組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

ランサーにも”御札”

さてさてさて、雑誌ムーも矢追ディレクターもビックリの”御札”シリーズ第3弾、ランサーのリアサスにバーサスを装着の巻です(笑)。
サファリではその効果、全く信じてなかっただけにビックリ仰天なコトになってしまった事は皆様の記憶に新しいと思います。
良く仕組みの解らんものを付けるな、というのはワタシの持論ではありますが、困ったことに良く解らんでも効果が出てるので、他の臨床例でも確認すべくランサーに取り付けてみた次第でございます。


まず、ガスランサーの特異なディメンションから御説明です。
通常のガソリンランサーではリアシートの下にガソリンタンクが鎮座していますので、ホイルベースの中へ重さ変化の大きな重量物が納まっている格好です。
ホイルベース内なので操縦性の影響も少なく済む(とされている)ので、ガソリンが減ろうが増えようがあまり挙動は変わりません(変わらないんだろうなと思います)。


メーカーであれアフターであれ、世の中の乗用車タイプガソリンコンバートのLPGガスエンジン車は大概リアトランクかオーバーハングに巨大なボンベを背負っています。
理由は簡単、6年枚のタンク検査で取り外さねばならないからで、作業し易い位置に付けるしかないんですね。おかげでロクに荷物が積めないばかりか、タダでさえ重たいガスタンクがリアオーバーハングの高い位置にドデッと居るんですから、リアから腰砕けるような挙動とピッチの納まりの悪さは天下一品特濃ラーメン(笑)。
しかもワタシのランサーはカッコのバランスを取るためフロントがローダウンコイルでリアがノーマルと来てるもんですから、上記の具合が大変にヨロシくないワケです。


ちなみにサファリはリアのオーバーハングに巨大なタンクをぶら下げてますが、満タンだろうがほぼカラだろうが挙動変化が解りません(笑)。
おお、ガソリン減ってちっと軽くなったかな?程度です。
舗装道路では語るに落ちるような大雑把サスペンションシステム+2トン越えの巨漢では、たかが80キロぐらいの増減なんて屁でもないってコトですね(爆)。

ランサーにバーサス2

まずはリフトアップしてタイヤを外します。
どっかの”みどり系”掲示板で、「タイヤを外さなければ施工できないのでお手軽とは言えない」なんてコメントがありましたが、リアコイルを交換する事に比べたら雲泥の差でございます。
こーいうコメントを書く人って、きっと自分のクルマのボンネット開けるにもお店の人にお願いするんでしょうかね(爆)。


ランサーにバーサス1

さて、まずはノーマルコイルとご対面。
サファリのを見慣れていると、”番線”のように細く見えます(笑)。
これでガスタンクとボディ重量の半分のいくばくかを支えているんですから、思わず目頭が熱くなるではありませんか(笑)。



ランサーにバーサス3

バーサスアシスト、Sタイプです。
4個入っています。今回は片側2個づつから取り付けてみます。
硬くなりすぎたら一個抜く方向ですね。(いや、そうなると信じてますので)




ランサーにバーサス4


”Ofuda” Inside
御本尊です。バチが当たるのであまり見てはいけません(笑)。



ランサーにバーサス5

コイルの上側と下側に取り付けてみます。
説明書に2個付ける記述は無かったので、御札の神様的にはちょっと離した方がいいのかな?とか、シロート施工丸出し(笑)。



ランサーにバーサス6

逆側も似たような位置にタイラップどめ。
これがお手軽と言わずして何と言おう(笑)。



”一礼二拍”の後、タイヤを戻して本日の作業完了。15分(爆)。



さあ、お楽しみの試運転です。

ホントは36時間の養生が必要ですけどもういきなり走っちゃいます。
で、もういきなり違っちゃったりするんです(笑)。


元々静かな我がガスランサーなので良く解るのですが、荒れた路面では後ろから少々ゴツゴツ音が聞こえるようになりました。
不快なレベルではありませんが、タイヤへの路面アタリがキツクなったような音です。

うねった路面を少々スピードをだして通過するときの、あのフロントを軸にしていつまでもピッチングを繰り返していた挙動も、ぐわん!くわん、く、ピタ、と言う感じに。
キッチリ調整されたエナペタ車高調のように一発納まりまでには至らずですけど、明らかにヨロシイ方向へ改善されています。
しかもまだ取り付けた直後で、これから36時間後にはまたまた良くなってるはずなんですよ(笑)。


今回は養生後の試乗時間が取れませんで(サファリもカマってやらんとイカンので)、次はじっくりと乗り込んでみたいと思います。
御札シリーズ、バーサスアシストはやっぱり不思議な効果ありなのです。



スポンサーサイト
  1. 2009/09/29(火) 02:00:31|
  2. LPG車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

御札の御利益

例の”御札”を貼ってから、なぜかタペットを調節してもカラカラ音が止まらない我がTBですが(笑)、今回は燃費やその他に果たしてそのご利益があったかどうかの検証報告です。

え~、まずは燃費を考える前に、イイワケではないけれど補正も考えようと(爆)。
我がサファリのタイヤは255/85R16です。外径は840ミリ(計算値)あります。
イチ回転すると2.637m進みます。
に比べて標準のタイヤは265/70R16ですから、外径は777.4ミリ(計算値)ですね。
イチ回転すると2.441mです。

つまりイチ回転ごとに0.196mの差が出ているという事です。
約8パーセントの差ですね。

どーいうことかというと、オドメーターで100キロでも、実際は108キロ走ってるということです。
今回の燃費計算も、この点を配慮に入れてみたいと思います。
ホントは大径タイヤでの実質ファイナルアップに伴う発進加速抵抗の増大も考えなばなりませんが、なんせ栃木なもんで小難しい事は出来ません(笑)。

まず、満タンからEライン上スレスレまで走ったオドメーターの読みは550キロでした。
ということは8パーセントをプラスすると594キロ走っている計算になります。
内訳は、高速道路を45パーセント、郊外の一般道路を30パーセント、アップダウンの激しい峠道を12パーセント、四駆4Lでオフロードを3パーセントという感じでしょうか。
4速ロックアップした状態で走れる高速移動が多かったので、燃費的にはかなり有利だと思われます。

今回の遠征では、帰路の会津若松にて満タン。
給油量は、じゃじゃん、堂々の 76リッター 。

つまり594キロ/76リッターで7.81キロ/リッターという、!やったじゃあ~んな結果(笑)。
タイヤ補正なしだと7.23キロ/リッターという、こらまたい~かんじではございませんか?(爆)。

これが御札効果なのか、それもと高速をダラダラと走ったからなのかは解りませんが、確実に普段よりはヨロシイようです。
しかし、ずば抜けてよくなってるワケではありませんので正直どこかモヤッとしたカンジ?(爆)。
それに今回の給油分はオフロード走行の割合などが極端に少ないので、かな~り有利なはずなのです。

個人的な及第点として増大君レベルの、8キロ/リッターは行って欲しかった、、。
もうちょっとだったけどね。


しかし、御札効果は燃費だけではありません。
やっぱりバーサスは違うとしか言いよういがありません。
今回、ソレナリのペースで峠も走りましたが、なんとサファリ+カンサスで ”切足し”が出来るぐらいになっておるのです。
そんなのふつーじゃん、という方は一度クロカンサス+スタビ撤去のサファリに乗ってみてください(笑)
盛大なロールでとてもそんな気にはなれませんから。

まあ早い話が前後スタビを復活させたがごとくの操縦性になりました。

で、もっと不思議なのがですね、サファリスト総会でタイムトライアルがあったのですが、ティーダならストラットがブチ切れて鬼キャン90度になるような路面でも、ドカドカせずにスムーズにトタタタッと走れたというのが全くもって摩訶不思議。
バネレートが上がったのは解りますが、ふつーそれって硬くなってこーいう場面は苦手とするじゃないですか。
むしろアタリが軟くなったというか、跳ねなくなったというか?(笑)

なんでや??ま、良くなってんだから理屈なんていっかあ(爆)



で、みどりタイヤ製品をいろいろ検証してみましたが、サファリ的にワタシのお勧めはやっぱり 「バーサスアシスト」 です。
TBに限って言えば燃費は確かに向上しますが、劇的な変化はなさそうです。
こちらはむしろ「増大君+マグネタイザー」をお勧めします。燃費最高8キロ走ります。是非!必ずです!{みどりタイヤ風に}(笑)


次の検証は、バーサスアシストによるランサーの後ろ足を施術予定。
テールヘビーに悩む全国のガスランサーオーナー必見です!(全国に何人いるんだよ?)

  1. 2009/09/25(金) 07:51:52|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

サファリスト総会出席

皆さまシルバーウイークとやらはいかがなされて過ごされましたでしょうか?
ワタシは北から南からと忙しく動き回っておりました。

初日の土曜日は、仕事がらみの試験と講習会があって水戸へ。
次の日曜は我がロクノニのイベント、金のスコップ杯第2戦。
月曜は未明より高速道路を北へひた走って山形は尾花沢へサファリスト総会出席。
火曜日は同じく、山形は米沢の小野川温泉で奥様サービス。
水曜は奥様の急な要望で古巣三郷に出来たららぽーとへ。

まぢで動き過ぎだって(笑)。

とりあえず、サファリスト総会に出席の件をご報告です。

20日の金スコを大盛況のうちに終えてすぐに帰宅。
サファリをコイン洗車場でガッツリ洗車してコンクールコンディションに(笑)。
ついでにガソリンも満タンにして、早めに就寝しました。
3時頃モソモソ起き出してサファリによじ登り、真っ暗な東北道を北へ走らせます。
さすがに朝早過ぎるためか懸案された渋滞はなく、快調にメーター読みで100キロでMT2を唸らせながらの巡航です。
村田のJCTから山形自動車道に突入。燃費的に厳しそうな上り坂が続きますが、”御札”に守られたTBを信じてキックダウンで2000RPMを超えても気にせず100キロキープ。
山形JCTから東根までは東北中央自動車道に。2車線道路の真っ直ぐな高架道路なので、なんだか新幹線気分です(笑)。

東根から13号線を北上、尾花沢市内のマックスバリューで食事と買出しをしていよいよ会場へ。
道路は県道から細い舗装済み林道風へ変わって、カーナビもついに仕事放棄(爆)。
ホントに大丈夫か?という不安が最大に達した時に尾花沢サーキットの看板発見。ホッとしました(笑)。

サファリストキャンプサイト本部

サファリサファリサファリサファリ、ジムニージムニー、ラングラー、え? 、ランクル80、、、(爆)

サファリストキャンプサイト


久々のサファリスト総会ですが、案外と言ったら失礼かもしれませんが結構な台数のサファリがいます(爆)。
目ざとく我がサファリを見つけたスタッフの赤餃子師匠が受付から飛んできてくれました。前泊の路駆丸さんとも無事合流です。



ツバイ会長開会あいさつ

開会式の模様。
椿井会長の御挨拶です。お元気そうでなによりでございます。



この後、タイムトライアルがありまして路駆丸さんともども出場。
出走が近かったせいもあってどちらの写真がありません(笑)。
タイムは散々でしたが、片側落としたV字の上りでフロントLSD、スーパーロック4の威力を皆様にご披露出来ました。
赤餃子師匠もアナウンス協力してくれて、このデフの宣伝が出来て良かったです(笑)。



サファリスト尾花沢サーキット

午後からはフリー走行。
この尾花沢サーキットは元(いまでも?)バイクのエンデューロコースのようで広くて気持ちいいんです。四駆でもダート飛ばし好きならば感涙でしょう。
隣に乗っていた奥様が酔ってしまったので、一度キャンプ地に降ろして再び楽しそうな場所を見つけに路駆丸さんと出掛けます。
いつも弓張のハコニワみたいなトコロで遊んでいるので、こーいうだだっ広いコースの遊び方がイマイチ解りません(笑)。
結局場所を決めてチマチマ遊んじゃうあたり、そこはかとなく自分自身への悲しさが、、、。


サファリスト尾花沢サーキット2


景色最高。
オフロードコースはこーいう環境でありたいという見本です。
路駆丸さんの白サファリが青空に映えます。


サファリスト尾花沢サーキット3


我がサファリと2ショット。
天気も最高で高原の風が気持ちいいです。
バカ四駆に乗ってホコリ立ててる場合ではありません(爆)。


うひょ~っとバカダンナが遊び呆けてる間に、奥様の体調が悪化。
サファリで出掛けるといつもこの調子です(爆)。
遅く来て申し訳ございませんなのですが、致し方なく早退させて頂きました。

ジャンケン大会、楽しみだったんだけどなあ。
ま、また次回がありますから。

久々のサファリスト総会出席でしたが、ちょこちょこと他のサファリストとも交流出来ましたので短くも有意義な時間を過ごせました。
綺麗なサファリ、特にY61系が多かったのも時代だなあと思いました。
本気仕様のすんげえY60もナニかがみなぎっていてカッコヨロシイのですけど、最近は”素”のサファリがなんとなく気になります。




サファリスト尾花沢サーキット4

それでもやっぱり自分のが一番ですけどね。
極たまに”オートマが変速しない病”が発病するので、そろそろMT換装っすか?(笑)。



この後、天童温泉に一泊。
静かにぐったりしていた奥様も滑らかな泉質と美味しい食事と十分な睡眠で、急に生き生きとしてしまわれました(爆)。



帰り道にちょっと立ち寄った小野川温泉で、偶然ヤッていたたんぼアートを拝見。

小野川のたんぼアート


いやコレは大変だわ、、と、出来あがった作品もさることながらその製作手間にも感動します。
この近辺は最近の天地人騒ぎで、何でもかんでもとにかくモチーフはソレのみ!ってのはちょっと興ざめですけど、、(爆)。

この後、小野川の日帰り温泉でのったりした後に会津若松から118号経由で無事帰宅しました。
気になる”御札効果”は、次回にご紹介です(笑)。


















  1. 2009/09/24(木) 10:19:22|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

新車情報

ランドクルーザーさんちの末っ子プラド君がフルモデルチェンジしたらしいです。
webCGを見てたら楽しい記述がいっぱいで思わず反応してしまいました(笑)。

~抜粋~
■正統派オフローダー路線を堅持

「ランドクルーザープラド」は、「ランドクルーザー」の弟分に位置づけられる正統派オフローダー。それが約7年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、4代目「150系」へと進化した。

新型ランドクルーザープラドは、歴代モデルが重視してきたオフロード走破性や堅牢性を向上させながら、オンロードでの快適性をさらに高めたのが特徴。これを実現するために、開発陣はオンロード、オフロードの走行性能に磨きをかけるとともに、ボディの強化、オフロード走行をサポートする機能の充実、便利で快適な居住空間づくりなどに力を注いだという。

~ココまで~


いわゆる本当の「オフロード」を知ってる者にとっては、もう既にこの時点で銀河の彼方の話のように聞こえますが、ココはお笑いネタとしてひとつご勘弁と言う事で(笑)。

7f5b732f3c5565f938f9140c83f0f579.jpg


ふむふむ、外観はキープコンセプトってヤツですか。
決められた枠の中で精いっぱい替えてみました的な感じが見て取れます。
個人的には中身このままでいっそヨンマルのボディでも載せたらもっと売れるような気が、、、。
錆付きは勘弁ですが(笑)。

a916ed82bab9227a652ebac1c13c4791.jpg


長くて低いオーバーハングと随分と下のサイドシルを見る限り、オフロードはおろか林道レベルも怪しそうな気がします。
ミニバンの悪路仕様って正直に言ったらどうなの!?」と、ウソツキ小学生のお母さんが怒りそうです(爆)。
このままワタシ達の知ってる「オフロード」に行くと、間違いなく2分で世界で1台のフルモデルチェンジ、、、。


で、ミソはここからです。


~抜粋~
■TZ-G、TZにオプション設定されるマルチテレインセレクトは、「MUD&SAND」「LOOSE ROCK」「MOGUL」「ROCK」の中から走行環境に適したモードを選ぶと、操作の手順がメーター内のディスプレイに表示されるとともに、車両が駆動/制動を最適に制御して、ドライバーの運転をサポートする。全車標準となるタイヤ切れ角表示機能は、前輪の切れ角を中立と左右3段階の7段階で表示。ステアリングの中立を見失ったときに重宝する。

~ココまで~


5024c34cffd39636d9d23e09edcf72a8.jpg

例の路面状況に応じてセレクトできるとゆー、グッドでナイスなお笑いスイッチ登場!!
実際のシーンで、スイッチで選ぶような均一なオフロードがあったら教えてください。
それはきっとテストコースってヤツです(笑)。
いやあ、マッドで石が大小ゴロゴロのモーグルって、ドコにスイッチ入れればイイですか?
うちの裏山にはあるんですけど(爆)。

そしてタイヤ切れ角表示!
おお!むかしむかーしオバちゃんのミラで見たよそれ!(笑)
いやあオジサンはふつーの感覚で申し訳ないんだけど、ステアリングの中立を見失ったときはね、窓開けて見ればイインダヨ(爆)。
そんでもっと言うとね、クルマがちっとでも動いていればあまり見失うってことは考えられないんだよ(笑)。


おおう!さらに楽しそうなギミックが!(笑)

~抜粋~
■マルチテレインモニターは、ボディの前後と左右に装着された計4個のカメラが、車両の前、後、サイド(右前、右後、左前、左後)の6エリアの路面状況を映し出すというもの。クロールコントロールは、車両が極低速を維持して、ホイールスピンやタイヤロックを抑える機能で、ドライバーがステアリング操作に集中するのに好都合。スタックからの脱出時にも威力を発揮する。この2つはマルチテレインセレクトとセットでオプション設定されるもので、オフロード走行の機会が多い人には見逃せないオプションだ。

~ココまで~

6b4d706f188277cdb84e6ca46f64d9b8.jpg

どう?どうすか?このモニター装置はトライアングル競技にピッタリですよ!(笑)。
でも、正直こーいう見えないトコロが見えるのは嬉しいですけどね~。
ワタシとしてはカメラの位置が気になります。すぐ泥で見えなくなるかもしれませんが映像としては最高の臨場感!(笑)。

しかあも、クロウルコントロウル???(笑)
いやあスタックから脱出できるんだあソレすげーなあ。
ほらオレなんてヘタクソだから常にスタックしてんだよなあ。これでランクルに牽かれずに済むかなあ(爆)。

しかも最後の文句が泣かせるじゃないですか!
「オフロード走行の機会が多いヒトには見逃せないオプションだ」、ときたもんだ(笑)。


オフロード走行の多いヒトは、絶対に新車のプラドは買わないと思います(爆)。



  1. 2009/09/18(金) 16:06:09|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

増量キャンペーン

前回どうしてもエンジンに関しては明確な結果が見いだせなかった例のみどりタイヤ御謹製の”穴あき謎フィルタ”ーと”御札”シリーズですが、気が変わってティーダの分にしようと思っていた分も全部サファリへ追加投入する事にしました。
バーサスも含めてですがビンボなワタシとしてはソレナリにガンバって出費したので(笑)、なんだかこのままでは悔しいような気もしますので、、、(爆)。

まずは”みんカラ”などを見ても効果があるとされているヘッドカバーに”御札張り”をヤリました。
既にインマニに一枚貼られているので、こっちにはサービスで頂いたGTK-ⅢNEXT という、これはどう見てもシールだな(爆)、ってのを2枚使う事にします。
但し、マジメにシールなので熱には弱いだろうと思って、耐熱アルミテープでガッツリ保護。

増量1

増量4

増量2

増量3

久々の登場、耐熱アルミテープ貼り付けです。J24時代はマフラーでお世話になりました(笑)。


TBと言えども、ヘッドは硬質樹脂製品。ホントに効果が出るのでしょうか??
でも”みんカラ”の乗用車な皆さまは樹脂ヘッドに貼り付けて、”絶倫なる”効果を出しておるようです。
ますます理屈の解らなくなる組長でした(爆)。


次、手持ちのピークリ2枚を増量取付します。
まずは燃料配管へ1個増量。ディーゼルでは3個使うらしいですが、似たようなエンジンなんでガソリンだって3個使っちゃえと(笑)。

増量7


あと1個はピンクのやらしいゴム(爆)から剥がして、御本尊のGTK-Ⅲhを直接ラジエターホースへ貼り付け。
こっちは少しは熱に強そうなんですけど、一応耐熱アルミテープで補強しときます。

増量5

増量6

冷却水はブロックを巡っているワケですから、理屈ではエンジン全体に行き渡るはずです。
ナニが行き渡るかは企業秘密みたいですけど(爆)。
ま、そーいう意味では水系は効果的だと思います。
逆にオーバーヒートしたりして(爆)。




以下が我がサファリの”御札仕様”です(笑)。

MPフィルター      4420円
ピークリップ×5     4250円
GTK-ⅢHSP×2   3680円
GTK-NEXT×2     (オマケ)
バーサスアシストL  3980円
-------------------------------------
え? 16330円? (汗)



、、、な、なんとしてでも効果を!結果を!(笑)


今度の連休には尾花沢までの遠征も控えていますので、テストは十分に出来そうです。
さて、宣伝部長もドキドキのこう期待ですね(笑)。




  1. 2009/09/17(木) 20:19:19|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ティーダでもwatanabe

またもやワタナベバカ炸裂の巻です(笑)。
奥様専用車にも遂にワタナベ導入。もはや我が家の乗用車達のホイルはRSワタナベに天下統一されてしまいました。

ティーダにワタナベ2

勿論セダンにはRSワタナベ、基本中の基本選択です(爆)。
しかしティーダのような最近の室内空間を優先したようなズングリムックリスタイルにはどうなのか?という疑問はありました。
むしろハヤシレーシング?(笑)
さすがにそっちのタマは兆希少でお手軽に中古入手と言う訳にはいきません。


今回は手持ちの14インチに組み込みました。
タイヤは165/80R14。ノーマルの185/65R15と外径を合わせました。なんとインチダウンの上に巾すら2サイズもダウン(爆)。
巷ではドレスダウンと呼ばれる手法です(笑)。


しかし、うちの用途には全く意味のない弊害ばかりの15インチよりも随分と乗り易くなりました。
まず圧倒的に静かになりました。タイヤのハイトが上がった事による恩恵と、廉価版とも言える実用パターンのブリジストンスニーカーの組み合わせはまさにフォーマルセダン並みです。
185→165にしたことで接地面が少なくなったことも静粛性の向上に一役買っているのでしょう。
一般的な速度では、心配されたグリップ感も何ら問題はありません。逆にピクピクと僅か轍に捕らわれるハンドルがグッと安定してきました。

乗りごこちも改善されて随分とアタリがソフトになり、これだったら長距離ドライブでも苦にならないレベルです。とゆーか、ノーマルのブリジストンB250 185/65R15が酷過ぎるとも言えますが(爆)。

以前にもご紹介しましたが、ティーダの15インチの意味がワタシには良く解りません。
ブレーキキャリパーやローターは13インチでも入っちゃうんじゃねーかと言うぐらいのナサケナイ大衆車サイズです。
185なんて幅の広いサイズも、どうみてもこの細いストラットで受け止めるには太過ぎるような気がします。
メーカー側で「いまどき14なんて軽自動車でも小さくないか?」という事で、無理やり意味なくインチアップしたんじゃねーかと思えるぐらい不自然なのです。


ティーダの上級車種の1800や1500の一部グレードには15インチでも良いとは思いますが、せめてブレーキもそれに見合った余裕のサイズにすべきですね。
うちのような下級グレードは14インチで十分ですし、確かに余裕はないけれどブレーキ性能にも特に問題はありません。
なんせ世界戦略車なんでどっかで輸出も睨んでのことだとは思いますが、逆にこのままの仕様ではまともにヨーロッパを走れるのか不安ではありますね。


とゆーわけで、今後日本しか走らないつもりのうちのティーダは14インチを普段使いとすべく、ワタシの手持ちの貴重なホイルを差し出した次第であります。
なのでワタナベにしたいがために無理やり14インチを履いているワケではありません(笑)。


ティーダにワタナベ3

心配されたスタイルもそんなにオカシナものではなく、むしろカッチョイイと思います。
光りモノがグッと抑えられ、車全体がかなり引き締まりました。
逆にフェンダーとの隙間が気になりだして、こりゃ車高下げるしかねーか?とか?(爆)
でもやっぱり役場勤めの奥様車で地を這うシャコタンはマズイですね(笑)。


頼むから、貴重な3鶴マークのホンモノなんだから縁石でガリガリっとやらないでね(爆)。


ティーダにワタナベ1





  1. 2009/09/16(水) 00:57:33|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コレが科学のチカラなの?

世の中にはいろいろな現象があります。大概は科学で証明されるモノです。
ワタシはその科学をベースに生きているのですし、生業も科学は無視できないモノに就いております。

もちろんソレを逸脱したものには強い嫌悪感があったりもしますが、逆に言えば興味津津(笑)。
ブツを手に取って実際に確かめないと気が済みません。
可能ならば宇宙人と一緒に飲みに行きたいし、UFOだって運転してみてえと思っている次第です(笑)。

というわけで(どーいうわけだ?)今回は先週から引っ張ってお伝えしている(爆)みどりタイヤさんのGTKグッヅとバーサスアシストの効果ご報告でございます。
最初にオコトワリシテおきますが、ワタシ流の解釈による取付とテスト方法なので、決してこの製品の優劣を決めるモノではありません。

まずはエンジン3点グッヅ。
エアクリーナーに仕込む高価な不織布と謎の御札2枚、燃料配管に巻く安価な御札入りチューブの装着結果です。

緑製品その1エアクリにぺろっと1

不織布はエアクリーナーの壱次側に被せるように装着。これはお店の推奨通りです。




御札はインマニの集合部分に1枚。もう1枚は潜ってベルハウジングの横へ貼りつけました。推奨はヘッドに2枚ですが敢えてインマニへ。

緑製品その2お札2


燃料配管に巻くチューブはフィルターの直後に1枚、3センチほど離して分配部分の口金付近に1枚、ついでにデスビのコイル行きコードにも1枚の計3枚です。
ほぼ推奨どおりです。

御札入り赤チューブ

御札入り赤チューブ2



最初に言っちゃいますが、「あまりのパワーにCPの学習が追い付かない」なんてことは残念ながら感じられませんでした(爆)。
どんなに踏み込んでもいつものTBパワーです。
きも~ち、吹け上がりが早くなったような気もしますが、「あまりのパワー云々」と言われるほどではありません。

バッテリの端子外しもしたので、過去学習もリセットされたはずです。
TB元々のCPが古くておバカさん過ぎるのかもしれませんけど(笑)。


今回に限ってかも知れませんが、燃費的にも効果は感じられませんでした。
200キロ走って32リッターですから6.25キロ/リッターというトコロです。
途中トウバーで牽引があったので、ソレを考えても「いつもどおり+ちょっといいぞ」って感じですね。
もっともこのエンジングッヅを取り付けた直後の牽引でしたから、一概には言えません。
なんせ説明によると取付後36時間の「養生」が必要なのですから。
残念ながら増大君黄金時代のリッター7キロ台後半は出ませんでした。

もうちょっと経過の様子見が必要かもしれません。御札も推奨のヘッドに移設せねば何とも言えません。
しかし気持ちの問題かもしれませんが、回転は滑らかになっているし変速タイミングもごく僅か回転が下がって来ているように感じます。
踏み方により左右されるので一律な評価も難しいのですが、確実にTBのチョーシは良くなっています。ナニがどうなのかは鈍いワタシの感覚では解りませんが、、(爆)。



次、バーサスアシストです。
サファリのフロントコイル両側に取り付けました。
ちゃんと変化を体感できるように、取りつけてから5日間キッチリとサファリ断ちをしました(笑)。

バーサスアシスト施工1

で、コレは、マジでみょーなのです(爆)。
明らかにバネレートが上がった感じですけど、段差を乗り越えたりするときは逆にスムーズ。
いわば硬いショックを入れてタイヤの空気圧を抜いたような感じで、思わずスタンドで空気圧のチェックをしてしまったぐらいです。
もちろんちゃんと?抜けもせず3Kg/cm2入ってました。
ロールは依然と変わらない量だと思いますが、すぱっと切った時にくる揺れ、「ぐらん」が半減しています。

え~うそだろ~って感じですけど、じゃあコレは一体なんでしょう?
エンジンは確かに気分の問題でも済ませられる程度(爆)ですけど、コッチはそんなコトでは済みません。
なんということでしょう?(爆)。

サファリがちょっと小さくなったような、敢えて細い路地も入っていけるような?カンジというのでしょうか。それだけアタマの入りが良くなってるんですが、逆に言えばコイルだけの問題でココまで変わるの?と考えてしまうぐらい。
原理を読んでも、材料工学をちょこっと学べば、「HAHAHAHA(アメリカンジョーク?)」な話なんです(爆爆)が、しかしまさしくコレは一体なんだろう状態なのですよ。
1Vの外部電気も使わず、御札入りの青いチューブを巻きつけるだけ、、、。おいおいワタシの科学はなんだったのですか先生!(笑)


もし、宇宙人がいてUFOが未知の動力で飛んでるとしたら、このみどりタイヤの製品の原理かもしれないな、とフト思いました。
バーサスアシストの効果がはっきりすると、エンジンの方も心なしかさらに滑らかになったような、、、??
いや、そっちはまさしくブラシーボ効果ってヤツですか?(爆)

  1. 2009/09/15(火) 00:48:23|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サファリ整備~ヘッドライト交換他

ヒトはなぜやらねばならないことがある時に限って、それに背を向けて別の事をしてしまうのでしょう?
ワタシのすべき事はこんなことじゃない!!、、、んだけどなあ、、、と(笑)。
本人には軽い気分転換のつもりでも、巷では「現実逃避」と呼ばれてたりもします。

実は最近の週末は、とある目的の為に机に向って目の前のさして面白くもない大量の本の、大事な部分じゃねーか?と思われる所をノートに書き写したりして、でもここもモシカすっと大事なのかもしれねーと結構キリなく書き連ねたり汚らしくアンダーラインなどを引いて、無理やり脳に叩きこむという孤独な作業をしているのです。
一般的には勉強とも言いますが、不良な組長が勉強してるとはクチが裂けても言えません(笑)。
しかもさすがにヨワイ40過ぎの記憶力は8ビットファミコン並みで、なかなか上手にセーブが出来ません。


ふと足元を見ると、先日から放置状態の中古マルチリフレクターライトが、段ボール箱の隙間から「オレを付けてくれ~」とキラキラした目で訴えているじゃああ~りませんか!(笑)。
「ええ、でもコレやんないといかんのよ、、、、、よ~し解った!」と、こーいう事に関しては我ながら惚れ惚れするほどヒジョーに判断が早く、2秒後にはバン!とシャーペンを置いてチャッチャと工具箱を引っ張り出し、ふと我に気付いたらサファリのグリルは既に足元に外されていました(笑)。

整備~サファリのグリル

サファリのグリルを外すのはとても簡単。
四角いハトメみたいなのをマイナスで1/4回転させてカタチを合わせるとクパッとアタマが抜けます。
グリルの上だけではなく、密かにウインカーの裏とグリル越しに一か所あるのでそこだけ忘れなければ大丈夫ですね。

整備~ライト交換1

いろんなクルマのグリルを外してきましたが、外した時の”ギャップ顔”はサファリが一番です(笑)。
絶壁にロンパッた目が異様な風体。まるで妖怪塗壁(爆)。


ヘッドライトの交換はライト周辺のメッキのリングを外すことから始めますが、逆に言えばその作業だけ、とも言えます(笑)。
ライト交換だけならなんとかグリルを外さずとも出来るかもしれませんけど、隙間狙いなのでちょっとやりづらいのと、今回はヘッドライトワイパーを取ってしまおうと企んでますので取り外してみました。

整備~ヘッドライトワイパーとったど~


「年に1~2回しか使わない装備を付けてる余裕はうちにはありません!」
とゆーことでモーターユニットを撤去。コイツがわりとキッチリ作られててズッシリ重いんです。
こんなものをちゃんと作るぐらいならもっとちゃんと作るべきものはあるんじゃないか?日産は真面目なのかバカなのか(爆)。
サファリをバラしていると各所でいつもこの疑問が(笑)。


整備~ライト交換2

で、メインイベントのメッキリング外しです。
大概の昭和世代や平成低年式サファリはこのリングをとめているビスがサビサビになっています。
風雨を直接受ける位置でもあるのでサビサビは致し方ないトコロでもあるんですけど、せめてこのビスをステンにするとかの工夫が欲しいですよね(爆)。
ワタシの参号機も例外では無く、ネジアタマも不明なほどサッビサビ。ラスペネ(ワコーズのCRC556、優秀です)をよ~っく吹き付けてから最新の注意と渾身の力で祈るようにktcのドライバーを回します。

ビスは片側3か所づつあるんですけど、左は全部おっけ~。無事に目玉が摘出されました。
右は2か所は何とか回りましたが、1か所どうしても回りません。遂にグリっとビス頭もナメてしまって万事休す。

整備~ライト交換4

ドリルで揉んでビスナットにしちゃうかとも思いましたが、1か所だけなんでそのままリングの方を変形させてライトを摘出してしまいました。
diyとは工夫と妥協が重要なんです(爆)。


整備~ライト交換3
古い眼球と移植する眼球を並べてみました。御蘭の通り奥が古い目玉です。
規格品なので互換性は豊富。ユーノスロードスター用も、旧ジムニー用も、昔の丸いライトはみ~んな使えます。(あたりまえ)
珍しくサファリのパーツにしてはウレシイ配慮なのです。


そのままマルチリフレクターをリングに挟んで復旧します。
外すのよりも倍は楽な作業。しかも今度のライトはプラスティック製でとっても軽い!
思わず両手に持って踊りたくなるぐらいです(笑)。

整備~ライト交換5

妖怪塗壁も目玉がぱっちり。
アントシアニン大量摂取です(笑)。


整備~ライト交換6

グリルを取付けて完了。
ヘッドライトワイパーも撤去してスッキリ。ついでに中央の日産マークも撤去してさらにスッキリ。
僅かですが冷却効率もアップですね(笑)。
見た目もちょっとだけオトコマエになりました。


整備~ライト交換7

右目。


整備~ライト交換8


左目。



オシャレな青目です(笑)。
ホントはこのレイブリックのマルチリフレクターライトはクリアの方がより明るいらしいですのが、中古なので贅沢は言ってられません。
新品1個よりもお安く入手できました。



あっちゅう間に作業が完了してしまいました。時計を見るとまだ30分しか経ってません。
気分転換(現実逃避)には程足りないじゃないですか!(爆)



というわけで、ホントは別に気にはなりませんが、急遽「ちょっとヤマで擦った時に少しだけ白くなっちゃったボディのプラスティックプロテクターをタッチアップしよう」の巻です(笑)。


整備~タッチアップ1

ADやDXには付いてないモノですが、こんなプラ製品ではプロテクターとして役に立ちません。
結構頑丈に固定(接着か?)されてるようで無理に剥がすことはさすがに躊躇いますが、ちょっとでも擦り擦りしちゃうと塗装が剥げてしまうのは困りモノです。
なんせ外観の傷に神経質なワタシですから(爆)、すぐに治さないと恥ずかしくて街乗り出来ないじゃないですか!(笑)。



整備~タッチアップ3


こーいうタッチアップ材を使います(笑)。
サファリの純正ガンメタ色にほぼ近いドコでも買えるシロモノです。

整備~タッチアップ2

え?単なるスプレーじゃないかって?
だってあんな蓋の先に筆がついたよーなヤツじゃあ日が暮れちまいやがりますぜ(笑)
これならチャッと吹けば3秒ぐらいで完了でさあ(爆)。


で、その間にタイヤワックス(笑)。
洗車も滅多にしないよーなヤツがタイヤワックスかい!?と怒られそうですが、実はふか~くもないワケが(笑)。
ま、ぶっちゃけ単なるひび割れ防止です。

整備~タイヤワックス
このタイヤワックスは、昔懐かしい駄菓子屋の身体に悪そうな甘い匂いがします(笑)
嫌いではありません。むしろ大好き(爆)。


あと、コレ吹いておくと泥の中に突っ込んだ時にあまりタイヤが汚れません。
トレッド目もやっておくと泥ハケが良くなるとかいう都市伝説もおりますが、きっと泥のあるトコロに行くまでに油分は無くなってしまいますね(笑)。


車内を掃除して本日の整備完了。
小1時間ほど楽しみました。
さ~って、シャワー浴びてさっぱりしたらカンネンして続きでもやるかあ~(笑)。



  1. 2009/09/14(月) 06:12:26|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

ゆく夏を惜しんで

先週、恒例の河原宴会を行いました。
もうすっかり涼しくなった夕方に、肉でも焼きながらゆっくりと語らってゆく夏を惜しもうという、風情のある会です。
いや、今年こそはそうしたかった、、、(爆)。

去年は悪天候で川が増水してまして、やむを得ず我が家のガレージで執り行いました。
寝床が近くにあるために必然的に酒池肉林大会になり下がり、普段の下品な宴会と全く変わらない様相を呈したものでした(笑)。
今年はソレナリ天候も安定し、雨の心配はあっても増水はないだろうということで河原で実施。
飲み食いだけではちょっとナンなので、かる~く花火でもマジでかる~くね、ということで随分と控えめにいつもの”ねだや”にて夏を越してしまった寂しい花火たちを購入。

晩夏の宴5ねだや

毎年お世話になっているねだやさん。
花火の他にはとっくにメーカー廃版の掘り出し物プラモや小学校時代のRCパーツがあります。

ここで、軽く第一のポイントを踏み外しました(笑)。
ねだやの花火はいつもサービスが付いてくるので有名ですが、この日オバちゃんはなんと!買った倍以上の花火をドドンと大サービス!(笑)。
しかもヨダレモンの打ち上げ、噴出系ばかり。
男達を狂わせるに十分な火力となった次第です。

さて、河原に到着してマッタリと肉などを食しつつ歓談します。
油ギッシュなスペアリブや鳥革ナドナド、オヤジやオバハンが食らうには医者が泣いて止めそうな食材がズラリと集合(笑)。
片っ端から焼いて食ってしまいます。

晩夏の宴2
橋の下那須宴会場「蛇の間」。不意の雨もばっちりガード(笑)。


晩夏の宴1
クチには出すけど、ホントは焼けてても焼けてなくても気にしない欠食の女史。


晩夏の宴3
我が組の総務部長のオッサン。嫁募集中輸入品可。


日が落ちると同時頃、某設計事務所の次長様が密かに隠し持っていた大量のロケット花火を持参して登場。
去年のキャリーオーバー分があったらしいのですが、その数は尋常な本数ではありません。まさにロケット地獄の始まりです。

10ダースずつ連続で上げてもまだまだ終りが見えません。くれぐれも10本ではなく、10ダースです(笑)。
当方の着火システムはビールのあき缶や筒モノ花火を並べて固定、そこへロケットを一袋ずつ突っ込んで端からガストーチで着火するという原始的かつ確実なモノです。
途切れず綺麗に連続して上げることを美徳としますが(笑)、何発かは発射を待たずに地上爆発したりするものですから着火兵の勇気が相当に試される場となるのです。

ロケット花火

発射台の傍らでは大きな文字で「手に持ってはいけません」と書かれた筒を両手に握りしめ、その発射のリコイルを楽しんでいる大佐がおられます。
噴出系を片っ端から並べて火の粉を浴びながら、それでもなお必死の形相で次弾へ着火している頭髪の寂しいおっさんがいます。
狂乱の隅では一番の若造がセコく一本ずつロケット花火を打ち上げているのが発覚。
そーいうのがダイキライな組長に激しく教育的指導を受けております(爆)。

晩夏の宴4

河原は硝煙と火薬の匂いでまさに戦場と化しました。
風情は?秋は?もうクスリばっちこキメてレイブで踊り狂ったノリPを、この中の誰も咎めることなど出来ようはずがありません。
ここにお集まりの皆さんは職場に出れば「先生」と呼ばれたり、後輩や同僚にさえ指導すべき立場だったりする方々ばかり。
まさに酒と肉と火薬の同時摂取は人を狂わせるのですね。

飽きるほど打ち上げた連続ロケット花火もついに残弾数が0になり、騒ぎも一段落して静かに硝煙が足元を低くタナビク頃になりました。
なんとなくホッとした各人は筒モノ系の袋の隅にあった線香花火などを取り出して、チバチバとハゼる火などを鑑賞。やっと風情が帰ってきました。
やはり戦いなくしては平和は訪れないということなのでしょうか?(笑)

その後、片付けが終わった直後に急激に降り始めた豪雨に負けて一同退散の解散。
2次会及び本日の泊地は我が宇都宮基地なので、泥酔した総務部長のSJ30をトウバーで曳きつつ帰宅。
4号線を南下しながら、「来年こそは軍縮を実現しよう、もう捕まったらシャレでは済まんぞ」、とココロに誓った組長なのでした(笑)。


  1. 2009/09/10(木) 02:52:38|
  2. 悪いお友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

謎の円盤

さて、昨日お伝えしたとおり、例のグッヅ系の中で一番の期待作である「バーサスアシスト」お取付の巻でございます。
未装着のまま週末まで引っ張るつもりでしたが、なんだか勿体ないような気がして先程取り付けてきました。
「毎日乗っていると徐々にイオン化するためその良さを見逃してしまいがち」、とも説明書?には書かれているので、基本”サファリ断ち”の平日に施工すれば休日はベストの状態で乗れるというコトです。
つまり、”サファリ抜き”をして確実に変化を捕らえたい、ということなのですね(笑)。

ちなみに常習的にサファリをヤッてると4~5日で禁断症状が現れて、全身の震えや幻覚などが見えたりします。そこを乗り切っても依然強い依存症は残りますので、現代の医学での完全治癒は不可能なのです(笑)。



お取付と言っても恐悦至極に至って簡単。
コイルの半部ぐらいの所へブツを被せてタイラップで止めるだけ。なんとも、、、な取付ですね(爆)。
正直コレでどうにかなるんなら、日本発条も豊島もビックリ仰天かもです(爆)。


バーサスアシスト1
全景。こ~いう風な切れたコルゲートチューブみたいな構造です。
硬くも軟くもありません。したがって外力的にはコイルに対してはなんの仕事も期待できません。



バーサスアシスト2
で、何が肝かというと、この内側に貼られている「御札」(爆)。
剥がして貼ってはいけませんという注意書きがあります。
ま、どんな御札でも剥がしたら意味はないですね(笑)。




バーサスアシスト施工1
取付完了。
サファリの持病とも言える右下がり解消にと買ってみたものの、ヘタらなくなるなら左右に入れたって結果オーライじゃね?ということで両方に施工。
タイヤも付けたままジャッキアップもせず、コイルに巻きつけてタイラップで固定しただけ。


バーサスアシスト施工2
こっちが左。青いバネに青いバーサスがなんともオシャレではないですか!(爆)。


にしても泥汚れがキタネエなあ(笑)。
駐車場もサファリからボットンした土だらけで、うちの所だけ舗装が切れてる感じです。
そのうち怒られるな(爆)。


今すぐ試運転したい衝動に駆られますが、とりあえずコレも週末まで寝かせときます。
イオン化36時間の法則はこれも同じなのです。

どっちかってーとエンジン系よりも期待度が大きいので、マジで楽しみなのですよ。




  1. 2009/09/08(火) 01:34:42|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

信じるものです救ってください(笑)

さて、もはやライフワーク?ともいえる怪しいグッヅお試しコーナーの時間がやってまいりました(笑)。

今回は数ある”この手”の製品の中で、口コミで一番効果があるとされている「みどりタイヤ」さんちのGTKシリーズをサファリに導入してみましょう。
取りあえずは、燃費向上グッヅを施工。
いえ、施工と言うよりは工作、それもイタズラレベルですね(笑)。


まずは基準となる現在の基本データを確認しておきましょう。
サファリキングスロード参号機TB42E6年2組組長モデル(笑)
タイヤ 255/85R16 グラントレックMT2 3分山
使用状況は街乗り3割、郊外3割、高速1割、クロカン3割ぐらいの比率。
この時期ですからエアコンは常に使用。
で、気になる燃費は5.0~5.5というトコロです。幅があるのは満タン方で測れないから(笑)。
だって満タンにすると万札1枚が千円札2枚とちょっとに両替されてしまうので、、。

外観もそうですが、我がサファリはふつーのキングスとほとんど差異はありません(爆)。
ただ、椅子の数と内装が若干違うだけです。怪しいチューニングは一切ありません。
以前にエアクリーナーに常駐させていた宇宙人「増大君」も、現在はランサーのエアクリに安住の地を定めました。
よって、アーシング以外何ら巷のキングスロードと変わるトコロはありません。

なので、アレは違う、という先入観は捨て去りましょう(笑)。




さて、その”悪戯”のご紹介です。

まずはエアクリーナーの吸い込み側にこの丸穴のハトメのような金属が付いた不織紙を取付ます。
ぺろっと被せて、付属の銅バンドで貼り付けるだけ。作業時間1分です。

緑製品その1エアクリにぺろっと1

緑製品その1エアクリにぺろっと2

基準寸法で送ってもらったので、余ったヨコ部分は折り曲げておきます。
寸法のオーダーも出来るそうですが、全面をカバーするモノではないそうなのでこのままでも大丈夫でしょう。

この不織紙はすんげえ目が粗いので吸気抵抗にはならないと思います。
肝はこの丸い金属なんでしょうけど、ホントにコレが効くのかかな~り不思議。
ふとホームセンターで見た靴の底敷きに、胴とアルミの丸いヤツが何個か付いている製品を思い出しました。イオン化傾向で足の臭いを消すヤツです(笑)。
説明書(とも言えないレベル)の注意書きには、”パワーが出過ぎてCPの学習が追い付かない恐れがあります”旨の、まさにドドンとした記述が。
科学では説明できない期待が沸々と湧きあがりますねえ(爆)。


次、お札を持てい!(笑)
緑製品その2お札1


ということで、よ~く脱脂してインマニに張り付けてみました。ここなら剥がれても解り易いですね(爆)。
緑製品その2お札2

この”お札”の裏側には2個、どう見ても洋裁店で買ってきた風の金属が張り付いています。
ガソリン車には2枚がベストと言うコトですので、一枚はココのインマニ。もう一枚は下に潜り込んでATに程近いベルハウジングに貼り付けてみました。



さらに追い打ちをかけるようにこの赤いチューブ!(笑)
ナニに使うのか?と言えばですね、ま、一般的にホース類に巻くんです(爆)。
一個850円。大変安いです。良く見れば内側にもお札と同じ金属が。

緑製品その3管さん



増大君世界で言うところのマグネタイザーの廉価バージョンみたいなもんでしょうか?
マグネタイザーの効果はホントに凄いんです。家庭用の水道管から300φの温泉まで、ワタシはこの目でじっくりと見てきてしまったのですから。
まさにマイケル・ファラディーの電磁誘導の法則ですね。これは理にかなってます。ワタシの科学でも証明できます。
んが、そのお値段たるや車の燃料配管用の大きさで13800円!
半永久的と考えれば安いのかも知れませんが、普段滅多に乗らないサファリにはちょっとイタイですね。

怪しい850円>確実な13800円。
軍配は常に楽しい方へ、人生の基本です(爆)。

燃料フィルターの後へ2個をちょいと離して設置。
一個はデスビから出たコイルへのラインに巻いてみます。電気線にも効果があるらしいですからね。


これで燃費3点セットの設置は完了。
あとくろちゃんさんお薦めの「バーサスアシスト」のサファリ用Lと、ランサー用Sを購入済みなのですが、こちらは後日の取付と致しましょ。
お楽しみはまだまだ続けたいですよね。


で、この3点セットのまま乗ってみました。
装着後36時間経たないと効果が出ないらしいので、付けてすぐでは変化はないのかもしれません。
ま、実際になんの不具合も劇的な変化もなく、フツーにするすると走ります。
”パワーが出過ぎてCPの学習が追い付かない”なんて事は、30光年先の話のようにも感じます(爆)。

久々に燃料も満タンにしてみます。
ゴンゴンと入って入って、レギュラー73リッター。気持ちいい食いっぷりですね!(爆)。

緑製品取付後の満タン




これから60キロばかり4号線を北上する”所用”があります。
道路は土曜日ですが渋滞はありません。
気のせいレベルですが、なんとなくエンジンの回り方が軽やかになったような気がします。変化レベルとしたらオイル交換直後のような感じでしょうか?
空走感も伸びたような気がします。よーするにアクセルをオフした時、いつもよりする~って感じで走って行くんですね。
でも、気のせいレベル(爆)。

燃料の針の落ち方もあまり変わりません。
う~ん、失敗??(笑)
でもまだまだ取付してから3時間と経ってません。効果が出るとされるまではあと33時間もあるんです。
脳裏に焼き付いてしまったあの一文、”パワーが出過ぎてCPの学習が追い付かない”を、多少でいいから感じたいんですけどねえ、、(爆)。


さて、全然四駆遊びではない激しい”所要”を終えてまた南へ戻りますが、帰りはジムニーSJ30をトウバーで曳いて帰る事になりました。
いきなり燃費には厳しい条件となりましたが、これもテストです。
ジムニーは何度も引きづり回していますが、坂道に差し掛かるとさすがのサファリもグンと回転を上げないと登りません。
なんとここで変化発見。
いつもの牽引なら坂道は2000回転以上回してないと流れに乗れない状況なのですが、今日は2000キッチリキープで登って行きます。
僅かな登り勾配では、思わずODを切りたくなるようなあの減速感がありません。
しかし違和感はありますが確定か?というレベルでもなく、おおっぴらにクチに出して言うにはちょっと足りないという感じです(笑)。
本日120キロ走って、燃料ゲージは一目盛り丁度でした。
いつもと同じぐらい。え、でも牽引がありましたから良くなってるってこと??むむ?

いえいえ、まだ油断はなりませんぞ(笑)。


やはり、”パワーが出過ぎてCPの学習が追い付かない”という程では断じてありません。
ぶっちゃけ、「増大君」のほうが効果がストレートです。
しかし判断するにはまだまだ時間が足りませんな、ということで、このままコイツは来週まで寝かしときま~す。

次乗った時には、”パワーが出過ぎてCPの学習が追い付かない”(シツコイ)を体感できると期待して、、、。




  1. 2009/09/07(月) 06:31:22|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

楽しいなあ

最近、どーいうわけかヤマが、サファリ遊びが楽しくてしょうがありません(笑)。
フロントにLSDを入れたからでしょうか?
それもキッカケとしてあるとは思うのですが、自分の中での基準が「サファリロングはこんなもん」、というラインをちょっとながら超える事が出来たからなのでしょうね。

ずっとショートばかり乗ってきたワタシにとってロングはある意味「自虐ネタ」だったんですけど(笑)、何度か走るうちにロングなりの走り方や楽しみ方みたいなもんが、ここ最近クッキリしてきたというのもあるかと思います。
もっとも総合的にはショート並みに走れるコトはまず在り得ませんが、ラインを考えるとかハンドルを切るタイミングを考えるとかは実はロングの方が”面白い”かも(笑)。
ホイルベースが長い分だけ、特にリアタイヤがどこを通るのかがヒジョーに解り易いとも言えますね。やっぱり自虐的ですけど。


ま、とんでもないトコロにリアタイヤを乗せたりしないとうちのコースでは曲がりきれません(笑)。
落とす時にお尻が凹んじゃうんですよね(爆)。
あとはフロントLSDにモノ言わせて前だけスライドさせてしまうとかも、ケツが遠くにあるロングは決まり易いような気がします。
やり過ぎてシャフトを折らないようにしなきゃですね(笑)。


何年も走ってきたホームコースなので、ショートの時にどんな態勢になったかは身体が覚えています。
特に急なステアケースを降りる場所では、おいおい倒立しちゃうんじゃねー?なんてトコロをロングで降りてみるとスルッと意外なほど安定して降りられたりします。
逆にモーグルではギッタンバッコンと姿勢変化が起きる前にフルストロークでタイヤが浮いてしまったりして、激しい挙動を覚えている身体的には「むむ?おやあ?」なんですよね。
以前はそんなカンジが「サファリロングはこんなもん」的な思いを蔓延させていた原因でもありました。

もちろん、ショートなら通れたラインをトレースできないイラダチもまた事実です。
だってそりゃ後ろ振り返らなければ運転席から見ればおんなじボンネットの光景ですから、「何で走んないの?」となるのは誰でも想像に難しくないとは思います(笑)。

そのまま静かに諦めればボコボコにならずに済むとも言えるのですが(笑)、先日フロントLSDを入れたことによって多少走り方が変わったせいか、最近また改めて面白さみたいなトコロが沸々と湧いてきたのです。
もちろん、最終的な走破力はショートのリアデフロック付きには敵いません。物理的に無理な場所や場面もたくさんあります。
ようやく「ロングは別のクルマ」という呪文(笑)を”考え”ではなく、”感覚”で理解できるようになったんですかね?。
ま、イケなくても楽しければ良いんです(笑)。


そんなワケで、自分的には第何次か解りませんがまたまたクロカンブームが到来しておるのです。
せっかくお小遣い叩いて入れた燃料がみるみる無くなっていくのと、少々ボディが凹むのは致し方ないですね(笑)。

楽しいなあ








~業務追伸~
21日にサファリスト総会in尾花沢に出席しようかどうか思案中。
20日は弓張の金スコなんで行けないし、行くとすれば21日深夜に出発して朝着かなあと。
組員サファリ乗りでこの案に乗っかるヒトは居ますか?裏口開けてます。

路駆丸さんは現地で、ですね(笑)。


  1. 2009/09/04(金) 05:33:38|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する