組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

ディストロニックプラス

って、なんだかわかります?(笑)。
仮面ライダーの敵でも新手の必殺技でもありません。
新しくなったメルセデスベンツについてくる、クルーズコントロールの進化版です。
どう進化したかっチューとですね、なんとスピードをセットしたら山でも谷でも一定速度!、、、なんてことはアタリマエ(笑)。
一応言っときますが、「アタリ前田のクラッカー」なオヤジギャグは世代がかなり違います(爆)。

そんなトモダチならアタリマエ(笑)なコトではなく、前走車の追尾装置と車線逸脱防止システム及び後方警戒レーダーまで備えているという、まさにあと一歩で自動運転じゃネーかよ?というレベルにまで発展しておるのですよ!。

で、今回代車で借りているE250にこの装置がツイテいたので、試してみた次第です。
何故代車??とゆーハナシはまた今度(笑)。
ベンちゃんディーラー車検から戻った時は快調だったんですが、一度エンストこいて見て貰ってからがすんげえ不調なんです。恐るべしヤナセ(爆)。

とゆーわけでニワカEクラスオーナーなのですが、どう考えてもウチの稼ぎでは買えないであろうクルマでございます。
なので珍しい装備は試しまくりたいのが本音(笑)。
アルミになった衝撃吸収ボディを試す訳にはいかないので(笑)、このディストロニックプラスなる装置を試してみましょう。

img_03.jpg

まずストーキングすべき(笑)哀れな前走車を探します。
おっと、流れの速い地方道でもソレなりに飛ばしてるBMWのX5を発見。
早速左指のクルコンレバーを引いてロックオンです。
車間はレバーのリューズを回して調節しますが、一番近いのにしてみました。
おおっ、煽り感が抜群ぢゃないか!(笑)。

だいたい70km/hぐらいですが、ちゃんと追走していきます。
カーブで減速しても、車間を保ちながら、とゆーよりも思ったより唐突に加減速しながら調節しています。
なんせ生まれて初めて使う装置ですので減速時は気が気ではありません。
0km/hから有効なので前走が停まってしまっても同じように停まる筈なのですが、コワくて常に右足はブレーキをスタンバイし目玉はキョロキョロ、まさに手に汗握る自動クルーズとなりました(笑)。

そうこうするうちに赤信号が迫ってきました。
ムムムッ、このX5君は直情型なのかブレーキが遅い!(笑)。
咄嗟に反射的にブレーキに足を乗せてしまいます。するとキャンセルスイッチが働いて、ディストロニックは解除されました。
「フーっ」という安堵な溜息が漏れます(笑)。

ええい!まだまだ!と再び再チャレンジ。
今度は少し車間を開かせてロックオン(笑)。おおっと、みるみる加速して設定の車間に遮二無二持っていこうとします。
なんだかセッカチな装置でゴザイマス。
再び交差点が迫ってきて、前走のX5にワンテンポ遅れてのブレーキングです。
ロックオン車が元々遅いブレーキングにワンテンポ遅れるワケですから、その恐怖たるや想像に余るでしょう?(笑)。
それでもコンジョーでブレーキを踏まないでいるとグウウウッと車体を沈み込ませて減速完了、その後は絶妙な車間にてスッと停まりました。停車中の車間と追走中の車間はプログラミングが違うんですね、当たり前だけど(笑)。

青信号で発進ですが、ホントにナゼにそんな急加速がしたいのかX5号。
もしかして、後ろのベンツに煽られてるとか思ってるんでしょうか?(たぶんその通り)(爆)。
ディストロニックはスタンバイ状態ですが、ココからアクセルをチョンと踏むかクルコンレバーをちょっと引くと、再びロックオン追撃開始体勢になります。しかもかなりの急加速なのです。

追い付くと再び減速、加速を繰り返してクルーズ。気忙しい装置でゴザイマス(笑)。
気忙しいのはまあ解らんでもありません。なんせディストロ君が見てるのはX5のケツだけなのでしょう。ケツが迫ってきたら減速、イッちゃったら加速ぐらいしか考えてないのでギクシャクしてしまうんでしょうね。
ニンゲンだったら前走車の加減速タイミングや道の狭さ、路肩の婆さん(笑)等々、いろんなコトを予測しながらアクセル踏んだり離したりして無意識に調節してしまってるんですよね。

img_02.jpg

次は車線逸脱防止システムを試してみましょう。
とはいっても、10秒以上だったかな?ハンドルから手を放すと警報が鳴って15秒以上でキャンセルされてしまうので、そおっと摘まんでの操作となります(笑)。
こちらは自動ブレーキ程怖くはありませんが、やはりやったことのない動作だけに緊張します。
カーブが迫ると、クククッとハンドルが”勝手に”曲がっていきます。
これは面白いですが、コナクソ!と抗うこともできますのでレーンチェンジも不可ではありません。
しかし車線の先に衝突コースのクルマがいたりするとブレーキの片効き状態の如く、グワッとクルマに押し戻されます(笑)。
その際にハンドルにはガタタタっという振動が走り、ヤバいよヤバいよと教えてくれるのです。
コレを味わうたびにワタシはプレステのコントローラーを思い出してしまうのです(笑)。

だいたい使い方が解ってきました。
コイツはまず上手な運転の前走車にロックオンすることが重要(笑)。
そしてあくまでクルマに任す様に、こちらで焦って介入しないように扱うのが良いようです。
一般路よりも高速道路のほうがずっとギクシャクしないで済むでしょう。
渋滞時の追尾ならハンドルさえ離さなきゃ寝てても大丈夫?(笑)。

まだまだ発展途上なシステムだと思われますが、もう自動運転技術はソコまで来てるのが実感できます。
凄い世の中になったもんです(笑)。



スポンサーサイト
  1. 2014/07/23(水) 00:53:49|
  2. W204
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歯医者の続き

さて、今年の4月より通い出した歯医者ですが、なんとまだ通院を引き摺っております(笑)。
痛かった怪しい被せモノの下の歯は、さすがに既に治療済みです。
しかし他の被せたヤツや詰めたヤツ、詰め物が取れたヤツなど我が歯も色々と問題があるようでして(爆)。

詰め物が取れてしまった歯は致し方ないとしても、既に治療済みの歯もレストアが必要らしいのです。
確かに銀歯なのか虫歯なのか、色味的には似たり寄ったり(笑)。
どうやら以前に治療した歯医者、手抜き工事が多かったようで今更ながらに穿りかえして耐震補強を施してるようなカンジです。
チックショー、諸悪の根源は金町の海老原(仮名)だな(爆)。

しかし、痛くない腹も探れば大出血するように、痛くない歯もガンガン弄られれば痛いに決まってます。
あのリューターの高周波音にはずいぶんと慣れましたが、治療中に時折「んが!」とくる痛みはビクンと身体が強張ります。
「痛かったら左手上げて下さいね」
と、イケメン先生は優しく言ってくれるのですが、手を上げてもヤメテくれたコトはありません(爆)。

しばらく月曜午後は歯医者の日が続いてますケド、あと何度通えば終わることやら(笑)。
まだまだ道のりが遠そうです。



  1. 2014/07/17(木) 11:25:42|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

紫陽花

紫陽花祭りで有名な黒羽に行ってきました。
最近はあの「ごめんねごめんねえ~」のタレントのおかげで、栃木も有名になりました(笑)。
その坊主の方の出身が黒羽だったりします。で、森三中の産活のほうも黒羽ですね。
なのでけっこうレア芸人を産出しているお土地柄なのです(爆)。

紫陽花祭りは黒羽の町内アチコチで行われてもいますが、主なトコロでは黒羽城跡が有名です。
週末の昼間はかなり賑わうらしいので、わざと時間帯をズラしての参上です(笑)。

10アジサイ祭り

すでに日も暮れかかり実行委員的テントには誰も居らず、まずまずのコンディション(笑)。

13アジサイすぺしゃる

FC2はどうしてタテ写真が貼れなくなってしまったのでしょうか??
首を右に90℃に90°に折ってご覧ください。
首の骨を骨折してもワタシのせいではなく、FC2の責任です(爆)。

以前に来たときはもっと一面ドバ~ッと紫陽花が咲き乱れていたように思うのですが、今年は少な目な印象です。
やっぱり例のアレでしょうか?(爆)。ここも線量は低くありません。

12どアジサイ

こちらも90度コースな写真です。
首は右耳を肩に引っ付けるようにボキッと折ってしまいましょう(笑)。
くれぐれも医療費や慰謝料の請求はFC2へ(爆)。

ぐるっと城址公園を一周し、紫陽花の監視を終了しました。
那須街道の紫陽花もイマイチでしたので、今年はハズレな年かもしれません。
しかしi-PHONE5Sのカメラは暗くなると途端にダメですねえ(爆)。

11アジサイ

紫陽花や 帷子時の薄浅黄 芭蕉

オジサンは 紫陽花坂で息絶え絶え くみちょう



  1. 2014/07/08(火) 15:01:33|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福島な日

もう震災復興でガンバロウとか絆とか騒ぐのはどうかと思うので、フツーにあくまで何気なく福島へ遊びに行きました。
奥様所望のサクランボ狩りと、最近我が家では軽めのブームが来ているソースかつ丼をサクッとヤッちまおうというコンセプトで出掛けてきました。

サクランボ狩りは山形が本場ですが、なんのなんの福島もご立派な産地です。
ここ餃子市からはそんな遠くもないので、週末日帰りには案外お手軽な選択かも知れません。
先週木更津で失敗してるので(爆)、今回場所選びは慎重に慎重を重ねました(笑)。

餃子市からR4を北上して矢板ICよりトーホク自動車道に。
一気に福島飯坂ICまで走ってしまいますが、この日はなぜかパトが多くて普段通りに走れません(爆)。
2時間も掛かって万世大路へ到着です。ここから少々栗子側へ走って左折。
その名もフルーツラインの一角にある予約した果樹園に到着しました。

早速サクランボ園に案内されますが、この時点のお客はどうやら我々2名と、ワケあり風の3人で合計5名のみ(笑)。
やはりフクシマは敬遠されるんでしょうかね?。
ここまで内陸じゃあ、線量はかなりマシなレベルだと思いますがねえ。

1サクランボ狩りだぜ

サクランボはご覧のとおり、タワワにアワワでムハハ(笑)なのでもう桃源郷のゴリラ?のように捥いではバクバクと喰っちまいます。
一応30分の時間制限はありますが、お店側もこの状況なのでどーでもイイや的な雰囲気(爆)。

2たわわになってるぜえ

でもやっぱり佐藤錦は美味しかったですね(笑)。

主催者が唱える制限30分とゆーのは絶妙で、飽きてきた頃にちゃんと設定時間になるんですね(爆)。

さて、サクランボを十分に堪能した我々は(爆)、次の目的地会津若松に向けてR115号を南下します。
福島県を知ってる方にとって、コレはなんとも非効率な移動ですがしょうがありません(笑)。
ソースかつ丼は会津若松にアリ、なのです。
R115から県7を進み、一部R49を経由してR118鶴ヶ城方面へ。
目標の「お食事処むらい」に1145とベストな時間に到着できました。

ここは有名なお店なようで色々なブログなどにも紹介されてますが、この日は待ちもなくスンナリとお店に突入することが出来ました。
注文はモチロン、ロースカツ丼のソースです(笑)。

待つこと30分ぐらいで、ドドンとそそり立つカツの壁が登場(笑)。

3ソースかつ丼

コレでフツーです(笑)。
カツマシ(笑)とかではありません。
食し方ですが、まずは折角立てかけたであろう壁を撤去して取り皿へ一時避難させます。
しかしそれでも十分にカツが存在感を放っている丼なので、いったいどのタイミングで避難カツに手を出していいやらとウレシイ思考が駆け巡ります(笑)。

えいままよと実食すると、サックサクに揚がったロース肉が丁度良い硬さでタイヘンに美味しいのです。
いままで食ってきたソースかつ丼と較べると、供されるソースは一般的な中濃のとんかつソースに近い種類で、白飯に合うというよりもキャベツにシックリくる味付けです。
会津若松は本場を謳うソースかつ丼王国なので、コレが本来のスタンダードなのでしょうか。
ちょいと辛子が欲しくなります。

奥様はヒレカツとエビフライの盛り合わせ的なドンブリを注文しまして、こちらもご立派なエビフリャーがそそり刺さっておりまして、ワーワーキャーキャー言いながら食ってました(爆)。
ワタシのロースカツ丼もシステムに慣れないためか白飯との分量が難しく、思ったとおり避難カツは結局単品で食すような事態に(笑)。
いやしかしそれでもシツコクないのでウマい!。オンザライスよりも単品のほうがイケるカツです。
しかし辛子が欲しいなあ(笑)。

2名ともなんとか完食しましたが、お持ち帰り用のプラ折り(10円)があるのも頷けます。
今回はソースかつを味わいましたが、メニューには煮込み醤油系のカツもあるらしいです。
どっちかというとご飯にはソッチのほうが合うのかな?という印象でしたので、次は是非ともそちらの煮込みロースカツ丼を食したい!と次に繋がる希望を持ってお店を後にしました。

さて目標はこれで達成しましたが、せっかくここまで来たんだから裏磐梯方面に寄り道してみます。
何度も言うように福島を知ってる方がみれば、もはやコレは寄り道という動きではないのですが(笑)。

磐越西線のオメガ線形を右手に見つつ、先ほどの県道7号を戻ります。
ゴールドライン、アルツ磐梯経由で行こうと思ったのですが曲がるところを忘れてしまい、結局いつものR459まで出てしまいました(笑)。
檜原湖の近くにある裏磐梯サイトステーションで休憩です。

5磐梯山

この施設の2Fからは磐梯山の変遷がよく解ります。
ココが吹っ飛んだんだな、という山姿が雄大でもあり、痛々しくもありです。

簡略な説明をばするとですね、明治21年の噴火(水蒸気爆発)によって川をせき止めて、桧原湖、小野川湖、秋元湖、曽原湖や五色沼などのゴチャゴチャした水溜りを造っただんだぜ、というコトですわ(爆)。
だからまだ地球規模からみれば全然若いんですね~。

6某施設

なんてコトがこの施設で説明してあるのです(爆)。

遊歩道が綺麗に整備されてるので腹ごなしに歩いてみましょう。
さすがにまだ胃にはソースかつが居座っているようなカンジです(笑)。

7湿原の遊歩道

ヘビが出たら即中止するつもりだったですが、幸いにして会敵には至らず(笑)。

8しかしのどかだ

ウロウロしてるうちに駐車場へ出てしまいました。
しかし、閑散としてるなあ(爆)。

なんとなく休暇村にも行ってみると、なんとも素晴らしいノスヒロ様が!。

9ぼんねっとばす発見

バスのコトはよく解りませんが、コレはいすゞのBXD30型ってヤツでしょうか。
環境に配慮して廃油などのバイオディーゼルで動いているようです。
エンジンは当時モノなのかどうか解りませんが、そんな燃料でポンプは大丈夫なのでしょうか?。
余計な老婆心ながら、ディーゼルフェチとしてはソレが真っ先に心配でゴザイマス(笑)。
「森のクマさん号」と命名されて、なかなかバス冥利に尽きる幸せな老後を過ごしているようです。

じゃそろそろ戻るか、と歩きはじめたら、遠くからゆっくり近づいてくるパトカーがマイクで何か言ってます。
なになに、くま?でた?そとには?ないでくさい?ん?
!熊が出たから外には出ないでくださいだってよ!(爆)。

慌てて駐車場に戻ると、先ほどのパトカーが近寄ってきます。
窓を開けて若い警察官が「先程このあたりで小熊の目撃情報がありまして、もしかしたら親熊も近くにいるかもしれないので」と丁寧に説明してくれました。
おいおいリアル森のクマさんかよ!(笑)と慌ててベンちゃんに飛び乗って、裏磐梯を後にしました。

ココから餃子市までは真冬に勝手知ったるルートで帰宅です。
R459南下して直線が気持ちいい県323をさらに走り、リステルをわき目に見ながらR49に合流、県9で猪苗代湖の湖畔をドライブしてR294を捕まえれば、あとはもう一直線に白河を目指すのみです。
今回は余裕もあるのでそのまま294を南下、小川町で293を捕まえてR4号へと進めばもう帰り着いたも同然です。

4うちのベンちゃん

車検から上がってきて取り敢えずはチョーシが良いうちのベンちゃん。
今回の平均燃費は15.3km/Lとなかなかの好成績でした。
ハイオクが180円近い値段ですが、このぐらい走ってくれればヨシとしましょう。

福島はやっぱり夏も冬も良いトコロです。
間違いないです。
  1. 2014/07/07(月) 14:06:13|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏合宿の夏

今年も夏がやってきますよね?
断言できないトコロが最近の気候ですが、ホントに地球はポールシフトでもしちゃったのかしら?(爆)。
ワタシ的にポールと言えばポール牧です(笑)。

さてそんな気候不順な2014年ですが、
8/23(土)
8/24(日)

の両日に掛けて、隣のSEKI君と共謀の夏合宿を執り行います。

たぶんお盆にもサファリ工務店系のBBQ宴会があるんだろうと思われますが(笑)、こちらの方が先に決まったので告知を急がせていただきました。
場所はいつもの那須基地です。
名称が合宿なので、昼間はきっちり訓練があります(笑)。
河原か、林道か、まあハアドコアにはならぬように気を付けましょうかね。

詳しくは今後のWEBで(笑)。

  1. 2014/07/04(金) 17:44:27|
  2. 組の行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する