組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

2014年の営業終了のお知らせ

ちょいっと早めなような気もしますが、こちらのお店、今年の営業を終了いたします。
また来年宜しくお願いしますでございます。

今年もなんだか色々とありました。
充実、といえば聞こえはヨロシイのですが、ナニヤラ「押し込んだ」感も無きにしも非ず(笑)。
ま、暇を持て余すようなコトは無かったのが幸いです(爆)。

昨年末にサファリDX号4号機通称ヨン様が我が家にやって来て、今年の前半はずいぶんと楽しませてもらいました(笑)。
素材としても最高なY60サファリですが、ドノーマルのバランスの良さや忘れかけていた舗装路の快適性(爆)に改めて目ウロコな日々、、、やっぱりサファリは止められませんなあ(笑)。
DX と奥様と


秋にはどーいうワケかY31セドリックセダンまで抱え込んでしまいました(笑)。
義父のクルマを譲ってもらったのですが、こちらもまた「文化」を感じる1台となりました。
いままで全く縁のなかった(近寄りもしなかった)「日本の高級車」とゆーカテゴリに初進出してみましたが、まさに独自の文化を歩んでいたのがセドグロだと思います。
パリッとしました(笑)2


もちろん、参号機もベンちゃんも健在です。
Y31からベンちゃんに乗り換えると、そのあまりの違いに未だにメマイが(笑)。
クルマとして優れてるのは当然ベンちゃん、あくまで日本独自の文化を固執してるのがセド君、なかなか面白いです。
参号機も相変わらずのスムーズ&パワフルで、こちらもDXから乗り換えるとココロが踊ります(笑)。
TBとTD、排気量も動弁機構も同じながら”ハレとケ”程も違うフィーリング。
同じはずのフロント窓越しのボンネットさえ違って見えてきます。

0169c4deea.jpg
ベンちゃん洗車


そんなこんなで2014年も暮れようとしております。
皆様に於かれましてはどのような年だったでしょうか。
天変地異に巻き込まれて大変だった方もいらっしゃるでしょう。
各界の著名な有名人も多くが亡くなりました。ご冥福を祈りますが、ワタシもソレだけ齢を取ったってコトです。
コレからは自分がアッチに呼ばれないように、身体や素行など注意せねばなりません。

どうか来年も良い年でありますように。
サファリ工務店一同、心より皆様のご多幸をお祈り申し上げております。




関係者各位
1/2伐採那須基地新年会
集合ヒトマルマルマル目安
伐採終了後札幌麦酒園ニテ宴予定
スポンサーサイト
  1. 2014/12/25(木) 23:15:32|
  2. 徒然日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

仙台へ

世間はクリスマス一色でどこへ行ってもソレ系の音とビジュアルで賑わってますが、うちは別にカンケーありません(爆)。
そんなもんで盛り上がっていたのは若かりしバブルの頃だけで十分でゴザイマス(笑)。
クリスマスなんて企業や店の陰謀ですよ!。キャツラに良い様に踊らされず慎ましく生きましょうよ皆様(爆)。

とゆーこととはまるでカンケーなくハナシは始まります(笑)。
仙台の電球イベントが始まってるとゆー情報をドコからか聞きつけてきた我が家のやんごとなき御方が騒ぐので、そぼ降る雨の中Y31セド君で駈け付けてみました。
しかもかなり急なオデカケだったので予定も何もなく、夕食の買い物帰りにイキオイでトーホク自動車道に飛び乗ってしまったようなカンジだったのですが、良く考えれば餃子市から往復すれば500kmはあろうかという距離なのですね(笑)。

しかしこの日は雨が降りやみません。どこまで走っても雨です。
キリッと細身で新品のスタッドレスで走っているとゆーのに、今日もまた雪を踏めません(爆)。
バリ山で無駄に飛沫を巻き上げつつ”登坂車線”を驀進します(笑)。
トーホク自動車道は北に行けばいくほど悲しいぐらいに登り勾配が続くのです。

高速道路にあるまじき、3速キックダウンだけでは足りずに2速まで落ちる事すらある非力すぎる黒塗りセダン(笑)、喘ぎ喘ぎ国見の峠を超えれば仙台はもう少し。
ガンバレガンバレとRB20Pを叱咤激励しながら、ようやく仙台宮城ic看板が見えてまいりました。
高速を降りて市内への渋滞トンネルを並び、いつも利用する県庁の駐車場に滑り込ませます。
諸官庁が似合うセド君ですが、本日は県庁に用事なぞ一滴もアリマセン(笑)。

しかし寒いです。雨です。屋外イベント見物としてはサイアクの状況です。
タマラズ高島屋に飛び込んでイルミネーション点灯時間まで暖を取りつつ、高級デパートのヒヤカシ攻撃(爆)。
ココでもクリスマス商戦が宴たけなわです。
姑息な売上を狙っているタカの目をした店員が、ナニかを勘違いした貧しい庶民の財布を激しく啄んでおりました(心象風景)。

点灯の時間は激しい雨(笑)。
屋根付きアーケードに群がる群衆。濡れずに見たい気持ちは解るけど、身動きが取れません。
ようやく人の流れが出来てソレに乗ると、急に目の前が空いて傘がさせるほどの空間率になりました。
この雨のせいか思ったよりも実際の人出は少ないのでしょう。
クリスマス目前の土曜日なのにこの天気、仙台にはかなり神に抗うヤツが居るんだな、と感じました(笑)。

1ひかぺ

久しぶりにD100を引っ張り出したので、珍しくでっかい写真を貼ってみました。
寒そうな気配が感じられるでしょうか?(笑)。
いっそ雪になってくれた方がずっと楽だと思うのですが、この日神の怒りは最後まで収まらず(爆)。

2ひかぺ

雨に傘で一眼カメラは無理あり過ぎなので、ケータイにチェンジ(爆)。
恥も外聞もクオリティすらも無いのが我が流儀(笑)。
でもさあ、画素数で言えばこっちの方が上なんだよなあ(笑)。

4ひかぺ

まさに「氷雨のページェント」(爆)、ココロの中の弱い自分から「もう帰ろうよ」の声が聞こえます(笑)。
せっかく来たのだからと強い自分が騒ぎ立てますが、この状況で意地張っても勝ち目はアリマセン。
自然のチカラにニンゲンはかくも無力なのです(笑)。

5ひかぺ

前回は機関車が静態保存されている公園まで行った記憶がありますが、今日はもう気持ちが萎えてしまって無理(笑)。
途中の交差点で引き返します。雨も同時にかなり強くなってきまして、本気で我々を追い返そうとしています。

途中、キリンビールの仮設テントで雨宿りしつつ、ウマそうにビールを飲む集団を横目に県庁駐車場へ急ぎます。
駐車場は入場待ちの長蛇の列が出来ておりまして、ワタシの帰りを心待ちにしていた視線が痛いのなんの(笑)。
セド君は儀式が必要なほど冷え切っておりましたが、暖気もソコソコに取り敢えずココより脱出。
ヒトを待たせてまで呑気に暖気できる程ニンゲンが出来ちゃいませんぜ(爆)。

3ひかぺ

国道4号線より定禅寺通りを振り返るの図。
次からは天気予報をよく見てからくるようにします(爆)。

この後再びトーホク自動車道に乗りまして、セド君の大嫌いな登り坂と大好きな下り坂を交互に味わい尽くし陸奥の地を後にしました。
外は刺さる様な冷たい雨の中でも、程よく豪華なクラッシックSVの室内はとても快適。
うちのはLPGキャブ車で非力過ぎるので速度維持のアクセルワークに貧乏ヒマなしなのですが、V30E搭載車は睡魔との戦いが激烈を極めそうだと感じました(笑)。

スタッドレスに風雨と条件は良くなかった状況で、高速道路ばかり500km走ってあと1メモリの燃料残。
ザックリ7km/Lぐらいかな?と思われます。
2速にすらキックダウンするフルスロットル登りが続きましたのでまあ上出来でしょう。
折角キレイだったのに思いっきり汚れてしまったのは少々ザンネンですが、ワックスがバリバリに効いてるので年末掃除は水洗いだけでいっか(笑)。

  1. 2014/12/22(月) 11:04:52|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セド君のキャップ

最近の今日この頃は風邪をひき―の、仕事忙しーの、葬式ありーの、雪も降り―ので全く身体が休まる暇がありません。
年末だから、と一括りにしてしまえばソレまでですが、何もこの時期に集中しなくてもといつも思うのですよ。
特に仕事、アンタ夏とか秋とかあったんだからなんで年末に標準合わせてくっかなあ?。
ホント次同じコトやったら縁切るかんね!(爆)。

つーわけで、それでもクリスマスはやってくるし正月も来るわけです。
とゆーことは雪も降りやがりますし、実際に既に北の方は積雪がありました。
ベンちゃんは3シーズン目だけどバリ山スタッドレス、サファリ共は夏からのM-55、そしてセド君は寝てたタイヤだけどド新品スタッドレスと準備はいつでも播但線。「悔しかったらドガッと降って来いやあ!」、と雲一つない青空に叫ぶのです(笑)。

その中でもセド君、前回のご報告ではテッチン剥き出し漢仕様となかなか日本海にフンドシ的なイデタチでしたが、このたびキチンとホイルキャップが付きましたことをまずはご報告。

プレジ用【ホイルキャップ左

どうすか?お上品にカラードキャップなどを装着してみました(笑)。
330セドでは定番だった足元ですが、Y31ではどうかな?と思ったところ、なかなかジェントルにキマッタような気がします。
ブツはモチロン日産純正、なんとプレジデント用のホイルキャップを流用です。

中心にNマークが入ってるだけで、特にプレジと謳ってるわけではないので大丈夫でしょう。
グレードは違えどそんなに痛くは無い流用のハズです(笑)。

プレジ用ホイルキャップでどうよ

このプレジキャップ、実はけっこう努力の賜物なのですよ。
某オクで4枚セットを落札しましたが、現物が届くとそのうち2枚はどう考えても使えません。
擦り傷ありとコメントはありましたが、いやエグレ傷だろコレ?な惨状に涙そうそう(爆)。
写真もワザとなのか鮮明ではありませんでした。
再びあと2枚を求めてネットの海に船出すれば、またまた某オクで4枚セットハケ~ン(笑)。
しかしこちらは正直にも、1枚割れあり、かなりの傷多数、との文面が。
ショップ出店だったので写真もご丁寧に鮮明(爆)。目ん玉ひん剥いて画面を見つめ2枚はイケる!と判断し落札。
ついに我が家には8枚ものプレジキャップが溢れたことになりますた(笑)。
そのうち4枚を厳選して、写真の様に実際の運用に当たらせてるとゆーわけです。

プレジ用ホイルキャップ右

この手のホイルキャップをわざわざ買ってまで装着したのも初めてですが、やはり「あったほうがイイ」と言わざるを得ない説得力がありますなあ(笑)。
かな~り車種を選ぶとは思います。まさかスカGにコレは無いだろうし、1500ccクラスでもオカシイでしょ。
フェンダーに対してタイヤが十分に細くて引っ込んでるのも大事な要素ですね(笑)。

どんどんオッサン化著しく進化するセドリック、次は禁断の白手袋?(笑)。


  1. 2014/12/19(金) 16:36:36|
  2. LPG車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初登頂成功(笑)

「何でこんな下町にこんなもん造るかなあ。」
と思いつつ、その勇姿には敬意を表しておりましたスカイツリー。
なんとココ乾瓢県からも晴れた日にはチラリと見える(場所限定)、ビックリ仰天な都内の構造物でもあります。
ワタシ達のような関東近傍の田舎者”だっぺよ族”には、宇宙から見える万里の長城ぐらい度肝を抜く規模なのであります(笑)。

つーことで、もはや信仰の対象でもある”日本一の仏舎利塔”(違うか!)に、このたび初登頂してきました(笑)。
思えば竣工してからというものの、その麓にある”ソラマチ”とかいう商店街には何度も足を運んではいましたが、塔に登るための信者の大行列には常に恐れ戦き足が竦み、ワタシにとっては万死に値する光景だったのです。

ところが先日の土曜日、仏舎利塔の目の前の飲食店に予約があったので食事を済ませて界隈をブラついていたのですが、一時期に較べるともう信者の数が圧倒的に少ないのです。
こんな土曜の夕方の、しかもバッチリ晴れで夜景需要もかなりあるだろうに、この空きっぷり、、、。
日本人の飽きっぽさに同じ日本人として苦笑するのと同時に、いわゆる「待った甲斐」を噛みしめる自分(笑)。
ようやくこの登頂の日がやってきたのです。

ますは第1段目までのチケット購入。2060円也。
それでも10分ぐらいは並んだでしょうか、ワタシにとっては限界ですが(爆)。
チケットを買った余韻に浸る間もなく、アレヨアレヨというカンジでエレベーターに押し込まれます。
揺れもなく音もなく、しかし速い!。
このまま成層圏を突き抜けそうな加速が徐々に収まってくると、350Mの展望デッキに到着です。

スカイツリー夜景

ふおう!なんと!(笑)。
これはもう羽田夜着便の飛行機の窓や(笑)。
それもそーですよねえ、既にこの目線の位置で東京タワーの先っぽを超えてるんですから。

スカイツリー夜景2

下々の者ども、我がために輝くがいい!(笑)。
ん~しかし東京はキレイですねえ。スカイツリーが埼玉に建たなくてホントに良かったと思います(爆)。


スカイツリー夜景3

隅田川沿いのアンダーシティ(爆)はちょっと寂しげですが、それでも餃子市タワーの眺めよりはマシ(笑)。


さてもうこれでも結構満足なんですが、やはり折角登った仏舎利塔(爆)、一番上まで登ってみたくなるのが田舎者の心情と言うモノ(笑)。
天望回廊と呼ばれる第2弾ロケットまで登るにはこのフロアでチケットを買わねばなりません。
チケットカウンターから伸びる行列も僅かなので、この機会逃すまじと最後尾のスリップストリームに着けます。
2~3分でカウンターのブサッとした野郎からチケットを購入、1030円也。
あまりこのクソがボソボソ喋ってるもんでチケットを取り損ねましたが、作り笑顔満タンのオネエサンが届けてくれました。
ん~バイトは選ぼうよ東武タワーさん。

こちらのエレベーターもさすがのクオリティです。
日本のエレベーター技術の粋を見せつけられます。

スカイツリーエレベーターの天井風景

エレベーターの天井がガラスルーフになっていて、青い照明の中を突き進むというギミックを見物できます。
ナルホドこれは面白い。まるでゲームの世界の主人公が現代世界からファンタジー世界へとスリップする、ベタなベタベタオープニング光景にクリソツぢゃまいか(笑)。

シューっと減速着床して音もなくドアが開くと、たぶん我が人生で経験したことがないであろうキメ細かい夜景がブバッと広がりました。

スカイツリー夜景上の階

はあ、まあ(笑)。
男子たる者「キレー!スゴーイ!」とかマヌケな感想はクチにしないもんです(爆)。
最上級の感動時は、「はあ、まあ」ぐらいしか出してはイケマセン(笑)。
なんにせよこの夜景、晴れててヨカッタのは間違いナシでしょう。

写真をいくら撮っても窓越しですからうまく写りません。
薄暗い室内とはいえ案内板の反射などもありますし、やっぱりこれは肉眼で見たほうがよっぽどヨロシイ。
天望回廊は床がスロープになっていて、窓枠の見切れがイイトコロが丁度お台場付近。
やるなあ大林組(笑)。

ココまで一人3090円、二人で6180円も掛かってるんだからと必死の形相で眺めまくってましたが(笑)、いくら綺麗でもそんな長時間の需要はアリマセン。
しかも本日は「土曜なのに営業的に大丈夫か?」と疑問なほどに空いております。
どこのポジションでも観ようと思えばいくらでも観てイイのですが、ニンゲンの慣れと言うのは恐ろしいものです。
たぶんワタシは都内の高層億ションでも二日で飽きるでしょう(爆)。
気が付いたら自然と下りのエレベータに乗っておりました(笑)。

ゴールデンタイムなのか少し賑わってきたような気がします。
ワタシ達はちょうど人の流れの端境期に当たったのかな?。

スカイツリー下の階

御本家の東京タワーに較べると、家族連れが大半です。
あっちはカポールが大半で、「ちょっとちょっと!なにしてはんの!」とゆー方々もいらっしゃって教育上良くないのですが、こっちは子連れでも安心ではないでしょうか(笑)。
まるで夏の海水浴に於ける湘南に対しての大洗みたいな?(笑)。
シンチクなのにイマイチ若さと色気に欠けております(爆)。

さて、このフロアに来たらやっておかねばならないコトを実践してきましょう。

スカイツリー足元覗くヤツ

あの足元がスッとするヤツです(笑)。
でも思ったほど面白くありません。枠が細かすぎる様な気がします。大林組ビビったな?(爆)。
これは日中のほうがイイのかな?夜はピンときません。


関東近傍の田舎モノが思わず手を合わせてしまう日本一の仏舎利塔、スカイツリーの登頂が無事に終了しました。
いろいろとギミックもあり~ので、まあそこそこに楽しめると思います。
ただ、1時間も2時間も並んで入るような施設ではない、とハッキリ断言できますので(爆)、あくまで空いている時を狙っての攻撃が有効かと思われます。
そして是非行ったからには最上階を陥落してクダサイ(笑)。
今度は日中の時間帯を攻めたいと思いますが、一人3000円出すとなると、、、、、。
築地で腹一杯スシ食えるんだよねえ(爆)。



  1. 2014/12/11(木) 09:52:19|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

情けないなあ

土曜日の深夜(とゆーか日曜日の未明)、上野発の終電で宇都宮駅まで帰ってきました。
終電なんて乗るのは久しぶりですが、運転手のヤツはもうこの後には電車がない安心感からか遅れ放題(爆)。
他の電車の遅延接続を待ってみたり、駅からなかなか発車しなかったり。
ま、そーいう救済列車があってもいいとは思ったんですけどね。なかなか面白いよね(笑)。

遅れまくりでもなんとか無事に餃子駅について、眠い目を擦りつつ連絡通路を歩いていたんです。
隣を歩いていた奥様が急に「うっ」とか言い出すもんで最初なんだか解らなかったんですケド、駅構内なのにタバコ吸ってるやつが前から歩いてきました。
無法喫煙は酔っ払いで2人連れ?みたいの傍らの中年不良風おっさんです。

ワタシ反射的に、
「おっさん禁煙だよココ」
と注意したんですが、急にこのオヤジは逆ギレして「ンダトコラアア!」とワケの解らない叫びを発してきました。
ワタシはココロの中で”やった!久しぶり!”と小躍りして、弾む心が隠せません(笑)。

でも奥様がいるのでどうしよっかなあ?と少々思案しつつも、もう一人の男の出方を見ていました。
2人掛かりだとやり方を考えねばならないからです。

「禁煙って注意したんだよ?」
と再度ゆっくり諭すと、不良おっさんは情けないことにホントいつも聞くフレーズを言うのです。
「お前はケーサツ官かよ!」
んじゃあケーサツ官だったらいうコト聞くのか?(笑)。
ケーサツ官よりタチ悪いと思うんだけど(爆)。
「あ、ジブン一般市民です!」(笑)。

その受け応えに激怒したオヤジ、ワタシの胸ぐら掴んでエレベーターの中に突き飛ばします。
ちらりと奥様をみると、ケータイを弄ってます。おっ、動画?サスガだ!(笑)。
ココロの中でさらに、”やった!あとはほら殴れよ、殴るだけだ頑張れ!”と応援するのですが、その後が続きません。
「えらそーなこといってんじゃねー!」
「うるせーんだよてめー何様だ!」

「何様だと言われても、オレサマだけど」(笑)。
いやもうクチは良いからさ、ほら早く手え出せよ!(爆)。

我慢しきれずオッサンを胸(とゆーか腹?)でグンと押し返す様にエレベーターの外へ身を乗り出したところで、後ろから来た別の仲間にワタシはガバッと囲まれてしまいました。
一瞬、ヤバい、チョーシに乗り過ぎた?コリャヘタすりゃフクロにされるかも?と思いましたが、その仲間はしきりに、
「申し訳ない!ほんとゴメンナサイ」
と言い出すのです。

つまりワタシとそのオッサンを引き離そうとして2人がかりで囲んだらしいのです。すごく絶妙なタイミングでした。
もう一人、ワタシが出方を伺っていた連れは向こうでオッサンを羽交い絞めにして、「まあまあまあ」と宥めております。
ああ、ツマラナイ結末のヤツやあ、、と急に気分が萎んでしまいました(爆)。

「あのバカに良く言い聞かせてくれよ」
と、仲間に言い残して失意の元に項垂れて去ることにしましたが、なんとなく情けない気分。

考えれば自分だって酔っぱらってマンション住民にメーワクを掛けたこともあったし、モチロンお店には数知れず(爆)。
良く覚えてないけど隣で無断にタバコ吸われただけで、店の外に引きづり出して半殺しにしてしまったコトも(核爆)。
そーいう行為はシャカイテキにあまり褒められたコトではないのは瞭然です。
反省すべきは自分の方なんじゃネーかと我に還り、急に寂しくなってしまったワケなのです。

今回は奥様も近くにいたので良心回路とゆー自制心が働きましたが、たぶんいなかったらケーサツ官を前に事情聴取は必須科目だったでしょうね(爆)。
暴力はその場スッキリしますが(爆)、事後処理が本気で面倒です。
もうこーいうことはヤメようと思っていたはずですが、こーいう”チャンス”を望んでる自分がちょっと情けない。
もうオトナです。初老です(笑)。合理的に物事を”俯瞰”するコトを覚えねばなりません。

コレから年末、いろいろと宴会予定も詰まっておりまして酒を飲むことも多くなる筈です。
家庭の為にも自分自身の為にもグッと気を引き締めていかねばなりません。

ちなみに、奥様はケータイで動画録ってたのではなく、一生懸命110番をしてたようで(笑)。
でも全然電話に出なかったらしいのです(爆)。
ナニやってんだか日本のケーサツ!。
いや今回はソレで助かったけどさあ(爆)。


  1. 2014/12/08(月) 09:46:47|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テッチンスタッドレス

最近のお気に入りセドリックY31号ですが、そろそろ本格的な冬支度とゆーこともありスタッドレスタイヤにチェンジしました。
しました、で終われるほど簡単でもなく、まずはそのホイル探しからスタートしていたのです(笑)。

秋口にセド君を受理してからアタマの中にあったのは、冬場のタイヤのことでした。
実はタイヤそのものは既に入手済みで、セド君にピッタリサイズのデッドストック品を隠し持っていたのです。
コレの入手経緯は話せば長いのですが、要約すれば「間違って買っちゃった」(笑)。
アレは某オクでした。サファリ用のスタッドレスがないかな?とタイヤの出展を徘徊していた時のこと。
当時のワタシはナニを狂っていたのか、新品の6.40R14を7.50R16と間違ってポチってしまったのです(笑)。
入札してから気付いてももう遅い。こんなサイズ誰も競わないし一人で落札しちゃうし商品は届くし、ものの見事にオクの罠に嵌ったワケです。ま、よく見れば気付く程度のミスなのですがね。

当時はランサー君とティーダ君が乗用車チームとして活躍してましたが、さすがに6.40R14なんてサイズは履けません。
手軽に譲ってしまおうかと仲間の普段クルマに記憶を巡らせても思い当たる節もありません。
ま、いつかは使うかも、という気持ちで厳重にビニールに包めてサファリ部品鳥倉庫へ何年もブチ込まれていました。
なのでココに来てようやく日の目を見た、という奇跡なのです(笑)。
捨てなくてヨカッタヨカッタ。

トコロが、タイヤは在ってもホイルがありません。
14インチだろ?そんなのテキトーなアルミでも見繕って履けばいいじゃん、とお思いでしょうが、今どきPCD114.3mmの5穴なんてなかなかお目にかかれませんよ。昭和世代の旧車の世界ですよソレ(笑)。
しかもですよ、この当時の日産はやけにマジメで頑丈で良い製品を作りやがりますので、ハブ系がデカいんです。
少なくともY31セドグロに履かすには、センター穴は70mm以上ないと装着できません。

ココまで日産純正に拘ってきたので今更ミョーチクリンなアルミホイルも履きたくないし、ココはオトコらしくテッチンにするかと決めて更に”絞り込み検索”(笑)。
幸いセドグロタクシーは全国でまだまだ活躍してます故に、思ったよりも流通は有りそうです。
しかし車輌的に使い古される運命にあるテッチンなので、なかなか個人が利用していいようなコンディションがありません。
そんな中でようやく見つけ出したのが、下のテッチンホイルです。

lixo456-img600x450-1413329570d5ybur10955.jpg
なかなかキレイでしょ?
オク入手でしたが県内ご近所の方だったので引取りに伺い、なので送料が掛かりませんで安く手に入れる事ができました。歪みもなく錆もなく、コンディションはグッド。

lixo456-img600x450-1413329570ykjvts10955.jpg
こちら所望のサイズです。ハブ径も実測77mmとクリアです。

さてコレに組み合わせるのは先程のデッドストック品のスタッドレスですが、銘柄は以下の通り。
TOYO OBSERVE WP-1 forTAXI 
久々に日の目を見るソレは、ビニールで厳重に梱包して仕舞った時のまま、バリ付きバリ山でいつ来るとも解らぬ出番を待ち続けていたのです(笑)。

でもナンダソレ?なタイヤですよね。
今のTOYOのHPにはOBSERVEという銘柄は存在しますが、6.40R14という表記はアリマセン。
たぶん皆mm単位表示に改められたのでしょう。

タイヤの組み付けはいつものイキツケタイヤ屋さんにお願いします。
手組みはもうコリゴリだし、DIYではバランスまで取れませんからね(笑)。

そして組んで貰ったモノがこちらです。

0 4本新品未使用品(デッドストック)
いや~、テッチンに肉厚タイヤ、しょっぺえなあ(笑)。


1聞いたことのないメーカー
先にご紹介したようにOBSERVEという表記があります。最初コレがメーカー名だと思ってしまいまして、「なんじゃそら?隣国?ブラ汁?」など怪しい製造元を想像してしまいましたが、よく見りゃTOYOさんでホッとしましたとさ(爆)。


2 640R14タクシーサイズ
サイズの表記です。タクシーサイズですが、商用車の様な6PRが少々不安。サイドが硬くて乗り心地が悪くなるかも?。


3外径は少し大きいケド、ほそ
夏タイヤのファイヤーストンFR10 205/65R15と較べてみますと、外径は少々大き目ですがトレッドの細さが良く解ります。
ん~いいね!。冬タイヤはこうでなくちゃ(笑)。
バリ付きバリ山の新品なので、溝も深くて好戦的な面構えです。今のところは(笑)。

さてでは履き替えてみましょう。
テッチンなんてほんとに久しぶりですが、14インチのせいか案外軽いな、と思いました。
少なくともサファリのテッチン+750R16の半分以下でしょう(笑)。
いえいえそんなもんではありません。夏タイヤの15インチシーマアルミ+FR10よりも軽いではありませんか!。
つーか、全てにおいて重すぎなんだよ日産純正アルミ(爆)。


4ますます怪しくなりました

5ホイルキャップが欲しい

「ジ、こちら港24号車、ヒトヒトイチマルにガサ入れ開始します」。
「まて24号!応援をま」。
ドキュンドキューンパンパンパーン!(笑)

憎むべき敵対組織の手先の車輌に酷似してしまいました(笑)。
このままでは右向きの事務所前に信号停車しただけで殉職してしまうので(爆)、現在日産純正ホイルキャップ物色中なのです。




  1. 2014/12/03(水) 14:27:34|
  2. LPG車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マタハラ?

小冊子が送られてきた。
マタハラに関するドータラコータラ(爆)。
だいいち、マタハラって、ナニ?(笑)。
股に関するハラスメントかいな?そりゃ大ごとだ(核爆)と読み始めてみると、いわゆるマタニティ(妊婦さん)への攻撃、ということらしい。
しかし悲しいぐらいに偏差値が低いこの日本社会(爆)、こーいうトコロにも表れてツッコミどころが満載だ(笑)。

気を付けねばならぬのは何気ないヒトコトなのだとか。
上司「子供のコトを第一に考えてクダサイ」なんて発言も、マタハラらしい。
おいおい、ソレってすっげえ良い上司じゃんかよお~!(笑)。
ドコがハラスメ~ントなのかオジサンには解りません。
よ~するに、古い価値観「女性は家庭に入る」「子育ては女性の仕事」を匂わす発言はNGらしい。
つーかさあ、んじゃあオトコに負けまいとバリバリ働いて一生独身で定年迎えて、、、で、その幸せはどこにあるんよ?(爆)。

あとはまあ一瞬は納得できるマタハラで、職場でシカト攻撃するとか妊婦なのに重たいもん持たせるとか、保育園に行かねばならないのに妨害するとか早退時に嫌味を言うとか、、、当然そりゃダメとも解るけど、でも良く考えてみましょうよ。

イマドキ余裕のある職場なんてそうザラにはなくて、みんなギリギリの人数で回してんじゃネーかと思うんだよね。
そんな時に「保育園行ってきま~す今日戻りませ~ん」じゃ、残された職員は実に大変だよ。
クチを開けば恨み節も出てくるだろうから、ソイツにクチをきかないってのも何となく解る気がする。
もちろんそんなこと解ったトコロでシカトはやっちゃダメだけどね。オトナとして。
ワザと重いもん持たせるのは論外としても業務上どうしてもやらねばならぬことが出来ないならば、もうその職場を自ら去っていただくしかないと思うんだけど、その考えが既に立派なマタハラになるんだろう。
クチには出さないけど、みんな上司はそう思ってるよ(爆)。

で、ソレを避けるために「じゃあ軽めの部署に動くか?」と提案することもマタハラらしい。
軽いお仕事で給料が減る、慣れない仕事で困る、他部署に移る精神的負担が、、、ナドナド。
もうどーしろちゅーんじゃ!?(笑)。

どうしてこんなに幼稚園児を扱う様な社会になっちゃったんだろうなあ~。
世の中は女性の社会進出でドンドン男子社会が隅に追いやられてる節が無きにしも非ずだけど、↑の例もあるように無理矛盾や非効率がまかり通ったら、会社はオロカこの国の将来はどうなっちゃんだろう?。
基本的に女性は社会生活に於いても感情優先で物事の本質を見抜けず、自己犠牲の精神も薄い他者依存型の考え方が多いのだから、やはり国を挙げての女性活躍推進は間違ってたんじゃネーかと(爆)。

もっとカンタンに言えば、 「オンナにはムリ」(爆)。

いやあ、コレは叩かれるなあオレ(爆)。


  1. 2014/12/03(水) 03:54:23|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する