組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

トーキョー

10月はどう考えてもこの先暇がない、とゆーよりもワタシの仕事と遊びの予定(笑)でブッ詰まっていて、まともに土日もないだろうとのコトなので、今週ぐらいはと奥様孝行にトーキョーへ。
どこ行きたい?と聞くと、「とーきょー!商店街!お台場!どんぐり!」と、これまた単語のみでワケの解らぬ回答となり、毎度のことながら出題者を大いに困らせるのです(笑)。

とゆーわけで土曜日の遅い午前中、ベンちゃんをヒタスラに南に走らせてまずはトーホク自動車ドー登りを一本やっつけて、首都高は扇大橋icを目指します。
サクッと降りてぐるっと回って尾久橋通り、舎人ライナーだかなんだか知らねえけど変なもん作りやがってと橋桁の下道を走りますれば、元・勝手知ったる日暮里駅周辺に到着。
某ビルの地下駐が安いのでいつも利用してますが、ワタシの知ってる日暮里三河島南千住北千住なんて所詮ニッポンの指折りなスラム街(爆)。
駐車場ぐらいもっと安く停めさせろといつも思うのです(爆)。

ココでベンちゃんを預かって貰い、徒歩でJR日暮里駅を素通りしてまずは谷中銀座へ。
ザ、商店街な風情はココが一番最適でしょうか?でも最近はTVで紹介され過ぎましたね。

1谷中銀座

画面の向こうでお馴染みの光景です(笑)。
ワタシは現物5年ぶりぐらいですが、随分とスラム臭が抜けました(爆)。

2谷中

お寺さんの向こうに見えるのは高層ビルかよ、谷中のクセに(爆)。

あたりを見渡すと随分と現代ナイズされたオサレな店も多くなったようですが、むか~しながらの食品衛生管理上かなり外角ヤバめも当然の如くに存在しております(爆)。
で、ココに来たら買わねばなるまい、ハゼの佃煮。

3谷中佃煮

ゲロウマなのです(笑)。
ご飯のオカズに最高。
奥様のご実家のほうではイナゴを佃煮にしますが、虫は食べもんじゃありません(爆)。
そんな無茶をせずに佃煮はサカナで作りましょう。


と、谷中はこなへんで勘弁してやってJR山手線に揺られ次の目標は新橋。
そこから亜空間移動列車ユリカモメイに乗ってお台場へ、なのです。

4ゆりかもめ

ユリカモメイの亜空間起動(爆)。
こんなトコロにも雑草は生えるんだなあ。

5ベイブリッジ

どーいうわけかタイミングよく、鉄ちゃん大好きなカブリツキポジションをゲット(笑)。
渋滞もなく(アタリマエ)快調にレインボーブリッジを渡っていきます。

田舎モノの方に説明しますと(爆)お台場は都内のように地図には書かれてますが、実際は2.5光年程離れた別惑星にあるのです。なのでユリカモメイはゴムタイヤの特徴を生かして、その有無を言わさぬ加速にて光の速度を超える事ができるのです(笑)。

6加速!

加速中。Gのコントロールがなければ椅子にめり込んで即死です。

7光速!

光速を超えました。時が見えます(笑)。

8本日の仕事場(笑)

邪悪なウンモ星人の妨害もなく無事に着きました(笑)。
今日のお仕事は、ココでのどんぐり採集です(爆)。

ひとり100個以上とノルマを与えられ、ムチで叩かれながらひたすらドングリを拾います。
ものすごい数、ボコボコに蚊に刺されました。
天狗熱(笑)とゆービョーキが流行っているのでヤツが媒介する蚊には刺されたくないのですが、、、。

ふと見上げると、上流階級専用の宇宙ステーションが(笑)。

9八玉

丸いのが恒星間航行用の宇宙船です。
大道具さんがベニヤで作り上げたハリボテと瞬時にすり替わることにより、我々の目には常にソコに在るようにカモフラージュされております。
M78星雲にあるフジテレビイ星まで行くと、機械の身体をタダでくれるそうです(爆)。
なお、気になる大きめ黒チ〇コはメーカーオプション(笑)。

10カヌー競技中
本日はドレイによる小型ガレー船のエキシビションマッチが行われておりました(爆)。

11うららかな午後のお台場
ちょっと汗ばむほどのうららかな秋の日ですが、目的のドングリはあまり落ちておりません。
「オラもっと拾うんだよ!全然足りねえよ!」と管理職である奥様からの罵声とムチを浴びながら、地面を這いつくばる悲しいお仕事なのです。遥々こんなとこまで来てドングリ拾い、、、思わずコンビニ袋で涙をぬぐいます(笑)。

12必死のカヌーとのんびりサーフボード

最近、サーフボードの上に立ってパドルで漕ぐヤツをよく見かけますが、アレは流行ってるんでしょうか?
そんなことするよりもボードに座ってダブルパドルでガンガン漕げばもっと効率良くて速いのにな、とワタシは思うのですが(爆)。

13これ流行ってんかな?

SUPというスポーツだそうです。
スタンドアップパドルサーフィン、の略だそうで、ウマくなると専用パドルを持ったまま波にも乗れるらしいですよ。
そりゃそうだわな(笑)。

14横一線スタート
ガレー船の本日のメインレースなのか、↑の撮影時にはやけに盛り上がっておりました。
しかし、パドル捌きがヘタクソだなあ(爆)。
カヌー歴25年のワタシの目は節穴です(笑)。

この後ドングリ採集の結果に満足した奥様はデパートなる施設に赴くことを所望され、オダイーバカイヒーンコーエンステーションから再びユリカモメイに搭乗です。
豊洲のララポウトウという場所に行くことにしました。

ララポウトウは比較的空いておりましたが、3階だけは子連れの邪悪な宇宙人が大挙して押しかけており、なんだなんだとかなり異様な雰囲気で御座いました。
どうしたことかと覗き見ますれば、キッザニアーという子供向けのアトラクションが大人気のようです。
そっか、コレ目当てでみんなココに来るのかと一同納得。そりゃ店が空いてるわけです(笑)。
でも、ワタシもやっぱりララポウトウは船橋がいいなあ(爆)。

どうやら奥様には満足して頂けたようで、再び逆方向のユリカモメイに揺られながら、お台場星を脱出。
再び地球に戻り新橋コスモポートからスラム日暮里へ戻ってきました(爆)。
で、再びの谷中銀座。

15ふたたび谷中

夕暮れになるとアチコチで投げ売りが始まります。
この日は果物と野菜をゲット。なんと野菜はタダ(笑)。
タダって言ってんだからガシガシ持って来ちゃえばいいのに、変なトコロで奥様は遠慮してトマトキュウリを何個か貰ってきただけでした。
その奥ゆかしさ、どーして普段の生活に反映されないのか不思議です(笑)。

その後、夕刻の渋滞道路を北上してR4バイパス沿いの「越谷美人の湯ゆの華」でお風呂に漬かりました。
ココは立地が立地なだけにどうなのか?と訝しんでしまいますが、実にちゃんとした温泉なのです。
どことなく昭和の銭湯チックなトコロもお気に入りのポイントです。

ドングリ収穫労働の疲れも落して、R463バイパスから浦和ic経由でトーホク自動車道にて帰宅。
奥様のリクエストには全て答えました。
これで10月の週末はガッチリですよ各位!(だと思います)(笑)。



スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 00:34:29|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ガットギター増設(笑)

安かったので買ってしまいました(笑)。

ギター購入

ARIA A-35CEというガットギターです。
安い割には生音がとてもイイと評判だったので、思わず理性が負けて人差し指がポチッと(笑)。
ま、もしダメよ~ダメダメでも何とか諦めが付く金額です(爆)。
でもちゃんとトップはソリッドシダー単板だし、胴と裏と首はマホガニー、指板はローズウッドと基本スペックはちゃんと押えております。

ギター購入2

ガットギターなのですが、モノホンのクラシックギターではなくてネックは若干細め。
なんつーか、本気でカルカッシな人向けではないことは一目瞭然(爆)。
ふとネックを見ればポジションマークまで付いてるし(笑)。
ま、ガットの音も欲しいとかでアレコレと持ち替える向きには都合の良いギターです。

カッタウエイモデルなのですが、胴はちゃんと標準厚で”一応鳴り重視”のようです。
こーいうブツを所望する向きには、胴は極力薄いほうがカッチョええ!とか思われるんじゃね?と要らん心配をしてしまいます。
ワタシはこーいうチグハグなダサさが大好きですが(爆)。

弾いてみますれば、エレキの俗物に染まり切ったカルカッシなワタシには何とも絶妙な弦間(笑)。
慣れるまではどっちもと取れずチャンと押えられませんでしたが、慣れてしまえばこんな楽ちんなモノは無い!なのです。
生音的には悪くはなく、値段を記憶から消し去っても良く鳴るほうだと思われます。
正直、コレより鳴らない高級ギターもたくさんありますわな(爆)。
前評判通りを確認しました。ヨカッタ~(笑)。

ピックアップ付き

ご多分に漏れず、この手の常套手段として内臓ピックアップがツイテおります。
チューナー付きなので液晶画面がデカいのですが、チューナー使用時以外は消えてくれるのでアリガタイ。
この位置で煌々と照らされてしまうと、暗いステージで幽霊になってしまいます(笑)。
ピックアップの出来としてはあまり褒められたものではなく、アンプを通してソロで聴かせるには役不足。
きっとバンドの爆音の中でハウらないように手元でEQを調整したりするコトを想定してるんでしょう。
やっぱりアコギの純正ピックアップはタカミネが一番ですね!(笑)。

あと面白いのが、ガットのクセにネックにトラスロッドが付いてるんですよ。
これって、やっぱり安物でネック曲がるんで補正してねってコト?(爆)。
一抹の不安を感じます(笑)。



高級と低級(爆)

ヤイリ先輩とツーショットで(笑)。
弾き較べると、そりゃヤイリ先輩のほうが圧倒的に良い音がするに決まってます。
30年選手ですからね、乾燥肌と経験値が違います(笑)。
お値段も、、、、特注材だからねえコレ(爆)。
ちなみに左の明るいほうがヤイリ先輩で、右の顔色の悪いのがアリアちゃんです(爆)。

アリアちゃんはまだまだこれからの若造ですが、ドコにも連れ出せる気軽さと何でも使えそうな便利さは魅力です。

こーやって並べて悦に入ってると、
「全く!おんなじギター買って!」
と奥様がご立腹のご様子でした(笑)。

これからペグをもっといいやつに変えて、ナットとサドルを牛骨に換えてバッチリ弦当たりを調整すれば、もうちょっとガットぽいマロヤカで澄んだ鳴りになるでしょう。

ARIA A-35CE、ギンギンのロックギター野郎にもお勧めです(笑)。
ちょい高めのエフェクター一個の値段で買えます。
たまにはアコースティックの柔らかい音で脳波を整えないと、一生シェキナベイベーで終わってしまいますよ(爆)。


 
  1. 2014/09/22(月) 00:08:49|
  2. 楽器とかオンガク的なくみちょう別の顔の趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふらりと伊豆

「あ~キンメの煮付が喰いたい(笑)」。
先日の三連休の前日、急にキンメの煮付が脳裏から離れなくなり悶え苦しんでおりました(爆)。
キンメの煮付症候群はどうやら伝染するらしく、奥様もキンメの煮付+干物が食べたいと何故かプラスアルファで喚いております。
この症状を抑えるには、やはり病院に行くか、伊豆に行くか(笑)。

とゆーわけで、ササっと宿を予約して9/13朝にはベンちゃんの中のヒトへ変身(笑)。
ただ、この日程のオデカケは切腹覚悟の上の意識不明の大渋滞がどうしても避けられません。
出立の時間がビミョーだったこともあり、首都高の掲示板には真っ赤の筋が、、、。
あわわわ、川口から用賀まで絶望的ぢゃないか、、、。
いままでトーホク自動車道の反対車線渋滞を眺めつつの快適ドライブ(爆)が一転して、今度は攻撃の矛先がこちらへ向かってきたのです!。

思わず本能的に、「避けねば!」と圏央道方面へ回避。
ところがクソ圏央道、あのクソ分断部分で下道がクソ渋滞。
裏を回ったつもりでも結局大きな道との交差点は重度の便秘なのです。
耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び、何とか桶川北本icまでたどり着いたのですが、今度は圏央道そのものが渋滞。
日の出icあたりから雲行きが怪しくなり、八王子jctで中央道に行きたい車列が左をぼちぼち占拠し始めます。
そして我が車線もトンネルの中で完全に停止。進退窮まる状況となりました。
しかし暫くすると高尾山の真下辺り(笑)から徐々に流れは改善され、トンネル群を脱出する頃には逆に空いてるような状況に一変。
その代わり反対車線はもう縦列駐車場と化してましたが(笑)。

んが!幸せな時間とは短いモノです。
予想した通り東名高速との接続部は地獄の黙示録(爆)。
海老名icで降りるべきだったと激しく後悔の念に駆られつつも、もはや東名方面の列に並ばねばなりません。
先程からお釈迦様の半身が壁からチラチラとコッチを見ているような、悟りの境地に近づいたところで朦朧となりつつ漸く東名高速に合流。
ま、合流とは言ってもすぐに厚木から小田原厚木道路に向かうので、さらにドッポリ渋滞してる本線とはここでオサラバなのです。
フッフッフ、そこでずっと並んでいるがいいさ愚民ども(爆)。

小田厚はクルマの数は多いのですが、ソコソコの流れで順調に小田原西まで到着できました。
追い越し車線をチンタラ走行で塞ぐアホウが多いのは、もはや全国区の定番です(爆)。
さていつもここで悩むのですが、ターンパイクから伊豆スカで伊豆高原までワープしてしまうか、風光明媚な海沿いのR135を走るか、で少々葛藤があります。
本日は敢えて、敢えての海沿いルートを選択。
混む恐れ大の火中の栗を拾うがごとし愚挙に挑んでみました(笑)。

少しでも楽をしようと真鶴道路を駆使して熱海に躍り出ました。
この道はもはや地面とは完全に縁を切った様な海を行く道です。
良く作ったよなあと感心しつつも、この先の予想される渋滞に気分は少々フラット気味。

ところが、熱海市内のR135も思ったほど渋滞もなくアレヨアレヨと網代を抜け伊東を抜け、本日の目標である「伊豆高原ビール本店」に到着です。
ビールとは言ってもここの料理は安くてデカくて最高なのです。

1伊豆でキンメを喰う

手前は自分の注文した3種盛り的な海鮮丼と、重要なキンメのお頭煮付単品を処方(笑)。
奥は奥様のキンメの煮付定食刺身付と、中央にはココに来れば必ず頼む中落ち焼き。
鍋的な物は味噌汁です。
もうナニモカモ美味過ぎるのです。
ちなみに奥様はモノホンのビール、ワタシは運転手なのでウソビール(泣)。

2オレの為に死んでくれたキンメ

目玉が美味いんです。
気持ち悪いと喰わない人もいるようですが、あまりにも勿体ない!。
折角自分の為に美味しく死んでくれたのですから、喰えるトコロは全て味わい尽くしましょう。

さてお次は、弓ヶ浜まで行ってみましょう。
伊豆に来たら弓ヶ浜を見ないと、なんか気持ちが納まりません(笑)。
那須に行ったら湯本まで上がってみたい気分と同じでしょう(地元民除く)。
懸念されていたR135の渋滞ですが、思ったほど混んでなくスイスイと走れます。
時たま現れるジジババマークの挙動不審低速車に行く手を阻まれますが、運よく前走車だったりするもんですから教育的指導を含めて信号待ちで被せたりとこちらも敵に合わせた自在な動きでパス(爆)。
いやしかし、運転がアヤシイならばクルマに乗らないでほしい、というのが本音ですなあ。
道路に出る以上はソレなりのスキルと反射神経が必要なのです。
ソレが備わってないのであれば、自ら道路に出るべきではありません。
ハッキリ言いまして、社会のメーワクです。

3晩夏の弓ヶ浜
弓ヶ浜到着。
いつ来ても気持ちいいトコロです。
この日は気温が少々高かったので、浜には海水浴を楽しむ者もチラホラ。

4晩夏の弓ヶ浜
ビーサンで来てヨカッタ(笑)。
つーかアンタ出掛けるのにビーサンかよ、という点は置いときましょう(爆)。

5カヌーに興じる若人
シーカヤックに興じる若人たちをCOOLPIX P7100の光学最大望遠で狙ってみますた。
パドル捌きを見てると、どうやら体験ツアーみたいなもんかな?。
オレも猛烈にヤリタイぞお!(笑)。

6最大望遠
こちらも最大望遠。コンデジお得意の光学+電子のズームですが、やっぱり電子ズーム領域はなんか味気ないっすね(笑)。

7晩夏の弓ヶ浜
てくてくと休み休み散歩しながら端っこまで来ました。
気温は泳げるぐらいでも、海はもう秋っぽいカンジです。

さて、望みは果たしたので今夜のお宿へ向かいましょう。
と、その前に下田で買い出しをしておきます。
とゆーもの無計画に昨日予約した宿なので、朝食のみしかついておりません。
しかも河津の旅館(笑)。
旅館に泊まるなんていったい何年ぶりなのかしら?
禁煙+朝食でケンサクしたら、ココぐらいしかヒットしなかった事情もあります(爆)。
買い出しはモチロン、地元スーパー(笑)。

9夕餉
寿司とアジの開きフリャイ、エビフリャイにサバ味噌煮と大好きなしば漬け(笑)、そして何よりも必需品であるモノホンビールはヱビスです(笑)。
昼飯が豪華だったので質素に見えるカモですが、なかなかどうして地元スーパーの惣菜はウマいっす(笑)。

で、その旅館のスペック(笑)ですが、部屋は畳に布団とまさに旅館(笑)。
だけどちゃんと便所も洗面台も備え付けがあるので不便なし。
風呂は若干小ぶりだけど豪華なかけ流し温泉で、なんと露天風呂は舟型浴槽とゆーギミックが面白いのです。
全館禁煙で廊下も臭くないし密かにアタリだったカモ?と、期待以上の結果オーライになりました。
朝飯も期待通りの品々で、伊豆に泊まって初めてマトモな地の物の朝飯を喰いました(笑)。
伊豆は河津の「旅師の宿やかた」 おススメです。
でも久しぶりに畳+布団で寝たら、夜中に金縛りにあったっス(笑)。

10あさあさあかるいあさ
さて、本日の目標は「渋滞に遭わずに帰るコト」(笑)。
なので内陸を攻めます。


11ワサビソフト喰ったら帰るべ
R414をまずは北上して「道の駅天城越え」到着。
ココで葉っぱ付きのクズワサビを買うのが伊豆のシメその1(笑)。
クズなので圧倒的に安いし、ワサビは葉っぱも茎もウマいんすよ。

さあグズグズしてると渋滞が始まってしまいます(笑)。
チャッチャっと北上してR136から修善寺道路~伊豆中央道で区間ワープして三島に入り、バイパス経由でR1を捕まえます。
登坂車線が登場してもなんのその、グングン登るベンちゃんはやっぱりヨン様とは別物(笑)。
遅いくせに頑張ってる200系シャコタンハイエースを左からぶち抜き、BMW320dとデットヒートを興じながら(笑)あっという間に大観インターです。
このままターンパイクで小田原西まで下りますが、このルートを選ぶにはまたワケが。

そりゃターンパイクの下りは脳味噌が痺れるような快感道路なのですが、目的は下り切ったところにある”干物屋”(笑)。
ここでオイシイ干物を買うのが、伊豆のシメその2なのです。
今回はなぜか貰えませんでしたが、ターンパイクを利用するとココの干物無料引換券が頂けるという特典付きなのです。
ワタシ的にはどーでもいい事項なのですが、こーいうのに奥様が喰い付くので致し方ありません(爆)。
でも干物は安くてオイシイので、「山安工場直売所」 おススメです(笑)。

そのまま小田原西icから小田厚に乗り、東名の上り線へ。
まだ午後を少し回った時間なので渋滞はありません。あと3~4時間もすればココも地獄の光景に変わるのでしょう。
ちなみに行きに使った圏央道ですが、なんと海老名jctから八王子jctまで渋滞とこちらはまさしく必ず殺すと書いて必殺の高規格駐車場と化しておるようです(爆)。
圏央道が出来れば渋滞が減ると思ったんですが、まさか自らを切らせての首都高渋滞解消とは誠に恐れ入りました(笑)。

とゆーことで、我々はいつもの用賀~渋谷線~大橋jctのグルグル巻きからシークレットハイウエイ中央環状新宿線~川口線と走り繋いで、既に庭先のトーホク自動車道へ。
最高速でもセットできるオートクルーズを”ぬあわkm/h”にセットし、ドコにも滞ることなく快適に帰宅しました。

思いつきで伊豆、少々無理はありましたがキンメの煮付は美味しかったのでヨシとしましょう(笑)。
今度は春、河津の桜が咲くころにまたチャレンジせねばと思っとります。
だって行かなきゃダメなんでしょう?(爆)。


  1. 2014/09/17(水) 00:21:20|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

集中ドアロック取付かんりょー

いやあ久しぶりのサファリカテゴリーですね(笑)。
最近はみんカラサブ局がそーいう発表の場になってしまって、こちらでのクルマネタご披露は御無沙汰でした。
いかんなあと反省しつつも、まあ暫くはこの方式になるでしょう(爆)。
みんカラは誹謗中傷も多いケド、やっぱり反響が良いしなあ~(笑)。

つーことでタイトル「集中ドアロック」なのですが、DXにはそんな高級装備が付いてるハズもありません。
普段からそーいう「ユル車」(みかつ氏命名)に乗り慣れてる我々には問題はありませんが、奥様をはじめたまに乗る方には集中ドアロックは「当然」の装備のようです。
なので安物の後付けキットを付けてみた次第、とゆーわけです。

ちなみにこのプロジェクト(笑)、5カ月かかってます(笑)。
殆どが放置プレイでしたが(爆)。

1買ってみた

ブツはこんなもんを仕入れました。
もう春の頃の出来事なので、お値段その他は忘れましたがかな~りお安かったような記憶があります。
もちろん日本製、などではありませぬ(爆)。

2箱開けてみた

箱をあけると、きちんとトリガーが4つ入っていました(笑)。
中身はそのトリガーとコントローラー、ハーネスの束とリモコン2個です。

さてではまず、そのトリガーと施解錠ロッドのリンケージからの作業となります。
とにかくY60系サファリは元の160系ボディのまんまですので、室内を少しでも広くする為ドアはヒジョーに薄く作られてます。
後付けのスピーカも奥行きで苦労するのですが、ロックトリガーの場所取りもなかなか大変。

3こんな感じか

最大公約数的にこのあたりが最適でしょう。
本来なればもっと施錠棒にたいして垂直がイイのでしょうが、手は入らねーしリンケージは困難きわめて不可能だし腹は減るし蚊に刺されるし(爆)で、この位置に決定(笑)。

4ギリギリ当たらない
窓の上下枠にもギリギリ当たりません。
あと少しトリガーがデカかったら、と思うとゾッとします(笑)。

6ちょっとななめだが
リンケージしてみました。少々斜めアプローチですが特に動きには問題ないようです。
トリガーのストロークもオッケー。手動の施解錠も重くなってません。

フロント側はこれでヨシですな。
大問題もなくトリガーが取付られました。

さて、どうにも困ったのがリアドアです。

7後ろはかなりヤバいな
純正のドアロックトリガーは戸先の下の方にツイテいます。うちのTBで確認済み(笑)。
がしかし、どう考えてもそこへ後付けトリガーを付けるのはタイヘンですし、リンケージがかなり不可能なカンジ。
純正はドア袋の内側で全部済ませてるのですが、後付けにソレは無理ってもんです。

8納めるところがない
なのでトリガーを納めるトコロと言えば、まあこんな場所ぐらいしかないわけです。
問題はトリガーがドア袋内になるのに、結ぶべき施錠ロッドが露出でついてるコト、、。

10このあたりを切るビル
なのでトリガーは納まってもリンケージロッドと施錠ロッドを接続させねばなりませんので、このアタリに窓を開けます。

11こーいう道具でキルだよ
じゃん、新兵器(笑)。
ぱらららっぱぱ~「サンダーの刃も咥えられるドリル~っ!」

12まずは線を
まず、施錠ロッドに並行に2本切り込みを入れます。
間違ってもロッドを切ってはイケマセン(笑)。
緊張に手元が震えますが、酒の切れたアル中ではありません(爆)。

14穴を開けていく
続いて新兵器の先っぽをドリルに付け替えて、短い辺と戦っていきます。
やはりロッドに穴をあけてはイケマセン(笑)。

15毟り取って穴開けかんりょう
最後はラジペンで毟り取って開口部施工完了(笑)。
長細く開けたのはリンケージの接続部分のストロークを見越してですが、果たしてどうでしょうか?

17リンケージロッドを加工
リンケージロッドを加工します。
ラジコン飛行機のサーボリンケージを思い出します。


18トリガーを仕込む
その端っこをトリガーに取付けてから、本体を固定します。
本体を固定してからではリンケージロッドを通すことが出来ません。

19施錠ロッドに接続

先程開けた窓より、施錠ロッドと接続します。
思った通り、ウマくいきました(笑)。
指で動かしてみますが、とりあえず変な固着感もなくスコスコと動きます。
トリガーのストロークも問題ないようですね。

24本日の戦利品
摘出された戦利品(笑)。


さて、それでは続いて配線編ですが、上記までがなんと5月前半あたりの出来事(笑)。
で、配線作業はつい先日と言う面白さです(笑)。
その間、熟成と言う名の放置プレイ(爆)。
いや夏場になんか作業するもんでないよ熱中症で倒れるだべさ(笑)。

気を取り直して、まずはフロントドアの配線です。
キットに入ってるハーネスをビロンと拡げてみます。
運転席のトリガーに行くラインが5本。
各扉のトリガーに行くラインが2本。
と、系統別に仕分けしてありました。
安物の割には案外丁寧なハーネスです。

25 配線はじめ
久しぶりにみる”内張りを剥がしたドアの内側”です(笑)。
配線作業は特に難しいトコロは無いのですが、ボディとドアの渡り部分をどうするかがほぼ全て。
DXと言えど、この年式はナゼか電動ドアミラーが付いてるので、フロントはコントロール用のハーネスが通っています。
かなり太いし線もたくさん入ってるので、たぶん電動窓仕様と同じハーネスなんでしょうね。
証拠に両端にはデカいカプラーがプラプラ遊んでます(笑)。

26配線とちう
ドアの通線穴を潜ると、ちょうどヒューズボックスの上に出てきます。
集中ドアロックの配線などにあまり余裕がないため、必然的にこのあたりにコントローラーが付くようになるでしょう。
電源もヒューズボックスから取り出す様に、こんな飛び道具(笑)を用意してみました。

E531_M.jpg
ぱらららっぱら~「平型ヒューズ電源!」(笑)。
ヒューズからいきなり12V電源が取り出せるというスグレモノです。
ドアロックはその性格上、どうしても常時12Vが出てるトコロより電源を取らなくてはなりません。
ACCなんかに結線した日にゃあ、かなりザンネンな装置となりそうで笑えますがね(笑)。

27グロメットのぶぶん
とりあえず先のことより目先の配線通しです(笑)。
運転席側の電動ミラーは諸事情により使えませんので(爆)、ハーネスを取っ払った後にドアロックの配線を通します。
5本の配線に対して手持ちのコルゲートチューブがちょっと細かったですが、くみちょう選手頑張りました(笑)。

運転席側はなんとかコレニテ一件落着したのですが、思わぬ伏兵が助手席側に潜んでおりました。
こちらは空調ユニットが迫ってきていて、ボディ側に配線を通す余裕がありません。

29四苦八苦

なんとか四苦八苦中ですが、こんな時に便利な新兵器がまたまた登場です!(笑)。

配線通し
ぱらららっぱ、、、もうメンドクサ(爆)。エーモンの「配線通し君」です(笑)。

パンツのゴム通しのような要領で、先っぽに線を加えて狭いトコロを通しますればあら不思議(笑)、スルスルスルッと通線出来てなんと便利なことよのう、とお殿様もビツクリの便利グッツにゴザイマス。

とアレコレを駆使しつつ、何とか左ボディ側グロメットに辿り着きました。
しかしワタシは一つ大きな決断を迫られております。
右側は電動ミラーが諸事情(笑)により死んでましたのでハーネスと交換する形でコルゲートチューブを通すことが出来ましたが、左側のミラーはまだ電気仕掛けが生きているのです!。
極たま、どころか1~2回しかスイッチに触らないシロモノで、既に無くても困りません。
しかし、まだ不具合なく生きてるモノをわざわざ殺してしまうには良心が咎めます(笑)。

とゆーわけで、電動ドアミラー生かしつつの配線となりました。
運転席側よりは細いとはいえ、こちらにも立派な電動窓用+ミラー用ハーネスが通ってます。
ここにコルゲートチューブをお邪魔させるわけですから、グロメットはかなりギッチギチ(笑)。

ひだりの渡り部分くん
シャシンだと解り辛いケド、この渡り線はかなり奥行きがあるんです(笑)。

ひだりのドア袋くん
左のドア内部からの貴重な映像です(笑)。
手前の黒いハーネスがミラー行きで、奥の太いのが不要な電動窓用。コルゲから出ている緑と青がトリガーへ行く配線となります。

しかしこれで何とかフロント周りの処置が終わりました(笑)。
引き続きましてリア扉への配線作業に移りますが、この間も2日ほど開けております。
この間、ドア内張りの無いサファリで通勤するのは酷でした。
やはり内張り、運転席ぐらはあったほうが良いとの結論を得ました(笑)。

おもわぬ大作となってしまったこの記事ですが、あとちょっとです(爆)。
読むほうも大変ならば書く方だって大変なのです(笑)。

さてリアドアにはな~んも電気が渡っていないDX君、もしや通線の為の穴さえもないのか?と心配しましたが差に非ず。
そこまで日産もロックじゃないので、ちゃんと無用なグロメットでふさがっておりました。
今回はココを利用すれば良いだけのことです。

31ココから行けそう
ピラー側の内張りを剥がしてみれば、ちゃんと配線できるようにサービス穴が開いておりました。
めでたし!(笑)。

35グロメット2
グロメットに穴を開けます。ワタシはドリルで8mmの穴を開けました。
それでもコルゲートチューブが通り辛い場合は、ちょんちょんと穴から切り込みを入れます。

33配線通し
配線を通してコルゲを巻き、グロメットを差し込んでボディ側→戸先側の順番で施工していきます。
右側はアッサリ完成しましたが、左側はちょっと問題が発生です。

ハーネスの長さが足りん!。
つーことで、延長します(笑)。

34延長戦
一般車両を想定しているんでしょうけど、サファリには少々短すぎたようです。
左後ろへの渡り線を切って延長します。

36納まった
右後ろも完成!長かった道のりのゴールが近づいてきました(笑)。

37ドアの中
ドアの中からの映像ですが、新しく引いた配線は窓の上下にも干渉せずに済みそうです。
DXのリアドアに初めてインフラが整備されました(笑)。

さてお次は最後のカリキュラム、電源工事です。
ワタシのサファリDXは言わば廉価版なので、各種装備がごっそり省略されてます(笑)。
ですが電源や制御ラインはどうやらグランロードやキングスロードなどと同じなのか、そのまま使わないのに配線されているようなのです。よーするに、使ってないコンセントがいっぱい、ってコトです(笑)。
今回は先に紹介した平型ヒューズ電源を使ってヒューズボックスから集中ドアロック用の電源を確保しますが、12Vが常時流れていて使ってないトコロを探すと、、、あった、フォグランプ20Aです。
こちらから拝借すると致しましょう。しかしなんて便利なんだろう!万歳12V車(笑)。

電源を通してコントローラーにトリガーからのカプラを差し込み、いよいよ作動試運転です。
リモコンをピッと、、、、アレ?。
運転席のドアロックをカチャッと、、、、アレレ??。
動きません(笑)。
テスタを持ってきていろいろと通電を確認しますが、フォグランプ電源はちゃんと常時来てますので間違いなし。
ヤバい、製品がダメ?(爆)。
買ったのは先述したように春ですよ春。もうとっくに時効です(笑)。
落ち着いて、も一度よ~っく配線を確認しますれば、どうやらアースがちゃんと取れてないようです。
きちんとボディの塗料を剥いで、しっかりと先割れ端子を付けてアクセルのバネ付根ボルトに固定します。
さて、気を取り直して~っと。

ピッとリモコンを操作すると間髪入れず、「ドガ!」と結構な音で全てのトリガーが動きました。
「やた~!」
誰もいないのに歓声を上げるバカ1名(笑)。
運転席の開閉にも、「ドガ!ドガ!」と見事に連動してくれます。
苦労の甲斐があったぜえよ晋作!(笑)。

晋作はどうでも、何度かドカドカ動かすうちにやはり手動では解らなかった施解錠の不具合を調整します。
リンケージを曲げ治したり、コネクト位置を少し動かしたりして確実に施解錠できるように微妙に手直しをします。
これでヨシ、としたところで、今度はコネクト部分がハズレないようにしっかりと固定します。

38瞬着塗りたくり
瞬着も併用します。
こーいう後付けドアロック不具合では、リンケージと施錠ロッドのコネクト部分のハズレが一番多いんだとか。
そのたびにまた内張りを剥がすのも大変なので(慣れましたケド)、もう二度と外れないようにガッチガチに固めます。
ホントは溶接しちゃいたいぐらいですがね(笑)。

39フロントも塗りたくり
フロント側にもベッタリと塗っておきます。
アロンアルファゼリー状は旧車海苔の味方です(笑)。

試運転もオッケーとしまして、コントローラを本気固定します。
大きさは60mm角、厚みは20mm程度なのですがヒューズボックス付近には固定できるような開いたスペースがありません。Y60サファリは大きな車輌ですが、こーいうトコロは軽自動車並みに手狭なのです(笑)。
別に見せるモノでもないのでインパネの裏側に僅かな平地を見つけて、そこに強力両面テープで固定しました。

41コントローラ
右に90°首をへし曲げて見てください(笑)。
哀本を差し込んで写したモンがあまりに見辛過ぎたので、コントローラを赤線で囲んでおきました。


43キーオープン!
キーオープン!
「ドガ!」

44キークローズ!
キークローズ!
「ドガ!」(笑)。

むふふ、コレで一挙にY60グランロードよりも大幅なる近代化を遂げたことになります。
なんせあの世代にはリモコンが装備されておりません。
今回取り付けた集中ドアロックはアンサーバックが無いタイプです。
しかし、この作動音で十分にアンサーバック(笑)。



でもリアの観音扉は手動ロックなんだけどね~(笑)。
ま、どーしても不便を感じたら別回線を組んでみるけど、そのためにリモコン2個持つのもなあ、、、(爆)。
今後の課題もちゃんと残すトコロが、くみちょう品質でゴザイマス(笑)。


  1. 2014/09/12(金) 15:06:30|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

歯完了

本日を持ちまして、我が歯の治療が完了しました(笑)。
いやあ長かった、、、マジで長かった。

思い返せば今年の春真っ盛りの4/21、その前々日よりのボクンボクンというような猛烈な痛みに耐えかねて、急きょネットで調べた歯医者に駆け込んだのが長き戦いの始まり(笑)。
電話口のオバサマのお声がなんとも優しかったので即決でしたが、考えてみれば当時の我が状況は”地獄で1000円の水を買う”ようなヤツだったかも知れません(爆)。

痛む歯は一本だけでしたが、歯のメンテナンスなぞ毎食後と就寝前の歯磨き位なもんで、歯医者で定期点検なんて思いもしなかったワタシ、当然他の歯も色々と問題ありまくりの様相を呈していたようです。
何度か通院して痛む歯の治療が終わると予定通り痛まない歯までもガリガリと削り取られ、詰め物が取れてしまったクレーターにさらなる奥への一撃(笑)。
まさに脂汗と声にならないうめき声の連続でした。
ガリガリ治療のための麻酔もかなり打たれました。
その注射は思ったほど痛くはなかったのが幸いでしたが、効きが弱いのか最深部に削岩装置が入るとさすがにイタイ!。

なんせ前日まで痛くもなんともない歯がデスヨ?、治療後にはヅキ~ンヅキ~ンと痛み出して何ともフクザツな心境に(笑)。
何度も通院をやめようと思ったのですが、コレも何かの運命、乗りかかった泥船です(爆)。
セカンドオピニオンもセルフ否定して結局通い詰めてしまいました。
まあクチコミ評判も丁寧と確実の羅列でヒジョーに良かったんですが、確かにこの歯医者は痛くないとはドコにも書いてませんでした(笑)。

そんな週一の拷問に耐えること19回、おかげで我が歯は全て健全な状態に復活です。
これからは年に一度はメンテナンスに来なさいと先生に告げられ、コピー用紙の卒業証書を頂きました。

「はのみがきかた」 (爆)

はあ、この通りに磨いてるつもりなんだけどなあ(笑)。

どんなに丁寧に磨いても、実は歯石は形成されてしまうらしいです。
なので、健全な歯の皆様も年に1度は歯医者に行ってメンテナンスを受けましょう。
一生自分の歯で飯が食えるように、今からちゃんと大切にしましょうね(笑)。

おおっ、珍しくマジメな記事だ!(笑)。




  1. 2014/09/01(月) 05:20:20|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する