組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

2014伊豆

全国12人程度の読者の方へ(爆)、当記事は3/15実施と遅ればせながらの報告でもーしわけございません。
いや文句があるなら仕事に言ってください(笑)。ワタシの責任ではありません。


さて恒例となってしまっている感もある春の伊豆旅行ですが、今年は自分の仕事の都合で河津桜に間に合いませんでした(笑)。
完全に満開よりも一週ズレにて既に自治体が開催していた「桜まつり」も終わっており、肝心の桜も半分以上が散ってしまった葉桜状態です。
ま、自分としては空いていて最高だったんですケド(爆)。

それでもいつものように宇都宮→河津まで一挙早朝ドライブ。
早朝と言っても出発時間は0300と深夜なんですが、助手席で寝たまま移動できるお方には関係がありません。
0700頃に現着して、持参した朝食を摂りつつ0800には探索開始。一見、健康的です(笑)。

すでに桜祭りは先週おわりで

すでに葉桜でも

先週はさぞかし混んだであろう

すでに葉桜


天気は良いケド寒いなあ



全体的に見て、-6部咲き?(笑)。
先週までは観光客が大挙して押しかけていたのでしょう。
そこはかとなく桜も脱力している風です。


ドクヘリが低高度飛行


ブラブラしてると、頭上にドクターヘリが低空飛行しています。
朝の静寂を切り裂くようなタービンジェットの音は川崎BK117でしょうか。
ドクヘリの中では大型サイズですな。


ドクヘリが着陸

ドクヘリがまさに


あれよあれよと言う間に目の前に着陸。
そっか、この駐車場はへリポだったんすね。
ベンちゃん停めなくてよかった(爆)。

無事に患者さんが乗ってるらしきベッドを搬入して、再び飛び立っていきました。
ご苦労様です。



ではこちらも飛び立とうとしましょう。
で、この後先日ご紹介した金谷旅館に日帰り入浴へ行ってきたのです。
なので中身は割愛します(爆)。

金谷旅館無事脱出後は下田にて昼食。いつもの店で回転寿司でしたが、なんかネタがイマイチ。
次はもう行かないでしょう(爆)。




南伊豆を回って、今夜の宿がある伊豆高原まで戻るとしましょう。
でもその前に、時間が早いので城ケ島観光です。

城ケ島観光吊り橋より


城ケ島観光1




「君がやはり犯人だったんだな、、。」
「そうよ!私の何がいけないの!」
「、、そんなことをしても、君の大切な」
「それ以上言わないで!もう終わりだわ!」
「まて!早まるな!」



ばっしゃ~ん

どっぱ~ん


で、おなじみの崖ですね(笑)。
今にも船越さんが出てきそう。



今夜の寝床は去年からお世話になってる、「伊豆高原シーズンズ」という素泊まりコテージ型のお宿です。
食事はありませんが清潔で眺めがよく、リーズナブルなので気に入ってのリピートです。
ちょっとした自炊もできる道具と設備があります。


豪華宿

夕飯は宿の近所にある「伊豆高原ビール園」。
禁煙と飲み放題がウレシイ、こちらもリーズナブルで満足なお食事処です。
金目の煮付け最高、刺身最高、アラ煮最高、釜揚げシラス最高、地ビールもTHE BEER!(笑)。

豪華飲酒夕飯




程よく酔っ払って就寝。
昨晩の睡眠時間が短かったので、泥のように眠りこけました。


豪華宿から日の出

朝日でお目覚め。
なんとも贅沢ですなあ(笑)。

持ち込んだ朝食で軽く胃を満たして、あとは帰るだけ。
月曜は仕事ですから日曜日は遅くまでウロウロしてはイケません(笑)。



行きは東名→沼津ic→R136→R414経由でしたので、帰りは伊豆スカイライン→ターンパイク→小田原厚木道路としましょう。
途中の大観山で見事な富士山がババンと出現。まさに日本の風景ですねえ。


箱根で富士山


特に渋滞もなくシュルッと首都高も抜け、1400には餃子基地へ帰投できました。
めでたしめでたし(笑)。


葉桜とベンちゃん

いくらサファリが好きだと言っても、高速道路主体の長距離移動はベンちゃんに敵いません。
さすがアウトバーンの国出身です。高級飼葉と引き換えに今回も楽をさせて頂きました(笑)。




しかし、いつも思うのですが圏央道は本気で繋げる気があるんでしょうか?
いちいち都内へ入り込まねばならないのは全くのナンセンスですね。
計画ではとっくに出来てなきゃオカシイ圏央道、日本国の総力を傾けてでも完成を急ぐべきだと思うのです。
東名中央関越東北そして常磐道の大動脈と言うべき重要インフラをスムーズに繋げるコトは誰が見ても最重要です。
東名中央関越東北が繋がるのは2014年完成と言われてますが、今年こそはウソつかないで何とかしてください。


スポンサーサイト
  1. 2014/03/27(木) 11:38:40|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

まさにその通り!

安物買いの銭失いとは、まさにこのコトなり(笑)。

安物買いの銭失い

このiPhone5用ライトニング端子のUSBケーブルはネットでポチったやつですが、送料無料フェアで500円未満だったかな?と相当な格安品でした。

まだ1週間経ってねえのに泣き別れかよ、、、(笑)。


こーなったらハンダ漬けしてやる!と思ったら、ピンアサインが解らねえときたもんだ(笑)。
たとえ10円でも使えなければ超高額商品です。
自分の浅はかさにも困ったもんです(笑)。


しかし、リンゴ純正の品は高額過ぎのような気が。
品質は良いんだろうけど、どーにも解せないので却下です(爆)。


安物買い、、

ロジ製を買ってみました。ヤマダで1480円也。
クビもげクンの約3倍です(笑)。
ちゃんと首元もしっかりしてるし、今度は大丈夫でしょう、、か?。









  1. 2014/03/26(水) 10:28:36|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の伊豆旅行~金谷旅館千人風呂~

恒例の春の伊豆行きを敢行してまいりました。
仕事の都合で河津桜には一週間ほど間に合わなかったのですが、まあそこそこのリフレッシュにはなったでしょう。
2~3月はモーレツに忙しくてちゃんと休みも取れてないような状況、しかも現場仕事が多くて夜討ち朝駆けの睡眠削り取り祭りが延々と続いておりました(笑)。
本来なればやっとの思いで向かえた休みぐらいは、体力回復の為にじっくりと自宅で朝寝してりゃいいのですが、何かとじっとしてられない性分でゴザイマス。
さらにドバっと早起きして朝焼けの136号線を一路下田に向けてC200を走らせておりました。

今回は時期的に桜よりも温泉だろうというコトで、テレビでも良く紹介されている「金谷旅館」の千人風呂に行ってみようと相成りまして、蓮台寺まで来てみました。
午前中が入浴客が少ないから穴だよと教わってきたのですが、10:00なのに既に駐車場にはバイカーの群れが、、、(爆)。

金谷旅館千人風呂

まあこればっかりはしゃーないですわな(笑)。
テレビでバシバシ映されまくってるし、来たいトコロは皆同じってコトです。


趣きと風格のある玄関をくぐると、左側に受付があってここで料金徴収するシステムです。
日帰り入浴は1000円と少々お高めです。

金谷旅館千人風呂2

奥に進むと右手が女性、正面が男性と脱衣所が分かれます。
当然ワタシは直進(笑)。奥様は左側に消えました。


脱衣所は昔風でナニヤラミョーな配置ですが、使えないほど狭いコトはありません。
カゴ式なので貴重品は持ってこない方が良いタイプ。バイカー達のモノであろう革ツナギが籠から溢れんばかりになってますが、ちゃんと一個のカゴで全てを納めようとしているのには好感が持てます。

浴室に入ると、千人風呂と言うだけあって広い檜造りの浴槽がババンとお出迎え。

金谷旅館千人風呂3

特に奥目の細長い浴槽は水深もヘソ上ぐらいまであり、マジで泳げる広さです。
写真はモチロン拾いですから誰も入ってない絵面ですが、この日はちょっと異様でした。

まず、バイカーがなぜか手前の浅いところに固まって入ってます。
名物の深くてデカい浴槽に入ればいいのに、、と思っていると、深いトコロで大笑いしているのは刺青がモンモンな方が何名かいらっしゃるではありませんか(爆)。

ワタシは小さな時から見慣れているので(爆)、別に何とも思わずスイ~っと大浴場を堪能(笑)。
ついでに奥にある小さな露天風呂にも足を延ばしますれば、そこはまさしく東映ヤクザの世界!(爆)。
本日はソッチ系のサービスデーなんでしょうかね?。

アツくもなくヌルくもないイイお湯を堪能していると、バイカーと思われる何名かはソソクサと退場。
ありゃりゃ気が付けば一般人と思しき人影は自分だけ(笑)。

東映ヤクザがズラリと洗い場で背中をこちらに見せて並んでいる光景は見事です(爆)。
良く見ればほぼフルなお絵描きも、結構若いヤツが射れてるんですね。
将来その絵が不要になったらホントに困るよ~と、老婆心ながらテレパシーを送っておきます。
身近に絵を消すのに酸で焼いた親戚がいましたが、痛々しくて逆に恐怖です。

しかしこの千人風呂、ホントに千人入ったら一人あたりの専有面積は殆ど人生ゲームのピン人間並みだな、とバカなコトを考えてしまいます(笑)。
女性風呂はもっとデカいとでも言うのでしょうか?
そういえばココ、混浴と聞いてましたがそれらしき扉にはきっちり施錠されておりまして、男性側からはアクセスできないようになっております。

東映が脱衣所へ消えて行ったあとワタシ一人ぼっちになってしまったのでスイスイと泳いでみましたが、「迷惑にならない程度に泳いでよし」と宿側が豪語してる割にはあまり感動はねえな、と思いました(笑)。

そろそろ飽きたので脱衣所へ。
イキナリのタバコ臭!
「タバコ臭!!」

誰も居ないトコロに煙のみ漂ってます。
急いで窓を開けて、ワタシは再び浴室に逆戻り(笑)。

クソヤ●ザ野郎ども、脱衣所でタバコ吸いやがったなあ~。


後で奥様に聞くと、女性の脱衣所の通り道が喫煙所でクソバイカーがやはり喫煙していた、とのこと。
おかげで喘息発作が出そうだったらしいです。

金谷旅館、せっかくイイモノ持ってるんだから喫煙場所は考えようよ。
せっかく風呂に入って出てきたのに、マジでバッカじゃネーの?


それと、やっぱり刺青はマズイと思うよ。
フツーのヒトはヒクのは当然だよ。


ま、たぶん二度と行きません(爆)。

  1. 2014/03/20(木) 11:14:50|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

DX君にフリーハブを

久しぶりにサファリいぢりネタでございます。

さて普段のアシや移動に大活躍のDX君ですが、なんせサファリのDXと言えば超赤貧グレード(笑)。
これ以下はベアシャーシしかねえぞ、というような質素で剛健なブツなのです(爆)。
どっちかってーと土建業者が山奥まで人員その他を運ぶ役目で、求められるのはどんな状況や天候でも確実に人夫(爆)を現場まで届けられるコトなのです。
なのでラジオもAMのみだったり、アソビゴコロが付いちゃうようなタコメーターが省略されていたり、ドロドロの作業着で乗っても大丈夫なようにビニールの内装だったりするワケですね。

しかし、我々一般人(?)が使うには少々ヘビー過ぎなのも事実。
実用オンリーの質素剛健も嫌いではないですが、本当は軟弱な自分としては乗用車ライクに使える事も大事なのです。
なのでAMラジヲをカーステに変えたり、ビニール椅子をレカロに換えたり、タコメーターを追加したりと近代化と偽ったチャラ化を図っているワケなのですね(笑)。

その中でも今回は、フロントに後付フリーハブを組み込む作業をしました。
チャラ化とゆーより、少しは機能部品に近いモディファイです(笑)。

まずは部品の選択から。
まずフツーに日本で買えるY60サファリへの完全フィット品でなければなりません。
ココだけはまさか他車流用というワケにはいきません。
しかも事前の調査によりサファリ純正のデュアルウェイフリーランニングハブは、なんとスピンドルがDXと他グレードは違うというすんごい事実が突き付けられまして、参号機からの移植という安価で安易な方法は絶たれました。

日産純正手動フリーハブは左右で8万円と超高額で断念。
ハブどころか中古ホーシングまで買えてしまいそう(笑)。
世界のウオーンでもY60用がありますが、こちらは3万5千円と約半額。
でも高価な買い物ですし、結構出っ張ってくるのでプラスオフセットのホイルには似つかわしくないのです。
世界と言えばAVM製のブラジリアンハブ(爆)もY60用があります。
サンバな産地は少々モンダイかも知れませんが、不思議と不具合は聞かないスグレモノです。
お値段も2万8千円~3万程度でリーズナブル?。一応、第1候補とします。
よ~っくネットで調べてみると、Rugged RidgeというメーカーもY60用をリリースしているようです。
こちらは2万円ちょっととかな~りのリーズナブル。中身はAVM製に酷似していますが強度は大丈夫でしょうか?

とゆーわけで、必然的にお財布の中身でRugged Ridgeに決定(爆)。
代理店とのやり取りの末、入金から約2週間ほどで我が基地に到着しました。

Rugged Ridge フリーハブ

純正のデュアルやアイシンを含め、他の後付けハブに較べても小ぶりなカンジがします。


さて取付ですが、まずはDX特有のハブフランジを取り外します。
センターキャップを外し、2面巾14mmのボルト4本とスタッドのナット2本を緩めまして、ドラシャ端部のCリンクをリンクプライヤで取り外せばフランジは抜けます。
ここで謎なのが、なぜにDXにだけフランジ取付にスタッドが2本立ってるのか?という点。
意味不明ですが、きっとスピンドルと同じく上級グレードのデュアルウエイランニングハブを付けさせないための、日産のイヤらしくて黒いワナだと思うのです(爆)。

dx2.jpg

ハブフランジを抜いた状況です。
このままではどんなに四駆に入れたくともタイヤは廻ってくれません(笑)。


次は仮組しているRugged Ridgeを、ベース部分と切換部分に分けます。
んが、ここで緊急事態発生!(笑)。

1米国ハブおいおいトルクスかよ!

この細っそいボルト、なんとトルクス!。
急いで基地に戻り部屋中を漁り、たしか買ったはずだと探し回ってようやくギター部品入れの中からトルクスレンチ発見(笑)。

2なので久々コイツを使います

T15のコマがピタリでした。ふう、危ないトコロだったです。米国製はコレだから困ります(笑)。


3パカッと割るとこんな感じ

こんな感じで2分割します。この状態で色々と構造や具合を見ておきます。
そうしないと、この後ここにはグリスを詰め放題に詰めるからですね(笑)。

8よ~っく検証してみると切換レバーはプラだな

切換ツマミとその裏側は、どうやらプラスチック製。
大丈夫なんでしょうか?工具なんかで無理に回すと壊れちゃうカモです。

9こっちは鉄製でちゃんとしてそう

ベース側はオール金属(笑)。当たり前ですが四駆時にシャフトの駆動力を伝達する強度が必要です。



さて実況見分も済みましたし、いよいよ取付してみましょう。
まずは前述のとおり、グリスをドップリと塗り込みます。

4まずはグリースを塗りたくり

塗る、というよりは詰め込むというカンジですね。


次はベース部分をドラシャに嵌めこんで行きます。
この時点でスプラインが違っていたら、もう大騒ぎです(笑)。

5スプラインはぴったりでスコッとはまる

スコッと気持ち良く入りました。
思わず、「よっしゃあ!」と声を上げてしまいました(笑)。
これでY60フィット品に間違いはありません。米国品質を疑って申し訳なかったです(爆)。

がしかあし!第二の罠が待ち構えていましたよ。
ベースをハブに取付けるキット内包の6角ボルトですが、なんとインチサイズ(笑)。
おめー、ネジはmmピッチなのにアタマだけインチかよ!(爆)。
しかしワタシは科学に魂を売ってしまったので、こんなこともあろうかとインチサイズの6角セットを用意しておきました(笑)。5/16がピッタリです。


次は切換側を例のトルクスボルトで取り付けます。

6切換側を取り付けてトルクスでとるくす

マッチ棒のような細いボルトに強度的な一抹の不安を感じます。
キットにはなぜか大量のこのボルトが入ってますが、まさか折れたときの予備用?(爆)。
トルクスアタマは舐めやすいので、慎重にギアレンチで締めていきます。





7装着完了

装着完了です。コレを反対側もやればフリーハブ付きDXの完成です。


ところで、やはり米国品質を疑う事象をご紹介しましょう(爆)。

10不思議なトルクス

このボルト、ネジが切れてません。
一本だけキットに混じってましたが、やっぱマジかよ(笑)。



さてそんなフリーハブを装着したDXですが、試運転したカンジは「軽い!」のヒトコトに尽きます。
DXはもともと強心臓ではないので、余計にそう感じるのでしょう。
一番違いが判るのが、低速中にフルロックでハンドルを切った時です。
2駆時にもデフの差動が発生していた装着前より、確実に軽くなってる印象が動きにもハンドルにも伝わります。
高いギアを繋いでいく時も、今までよりも伸びが良くなったカンジです。

フリーハブ、自分の目論みとしてはフロント駆動部シール保護やベアリングの寿命を延ばすこと、果てはシャフト折損時に自走して帰るなど究極の目的がありましたが、走行抵抗の減少はそんなに期待してませんでした。
正直、TBだとロックもフリーもあまり変わらない印象だったからです。
思わぬ、と言うよりは思ったよりも効果が大きかったようです。

このDXが生まれてからたぶん初めての、本当の「FR走行」が実現しました(笑)。

もちろん四駆にしてのフロント駆動も確認しております。
四駆にならないサファリ平屋根なんて、背の高いY31セドリックバンと同じです(爆)。

費用対効果、で考えれば、久々に”効果”のあるDXいぢりでした(笑)。


  1. 2014/03/13(木) 11:53:31|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

これも春、なのか?

今年も3月11日がやってまいりました。
あの震災、各地で忘れまじとイベントや演説が行われておりました。
ワタシの北の知り合い、友人関係は幸い命に別状はなく皆元気ですが、いまだに仕事などに影響が出ていると聞きます。
東北沿岸を走ると震災の影響と思われる廃棄遺物などを見かけます。
仮設住宅も多く、まだまだ復興は始まったばかりなのだなと実感します。

ここ餃子市も「原発反対!」とプラカードを掲げたデモ行進を目撃しました。
道路が渋滞だったので、彼らの叫びは良く伝わってきましたがバカなワタシにはいまいち理解が出来ません。
自然エネルギーだけで賄えるほど、今の日本の電力事情は甘くないと思います。
なので当然のように化石燃料に頼るワケで、このクルマもうちのサファリも化石燃料が必要です。
そうなるとCo2排出量が増えて地球温暖化に繋がり、北極圏で大量のシロクマが死ぬんです。
シロクマだけではなくまたあの震災のように、海面が上昇して何かのキッカケ(海底地震)で巨大な津波が沿岸地方を襲ってヒトも壊滅的な大打撃を被るでしょう。

もはや原子力のパンドラの箱は開いてしまったのですから、どうやったら安全に原発を運用していくか、と論議する方が前向きだとワタシは思うのです。
人類が今後、無限のエネルギーを手に入れる第一歩としても、どうしても原子力開発は必要でしょう。
核融合がこの世では実現できない夢物語だとしても、核分裂は現実に起こせます。
もっと安全かつ核廃棄物の影響が”少ない”方法がある筈です。

しかし原子力にしろ自然エネルギー利用にしろ、何か革命的な発見がないと今後の発展はムズカシイでしょうね。
自然エネルギーだけで暮らせとなれば、生活レベルを昭和30年代以前に戻さねばならず多くの人は受け入れ難い事実となるでしょうし、原子力は常に核廃棄物の問題が付きまといます。

誰か「ミノフスキー粒子」のような世界を揺るがす発見をしてくれないと、この地球はどっちにせよ福島原発で流出した放射能の半減期を迎える前に滅んでしまいますね(笑)。


  1. 2014/03/12(水) 10:43:02|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する