鈍重なL型の豹変ぶりも今となっては語り草ですけど、どうにもその名機の傾向が目の前の巨大ボンネットにも収まってる気がしてなりません。
OHVを作らせたら日産は世界一かも(笑)。


TBは4200CCから最終的に4800CCまで排気量を増やしました。
ついでに(爆)DOHCにもなりましたね。
OHVのまま4800ではランクル100に対抗できなかったからでしょうか?
別にそのままでも良かったような気もします(笑)。


先日TB48のサファリを乗せてもらう機会がありましたが、TB42とはもう全く別世界の静けさとスムーズさです。もっともワタシのと比べる方が間違ってますけどね(笑)。
踏み込んでも踏みこまなくても凄く速いんですけど、遠慮なくベタ(笑)にした時の、あのTB42の荒々しいとも言えるようなトルクの吹き出し感はありません。
擬音で示せば、48は「ドシュー!」って感じ、42は「ドドドドドっ!」って感じの違いがあります。よけい良く解りませんね(笑)。
でもなんか根っこの音「ド」が同じように聞こえます。
ワタシのカンジなんでもちろん「ド」は音階の「C」の音ではありませんが(笑)。


TB48はどこか日産ぽく垢ぬけないで、それでいて高級になったようなよく出来たエンジンですが(爆)、ワタシ的にはやっぱりTB42が合ってるような気がします。
ガソリン食ってるぜ!二酸化炭素ブチまいてるぜ!って音と加速感は、すでに薬物常習と同等の犯罪者の域かもしれませんが(爆)。


給油前の一瞬の贅沢です(笑)。
たまにはTBにもムチ入れて、アクセル全開ガソリンダダ流し!(爆)。


TB全開!のコピー



(当局の皆様、写真は嵌め込み合成です。ワタシは安全運転を心掛ける優良ドライバーです。)


  1. 2009/07/24(金) 00:16:05|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ハイシーズンの軽井沢

「帰りにちょっと見ていこうよ」と、妻に言われて群馬の帰りにふと軽井沢に立ち寄りました。
実はRVショーのあと前橋で所用があったので一晩泊まったのですが、次の日は連休中日と言う事でもあり各所で大渋滞が予測されるので、ソソクサと栃木にすっ込んでしまおうと考えていたのです。
車列に並ぶのは御免蒙るですが、奥様は一度言いだしたら聞かないので素直に目的地までの渋滞回避を考えることとします(爆)。

急に予定フラグが立ってしまうのは我が家の悪いクセなのですが、高速道路の整備と例の1000円均一でその悪癖も最近加速気味(笑)。
ふつーでは立ち寄る感覚ではない方角と距離なのですけど、高速道路は偉大です。朝8時に前橋を出たというのに1時間もしないうちに松井田妙義icに到着。
ナビのvics表示の赤い帯が気になってそのまま18号旧道をあがります。とりゃ!とりゃ!と久々にコーナーを堪能してたらもう軽井沢に突入。
久々のハイシーズン時の訪問で人間と車の多さに少々驚きましたが、もっと驚いたのは駅の南がぜ~んぶショッピングモールに変わってたとゆーコトです。

以前に来た時はたしか軽井沢プリンスの延長にちょこっとあった感じだったんですけど、もうこの辺り一面を蹂躙するような広がりっぷり。
ここって前はゴルフ場かなんかあったんじゃなかったっけ?。既に過去の面影はありません。
ワタシ達はナビのvicsを見ながらヤ~な気配を察して旧道を上がってきて駅の北に出ましたが、軽井沢駅南から高速インターまでは既に重体の渋滞で2車線道路がビッチリと固着されていました。まだ10時前です(爆)。
「なんじゃこらあ!」と驚愕しながらも、なぜか行先は同じでも反対車線の我々はスルリとモールの有料駐車場に渋ることなく滑り込む事が出来、人生のラッキーを一個消費(笑)。

軽井沢プリンスショッピングモール


で、クルマを停めて歩き始めて気付くこのデカさ。
この手のショッピングモールでこの規模って、ワタシの経験では御殿場ぐらいしかありません。
那須や佐野なんて足元にも及ばないではないですか。
しかもマジで御殿場よりもデカクねーか?と思うぐらいです。
ちゃんとお店を見ていったら一日掛かっても見きれないかもしれませんね。

t02200165_0640048010217706273.jpg


奥様は服だのカバンだのを物色してますけど、ちらっと見える値札もそんなにビビる数字ではないのでちょっと安心。
宇都宮に比べれば随分と爽やかな風で、男子の鬼門店ワコールの外のベンチで待つオトーサン達にも優しいモールなのですね(笑)。
近日に開店したというお花畑牧場の行列を眺めつつ、中庭に面したデッキをベタベタと歩いて行くと、その先にもまだまだ店舗の列が。
おいおいどんだけ並べたんだよう~と、感動を通り越して既に疲れが出てきました(爆)。


t02200165_0640048010217705702.jpg

猛烈にハラが減ってきたのですけど食事の出来る店はすでに上の写真のように長蛇の列。
よく見れば並んでまでも食う価値のあるような店もありません(爆)。
諦めかけた瞬間、カレー屋の売り子さんが「奥の席が空いてますのでどうぞお~」と誘ってくれました。
なんでこの行列の中でココだけポッカリ空いてるのかと思うと少々不安でしたが、まあクチに入ればいっかあ程度で期待もせずに注文。

ところがこのカレーがうめえのなんの。
本格的なインド風が蔓延っているカレー業界の中で、きちんとジャパニーズスタイルを誇示してて大変ヨロシイのです。
正直、ビチャビチャの液体に鶏肉や野菜がゴロゴロ半水没している本格風スタイルは???な気がしている旧型なので、こーいうトラディショナルでしかもウマいと無意味に感動してしまいます。説明ではプリンスホテルで出しているのと同じルーらしいですが、確かに歴史すら感じる深さがありました。
ええもちろん何もかもチャラに出来るぐらいハラも減ってましたがね(笑)。

ふと気付けばこのカレー屋さんも長蛇の行列。ワタシ達はほんのスポット的な空白に滑り込む事が出来たようなのです。
人生のラッキー、本日2個目消失(爆)。

t02200165_0640048010217707596.jpg


ハラも膨れたので気力体力を取り戻し、とりあえず古い旧体然とした軽井沢も堪能せねばと言う事で、そのまま駅北口へ。
テキトーに歩けばココに来てしまう訳です(笑)。

古月堂店内

軽井沢といえばやはり古月堂さん。
奥様は迷って迷ってヨーグルトパフェ、ワタシは適当にレモンスカッシュなどを注文してみます。

古月堂ヨーグルトパフェ

さすが古月堂で、あの浅間山シリーズではなくともこのボリューム。
スイカ以外は一人で食っちまいやがりました。

やっと、知ってる軽井沢に来た気がします(笑)。

その後バスにて旧軽まで行ってみますが、ここもリニューアル激しく、昔のクレープと腐敗臭の混じった竹下通りのような雑多な感じは随分と薄れています。

street.jpg

昔からあったと思われる漬物屋で言われるがままに野沢菜を購入。前もおんなじコト言われて買った様な気が(笑)。

t02200367_0240040010212363424.jpg

気が付けば雨がボツボツと降り始め、ちょうど来たバスで駅へ戻ります。
コンコースを抜けてちょっとは空いたモールを再度抜けて駐車場へ。
2000円以上のお買い物で2時間だけ無料にはなりますが、その後も1時間100円なのでビビるほどではありません。

いまだ入所するクルマで混雑している駐車場からスルリと退場。400円払っただけで済みました。
1500も廻っているのにロイヤルロードは高速からくる反対車線がビッチリビチビチで、ニタニタしながら走っていたら今度はついに我が帰りの車線もノロノロ状態(笑)。
こんなトコロは通れないゾとテキトーに抜け道を探して走ると、ポロっと碓井バイパスに出ました。
ナビの普及率も高いというのに、ナゼに皆様はお並びになられるのかワタシには理解に苦しむのです(爆)。

その後渋滞もなく高速を駆使して3時間程で宇都宮に到着。足利からの293号線がみょーにメンドクサク感じられます。
ちゃんと太田から北関東自動車道が伸びてくれれば、軽井沢はもっと近くなるですね。
しかし時短とともに便利になった分、何か旅行気分みたいなモノも失うような気がします。
”軽井沢=ちょっとした旅行”が、”=近所”に格下げになる訳ですからちょっとフクザツです。

久々にまとまった距離を走ったワタシは、深夜帰宅後に焼酎のコップを持ちながら眠ってました(笑)。
昼間に旧軽で買った野沢菜の味も睡魔には勝てずでした。



  1. 2009/07/23(木) 00:23:51|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

群馬トヨタRVパーツショーでブツ見てきました。

群馬トヨタのRVパーツショーに行ってまいりました。
さすがT社主催です。外の展示にはあんなマシンやこんなマシンが展示されていました。

ランクルのレイド車

カッコいいって言えばいいのか、なんちゅうか、、(爆)。


いきなりこんなウエルカムボードにビビるサファリ乗り(笑)。

群馬RVパーツショー


しかしこんなトコロで引き返すわけも行きません。
もちろん、目的はあのオートデフロックともいえるos技研のスーパーロック4サファリ用なんです!!。
この荒れ狂ったランクルの海の中で果たしてホントにサファリ用は展示されているのか??
究極のLSDとの謳い文句に果たしてウソはあるのかないのか??
我はこの目でソレを確かめに来たのではなかったのか!などと独りで勝手に盛り上がってみます(笑)。



ちーす。怪しいサファリ乗りのモノでえす(爆)。
と言いながら真っ先に尋ねて行った先はもちろんココです。

OS技研の皆様

心優しいOS技研のスタッフの方は、暇だったのか懇切丁寧に作動の仕組みを説明してくれました。
サファリで2万キロを使用したサンプルも展示されていました。
しかもテスト車は西の方の方でクロカンばかりの使用、かつ一般道でも丁寧な扱いではない、との事だったので、たぶんあのヒトかあのヒトだろうなと(笑)。
ま、その方がサンプルとしては良く解るというものです。
さすがサファリ用は二周りは違います。デカイっす。値段もググッと急上昇(爆)。

LSDとは思えないほど枚数の詰まったプレートには、角個に軽い筋が見受けられますが、摩耗した形跡はありません。
ツメの入る溝部分もキレイなモノです。

スーパーロック4使用状況溝


街乗りの小周り時に無理するようなガキガキ音もなく、それでいて必要な時にすっとロックしてくれるなんて、ブースの兄さんの説明ではマホーのようなデフです。
ジムニーでは利き過ぎるのでちょっと弱めたセッティングが望まれてるとの事。ムラムラと購買欲が湧いてきます。

「買った!」の一言が出そうでしたが、もうちょっと様子見ですね。
ウマい話には絶対にウラがありますから(笑)。
だいたいは想像がつくウラですけどね。



その後各ブースを回るのですが、「お乗りのクルマはなんですか?」と聞かれると、「サファリなんです、、、」と小声になってしまうのは何故?(笑)
え~!!サファリかあ~そうだサファリ用もあれば良かったですけどね~!」。

あっきらかにアウエイな雰囲気です(笑)。
ランクルじゃなくて何が悪い!ですね。
サファリ専用の部品があったのはブレーキパッドと上記のデフのみでした(笑)。
汎用では丸規格ライトとか使えそうでしたが、興味は買うほどでもなく。


素晴らしい品揃え。ランクル、プラド、サーフ!(爆)
見事にランクル・プラド・サーフ!



でも面白い展示即売会でしたよ。
こーいうアフターパーツの催し物が日産でもあったらなあと思います。
正直、羨ましい限りです(爆)。

  1. 2009/07/22(水) 00:31:27|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

号外!OS技研さんのスーパーロック4サファリ用発売記念!

パチパチパチ!やりました!
嬉しいニュースをお伝えします。
遂にサファリY60/61用のガッツリ系デフ、スーパーロック4の発売です!。

http://blogs.yahoo.co.jp/offroad_service_taniguchi/41366345.html

思えば最初に(サファリ用開発中)の文字をHPで見つけてから1年の月日が(笑)。
一時はデカイキンタマ用はやっぱり無理なんじゃねーか?と思っていた事もありましたが、さすが有名なツインクラッチのOS技研さんです。
サファリ用、きっちり出してきましたよ(嬉)。


ついでにランクルデカキンタマ用とかも発売するらしいです。ついでですけど(爆)。
さらについでにハイエース四駆用のフロントとかもでるらしいですね。
横風にはとても強そうですけど、雪道なんかでどうなんでしょうか?曲がるんでしょうか?(笑)。


おカネ貯めて待ってた甲斐がありましたよ~。
やっぱりフロントかなあ、リアでもいいけどなあ、でもリアには純正が入ってて、シム増しとかでいくらでもごまかせるしなあ。
でも出来れば両方欲しいなあ。前後デフロックとかになるもんなあ、そこまではカネがないなあ、でもうれしいなあ(笑)。


で、今週、群馬でRVショーというイベントがあるそうなんですけど、そこでこのデフ君のお披露目があるようなのです。
長年(1年だけど)待ち焦がれていたウルワシキ歯車の君に、これは是非逢わねばなるまい!と、今週末は急きょ群馬行き決定です。

詳細は、
http://www3.wind.ne.jp/G-toyota/rvpark/index.html
に詳しいです。


ココんとこマトモな新製品から遠ざかっていたY60系ですが、やっと使える(使えそうな?)アフターパーツが登場しましたね。
サファリ用と言えばクリアウインカーとか、クリアテールとか、本気で要らない部品バッカリでしたから(爆)。

さて、今年の夏は楽しくなりそーな気がしますよ~。



  1. 2009/07/15(水) 13:12:40|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

くみちょうはれいのばいぱすをこうりゃくした

最近矢板方面への打合せが多いので、仕事中によく4号線を利用しております。
とゆーことは、先日ご紹介した”例の”バイパスがとても気になる存在なんですけど、その後の利用感などをご紹介したいと思います。
もちろん、誰がどう見ても中途半端な道なので、いくら呑気なワタシでもまるで肯定的にはなれないんですけどね(爆)。


まず、開通から4日後の7/14日の、「旧道」の状況です。
矢板方面から宇都宮への上り方向へクルマを進めています。

4号バイパス乙畑付近


渋滞の起点として常にラジオの交通情報の常連さんだった乙畑陸橋の付近です。
午後3:30ぐらいですけど、にわかに信じられないぐらいスカッと気持ち良く空いています。
まるで西那須の農道並み(笑)。

この手前の分岐ではなんとなく道なりに走ってしまうとバイパスに突入してしまうので、旧道が異様に空いているのは今だけかもしれませんけどね。
皆が気付く嵐の前って感じもします。


4号旧道

乙畑陸橋を潜ってしばらく来た辺りです。看板がなければあの4号線とは思えないほどですね。
それにしても走行中にドライバー自ら写真を撮るのは危ないのでヤメましょう(爆)。



そのまま旧道を進行して矢板のトラックステーションを過ぎ、荒川を渡ってファミマを過ぎると左からバイパスが迫って来て合流。
先頭で合流信号に捕まってバイパスを振り返った時の図です。

4号バイパスさくら付近


まさに向こうは大渋滞。
おおう!バイパス最高う!(笑)。


なるほど、バイパスを作った理由が解りました。
旧道となる既存の4号の渋滞緩和”だけ”だったなんですね。そっかあ、ありがとう国土交通省(爆)。
たしかにこの分岐ではみんなバイパスに誘導されるがごとくに罠にはまりますよね。
まるでゴキブリホイホイのように(笑)。

ワタシはてっきり4号線ソノモノをスムーズな流れにするのかと思ってましたよ(爆)。
まさかバイパスで渋滞を起こしておいて、旧道を通り易くするなんて誰も思いつかなかった利用方法です。
さすが、官僚と呼ばれる先生方の脳は違いますね~。


なので、官僚の先生方も利口な脳の我々としては、当分は旧道利用が正しいようですね(爆)。
特に矢板方面から宇都宮方面に行く上り利用の場合は注意が必要です。
旧道との分岐はさすがに上手にカモフラされててかなり唐突ですので、え?と思ったらもう最後、バイパス渋滞アリ地獄にご招待です(笑)。
新しいコンクリートの陸橋が見えたら気持ちは既に右ウインカーですよ~(笑)。



結果的に空いてる道が出来たので税金の無駄遣いとはいわないけどさ、なんかおかしくね?





  1. 2009/07/15(水) 00:30:42|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

いい加減学ぼうよシリーズ4

いい加減学ぼうよと言うよりは、もう十分 学びました というカンジなお話です(笑)。


yamabiru.jpg
今回の主人公(爆)。



ヒルと言う生き物はホントにタチが悪いです。
目も鼻もないくせに、人の気配だけは確実に感じ取ってじわじわじわと迫ってくるのです。
雨の日の廃道や人のめったに来ない林道でコヤツラに出くわすと、もう地面に立ってる事がイヤになります。
長靴でも安心できません。敵は結構な登坂力をもっているので簡単にフクラハギより侵入して、思うがまま自分の身体がパンパンになるまで生血をススルのですよ。

ヒル地獄は3度ほど味わいました。
ほんと、一度で学ぼうよって(笑)。
今回はその記念すべき初遭遇の事をご紹介します。

コヤツラとの最初の遭遇は県内のとある廃道でした。
J24に乗っていた頃でちょうど今頃のような雨季な時期です。小雨が朝から降っていて何年も誰も通ってない轍はチュルチュル状態です。
かろうじて道に見えるような轍ですが、侵食の為か大きな石も露呈していてなかなかタイヤが食いません。
ワタシが先頭でしたので何度か仕切り直しチャレンジして、何とかその先へジープを進める事が出来たのですが、後ろの仲間が着いてきません。
誘導が必要なのかな?と思って、スニーカーのままなんの躊躇もなくポンと車外へ降りてしまったのです。

そのままジープの後ろに歩いて行った時に、なんとなく足元の地面が動いているように思って凝視してみると、、、、。
オレンジと言うか、と言うかの細いナメクジ状の生き物がヒョコヒョコとこちらへ向かってきてるではないですか!
しかもそこいらじゅうに大量にいるではないですか!
スニーカーを見ると 既に5~6匹辿り着いている ではないですかあ!!


「うきゃああ、、」
ニンゲン、ホントに気持ち悪いと叫び声はなぜか小さくなるものです(笑)。
よく見ればズボンの裾にも居やがるのです。パターンは青、使途です。もう最悪です。
このまま地面に足付いていたらヒルの大量餌食間違いなしと判断したワタシは、仲間の事などすっかり忘れてジープのリアゲートを開けて即座に上空避難(爆)。
取りあえず半狂乱を理性で抑えつつもズボンと靴へ取りついた敵をプライヤーで摘んでは車外へ投げてを繰り返します。
程なく見えるヤツは取り除きましたが、まだ安心はできません。
ズボンの裾をめくると、ああなんてこった、靴下に流血が
靴下を下げると流血とは違うトコロに太く赤黒くなったヒルがクルブシのあたりにひっついておるではないですか!
「す、吸われてるほお、、、、」。(笑)


とにかくまずは平常心からです。
これでしし死ぬことはないし、取りあえず半狂乱になって取り乱すことはいつでもででできるじゃななないか。おおおおちついておお落ち着いて(笑)。

既に歯が食い込んでて引っ張ると痛い、なんて事をどっかで聞いたような気もしましたので、カッターでスッとヒルの吸いクチを切るように削ぎ落します。
ヒルはすんなり取れましたが、食われた辺りからブチっと言う感じで血が噴き出して、ジープの荷台は何か小動物でもシメたんじゃねーかと言うような赤の惨劇です(笑)。
結局右足を2箇所食われてました。痛みはないのですが血が止まりません。包帯もバンソーコーもありませんので、いつぞや貰った新品タオルをビニールから取り出してガムテープで巻いておきます。
どんどんタオルが赤くなってきますが、まさか全部血が出ちゃうなんてことはないだろうと思い気にせずに運転席に戻ります。
荷台から簡単にウオークスルー出来るJ20系ジープのセパレートシートはこんな時にも便利なのです。もう地面は絶対に歩きたくありません(笑)。

仲間のトコロまで戻ると今だ悪戦苦闘中でしたが、ワタシが方向転換してきたという事はこの先はもうダメなのだと判断したらしくそのまま後退。
ところが、状況的にプチおいてけぼりを食らっていた別の友人2名がナニやら廃道の真ん中で 踊って います。やはりココにもヒルがいるようです。
「ヒルだ!ヒルだ!乗せてくれ!」
一瞬、自分のジープの中がヒルだらけになってしまうと考えて乗せるのを躊躇してしまいます。
友情とは時として非情なものです(爆)。
「、、わああああ、後ろから乗って!」

その「わああああ」、が躊躇で非情なな部分です(笑)。

幸いにも友人2名はヒルの餌食にはなってなかったようで、靴やズボンにタカっていた敵をワタシと同じように開け放ったリアドアから投げ捨てていました。
走りながらなので排ガスは巻き込むし大変なのですが、とにかく車内に残すのは嫌だしジープを止めるのはもっとイヤなのです。
なんとか通行量のある林道まで戻ってきて一息つき、念入りな車内検査を皆で行って二次災害を食い止めました。


leech-photo.jpg
血を吸って太くなったヒル。起源は地球外生物です(爆)。




ナマイキにも都会生まれの都会(郊外?)育ちだったワタシが、図鑑じゃないヒルを初めて見て、初めてその恐怖を味わった出来事でした。
四駆を過信する前に、ヤマを、自然をナメてはいけません。

我が人生でヘビの次にイヤな生き物が急激ランクインした記念すべき日でもありました(笑)。


でも、行っちゃうんだよねえ、、、。







  1. 2009/07/14(火) 00:03:50|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

バイパスって、なんだね?

先週はホントに仕事忙しかったし、よゆーもなかったなあと取り敢えず反省です。
現場が始まればなにかとトラブルはつきもののこのギョーカイですけど、今回はちょっと重なり過ぎでした(笑)。

さて、そんなクダラネエB面話(爆)はどうでもよろしで、先日開通した4号線のバイパスのさくら~矢板を早速走ってみた感想をば綴ってみたいと思います。
ついでに「よろし」といえば花札の「あのよろし」ですが(笑)、アレは実は古い平仮名で記名してあり、本当は「あかよろし」と読むそうです。
それなら意味はすんなりで、まんま赤タンはよろしいぞ、という事っすね。


別に開通したてを通りたくて行ってみたワケではありませんが、偶然にも開通日の7/11土曜日の17:00ぐらいに矢板方面より進入してみました。
ワタシ的に開通日に偶然通ってしまう事はよくあることのようで、思えば宇都宮テクノ街道もそうでした。
その笑っちゃうようなネーミングセンスの「宇都宮テクノ街道」ですが、今のところテクノのカケラもなくただただ林と田んぼの中を突き抜けています(笑)。
この先の「テクノポリス」も大手スーパーが目立つだけでテクノもポリスも見当たりません(爆)。


ハナシが段違い平行棒にズレてしまいましたが、とにかく7/11に76.4Mzでアバンティのバーテンダー、スタンが「いらしゃませ」と言ったか言わないかの頃にこの摩訶不思議バイパスに突入してしまったワケなのです(笑)。
急に否定的なカキヨウになったのもソレナリの理由があるからですが、「お!やった新しい道じゃん!」とルンルン気分だったのもモノの何十メートルで、唐突に予想外の渋滞開始です。
「?事故?」
誰もが最初はそう思うでしょう。ワタシもそうでした。
キョロキョロしながらそのまま耐えがたきを耐えて並んで見ると、実はその先の信号で渋滞してるんですよコレがまた!
「??はあああ!??」


信号を超えても渋滞の車列は続いております。
その先も信号、その先も信号と、なんと信号の多いバイパスなんでしょう。
既にるんたった~気分で突入したことを悔やみ始めて、どこかに抜け道はないか勝手に両目がオートサーチしますが、さすが国道のバイパス、農道はあっても我がランサーが通れそうな道あはりません。
次の曲がれそうな信号で曲がるかどうか本気で悩みますけど、急ぐ用事もないのでそのままさくらの終点まで並んでみます。
76.4Mzからはカランコロンと氷とグラスの音のハイボールの宣伝が何ともウマそうです。おぎやはぎの粘っこい口調は大嫌いなんですけど、補って余りあるマサにグラスにウイスキーとソーダを注ぐ状況の見事なサンプリング音。(サンプリングですよね?まさか作ってる効果音?)

ならば今夜はトッテオキのバーボン(半分は飲んでしまってるので正確にはトッテオキではない)を炭酸で割ってレモンなんかキュッと絞ってだなあ、雪国マイタケ(商品名)を天ぷらサクサク揚げて伯方の塩(またまた商品名)振って、、、などと考えてるうちに終点。
30分以上は贅沢な時間を過ごさせて頂きました(笑)。

バイパスの存在理由は、まさしく「バイパス」して渋滞を緩和するって事ですよね?コレは一体どーいうことなんでしょうか?
逆側はどうか解りませんが、もともと渋滞を引き起こしていたグリーンラインとの交差点の手前に終着を持ってくるあたりが既に脳足りてません(爆)。
当然、旧道との合流のすぐに交差点の信号なので混まないでくれーと言う方が無理。新たな渋滞を引き起こしてどーすんでしょうか?
この道の線を引いた奴は砂場の水遊びからやり直し決定(爆)。


4号バイパスさくら矢板


多分、今度は夜中しか通らないと思われ。



  1. 2009/07/13(月) 02:16:52|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

梅雨の頃はノッタリ見えても忙しいんです

蒸し暑い日々が続いております。
世間では梅雨と言うらしいですが、いっそ雨季とした方が世界的にも通りがよろしいのではないでしょうか?

あ、お久しぶり、最近ココの更新をさぼって仕事ばかりしている組長です(笑)。



さて、ジープの機能美展が終わってからと言うもの、なにかと身辺が忙しくザワツイタ日々を送っております。
ま、ソレナリに映画なんか観たりして息抜きもしているので大丈夫ですが、思えばいつも夏前はこんな感じなギョーカイですね。
映画と言えば「エヴァンゲリヲン劇場版”破”」を観ましたよワタシは!(笑)。
もちろん、多くは語りません(爆)。
ヒトコトいうなれば、一回でもエヴァの洗礼を受けちゃった方は見るべきです。


我がサファリ参号機はこんな時期に乗るような乗りモノではないので、車庫に幽閉中が続いています(爆)。
雨季と夏はランサーが大活躍ですね。トランクのLPGのタンクも冷たいですし(笑)。
夏に備えてサファリで使っていたノーマルバッテリーをランサーに入れようかと思ったのですが、ターミナルのクチ口径が合いませんで断念。
もちろん端子を交換してまでのヤル気はありません(爆)。




備えてと言えば、先日オフロードサービスタニグチのブログで紹介されていたサファリ用のスーパーロック4、いつになったら正式に発売されるんでしょうか?
ワタシが早いトコ備えたいのはデフのデバイスで、冷やし中華やカキ氷の張り出しメニューではないのです。
取りあえず現在無防備のフロントキンタマに挿入してと考えておるのですが、なかなか正式発売のインフォメーションが出ません。
とりあえず予算も確保済み。まさに生殺しというヤツです(笑)。



生殺しと言えば、この辺りではちょっと山方面に向かうとこの頃の夕方は蛍が乱舞してたりします。
薄緑色のなんとも風情な蛍光カラーが点々と飛んでる様はまさに和風のビューチホー。
で、週末の夕方に奥様と見に行ったのですが、あいにく雨が降り出してしまって蛍も1~2匹が飛べずに葉の裏に隠れておる程度で、乱舞には程遠い状況でした。
悔しいので車外に出てもっと探そうと思い、用水路の縁に踏み出した矢先、「ブニュリ、、」という感触が足の裏に。
ドジで間抜けな巨大カエルが、あろうことか我がサンダルと足の上の間に挟まったまま思いきり踏まれてプレスしてしまったのです。
「!!、、!!ふ!お!??」
ナニ踏んだのか最初は解らず取り乱し気味でしたが、カエルと解ると今度はその生暖かい感触が大変にキショクワルイ!。
しかも何もサンダルと足の裏の間に入ってしまうなんて器用な事をせずに、素直にサンダルの下で踏まれて欲しかった、、、。
クチから胃袋を吐きだした瀕死のカエルを見たのは、たぶん中学の解剖以来なんじゃねーかなあ(爆)。
あの日以来、なんとなく足の裏がカユイです(笑)。



カユイといえば、うちの那須の家の近所には業販向けのスーパーがあったりもするんですけど、そこにはなんとイナゴの佃煮が売ってたりもするんです。
数十匹が中ぐらいのパックにビッチリ折り重なるように死んでいて、被せたサランラップから脚がニョキッと出てたりもしていて販売する方も買う方もかなり勇気ある食品です。
コレが奥様の実家のおばあ様の大好物!(笑)。
お供えnotお土産に買っていくのですけど、決まってそのままお茶受けにリターンしてくるという報復攻撃的な一面もあるわけで、何も知らないババア(爆)はニコニコして「うめえから!くえ~」と強引な強要。
先日もまさにそのパターン。しかも今度の(今年の)イナゴはなんだか異様にデカイ!(笑)。
3~4匹を何気なくを装いクチに放り込んで咀嚼しますと、佃煮の甘辛い味の後になんとも言えない草系の苦みと言うか、虫系のブッチュリ感と言うかが襲ってくるのです。
虫はやっぱり食べモノとしてどうかと。あの日以来、なんとなく胃の中がカユイです(笑)。



食べモノと言えば、宇都宮は餃子が有名ですが、密かに焼きそばも頑張っております。
ポテト入り焼きそばというヤツで、現在売り出し中の新進気鋭でございます。
食った感じは、「あ、焼きそばにジャガイモ入ってる」。
以上!(爆)。
だってそれ以上の感想はないぜよコリャ。


さあて、次回はサービスします(爆)。




  1. 2009/07/09(木) 02:26:28|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ジープの機能美展に行ってみた(本番展示編)

先日はサファリのプチミーティングの様子をご紹介しましたが、今回は室内の本番展示(爆)にて組長的にビビっと来たあたりをご紹介いたします(笑)。
もちろん、超個人的な視点でのご紹介ですので思い込みや間違いは必須だと思って頂きたく(笑)。
しかもワタシ視点の写真ですから、全体像については想像して頂くという手法でお送りいたします。


まずはキューベルワーゲンのハブリダクションです。

ジープ機能キューベルのハブリダクション

キューベルは2輪駆動のRRですけど、このハブリダクションのおかげで高い地上高が得られているようです。
軽さも走破力に一役買ったでしょう。米国のMBが無難な納めでまとめられていたのに対しても、なかなかキューベルは凝った作りです。
で、このリダクションは後々ワーゲンタイプ2に引き継がれるんですね。あのワーゲンバスってヤツです。
あっちは走破性よりも減速とエンジンの嵩上げが目的でしょうね。


隣の水陸両用車シュビムワーゲンのスクリュー部分です。
ジープ機能シュビムのスクリュー

男の子は小さなころから水陸両用とか軌陸車とか、とにかく乗ったままドコまでもイキたがる生き物なのです(笑)。
なのでこーいうトコロに激しく反応しないヤツは組長の説教が必要ですね。
エンジンの回転力がスクリュー駆動のドグと噛み合って回るようです。普段の地上走行では跳ね上げる事が出来るリンクですね。
ちなみにシュビムはキューベルと違って四駆ですから、スクリューを入れると五駆?(笑)。


ジープ機能シェビムのまふりゃー
で、そのマフラー。
水上では水の下って訳にもいかんのでしょうから、かわゆい消音器と排気口がちょこんと乗っかってます。
ん~らぶり~(笑)。


ジープ機能シェビムのパドル
コレがワタシのココロを惹きつけて離さなかった、「木製パドル」です(笑)。
ちゃんと装着具が装備されてますので、この形状以外はNGですね。しかも左に一本だけ。
とゆーことは、水上でエンジンストップしたらシュビムをJストロークで動かしてスカーリングで岸に寄せたりした、と(笑)。
ああ、とてもカヌーのようには動かないだろうけどすっげえ漕いでみてえ!!(笑)。
また、その使用頻度もかなり気になります。



次、今回の目玉商品のトヨタジープBJ号です。
BJと言ってもあのお仕置きエンジンB型が載ってるワケではございません(爆)。
ワタシ的に目を引いたのはこのシャックルです。

ジープ機能トヨタジープのリアシャックル

鍛造かな?凝った造形ですね。シャーシ側のブラケット取付もなかなか凝ってます。
コスト掛かってますね~。
今の鉄板2本式は一体なんだ?と思うような作りです。まさしく昨日の機能美ですね(爆)。



ジープ機能トヨタジープの内装
そのインストパネルもとい計器盤は、零戦もビビるようなシンプルなイデタチです。
必要にして十分とも言えますが、メータ穴やステアリングポスト貫通部がカールしてたりして零戦よりはちゃんと作ってたりもします。
多少寝気味の巨大なハンドルと長~いシフトレバーは、バッチリとその後のランクルに受け継がれましたね。




ジープ機能トヨタジープのハンドル
ハンドルボスのトヨタの文字です。
今では世界中誰もが知ってる自動車メーカーですけど、当時は無名の極東島国のミシン屋上がり自動車屋だったんですね。
このロゴが変わるたびに会社がデカクなって、そして僕たちのココロからは離れていったのですね(爆)。


ジープ機能かちゃかちゃ
お道具の部の展示では、巨大カチャカチャが無造作に置かれておりました。
埋まったジムニーなら引き出せそうです。
展示方法が床置き、という大胆な手法に感動しました。しかも床が汚れないようにボロキレ敷きで(笑)。
まさしくそーいう道具ですから。



そして、今年の一番の収穫物は、コレです!

ジープ機能アメリカ兵のオッサン

実物大兵士人形(笑)。
よく見るとかなりリアル。特にヒゲがイヤ(爆)。



帰宅後の宴会ではもっとリアルな一般日本人男子を目撃(笑)。

行き倒れのオトコに鼻からパセリを

鼻から生えているのはパセリではなく、成長したカビです(笑)。
なので現在生きながらにして腐乱中いうことになります。冬虫夏草ってヤツですか?(違うか)
コイツの彼女が見事な「腐」なので、その菌が脳へ感染して醸したんだと思われます。
彼の趣味の話はさっぱりわかりませんが、その不気味な熱意は十分伝わってきます。




とゆーわけで、機能美でもコユイところをワタシなりの視線でご紹介致しました。
最後の写真はまるで機能していませんが、他の機能はまさしく希少なコレクターズアイテムです。
こーいう本物が無料で見られるのですから、往復で8時間近く掛けても行く価値があるのです。
本家ジープの機能美展、どうか末永く続けて下さい。





  1. 2009/07/01(水) 00:09:27|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する