組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

イスラム国

イスラムに実態の無い国、イスラム国の横暴が続いている。
ワタシら自由経済主義からみればそう見えるのだが、果たしてホントに横暴だろうか?。
彼らの考えたかは「やったらやり返す」が基本だ。
で、最初に「やった」のはコチラ。
「やった」「やり返した」「だからやり返した」「くそう今度はコッチだ」「おおう痛恨の一撃、ならばこれはどうだ」(笑)。
ずう~っとそんなのが続いているので、今や正義がどちらにあるのかなんてどうでも良くなった。
そんで自由主義はイスラムの敵になり、敵の欲しいおコメの国のカッコウの餌食となった。
最初に「やった」ヤツが一番悪いとすれば、やっぱりビートルズの国とおコメの国だろうな。
もちろん一緒にツルるんでる俺らも同罪だ。

だからといってイスラム国を許すわけにはいかない。
なんにせよ我々の生活基盤がある自由圏西側諸国の”敵”だから、そりゃ徹底的に世界から排除すべきだろう。
武力に武力で解決はしない、とカッチョイイこと言う人もいるけど、話し合いで解決できないから闘ってんだろ?。
じゃあ、経済で戦争すればどうか?。それはトンデモネエ数の一般市民が犠牲になる。飢えは死ぬよりツラい。
やっぱり武力を武力で制圧するのが一番犠牲が少ないのかも知れない。
しかし、イスラムの兵士は戦士だが、おコメ国の兵士にそんな美学は無い。
市民だろうがなんだろうがソコに居たヤツが悪い。お手軽空爆で涼しい顔で人殺しをするんだよね(爆)。

まあそんな話はどうでも、そんなイスラム国に好き好んで(としか思えない)行った日本人が2名ほどいるようだ。
一人はサクッとヌッ殺されたみたいだけど、そいつは民間軍事会社社長とかいう戦争好きなヤツなのでオッケー(核爆)。
日本の平和ボケがイヤだったんだろうけど、勝手な理由で武器持ってそんなトコに行けば殺されて当然。
もう本人の口から語られることもないだろうが、当然納得づくめで死んでいっただろう。

問題はもう一人のジャーナリストの方。
コイツは↑の消息安否を確かめに、とゆー理由でイスラム国側へ突撃したらしいが、きっと自分の取材が第一の目的だろう。イスラム側にも人々の生活はあるし、ソレを世界に紹介したかったんだろうと思う。
このジャーナリスト、こんな場所へ行くのだから腹は括れてるのかと思った。
事前に残したVTRにもそんな旨を残していたのを報道で見た。ちょっとだけ、サスガだとも思った。
ところが、いざ自分の番になると命乞いが始まった。
もちろん言わされてるのかも知れないし、画像が本物とゆー確証もない。
しかし誰もがこう思っただろうよ。
「オイオイお前、、、(爆)」。

イスラム国側の要求はテロ行為で死刑囚となってる同胞の釈放と引き換え、とゆーことらしい。
交渉のルートはヨルダンみたいだが、ヨルダンも昨年の12月に落っこちたヒコーキのパイロット君が拘束されている。
だから自国の人間を優先したいだろうな。しかもとっ捕まったパイロット君は軍人。
帰ってきたら使えるし、ドコゾのジャップの興味本位なヤローは後回しにしたいだろうな(爆)。
死刑囚はアッチにお返ししても、おコメの国にお願いしてお得意の空爆で市民もろとも殺してしまえばいいしね(爆)。
なんで日本国は交渉窓口をトルコにしなかったんかなあ?。
イスラム国が経済的に一番アテにしてる自由圏窓口はトルコなのになあ、、。
このあたりに疑問は残るけど、日本国政府には人質救出よりももっと重くて黒い思惑があるんだろうね(爆)。

で、気分が悪いのは日本の報道各社。
社説諸説本音じゃない解説など当たり障りのない事ある事をホザいてるのはまだ良しとして、なんでこのとっ捕まったジャーナリストの母親とか出しちゃうかな?。狙いはなんだなんだ?。報道ってのは全部ワイドショーなのか?。
そんでまたこの母親が「なんとか殺さずにしてけろ」とか”平気”で訴えてるし。
この一家は日本人じゃないのかな?(爆)。
もし仮に俺がイスラム国に同様な状況でとっ捕まったら、生粋の日本人のうちの母親はこういうだろう。

「世間を騒がせて申し訳ない。息子の自業自得だから政府も各国も何もしないでいただきたい」と。

さてこれからどーなるのか目が離せない。
今現在、2015年1月末だけど将来この記事を見返して、「そんなことがあったなあ」とぼんやり振り返ることが出来るのか、「アレが発端だった」なんて事件に発展して世界がどうにかなっちゃってるのか、それは神のみぞ知ることだろう。

願わくば無事人質の交換が済んで、その後の報復のための空爆及び武力制裁にて素直にイスラム国の武装解除が進み、中東イスラム圏経済の大きな商会として機能してくれればいいのになと思う。
そうすればもっともっと原油も下がってガソリンも安くなる、、、かも?(笑)。


スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 00:11:44|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

空撮用タケコプター 実食。

先日お伝えした空撮用タケコプターですが、風の弱い穏やかな日に飛ばしてみました。
風が弱いと言っても無風ではなく、時折南よりブワッと吹き付ける2~4m(体感)の風がありましたが、このクワッドコプターという形状がそうなのか、搭載された6軸ジャイロが高性能なのか全く不安なく操れます。
いくらRCヒコーキを齧っていたとはいえ、空モノラジコンの初検でココまで安定して飛ばせる機体は珍しいです。

しかし、上空に上げると前後左右がさっぱりわからん(笑)。
派手に舵を打って挙動で判断するしかないです。
一応、向きを示すLEDがあってペラの色が区別されているんですけど、見えるワケねーじゃん(爆)。
前後が解る範囲(半径10m以内)で遊んだ方がイイかも。
小っちゃいからすっげえ不安だし(笑)。

いちお、これが静止画撮影画像。

空撮 20150125

何が何だかよく解りません(笑)。
やっぱり動画が必要ですな。
YOUTUBE動画でご覧ください。



時折回転音が不安定になって機体がフラつくのは仕様ではなく(爆)、ワタシがわざとやってます。
思った通り、やっぱりクワッドコプターにオートローテーションは無理みたい(笑)。
つーことは充電切れれば即墜落とゆー、まことに解りやすい仕様であることが判明しました。
低い高度からスロットルオフで落してみたりもしましたが、やっぱり舵は効きません。
もしコレが実際のノリモノだったら、この特性はこえーなあ(笑)。
6軸ジャイロが高性能なのか、電池さえ許せばいつまでもホバリングしている安定性があります。
ただ、動画的にはゼンゼン面白くないですね(笑)。

自宅に体育館がある方じゃなくとも(笑)、このように微風環境であればちゃんと屋外でも飛ばせます。
一度の充電で4~5分は飛行できますが、予備バッテリを2~3個用意すればもっと面白いでしょう。
空モノRCが初めての方にも、ベテランの息抜きにもピッタリ(笑)。
京商eggクアトロックスEYE、なかなかおススメのオモチャです。

  1. 2015/01/26(月) 00:02:15|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

空撮用タケコプター

久々のラジコンモノのご紹介です。
しかもオモチャなの?。いえいえ、れっきとした4chの飛行物体です(笑)。

京商のクワトロックスアイとゆー、空撮が出来る4枚ペラの飛びモノを買ってみました。
専用プロポがついて約1万円とかな~りお得。
カメラも付属してるので、マイクロUSBを指せばお手軽に空撮が可能なスグレモノです。

image.jpg

なんかカニっぽい(笑)。
でもこの手のオモチャヘリにしては大き目。だいたい本体が300mmぐらいです。

付属品も充実。
USB充電器とローターガード、専用リポバッテリ、マイクロSDを読むアダプタ、なぜかプラスドライバー(笑)と予備ローターまで付いてきます。

何でそんなもん買ったのか?と?(笑)。
ホントにねえ、いつまでもガキなもんで(爆)。
まあ言い訳的には、「那須基地の屋根状況を調査する」なんてワザとらしい理由もあります。

先日、お正月大伐採会でスッキリした那須基地周辺ですが、その際に屋根と樋も掃除しました。
屋根に落ちた葉っぱや枝が腐って土になり、かなり降り積もってました(笑)。
植生も発生しててもはや人工地盤?とシャレにならぬ状況でしたので、こりゃ定期的に確認しなきゃなんねーなあと思っていたのです。
しかしその都度、あのユニック式高所作業車を突っ込むのは大変。もちろん借りてくるのもタイヘン(笑)。
なので、空撮ヘリ導入と相成ったワケです。
オモチャが欲しかっただけじゃねーか、と言われればハイそれまでです(爆)。

プロの空撮でも最近は良く使われているクワッドコプター(ローターが4つついてるモノ)。
クレーン車不要でかなりお手軽に上からの映像が撮れるので、ギョーカイではかなり重宝してるようです。
RCエンジンヘリの様にヤカマシクもなく、電動でお手軽で安定性が良いってのも利点でしょう。

早速家の中でちょっと飛ばしてみましたが、超久しぶりの空モノに苦戦(笑)。
ヒコーキは散々ヤリまくりましたケド、実はヘリは初挑戦。
プロポ操作はモード1なので一般的なRCと同じなのですが、上下コントロールとピッチ(アタマの上げ下げ)の兼ね合いがウマくいきません。
練習あるのみ!なんでしょうね(笑)。

ウマくなれば空撮画像なぞをご紹介できると思います。
壊れるのが先か、上達が先か!?(笑)。


  1. 2015/01/22(木) 11:45:51|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

遊び用のメガネを買ってみた

昨今いろいろと安売りのメガネ屋さんが乱立しておりますが、ワタシはSWISSFLEX(スイスフレックス)命のNO浮気でココまでやってまいりました(笑)。
コレは軽さ、しなやかさ等申し分ございませんが、唯一の欠点がプラレンズ専用なので傷が付き易いんです。
仕事では殆ど画面を見るだけ(爆)なので問題はありませんケド、遊びの時はいろんなことをするので乱雑に扱ってしまうために、やはり状況に合わせたメガネが必要だろうと思っておりました。

先日のお正月、奥様を待ってる間にJINSという町中ドコにでもあるメガネ店で時間を潰しておりました。
ワタシは顔巾が広いので53□とか54□のメガネはダメなんです(笑)。
ちなみに**□の表示は数字のデカいほうが幅広タイプの枠になり、メガネのツル部分に記載があります。

で、その店でふと見かけたメガネの枠が気になって、手に取ってみると58□と良サイズ(笑)。
おお、イイねと掛けてみますれば、まあそんなにオカシくはないわなレベルで気に入ってしまいました。
しかもレンズ込みで1万円とちょっと、とオイオイ猛烈に安いではないれすか!。
スイスフレックスなんて一本作れば5~6マンの世界なのに、こんな価格破壊があってもイイのだろうか!と改めてブツをじっくりと眺めてみます。

sports_detailph02.jpg

鼻当て部分なんかの作りは値段相応、でもゴムっぽい弾力性のフレームは少々重いながらもソコソコ頑丈そう。
そりゃそうです。いままで空気の様に軽いメガネばかり掛けてきたんだから致し方ありません。
メイドインチャイナが気になりますが、用途が用途なだけに気にしないこととして購入することに決めました。

老眼は若干来始めておりますが(笑)、近眼側の視力は落ちてなく今のメガネで十分。
なので検眼はせず、度数や乱視補正などをスイスフレックスと合せて貰います。
検眼データが無くとも実物から採取できるそうで、なんとも便利な時代になりました(笑)。

で、どうせ遊び用だからと+¥4000で偏光レンズにしてみました。
メガネ歴30数年、実は初めての偏光レンズです。

img_ccl_03.gif

透明からケッコウな暗さまで変化するようです。
面白そうです。こーいうギミック大好きです(笑)。
ただ、紫外線に反応するタイプなのでUVカットガラスのクルマに乗った時には偏光しない、とのこと。
そんな高級車は家には無い!(爆)と豪語して店の人にとりあえず失笑を買って発注。
一般的なモノは90分でメガネが出来てしまうJINSらしいのですが、このレンズと度数だと2週間掛かると言われてしまいました。
つーか、コッチはたった2週間で出来るあたりがスゲエな、と(笑)。
メガネを作るってフツーひと月ぐらい掛かるのが当たり前かと思ってました。

で、金曜日に引き取ってきての週末着用のインプレッションです(笑)。
謀らずも購入した用途にはドンピッシャでございます。

まず、やっぱり重い、、。
慣れるしかありませんが、半日ぐらいではダメで違和感なくなるまでは1日掛かります。
毎日は使わないので慣れ切るまでにはいったい、、、(爆)。
スポーツ型の枠なのでツルに耳のフェンダーカーブ(笑)が存在しないのも違和感を助長します。
懸念していたずり落ちは気にしなくとも良さそうです。

室内では色も透明のままなので見え方は変わらず、視界には違和感がありません。
買い物がてら外に出てみると、徐々に色がついてくるようで特にサングラス感はありません。
しかしカーブミラーに自分の姿を映してみると、結構黒くなってるのに気が付きます。
あ、怪しいヒトがこっち見てる(笑)。

奥様が温泉へ行きたいとゆーのでベンちゃんを飛ばして隣町へ。
あ、そうか、ベンちゃんはUVカットガラスだったと今更に気付くバカひとり(笑)。当然メガネ色に変化なしです。
う~ん、運転に楽だと思ったんだけどなあ(笑)。

ワタシはメガネがないと生活に困るので、お風呂でも温泉でも共に入ります。
視覚がアヤシイのも困るのですが、それ以前に顔の一部なのでよ~っく洗ってやらねば気が済みません(笑)。
新品とはいえ中華品(爆)、日本人の目になるにはソレなりの禊は必要です。

内風呂でうふぁあ~っと揺蕩ってる時には問題はなかったように思います。
露天風呂はちょっと問題です(笑)。
まず先客がジロジロ見ます。いったい俺のナニが気になるんだ?ナニか?人並みだと思うが(爆)。

十分に堪能して屋内に戻ろうとしたその時、ふと窓に映った我を見ますればサングラスにフルチンの男が写っておるではないですか!(笑)。
これは、たしかに怪しい!!(爆)

偏光レンズ愛用者はこーいうシチュエーションの時にどーしてるんでしょうか?
やっぱり着用しないんでしょうか?ヘンなところが気になります(笑)。

とは言っても圧倒的に目が楽ですね。
連続して掛けいると暗くない(気付かない)のでサングラス効果はそれ程でもないように思いますが、とても視力に余裕があることが解ります。
しかも家でテレビを見ているメガネのままピーカンのゲレンデに行っても大丈夫(だろう)なのはこの上なく便利。
ちなみにベンちゃんからセド君に乗り換えると、UVカットもクソもないガラスなので余計に目が楽(笑)。
逆光でサンバイザーを降ろすことすら忘れるほどです。

結論。
偏光レンズメガネはとても便利だけど、仕事と公衆浴場ではヤメたほうがイイかも(笑)。



  1. 2015/01/19(月) 12:07:22|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

富山に氷見の寒ブリを食しに行く

寒ブリ、それは寒い時にしか食えないブリ(笑)。
特に能登半島は氷見の寒ブリは絶品らしいと聞いて、この冬幾星霜の夢を実現させてきました。
超早起きしてヒタスラ高速道路を走って走って、、、、いやあ雪にビビってサファリ出動したけれど、案の定大したことナイじゃん(笑)。

上信越自動車道

やっぱりベンちゃんで来ればよかったか?。楽だし速いし、、と後悔が過ります。
しかしココまで来てしまったらもはや速いも遅いもありません。
必要なのは信頼性のみ。その点はサファリ君実に頼もしい!(笑)。

3日本海とdx

北陸に入ると雪はすっかり消えて、冷たい雨つまり氷雨がバッチバチと演歌歌手某ヒロシのお捻りの様に飛んでくるのみ。
先日降ったらしい雪が路肩に少々あるだけの、なんとも寂しい光景です。

途中時間調整のために下道を走り回ったりして、富山へ到着。
やはり富山市内には雪のユの字もありません。
この日の午後からは例の富山在住悪の薬剤師T君と観光する予定なので、まずは待ち合わせ場所のホテルにて合流。
その後フェラーリより速い(当社比)エスティマで一路小松方面へ(笑)。
アクセルの残量に容赦ないT君の操縦にて、気が付けば小松。富山からって、そんなに近かったの?(爆)。

まずはヒコーキ好きのワタシを知ってか、小松空港隣接の航空博物館へ。
こんなオモロイ施設がなんとタダですがな(笑)。

4小松の航空博物館

くふ~、至福の時ですがな。
この後激ムズのF15シュミレーターでオッサン何十年ぶりかのマジ真剣(笑)。

鬼教官
F15戦闘機にて国防を担う為に鬼のような指導を受けている、、、わけではありません(笑)。

夢中のオッサン

なんとかミッションクリア(笑)。ラジコンでも真剣にやってれば役に立つんだと実感した次第です(爆)。

触るなと書いてるのにあちこち触りまくるオッサン2名

さらにサワルナと書いてあるのに触りまくりオッサンたち(爆)。
カネと地位があるだけにガキよりタチが悪いのです(笑)。

次はダンプを見に行こうと小松の駅前へ。
ダンプが駅前?。改修工事でも手伝わされるのかな?(笑)。

これは、山かい?

コレはなんじゃい!(笑)。
目の前に現れたのはマンションでもビルでもなく、紛れもないダンプ。
巨大なベッセルを上げた姿はもはやジドウシャという概念を超えて、神のオーラさえ感じます(笑)。

425圧巻の930え

コマツ930eとゆー世界最大級のダンプ野郎。ガイコクの露天掘りで活躍してるそうですが、なんと無線操縦の無人君。
そんな劣悪な操縦席じゃないような気がするんだけど、アッチのダンプの運ちゃんは優遇されてるよなあ(爆)。

426圧巻の930えのタイヤ

踏まれたらイチコロ(死語)のタイヤ。よくみると80扁平なので、うちのサファリどもの85扁平よりは近代的なお履き物となっておられます(笑)。一本4860kg(爆)。バネ下荷重がどうのこうの言うヤツは出てこいや、と挑発的な重さとなっております(笑)。

さて、目にモノ見せて貰った次は、さらにマニアの巣窟「日本自動車博物館」へれっつらごう。
この間に食事を摂りまして、最近薬剤師T君の毒牙に掛かって陸船教から強制改宗されたK君と合流(爆)。
彼の幸せな陸船ライフは一転して先の見えないサファリ沼へと引き摺り込まれたのです(笑)。
そんな彼のサファリは奇跡の個体と言われるコンディションのY60ウルトラマンカラー、もちろん教祖様の悪の経典の教え通りにAugはジョン製の”ぐらい堂ターボ”が鎮座しておるのです。

で、K君と別れてから本日のメインディッシュへ(笑)。

詳しい内容はサブ局の 「番外編日本自動車博物館 第2.5夜」 ←クリック
にありますので割礼、もとい割愛(笑)。

ヒトコトで言えば、ココは天国(笑)。
クルマ好きならば是非詣でるべし!です。

この後どんどん山方面へ入り込んでいくエスティマとT君、次は秘湯へご案内だそうです。
しかし着いた先はどうみても工務店とゆーか、材木屋とゆーか、、、。確かに秘湯だわ(笑)。
でもお湯は最高に素晴らしく、我が温泉経験の5本の指に入るアルカリ泉でした。

お湯を堪能した御一行、次の目標を金沢観光に定めて市内に突撃です。
時間がないため車窓観光となりましたが、その早回り速度はギネスにも認定されるんじゃないかというぐらい(笑)。
しかも見るべきところはほぼ網羅してるという完成度の高さに、後日密かにビビるワタシでした。

高速道路を疾走しつつ富山市内に戻り、悪の老舗菓子屋のUさんと合流。
そしてこの旅行の目的である、「氷見の寒ブリ」を遂に頂くお店に到着です。

8寒ブリの謝肉祭

ブリシャブ、シャブは最高うえっへへへ(爆)。
シャブ中の気持ち解るぜえ、、こりゃタマランわい。
と、ヒトのカタチを保つのにも一苦労するぐらい、ウマいのです!。
もちろん刺身でもイケますが、ササっと油が落ちるシャブは最高。
ポン酢でアッサリ味で頂きます。ウマいウマいと言いますが、そんな表現では納まらない味なのです(笑)。
Uさんに大感謝です。

この後、僅かの恩返しにでもなればとUさんの中学生になる娘さんの進路指導会を開催。
しかし酔っ払いのオヤジが若者の行く末を惑わしただけ、とも(爆)。
まあ聡明なお嬢様だったので大丈夫でしょう。

ホテルに帰り本日のツアー終了ナリで、悪の薬剤師T君と悪の老舗菓子屋Uさんとはココで解散。
酒も飲まずに縦横無尽にエスティマを操ってくれたT君に感謝、まだ旬一歩手前(後で知った)だというのに氷見の寒ブリを用意してくれたUさんに感謝です。

ホテルに着いた後は少々飲み直した後、睡魔が大量に押し寄せてタッチダウン(笑)。
朝まで記憶がなかった位、すっかりと寝込んでおりました。
せっかくなのでご自慢の大浴場で朝風呂を浴びて、これまたご自慢の朝飯ブッフェを喰らって、イザ出立。
本日の攻略ポイントは、「カニ」(笑)。

新湊きっときと市場(名称そのまんま)とゆートコロにやってきましたが、カニはあまり良い物がありません。
富山市内はこんなもんだあ、という魚売りのオヤジの言葉を信じ、ここは買わずにスルーです(爆)。
意を決してR8号を北上、一路能生を目指します。

R8号は親不知を超えてから雪になり、ようやく私の思うこの時期の北陸っぽい景色になりました。
糸魚川を超えて能生の道の駅に到着。隣接するカニ屋で物色して結構安めのお値段でサービス含めて5杯ゲット。
やっぱりカニは能生だな、と(笑)。
他魚介をクーラーボックス一杯に仕入れて、本格的にサファリの舳先を母港に合わせます。

ココまで来るとルートがいろいろあって悩みますが、時間もあるので糸魚川まで戻ってR148を下ることを選択しました。
途中、白馬周辺で渋滞が予想されますが、夏に来たときの経験から横道でかわせそうな気がします。

10小谷付近

小谷付近で堪らずフロントにも働いてもらいます。
フロントが駆動されたサファリ君はまさに鬼に金棒、ビールにウマい棒です(笑)。
ロングホイルベース+四駆の有難味がようやく発揮できました。

予想通り白馬周辺から渋滞の列が始まります。
よーするに板を積んだ都会ナンバーの乗用車が、どーいうわけか20~30km/h走行であちこちで大名行列を作っているんです。「つーかさあ、走れないなら来るんじゃネーよ」、と改めてイマドキのニンゲンの浅はかさを思い知りました(爆)。

当然付き合う義理なぞありませんので、すかさず脇道へ。
白馬~青木湖周辺はこーいう道があって助かりますが、もちろん除雪は、「あま~い!」(笑)。

白馬の渋滞を避ける

むははは、最高じゃないか!(笑)。
サファリを引っ張り出してきてヨカッタ―(嬉)。
積雪は約300mm、もちろん前も後ろも動くモノ皆無のヨダレモンステージです。
4H4速で快調に飛ばしますが、時たまググッと抵抗を感じる部分は吹き溜まりになっているのでしょう。
ぶっといシュプールを付けながら四駆乗り冥利に自惚れていると、最後のR148との交差点からH2ハマーがツイテきました。

青木湖の湖畔道路に差し掛かると、除雪はさらに甘くなってグッと抵抗が大きくなります。
サファリも3速から2速とドンドン失速して遂にはローレンジ(笑)。面白くなってきました。
積雪はちょうどバンパーに触るぐらいでしょうか、雪が軽くてまだまだスタックする気配はアリマセン。
目の前に吹き溜まりのような雪山発見。これはこのままではちょっと無理かと停車して様子を伺います。
後ろをついていたはずのハマーは遠くの視界の隅あたりでバックしているようです。うんうん、そのハマーではダメ(爆)。
賢明な判断ですが、ワタシの賢明はここをぶち破るコト(笑)。
何度かバック、前進を繰り返してのチャージングで、ボサッと除雪された交差点に文字通り躍り出ました。
除雪で押された雪と吹き溜まりでちょうど雪嵩が増していたようです。

その後は左上から寄り添ってくるR148に合流、ショータイムは終了してしまいました(笑)。

松本に近づくにつれ雪もなくなり、天気も雨に変わりました。
松本トンネルをくぐり三才山有料を抜ければ、もう小諸です。
ちょっと休憩がてらに「あぐりの湯こもろ」で立ち寄り湯を済ませ、一路家路へ急ぎます。
碓氷バイパス付近で積雪がありましたが、それ以外はもう完全なるオン、ロード。
サファリ君のハレの舞台は終了してしまいました。

宇都宮基地に着いたのは22時。
能生を出たのが午後ちょっと回ったぐらいだったので、思ったよりも時間は掛からなかったようです。

明けて次の日は成人の日。
もー午前中からカニ三昧(爆)。
いやあ、ウマかった~(笑)。
甲羅に酒を入れてだね、こう内側をコソゲ落してだね、グビビビっとだね(笑)。
くき~っ!!、最高やないかい!(爆)。
やっぱりカニは日本海産がイイですね~。

次は春の金沢詣が予定されております。
北陸新幹線開通と我が家には全く接点がありませんので、うちのベンちゃん新幹線で行く予定です。
既にナンチャラとかゆー宿が予約されているとか(笑)。
最近はナニヤラ越中に縁があるようです。


  1. 2015/01/16(金) 04:38:45|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

新年あけましての2015年、冬休み中の活動報告(笑)。

正月休みが終わってしまいました。
新しい年になったことよりも、そっちの悲しみのほうがデカいです(笑)。

珍しく9日間と大型連休となった冬休みでしたが、昨年末からそりゃ色々と遊んでおりましたぜ。
まずは「セレブ系宴会」と称して溜池のなんちゃらヒルズで忘年会。
実はコースのお支払いがセレブではなかったので料理はイマイチでしたが(爆)、高級ワイン呑み放題に完全に取り込まれました(笑)。

2良きお店

喰い散らかしてアデオス!(爆)。

1喰い散らかし後

その後、ギロッポン汁図のテンボー台へ酔った勢いで出撃。
これで東京都内6名山の登頂が叶いました(笑)。

3ギロッポン汁図より

この日のトキオは冷たい雨が降っておりまして、視界はイマイチ。

4ギロッポン汁図より

ま、縁起物だから(笑)。

ちなみに都内6名山とは、
旧ロウ人形電波塔(東京タワー)
下町仏舎利塔(スカイツリー)
石原タワー(都庁)
ギロッポン汁図(六本木ヒルズ)
お台場大ワッパ(パレットタウン観覧車)
池袋斜陽ビル(サンシャイン60)

だとワタシは思ってます(笑)。
異論お待ち申し上げております(爆)。


そんな登山の次の夜には自衛官の若い友人がケッコンするとかしないとかで(爆)、我が家へ年末のあいさつに。
体調はヨロシクなかったけど、上官の命令なのでなんだか結構飲みますた(笑)。

共同作業

防大卒は世間もなにも知らないのに入隊時には定年で辞めたヒトよりも階級が上になってしまうのは僕は間違ってると思いますはい(爆)。

続いて毎年恒例の、某店へ年末の挨拶兼昼食兼世間話。
ここへ来ると半日は使ってしまうスローフードのお店ですが(笑)、この非効率な空間がまたヨシなのです。

1てんから

2てんから


飯の途中で雪が降ってきましたが、それもまた風情。
いくら新品スタッドレスを履いてるとはいえ、セドリックで帰れるだろうか?という点は心配です(笑)。
ま、日本国中セドのタクシーは走ってますからね。

3雪セド

ダムまで行ってみたけど、そんなに積雪はアリマセン。

4雪セド

死蔵品とはいえ、新品スタッドレス。
効き目はバッチリ?(笑)。

5スタッドレス




右往左往してるうちに大晦日。
那珂湊に魚介類買い出しへ。
カニはダメだったけど、新鮮過ぎるサバや激ウマのマグロ赤身が入手できました。
そんな最高素材を摘まみつつ紅白ダメ合戦を見て、往く年来る年を見て、さだまさしを見て、うんちして寝ました(笑)。

1/1には珍しく二荒山へ初詣。
奥様が着付けを習得したので着物着たくてしょうがないみたいで、そのクダラヌお付き合いです(爆)。

お正月的な


朝からオデカケまでに2時間待たされて、初詣で延々並ばされて待たされ、某きもの店に寄るとかで待たされ、トニカク待たされた日でございました。新年早々泣けます(泣)。

1/2は恒例の那須基地裏山伐採大会。
今年は同町で仕事仲間のi君が、ユニックの先にバケットが付いた高所作業車を持ち込んでの盛大なる伐採となりました。
四駆界では某親子が駆け付けてくれて、思うままにチェンソ―を振っておりました。
おかげで裏山はきれいさっぱり。

裏山伐採事変1

ここまで来るのに結構大変。
予定では午前中に終えて午後はビール園で新年会だあ!と意気込んでいたのですが、夕方5時までバッチリ作業(爆)。
ま、こんな機会でないと上空の伐採は不可能ですから、気の済むまで太い枝を刈ってもらいます。

裏山伐採事変2

下で落ちてきた枝をバラして片付けるの図。
肉体的には実にこの作業が大変。
寒いし腹減ってるし、皆様ゴクロウサマなのです。

裏山伐採事変3

おかげでスッキリ!しました。
積年の懸案事項だった我が家の屋根への攻撃が根本から解消されました。
あと10年は大丈夫でしょう。
ご参加の皆様、ホントにありがとうございましたなのです。

1/3は奥様の実家へ。
いつもながらに酒を飲まされます(笑)。
義父が造った税法的に公に出来ない白濁した飲料をゴンゴンと注入されます。
セドリックを譲ってもらった手前、無下にはできないのでドンドンと飲み干します(爆)。
脳内ハードディスクに不具合が生じて記憶が定かではありません(笑)。

1/4はお仕事準備と工事立会い及び、1/10よりの富山行きに合わせての準備を執り行いました。
この時期の富山、この時期の北陸ですから、やはりサファリを出撃させないとイザと言う時に生き残れません。
ベンちゃんもセド君も良く出来てはいますが所詮FR。雪の塊一個で前進できなくなってしまいます。
DXヨン様にチェーン、引っ張り道具を押し込んでハイリフトジャッキと角スコを背負えば、完璧な怪しい車輌となりました(笑)。

ジャッキとスコップ

忘宴会でサヨナラしてしまった先っちょミラーも治しました(みんカラサブ局に記事あり)。 
リンク先 「新年営業開始のお知らせと、サファリ先っちょミラーの件」
これで準備は万端です。

さて今年はサファリ的には参号機をメイン機に活躍して貰うコトになっております。
DXヨン様は2月よりしばしの休眠、そしてTB復活の狼煙が上がりナニヤラ穏やかではない1年になるかもですね(爆)。
セド君はこのまま継続、ベンちゃんも奥様の脚として活躍することでしょう。
しかし気になるのはガソリン・軽油の値段の行方、、、このまま安いレベルで維持して貰えるとありがたいのですが、、、。












  1. 2015/01/05(月) 03:32:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する