組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

マルガリータ!(笑)

マルガリータ!(笑)

また丸刈りにしてしまいました(笑)。
一度やったらクセになるよと言われたのですけど、ホントでした。

髪の毛が伸びるにつれ丸刈りへの欲求が募ります。
これは体験した者ではないと解りづらいかも知れませんが、なんだか無性に我が髪が鬱陶しくなるのです。
耳に掛かる髪、襟足の髪、う~ん切ってしまいたい、、、なによりもシャンプー時にまとわりつく髪が、、、(笑)。
20代後半のロンゲでナウシカ色だった頃から比べればなんという変化なんでしょう!?(笑)

ここのところ仕事が忙しくて散髪へいく時間も取れず、髪もボッサボサ状態でしばらく過ごしておりました。
職業上たまにはヘルメットを被ったりする事がありますが、どうにも押し込んだ髪が鬱陶しいのです。
ヘルメットの跡も付いてしまいますし。イライラは募るばかり(笑)。
ちなみにワタシの仕事ヘルメットはいろんな現場や資格のステッカーだらけで、職人よりも職人らしいと呼ばれております。

先日もう我慢ならずに床屋に突撃したのですが、今回はちょっと我慢して丸刈りはヤメテおきまして周りにインパクトなきように配慮するかと思っておったのです。
週半ばには都内でちょっと大きな打合せもありますので坊主は避けた方が無難かな?などとコシャクにも考えていた次第なのですが、いつもの床屋の椅子に座っていつもの兄ちゃんと談笑していたら、兄ちゃん何の躊躇もなくバリカンを前頭葉から頭頂部にかけてガガガガっと一本道に除雪してしまったではありませんか!(笑)。

「お?あ?え?」
「あ?もしかして丸刈りじゃなかったですか?」
「でも手遅れ、、」
「はい!手遅れっす!」

とゆーわけで、図らずもお望みの丸刈りに仕上がりました(笑)。


丸刈りにもいろいろ種類はあります。
主に長さですが、プロ用のバリカンのアタッチメントによって大体それは決まるようです。
標準的なのは、

長め ・・・13ミリ
5分刈り・・・9ミリ
3分刈り・・・6ミリ
1分刈り・・・3ミリ
5厘刈り・・・2ミリ
1厘刈り・・・0.52ミリ

となっておりまして、ワタシは最長の13mmでセットして貰ってます
上級者になると単位が「厘」となり、丸刈り初心者がここへ踏み込むには気合いと覚悟、生活環境の整備が必要となるでしょう。
尚、この表1厘刈りの下はいわゆる「スキンヘッド」とゆー究極のカタチですね。
もうこれはヘアスタイルではなく生き方そのものといっても過言ではないでしょう。


さあ、コレを見ている男子の諸君!思い立ったら吉日です。即、丸刈りにしましょう!(爆)。
アッチ系もカタギも社長さんもプーも薄毛も剛毛も白も黒も、みんな分け隔てなく似合ってしまうのが丸刈りなのです!!

ん~丸刈り万歳~(笑)。


↑とりあえず仲間を増やしたいらしい、、。





スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 15:18:19|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

i-Phone哀歌

素真帆、しかもi-Phoneにしてから結構な月日が経ちました。
いまではそんな慌てる事もなく操作出来てますが、一時期は大変でした。
アップデートしようと思ったら全てのデータがなくなったとか、そのデータは密かに家のMacbookにバックアップされてたとか、まあそんな重大な過失の他にも実はいろいろやらかしたもんです(笑)。
そんな今となっては笑える事例をご紹介しましょう。




宇都宮フィルを聞きに行った時のこと。
さあ開演始まるぞ、まずはケータイをマナーモードに、、、あれこれどーやるんだ?キーパッドにもそんな表示はないし、、ああそろそろヤバいぞどーすりゃいいんだ??お、そうか電源落しちゃえばいいじゃん!オレって機転が利くなあ。
で、電源スイッチはどこだ?(爆)。


カメラで集合写真
よーし集まったな、写真を撮るぞ、んしょ、っと、、、???シャッター音がしないなあ、撮れないのかなあ、、??ちょっと待っててね~、もう一回撮るよ~、??あーちくしょもう、、、、設定か?カメラ設定なんてないぞ??アレアレアレ?
「まだですか~?」
「うるせー黙って待ってろ!」
動画モードでした。一部始終録画されてました(笑)。


シャッターチャンス
たまたま入りこんだ山道に鹿の群れ発見!こっちを見てるぜ!おおしシャッターチャンスや。
動画でもなんでもいいやあ、、あれ?真黒だ?なんでだ?シャッター押せばファインダー画面になるんだっけ??あれ??
「あ、鹿いないじゃんもう!」
指でしっかりとレンズを押えてました(笑)。


同期
会社のパソコンUSBで充電したかっただけなのに、、、、、。
「仕事中にi-Tunesで配信かあ、いい度胸だね?」
ひっ、なんで背後から社長が??(汗)


便利ツールのコンパス
ふむふむ、i-Phoneを8の字型に動かして下さい、かあ。
「、、、、アンタなに踊ってんの?」


株価表示
取り敢えず意味がない。



電話
「いやあ久しぶりだなあ、電話帳のスクロールがうまいとこで止まらなくてさあ、実は用はないんだけど」(爆)




  1. 2012/03/27(火) 14:10:26|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

河津桜!

あ、生きてます(笑)。

仕事が、本業があまりに忙しすぎる日々を送っとります。
土日も既に忘却の彼方、今日は何曜日だっけ?状態。
この年度末までに納めなければならない物件が立て続けに折り重なりまして、しかも現場も図面ものダブルヘッダーのツインカムDOHC(笑)。
終わらない修羅場ははないといいますが、ホントに終わるんだろうか?と甚だ疑問な今日この頃なのです。

ま、泣き言はこれくらいにしておきましょう。

外はどんどん春めいてきて桜前線もこちら目指して北上中との大本営より入電(つまりはNHKテレビが)ありますが、未だ朝晩は凍えるような寒さもまた持続中な栃木県ではございます。
そんな遅々として進まない春を待ってるよりも、一足先に覗きに行っちゃうか的な作戦を怒涛仕事の前に敢行してきました。
密かに時期外れではありますが、ここにご報告をば載せてみます。

時は2012年3月は10日、もうこの週末以降はあとは土日も休みもヒトらしき生活も無いとの背水の陣で挑んだ伊豆は河津桜及び南伊豆方面への出撃です。

朝3時に目覚ましをセットし、眠たい目をこすりつつもC200を東北道に乗せて南下させます。
首都高を抜けて東名から小田原厚木道路に入りターンパイクで箱根から、、と思いつつ入口まで来たらなぜか閉鎖中。
ターンパイクと伊豆スカイラインを諦めて熱海経由に切り替え、海沿いの道をどんどん半島の先っぽを目指します。
しかし、一向に雨が降りやみません。だんだんと夜は明けてきますがどんよりとした雨雲の輪郭が正確になっていくだけなのです。
「困ったねえ」と隣で爆睡している奥様に呟きながらまずは河津町を目指します。

7:30には予定通り、涅槃堂駐車場に到着。
昨晩仕込んでおいたオニギリ朝ごはんセットで車内朝食を済ませ、雨は未だに少々降っていますがボチボチ散策するべと外に出ました。
やはり伊豆です。なんとなく暖かい空気がもすっというカンジでまとわりつきます。寒くなければとりあえず良し、ということで傘をさしつつ桜並木を漫ろ歩き。

河津桜その1

河津桜その2

河津桜その3

河津桜その4

河津桜その5


全体的には満開ちょっと過ぎとゆー感じでしょうか?
ちと葉も出てますけど、同じ木に蕾みもあるんです。昨今の異常気象を象徴するような成長っぷりなんでしょうか(笑)。

河津足湯がぐっつぐつ

足湯も開店一番で突撃しました。
朝一だからかキョーレツにアツいです。江戸っ子も全裸(not裸足)で逃げ出すような温度ですが、場所によって浸かれるポイントを探し出しほっと一息。
体温の上昇を感じるとともに睡魔も湧きあがってきます。昨日は21:00には寝たのになあ(笑)。



10:00頃まで河津をブラブラして土産を買ったり露店を冷やかしたりしておりましたが、さすがに飽きましたので次なる目的地の南伊豆へ移動です。

いつもまにか雨もやんで、瞬間に日差しさえ出るほどに天気は回復。よしよしザマミロ(笑)。
南伊豆は桜と菜の花が見事なコラボを見せておりました。
黄色と桜色のコントラストが鮮やかですが、我がD100+標準ズームでは表現しきれません(泣)。

南伊豆桜その1

南伊豆桜その2

南伊豆桜その3




この後、下田で寿司を食いつつ半島の山間部を北上、途中アヤシイ山葵屋に捕まりホントにウマい山葵漬と生山葵を購入し今度こそはと伊豆スカイラインで聖地箱根を目指します。
ところが箱根に近寄れば近寄るほど天気は激崩れし、雨はみぞれに変わり霧(雲かも)で5m先が見えません。
C200は夏タイヤなのに路面はどんどん白くなり、いよいよTRCランプが頻繁に点灯するようになってきました。
引き返すにも今までココまで登って来たのですから、下るのはイヤだなあというコトで却下(爆)。
このままターンパイクに突入したほうが面白そうだと判断し、霧の中雪で消えつつあるセンターラインを凝視しながら制限速度+を維持しつつ慎重にズルズルと走ります。
やはり聖地箱根は恐るべしです。

箱根を抜ければ雨も雪も霧もなく、まさになんだったんだ状態(笑)。
そのまま小田厚から東名と未明に来た道を引き返し、帰宅したのは22:00も廻った頃でした。
途中厚木の怪人の家にでもアポ無しで追加突撃しようかとも思ったのですが、遅くなると明日に差し支えるしこれと言った貢ぎ物もないので素通り(爆)。
伊豆往復としては珍しくドコにも渋滞もなくスムーズな行程でありました。


春先取りの桜もなかなか見ごたえありましたが、陰の功労者としてはやはりC200ベンちゃんでしょう。
680キロ走ってもまるで腰も痛くならず、身体もそんなに疲れてないカンジなのです。
燃料もあと1目盛の残がありましたし、燃費的にも13km/Lと優秀です。
さすが距離を乗れば乗る程に、ジワリと良さが染み出すように出てくるのですね。
でも雪の箱根は怖かったですが、、(笑)。

  1. 2012/03/27(火) 04:53:49|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する