組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

新蕎麦を食す。

ワタシは蕎麦が好きです。
しかしビミョーな風味と味がやっと解ってきたかな?という蕎麦喰い界では若造の部類です(笑)。

なんでも解ってきた頃が一番面白いですね。
スノボもラジコンも、ゴルフもそうでした。マジでサルでした(笑)。
なんでもやり過ぎはイケないと言いつつもやり過ぎてました(爆)。
なのでその3つはもうそんなに興味が(爆)。

ということにならぬように慎重に蕎麦を食っているワケです。
ウマく行けば一生付き合っていけます(笑)。


大沢にある水無湧水庵という蕎麦屋が新そば祭りをやるというので、先週の土曜日に出向いてみました。
時は勤労感謝の日、全国的に休日ということもあり店の前はじーさんからばーさんから乳飲み子までごった返している騒ぎ。
すぐに作戦を練り直して引き返す提案を将軍に申しましたが、答えは突撃(泣)。
「なにが悲しゅうて待ってまで蕎麦喰わんならんのだ?蕎麦は日本のファーストフードだぞ!?」、、とココロの中で反論するのみで口には出せないのです(爆)。


ようやく順番が回ってきて、満員のお店に通されました。
30分ほど待ちましたかね?もはや死亡推定時刻です(笑)。
いつも注文するのは、メニューにない4合蕎麦。まあ3合に1合追加するだけの中身です。
ウチは奥様も結構喰いますので3合だと物足りない、5合だと苦しい、の折衷特別メニュー(笑)。
店によって蕎麦1合の量も違う(そんなことはないのが前提だけど)けど、この店ではコレがちょうどヨロシなのです。

しかし、ココは街道から少し奥まった雰囲気のよい蕎麦屋なのに、なぜに野生の子供の雄叫びが上がったり、ハイテンションなゆとり世代グループがいたりするのでしょう?
今日は新蕎麦祭りだからある程度は我慢しますが、何か別の店に来たような騒がしさです。

ワタシはタバコをヤメて10年、40歳超えてようやく蕎麦の微妙な味が解るようになりました。
さっきまで外でブカブカ煙吹いていた金髪坊主のピアス野郎にこの味が解るのでしょうか?
テーブルも蹴らんばかりに暴れてる鎧武ベルトのガキにこの味が解るのでしょうか?

この国には良い言葉がたくさんあります。
おもてなし、なんてホントに日本人らしい奥ゆかしさが出てますよね。
そして、もったいない、というモノを大切にする言葉。

ほんとにこの蕎麦屋にいるお前らに言いたい。もったいない! と(爆)。

ファミレスに行け!とココロの中で叫びながら、なるべく穏やかに新蕎麦をすすります。
う~ん、新しい若い蕎麦の香りが、、、あまりしねえな(爆) 。

つーか、いつもよりも凄く粉っぽい、、、。
繋ぎの量間違えてる??
それとも打ち粉が落ち切ってない??

完全に食事に飽きた鎧武がドガっとテーブルにぶつかって食卓を揺らしますが、それに怒るべきかこの蕎麦に怒るべきか悩みます。
悩んでるうちにも箸は「こんなはずではない」と進みます。待たされてリアルに腹も減ってる現実もあるのです(笑)。

「この蕎麦やっべえ!」視界の端っこで金髪ピアスが叫びますが、やはりヤツは何の味も解らねえクズのよう。
あの世代によくあるノリだけの脊髄反射型量産ロボットですね。


それでも奥様と首を傾げながら4合全部食ってしまいました(笑)。
それこそモッタイナイ精神です(爆)。


まだまだ並んでいるお客の為に食したらすぐに立ち上がってお会計。
そんな当然のマナーもゆとりチームは解らず、とっくに喰い終わってる空の笊を目の前にバカ笑い。
鎧武チームも完全に喰い終わってる風にて大人は各自ケータイ弄り。放し飼いガキは座敷の奥にまで勢力を伸ばし始めたようです。

厨房を見るとおじいちゃんが必死の形相で蕎麦を切ってました。
隣でこれまたまるで余裕のない必死の形相で沸騰した鍋と戦ってるばあちゃんや、蜂の巣をつついたようにあわただしい地元のアルバイトおばちゃんがひしめき合ってます。
う~ん、これではちゃんとした蕎麦なんて出せないな、と勝手に納得してしまいました。


なるほど、新蕎麦は新そば祭りの日に味わってはいけません(爆)。
2~3週間ほど経ってから再びゆっくりと味わいたいものです。


↓クリック
蕎麦処 水無湧水庵

上品かつ蕎麦らしい蕎麦が食える名店ですが、ちょっと世間に知られ過ぎました。
蕎麦ごときで待つのが基本なんてオカシイです。
週末は開店10分前到着が正しき来店方法かと思います。

おススメは、3合蕎麦、5合蕎麦、一升蕎麦。
天ぷら系は正直イマイチですが、かき揚げが安い!(爆)。

スポンサーサイト
  1. 2013/11/26(火) 15:49:26|
  2. 飲み食いドコロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

サファリ的な忘年会のお知らせ

さて、今年の年末はちゃんと忘年会をやりましょう(笑)。
日程が煮詰まってきましたので、そろそろ詳細をお知らせできるかとキーボード叩いている次第です。


「飲んだら乗るな」「オトナの飲み会」「室内禁煙」 
これは守りましょうね。



昼間の部(軽めの林道的な走行会)

日時 12/7日土曜日 那須基地に11:00集合

どこに行こうかは未定です。
希望があれば承ります。蛇尾川あたりも面白いかもです。なんせ石なので汚れません(笑)。

17:00を目処に那須基地再集合 反省会(笑)。




夜間の部(酒池肉林パーチ―)

日時 12/7土曜日 那須基地※に18:00集合

ガレージでBBQもしくは室内でボーボー焼き(爆)もしくはホットプレート焼き
飲酒は基本的に野みたい酒、飲ませたい酒を各自持込み
料理材料費のみの人数割りとします。

必需装備 寝袋または寝具
以上((笑)。

もちろん何時からの参加もオッケーです。
昼間の部途中参加のかたは頑張って合流してください(爆)。


夜の部途中参加のかたは直接那須基地までお越しください。

サブ局にはいろいろと親切に書いてますケド、ココを見る様なケダモノの皆様には不要でしょう(爆)。
はい、いつものヤツです(笑)。

では、楽しみましょう♪。

※追伸 サファリ的と言ってもサファリ乗り以外の参加も大歓迎です。
むしろそのような方には是非来ていただきたい気分でございます(笑)。


  1. 2013/11/26(火) 11:53:23|
  2. 組の行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

w.bにて

某西那須野にある某レストランw.b。
ここは静かで時間がゆっくりで、それで出てくる料理が半端ないウマさと、量!(笑)。
なのでいつも長居してしまいます。

トコロが先日超久々にお邪魔した時、奥の席でワインで寄ってしまったオジサマが、連れのオバサマとデカい声で喚いておりました。
ま、ワタシもここが田舎町であることは重々承知してるので、取り敢えずメシが出てくるまでは我慢しようと、「はよ行ってシメテこいやコラ」と言葉違えど仰る奥様をナダメておりました(爆)。
こちらのメシが出てくる間に帰ってくれればそれでよし、と執行猶予を与えたつもりです。

しかし、なぜに下品な人は雰囲気や空気が読めなのでしょう?
この静かな空間と気持ち良いBGM、壊してしまうには勿体ないとか思わないのでしょうか?
飲んで騒ぎたければ居酒屋へ行けばいいのに、なぜにこんな品の良いレストランを選ぶのでしょうか?


ああ、遂に我々のテーブルにも料理が運ばれてきましたよ。


オムライスプレート

デデン!とやってきたのはオムライスのプレート料理。
黄色いのは決して土嚢ではありません(笑)。
300gはあろうかという”島”がデミグラスの海に浮いてまして、島影にチキンカツが隠れております。
三角形はトーストで、オムライス島に強襲揚陸作戦を実行中(笑)。


オムライスプレートグラタン

奥様はオムライス(小)にグラタンをぶつけてきました。
なりふりバランス考えないお子様大好きセットB、というトコロでしょうか(笑)。
こちらも両者それぞれファミレスの一人前クラスです。



さて、じゃあ食す前に一仕事ですね。
気は乗らないんですが、、(爆)。


~1分後~


さて、うるさいのも”なぜか”帰ったことだし、楽しいお食事の時間です(爆)。

う~ん、デリシャス。
たまには洋食もヨロシでございます。


平時は葉っぱと穀物ばかりだからなあ(爆)。


p.s 

こちらからw.bをご紹介。←文字をクリッククリック♪(笑)
  1. 2013/11/13(水) 15:37:21|
  2. 飲み食いドコロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京スカイツリー

ちと前ですが、東京スカイツリーの麓まで行ってみました。
さすがに一時期の大フィーバー(死語)ぶりはないんですけど、それでも登頂は6時間待ち。
「そんなん待てるか!オレの時給は安くないぞ!」と吐き捨てて、今回の登頂アタックは断念しました(笑)。

でも、ココは別に登らずとも結構見どころのあるトコロになってます。

スカイツリーの麓と言えばソラマチ。
タワーの下なので思わず蝋人形館を探したのですけど、さすがにありませんでした(爆)。
がしあかし、見つけてしまいましたよ(笑)。


イマイチだが頑張ったメダル製造機
メダル製造機です(笑)。
観光地にはツキモノの必須アイテムですな。
ちと小判ってのが気に入りませんが、この平成の世の中でもこの手のコドモダマシ(超爆!)が現存してくれてるのがウレシイですね。

ちなみに東京タワーのトラディショナルなメダル製造機はこちら。

東京タワーのメダル製造機
どうすか?やはり貫禄が違います(笑)。
照明の寂れかた、昭和感、宣伝文句、圧倒的に東京タワーWINです。



すっかいつりー1

すっかいつりー3

スカイツリー、麓から見上げるとさすがに高いですね。
構造力学的に計算され尽くしたフォルムなんでしょうが、煽りで見るとなんか不安定なカンジもします。
末広がりの東京タワーやエッフェル塔のほうが見ていて安心感があります。



すっかいつりー2
この日はお日柄もよく、ヒトデも多く整理券を貰っても登れるのは夕刻の遅いお時間、、、。
まだお昼前だというのに、、、今後も予定があるのでアッサリnotキッパリ断念(笑)。




すっかいつりー4
望遠でよ~っく見ると、かなり点検歩廊が充実してるのが解ります。
いやあ怖そうだけどアソコ歩きてえなあ(笑)。


とゆーわけでスカイツリー登頂は今後の課題になりましたが、麓は堪能できました(笑)。
しかしここが元コンクリート工場で業平(なりひら)の下町で、あのドブ川沿いだったんだよね(爆)。


コイツめっちゃ不気味

近くで見ると、コイツ不気味すぎ(爆)。






  1. 2013/11/12(火) 11:00:10|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酉の市

所要を済ませた羽田空港からの帰り道、浅草にて酉の市を発見しました。
正確には酉の市の、一日前です。
なので準備中というカンジですが、人がいないおかげでじっくりと熊手を拝見できました(笑)。

浅草の北、鷲神社。
お酉様参道



提灯が如何にもお祭りらしいです。
お酉様提灯



酉の市と言えば、華やかな熊手。
お酉さん華やかな熊手


右も左も熊手熊手。
お酉様熊手

高いのは数十万円、安いのは千円ぐらいから。
売れ筋は2~5万円だそうです。ゲン担ぎもタダでは済まされないのです(爆)。


お酉様熊手やさん
明日はモノスゲエ人だかりでこんなにゆっくり鑑賞できないでしょう。
ラッキーでした。



お酉様熊手ネコ
ネコ熊手。ネコは縁起物なのでモチーフにはピッタシ。
旬モノとして「ふなっしー」もいました(笑)。



今年は三の酉まであるようで、その年は火事や天災が多いとされています。
とゆーか既に天災はバッチリじゃないすか(爆)。
コレから冬場です。火の元には気を付けましょうね。


なんか久しぶりにブログっぽい記事だなあ(笑)。



  1. 2013/11/05(火) 09:37:52|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する