組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

お台場”旧車”天国(笑)

さてカテゴリを苦情→オデカケへシフトザヒーチャーして、楽しい旧車の天国をゴホーコクしましょう。
たぶんこの手のクルマイベントでは日本一の規模だと思われ、あんなのやこんなのやスンゲエのからヤッベエのまで色々です(笑)。
その中でも2015年の最大トピックスは、なんと我がロクノニ総務ブチョーTのFJ40號の出展でゴザイマしょうや。
つーか、ジッサイ旧けりゃなんでもいいのかよ?(爆)。

まずはそのFJ号から。
会場入りして早速駈け付ければ、当の本人はションベン行列で不在。次回はおまる持参決定か?(爆)。
7お台場ぶちょー - コピー
高尚な旧車に囲まれ、ここだけ空気が異質(笑)。
8お台場カンバン
カンバン盾まで用意しているのがちょっとイタカナシイ(笑)。

1お台場戦車
ヨンマルはこっちのほうがよかったんでないの?。

2お台場やきいも
有名な金時焼き芋の芸術センチュリー。時価600円とゆー高級焼き芋を頂きましたが、マジウマでびつくり。
ただのキワモノではアリマセヌ。

3お台場ポインター
ウルトラ~セブン♪吐いた―セブン♪(笑)のポインター。ベース車までホンモノの劇中車を使ってるので、もうこれはホンモノといっても差し支えないでしょう。貴重文化遺産認定です(笑)。

4お台場デコトラ
もちろんデコトラも立派なジャパニ文化。この豪華絢爛な装飾は神社仏閣関連にも通じる和の雅を感じさせます。
しかしスゲエ。2トンでここまで飾り込んだのは初めて見たよ。

5お台場日野コーンマース
日野コンマース。FFトラックの先駆け的な存在っすね。ここにあるなんて奇跡です。

6お台場ロボット - コピー
ロボットレストラン(笑)。某所歌舞伎町で有名っすね。ここにあるなんて奇跡です(笑)。
ちなみに呼び込みに吸い寄せられてソージューしてるのはうちの奥様(泣)。

7お台場痛車 - コピー
痛車のイタ車とゆーシャレをやるのに、ん千万円のフェラーリンかよ!(笑)。

9お台場デカっ羽ね
190Eのデカ羽根つき。Cクラスの祖先はこんなにも尖ってました(笑)。ランエボやインプのニッポン車デカ羽根属と違うのは、可動式のフラップが付いてること。
まさに「空も飛べるはず」BYスピッツ(爆)。

10お台場マルに
ビーエムじゃありません。ベンべです(笑)。マルニはベンべと呼称しましょう。

11お台場れがちー
この初期レガシィ、RSのステッカーチューンかと思いきや、マジモンのRS-RA!。
元RS-R乗りの義務として舐め回す様に見倒してキマシタ(笑)。

14お台場161
ヨンク率が低いのがちょと残念なイベントなんですが、やはり名車は現れます。
皆様ご存知(知らねーよ)サファリVR161様です!。
しかも餃子ナンバーで、しかも売り物(爆)。35マンエンだそうで誰か買いませんか?(要レストア)。

16お台場闇市
旧車イベントにつきものの闇市(爆)も賑わってました。

19お台場117
懐かしの117クーペ。しかも赤!いいねえ~、学生時代を思い出すねえ(笑)。
当時はハンドメイド以外は価値なしのド中古車だったんだけど、今となっては角目も立派なコレクターズアイテムです。

21お台場新車のようなSJ10
まるで新車のSJ10。キレイ過ぎて一瞬タイムスリップしたかと思ったとです(爆)。

22お台場謎の飛行物体
この日のお台場は宇宙からの使者に常に監視されておりました(笑)。
皆気付いても気付かぬふりしてたけど、一体なんだったんだ?。

30ゲージュツ的なL型
旧車見物の醍醐味はL型にあるとこの際言い切ってしまいましょう(笑)。もうコレは一つの伝統芸、来世に残すべき芸術作品ですよ。ドコにも隙がありません。

31こちらもキレイなL
Lはノーマルでは牛のように眠たいエンジンですが、3連キャブとハイカム組んでガソリンと空気をドバドバ喰わせれば狂ったように走り出すのです(爆)。
つーか、ニッサンのロッパツはみんなそうじゃん。ディーゼルですらも(笑)。

32 まけじとL型
430セドに至宝のようなL型!。当時では考えられないような組み合わせです。
ブラボーがナイスなハラショーでまっこと素晴らしい!(笑)。

32使途不明2CV
なぜかブラウン管の小型テレビを積んだ2CV。いろいろな怪しげグッズ満載で完全個人世界仕様車でした。

33町の遊撃手
そっかあ、もうこのジェミニも出展範囲に入っちゃうんですねえ。赤イルムシャーてのがまたイイですなあ。
オヤジがアスカのイルムシャー乗ってたなあ。当時のいすゞのターボはいわゆるどっかんターボで面白かったなあ(笑)。

34二千じーてーの小で
日本の至宝2000GT、ですが、なんか小っちゃいぞ(笑)。

35MBにジムニーをおしこんだ力作
このMB風ジープ、実はジムニーに”被ってる”そうです(笑)。確かにシフトとかジムニーでハンドルの位置も変だったわ(爆)。
しかし超力作なのは間違いありません。信頼性も5倍ぐらいアップグレード?(笑)。

36ぽーたー
ポーターテールで有名なポーターくん、地を這う様なシャコタンでオシャレです。
このサスでは縮み側ストロークは皆無でしょうから、まったく荷役には向かない軽トラとなっております(爆)。

37たてべん
白タテベンは280CE。うちの350Eの御先祖様ですね。思わず合掌(爆)。

38このごった煮感が
某メーカーお墨付きクラブ枠を除き、お台場旧車天国は他の旧車イベントのように車種ごとに並べるなんてことをしないのが特徴(笑)。
このごった煮感がなんとも面白いんです。

39トミー開ら - コピー
コレなんだか解ります?。ワタシは解りませんでしたよ。まさかトミーカイラだとは、、、。
フロントが短くてカワユイのですが、ミッドには凶悪なエンジンが。

40反則エンジン - コピー
凶悪なエンジンといえば、このクラバンもなんだかオカシイぞ(爆)。

まだまだたくさん興味を引いたクルマがあったんですが、キリがありません(笑)。
すでにページも尽きてるので(?)、最後はワタシの好きなセドリックで〆ましょう。

43セド

42せど

41330

この後、430→Y30→、そしてうちの車庫番長(笑)Y31と繋がります。
やっぱりどことなく通じる雰囲気はありますよね~。
Y32?33?34?ナニソレ?(爆)。

久しぶりに本気洗車
Y31参考写真(笑)。


とまあ2015年の旧車天国、ソレなりに楽しんでまいりました。
来年も開催されることを切に願いますが、、、、どうかなあ?(爆)。



スポンサーサイト
  1. 2015/11/26(木) 00:00:10|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お台場旧車会天国2015(泣)

毎年恒例の「お台場旧車天国」へ今年も詣でてキマシタ。
カッチョイイ旧車を堪能してソコソコ満足してましたが、不満も山ほどタラタラなのです(笑)。

いっか、主催者よく聞けよ(爆)。

まず、会場は喫煙場所を限定して歩き煙草とか許すな。
副流煙とかはどうでも、ガソリン臭いヤバ目の単車とかあったぞ。
各ブースでも吸わすんじゃネーよ。バカタレが!(爆)。
火が出たらマジ終わるぞ。

ほんで常にドヤカマシイぞっきー君たちにちゃんと規制を与えろよ。
いっそ手に負えないんならK札でもなんでも入れろや。
旧車天国であって、旧車会天国じゃネーだろ?(爆)。

23お台場族車天国

まさか駐車場(私有地)だからって無責任野放しじゃねーだろーなあ?。
出口にオマワリ張り付けて公道出た瞬間に一網打尽にすりゃいーじゃんか。
どーみても公認じゃネーゾ(笑)。

25お台場残念天国

だいたいコイツラは旧車とかクルマとかたいして好きじゃネーンだよ。
こんなに機械に苦しそうなイデタチにすること自体、見え見えジャンか。
爆音ばっかでトルクはみんな空高く逃げていくし、ノーサスで踏めねえから速くもねえし、単なる自己顕示のファッションなんだろ?。マジで元ネタがカワイソ過ぎんよ。

24お台場バカ丸出し天国

ま、5万歩譲って(爆)コレもジャパニーズジドウシャの遺産として認めてもイイケドさ、集まったら大人しく駐車してろよ。
集団でチョーシこいてチョッカンのタケヤリ吹かすなよ。いい歳こいて情けね~よホント。

このまんまじゃ周辺の店舗とか買い物、観光に来た一般客からバッシングの嵐で、マジで旧車天国ごと終わる。
確実にそうなるっしょ。だって確実に毎年増殖してんじゃん。
既にコイツラにとっては当時のグラチャンとか初日の出ボーソーみたいなイベントになってんじゃねーの?。
実行委員会さん、八重洲出版さん、主催者としてイチクルマ趣味人としてこーいうのすっごく残念じゃネーの?。



とまあ苦情はこれぐらいにして、本文は次回に(笑)。



  1. 2015/11/25(水) 13:35:37|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Eベンちゃんと行く雨のヨコハマ

最近の週末はいつも雨なので、出掛けるとなれば雨の中ばかり。
せっかくピカピカに磨かれて11日に納車されたE350ブルーテックですが、この土砂降りで汚すもの忍びないなあと思いつつも、
「なあにかまうもんか!」(爆)

とゆーわけでまずはオデカケ前の給油の儀から。
インター近くのスタンドで「軽油」をゴンゴンとクベていきます。
11/14現在なんと89円/L!。レギュラーも下がってますが軽油はさらに安い!。ウレシイですねえ~(嬉)。
約50リッター呑み込んでも5千円札からオツリが出るなんて、なんとも久しぶりで感慨無量(笑)。

そんな感情に浸っていても、ベンツの給油孔は給油ノズルの径に合った細さにカバーされているので吹きコボシがありません。
こーいうトコロ、サスガだなあと思うのです。

高速に乗ってガンガン踏んでみますが、さすがアウトバーンのお国出身。
ディーゼルターボらしく過給が本格的に掛かってくるとタコの針とスピードの針が一気同時に右側へ(爆)。
とてもクチでは言えない速度からでもさらに伸びようとするので、慌てて右足を緩めます。
「なんじゃこら?(笑)」と笑いが止まりませんが、これがイマドキのディーゼルってヤツなんでしょうな。
ディーゼルは重くて眠くて回らない、なんて本気で過去のお話のようです。

Eべんちゃんエンジン

100km/hでは1500rpm回るか回らないか。
まるでバス並みの回転数ですが、ココからゆっくり踏むとキックダウンせずにスピードを上げていきます。
トルクの塊みたいなエンジンですね。
本国では2トン半もあるSクラスや3トンもあるGクラス(日本導入済み)にも同じエンジンが載ってますので、Eクラスの2トン弱はまだ負荷が軽い方なんでしょう。なんとも「恐ろしい子!」(笑)

LPGのセド君やTDサファリのように登坂車線にお世話になることもなく(笑)、7速のまま一気無抵抗に坂を駆け上がって気が付けばサイタマ県も終わってもう首都高入口ですわ(爆)。
これではメンキョが瞬殺されてしまうので、レーダー探知機と右足の抑止力強化は必需なようです(笑)。

首都高も目立った渋滞もなく、葛西から湾岸経由でシュルリと横浜まで到着してしまいました。
外は相変わらず雨ですが、空調の効いた室内ではそれすらもどーでもいいカンジ(爆)。
唯一、撥水剤の効いたフロントウインドを撫でるワイパーが多少ブルって音を立てるのが気になる程度です。

当然、駐車場に停めればあとは雨の中を行かねばなりません(笑)。
意を決して傘をさしてまずは本日の目的地、日産本社グローバルギャラリーを目指します。

1日産ぎゃらりー

サスガ大都市横浜みなとみらい地区、殆ど雨に濡れずに現着できまして、まずはプリンスR380がお出迎え。
これがメインディッシュとも知らずに横目で素通りするトコロでした(爆)。

3日産ぎゃらり

地方ディーラーじゃまずお目に掛かれないGT-Rもフツーに触れます。
2回ほど乗ったので新鮮味はないんですが、イタリアンスーパーカーに匹敵凌駕するクルマが”たった”1200マンエンで買えるとは、日本車ってお買い得ですよね(笑)。

あとはあまり見てもしょーもない(爆)モノばかりで、しかも展示台数があまりに少なくて期待ハズシ。
新興国向けのダットサンなんて並べて貰ってもなあ、オレらシロートにはピンと来ねえよなあ(爆)。
ドコゾのお台場みたいに(笑)、生産車種全て並べるぐらいの気合いが欲しいっすね。

この後インドアで事足りる辺りをみなとみらい線でブラブラ。
たまには地下鉄利用もいいもんです。雨降りは特に(笑)。

ちゅーか街

でもちょっと消化不良だったので、帰りは都内経由で。
若干詰まり気味の横羽線でようやく「レーダーオートクルーズ」を試してみました。

おーとくるーずちう

まずはフツーのベンツのオートクルーズのように左側上のコラムスイッチを手前に引くと、今の速度が維持されようとします。
速度の設定はコラムスイッチを上下するだけですが、レーダー付きが違うのは前走車がいれば設定が例え200km/hでも前のクルマの速度で追従してくれるコト。その際の車間距離はこれまたコラムスイッチを回すボリュームで調整するんです。
前のクルマがいなくなると、途端に設定速度に上げようと意外な程加速しだしてちょっとビックリ。
再び前が詰まってくると、、、、おいおいおい!ブレーキ!!と焦ってペダルを踏んでしまってリセットしてしまいました(笑)。
車間調整が一番短くなっていたようですね(爆)。
このあたり上手に使いこなせば右足の疲労度はかなり低減されるでしょうが、クルマ操作の中で一番重要なブレーキ扱いまでも自動にしちゃっていいんだろうか?と、昭和のオッチャンは一抹の不安を拭いきれません。
その後、車間を調整したり設定速度を変えたりといろいろとやってみて、ようやくチョットだけ安心して使えるようにはなりました。
しかしまだペダルの傍には脚を用意してないと不安です。
う~ん、ちっとも楽じゃない(笑)。

Eべんちゃん

以下諸元
エンジン型式 642
最高出力 211ps(155kW)/3400rpm
最大トルク 55.1kg・m(540N・m)/1600~2400rpm
種類 V型6気筒DOHCICターボ (ディーゼル)
総排気量 2986cc
内径×行程 83.0mm×92.0mm
圧縮比 17.7
過給機 IC付きターボ
燃料供給装置 電子制御燃料直接噴射(コモンレール)
燃料タンク容量 80リットル
使用燃料 軽油
環境仕様
10モード/10・15モード燃費----km/リットル
JC08モード燃費 12.4km/リットル


今回は高速道路主体でしたが、15km/L近い燃費で走ってくれました。
なんとカタログ値のJC08モードを上回っています。
仮に70リッター使うとしても、1000kmは無給油で走れる勘定になりますので遠出は安心ですね~。
しかも単価の安い軽油なので、ナンダカンダと距離を乗ってしまう我が家には良い選択だったと思われます。




  1. 2015/11/17(火) 06:10:09|
  2. W212
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2代目ベンちゃん

いよいよキマシタねえ(笑)。
2代目ベンちゃんことメルセデスベンツE350BLUETEC、昨晩(11/11)に納車になりました。
真っ黒な車体は当然ながら磨きこまれて、夜が暗い餃子市では保護色じゃねーか(笑)。
もちろんボディコーティング済み。コレやっとくと後々便利なんで最近のマストアイテムです。

夜なので写真はありません。
週末辺り出掛けんじゃネーかな?と思われるので、その時に全容を記録いたしましょう(笑)。
まだキレイなうちに(爆)。

あっちの放送局(笑)には書いておるのですが、実はこの次期ベンちゃんはカテゴリでいえば中古車。
型で言えばいっこ前(笑)。よ~するにちょっと古いんです。
2012年式となりますが、なんとなんとのその走行距離1万キロ!(爆)。
それでも発売当時は”倍”していたお値段が今や半分なんですから、そりゃ笑っちゃいますよね。
もちろん”倍”といってもかるくCクラスの新車が買えてしまいますが、、、。

今の新車も、中身は嫌いではありません。
しかしもれなくあの「波動砲」グリルが付いてきてしまいます。
うちの初代Cベンちゃんのような横線基調+フードマスコットの俗にいうエレガンス顔はもうありません。
そしてワタシ、どうにもあの波動砲ヅラは馴染めません。あのツラは一部超スーパーベンツにだけ許されるアイデンティティーだと思うのです。もちろん一生縁がないヤツです(笑)。
そんなに大々的にベンツマークを宣伝しなくとも、ベンツはベンツなんでもっとお上品にしましょうよ(爆)。
それが証拠にお上品が売りのSクラスセダンには波動砲はアリマセン。しかしとても買えません(泣)。


なので実は水面下で密かにいっこ前のEクラスを物色してたんですが、このたび上記のような出物がハッケンされてまんまと飛びついた、というワケなのです。コレを逃したらまさに末代の恥!(笑)。
当然波動砲なしのグリルにフードマスコット、Eクラス特有の4灯ライトにナマコ(爆)じゃないキリッとしたスタイル、、、どれをとっても新型EやCよりも魅力的に思えてしょうがありません(爆)。
(自画自賛で我田引水で末期バカなので新型オーナーの方は気にしないでクダサイ)

メルセデスお得意のディーゼルも今や2本もエンジンラインナップがありまして、もちろん小さい方でも十分なトルクを発生させてます。
たった2.2リッターでなんと40kg越えのトルクって、あんた一体、、、と絶句するような性能なんですが、実際に乗ってみるとけっこう線が細い。とゆーか回さないと数字並みの”怒涛”が出てこないカンジなんですね。
ガソリンだけ知ってる乗用車ユーザーであればスンナリと受け入れられるでしょうが、こっちはサファリのTDで散々ディーゼルテイストを植え付けられてるんで(笑)、こんなもんじゃあ納得しませんよ(爆)。
とゆーわけで、少々税金がお高いのですが3リッターのディーゼルを選んだ次第。
もちろんトルクも50kg越えなんですが、それよりも排気量なりのゴマカシのない図太さがあります。

そして目玉商品(笑)として拘ってみたのが、レーダーセーフティーパッケージといういわゆる”ブツカラナイ装置”です。
既に国産車でも主流になりつつある装備ですが、たぶんエアバッグと同じで保険の値引き対象にもなってくるんじゃないかしら?。
それにワタシもあと何年かすれば50歳です。ヨワイ50ですよ!(笑)。自分でビックリしますわ(爆)。
今は目も歯も髪もフツーの反射神経も整ってますが、そのうち弱るに違いありません。
歯と髪は運転に差し支えないとしても(爆)、目と反射神経だけは弱ってしまったら困りますよね。
もっとも歯は全部治療済みだし髪も禿げる気配がありませんが(笑)。

最近あって便利だな、と思う装置にオートクルーズがあります。
遠出するとなれば高速道路移動がアタリマエとなってしまった今、アクセルの右足を開放できるのはヒジョーにラクということに気付きました。そんなもん、装備されてたって使わなかったもんなあ(笑)。
ただ、フツーのオートクルーズは単なる速度維持装置。アクセルをフンズケテくれるちょっとアタマのイイ漬物石みたいなもんです(爆)。
今回のヤツはもうちょっと(いやかなり)アタマが良くて、レーダーで前走車に追従してくれるタイプなんです。
さらに側方から後ろ後方の監視もやってくれちゃって、最悪はブレーキ制御で進路まで変えられるとゆーブツケヨウにもブツカラナイようなシステムが付いているんです。
でもちょっと怖いっすよね。コレ誤作動し出したらどうなっちゃんでしょうか?(笑)。

とゆーわけで、かなり鳴り物入りで我が家の一員になった黒ベンちゃん、取り敢えずは奥様の通勤の足として毎日活躍するでしょう。
趣味車(笑)は3台もありますので、普段の実用に耐える(外観含む)ベンちゃんは鍋釜包丁と同じ生活必需品。
ま、確かにちょっと贅沢ではありますが、ソレなりに長く乗るつもりなのでその点は無問題(としてください)(笑)。
この国じゃまだまだ当分ガソリンよりも軽油の方が安いだろうし、ランニングコストも安く済むことを願ってます。
なにより実用車は安全で快適なのが一番です。


  1. 2015/11/12(木) 03:09:31|
  2. W212
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

悲惨なそば祭り

11/8に常陸太田で開催された常陸秋そばフェスティバルとゆー催しに行ってまいりました。
うちの奥様が先月辺りから騒いでいたヤツでして、天気は朝から雨ながら行かないという選択はどうやら無いようです(爆)。

常陸太田に近づくにつれて雨脚が強まります。
なんでしょうこの運の悪さ(笑)。
もっともワタシは前日サファリ遊びを堪能してきたので大きな声で文句が言えません。
行いが悪い、とはまさにこのコトでしょうか?(爆)。

この蕎麦祭りはかなり規模がデカいようで、全国から色々な蕎麦が出店されておるようです。
しかし会場には駐車場がないみたいで、指定された駐車場所からシャトルバスが出ている模様。
案内看板に導かれるまま着いた先の駐車場は、雨の日にまったく最適なドロッドロにヌカるんだグラウンド(笑)。
ワタシは硬いトコロに運よくセドリックを停められましたが、どう見ても自力で出れないだろ?と思われる泥沼にも残念な先客多数が、、。
たぶん、マニュアル通りに端っこから停めさせていけと駐車場整理係に指示が出てるんでしょうが、いやはや何ともなあ、、、(爆)。


シャトルバスに揺られるコト10分程度で会場に到着。
雨脚もさらに強くなって、傘なしでは瞬間ずぶ濡れになってしまう程です。
まだ開場して30分ぐらいしか経ってないハズですが、しかし各ブースにはそれでもかなりの数の行列が形成されておりました。
自分達を棚に上げ、「こんな天気に来るなよ」とボヤきつつ傘つきの人混みを避けながらまずは食事場所の確保から。

巨大な仮説テントが2基用意されてました。
しかしアタリマエですが既に屋根の下は満席状態でごった返しております。
人混みの大嫌いなワタシはもう途端に踵を返したくなります(笑)。
奥様すかさず他人のメーワク顧みずにガンガン進撃して、ギリギリ雨に濡れない外縁側2議席を確保。
さすがオバチャンパワーなのです(爆)。

役立たずのワタシは席取りでお留守番(笑)。奥様は出店ブースの行列へ再突撃していきました。
何人もの人に「ここ空いてますか?」「もうすぐ空きますか?」と尋ねられます。
残念ながら「ゴメンナサイ」するしかありません。
ひとり強引にオバチャンがワタシのカバンを押しのけて隣に座ってきましたが、文句言う前に奥に知り合いを見つけたらしくケタタマしく去って行きました。

常陸太田そば祭り2

とにかく土砂降りにも関わらず凄いヒトの数、、、これって晴れてりゃ逆にもっと修羅場になったってコト?(爆)。

ようやく奥様が蕎麦を抱えてご帰還。
常陸秋そばとゆーノボリが立っていたトコロで買ったらしいです。
たった3クチで500円。ん~かなり旨いんだけど正直高いのか安いのか解りません。

常陸太田そばまつり

この他にも温かいけんちん蕎麦600円などを頂きまして、もう限界とソソクサ退散。
外で濡れて立ってる人達を尻目に、長時間テントの下に居座るつもりは毛頭アリマセン。
用が済んだら次のヒトに席を譲るのがニンゲンとしてサイテーのマナーだと思うんですが、とっくに喰い終わったのに長時間ダベッてるヤツらの多いコト多いコト。

場内一周して取り敢えず秋そばフェスティバル完了!(笑)。
再びシャトルバスに乗り込むべく、発着場所で待機しますが待てど暮らせどバスが来ません。
時間はまだお昼前なんで運行の振り分けが少ないのでしょうか?。
雨降りのせいかワタシらの後ろにも帰りたい人たちの長蛇の列が出来てるというのに、その点に関してどうやら何の配慮も無いようです。
しかし、お昼になって続々とバスから降りてくる来場者の数も半端ではありません。
雨も多少は小振りになってきたカンジですが、それでも傘が無ければ大変な状況なのに、です。

このイベントへの来年リピート、たぶん、絶対無いでしょう(爆)。
ワタシの偽らざる正直な感想は、 「二度と来るかバッカヤロ~」です(笑)。





  1. 2015/11/09(月) 00:39:15|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

11月冒頭

相変わらず忙しい日々です。
んが、せめての休日ぐらいはちゃんとエンジョイしようと11月冒頭は4連キュー(笑)。
有給は効果的に使ってこそ有給です(爆)。

とゆーわけで、10/31はまず会社のゴルフコンペに。
約1年ぶり?と超久々にクラブを握りますが、果たしてタマに当たるんでしょうか?(笑)。
フツーは焦って前もって練習とかするもんなのですが、最近はそれすらも(爆)。

結果は、、、、まあ三ケタいかなかっただけでも良しとしましょう(爆)。

開けて次の日、県内某所にてギターの練習(笑)。

某所でれんしゅー

練習とはいっても目的は防音室で大きな音を出すことなんで、テクニック向上なんて気持ちはサラサラありません(爆)。
ドギャ~とかグギャ~とかは卒業しましたが、やっぱりマンションやフツーの民家でエレキを気持ち良く弾くのは気が引けます。

ブゲラとマッチレス

マッチレスのクリーンサウンドはスバラシイのです。となりのブゲラってアンプも心地よい鳴りデスね。
もちろんどちらもチューブ(真空管)アンプです。

もちろんヤツも

もちろんコイツも(爆)。ま、ズガガガもギュルギュルも卒業したので今回は触らなかったケド、直差しフルゲインで一気に不良ギターに逆戻り(爆)なんで、健全ギタリスト育成委員会から危険アンプと認定されました(笑)。

結局朝からこのシミツ基地に入り浸って酒を飲んでしまい、家主と果てしないセッションで盛り上がって全記憶飛ぶ寸前まで遊んでしまいました(爆)。何時に帰ったのか細かいトコロをよく覚えてません(笑)。

次の日は奥様がお仕事だったので休みのワタシは基本ヒマだった筈なんですが、先日のT大戦からドロドロのままだった戦車を洗車すべく雨降りにもかかわらず合羽を羽織って朝から奮闘(笑)。
ついでに那須基地まで移動して下回りの軽い整備と給脂を行って、参号戦車はそのまま車庫入り。
次のベンちゃんが来ると宇都宮基地に置ききれなくなるので、彼はしばらく那須基地で出撃待機任務となりました。

帰りはこれまた久しぶりに電車を利用しましたが、車輌異常の点検だかなんだかで15分も遅れやがりましてK磯駅に入線。
発車時間に間に合うように頑張って半分走りで歩いてきたのに、オレの努力を返せコラ(笑)。
餃子駅到着は10分遅れだったので、途中で5分巻き返したのは評価すると致しましょう。

夕刻の餃子基地で仕事から帰ってくる奥様を待って、今度は築地へ。
久しぶりに寿司を喰おうと思い立ち、トーホク自動車道をセド君と共に南下します。

シースーは大変美味でした。
最近は大手チェーンの回転寿司も頑張ってるとは思いますが、やっぱり本物には敵いません。
胃袋が程よく満足したので、珍しく夜景などを拝みに豊海の食品埠頭へ。

東京ベイ

煙ってるけど

タワーオブ東京

やっぱり下町の仏舎利塔(爆)よりも東京タワーのほうが何倍もキレイだと思うなあ。
世界で一番カッチョバランスの良いタワーじゃネーかなあ?と思うんですがどうでしょう?。

その後みょーに空いている首都高を少々堪能して、トーホク自動車道で帰路につきました。
セド君のアシでは千代田トンネル入口の”捻り込んで左”が猛烈に恐怖なのも解りました(爆)。
ベタ踏みでブッ飛ばしてるタクシー運転手さんを無条件尊敬します(笑)。



開けて次の日、オフクロが電話機のチョーシが悪いといってたので再び那須基地へ。
軽い中身の掃除と接点復活材で完全復活を遂げました。
なんつっても、未だにコレだから(笑)。

おふくろの電話

既にレストアの領域にある黒電話(笑)。
今や老人ですらケータイが主力ツールなんでコチラからコレで発信することはほぼありませんが、ナニかと受けることは多々あるようです。
もちろんどちらもフツーに使えますが、ダイヤルを回す作業がこんなにマドロッコシかったとは(笑)。


お昼過ぎに餃子市に戻ってララスクエアのビックカメラで自転車のサドルを買い、マンションに帰宅後缶チューハイ片手に交換作業(笑)。
お気に入りのサドルだったんだけど座面が破れてしまって、夜露や少々の雨でも「じゅわ~」っとシミ出てきて下半身方面でカナシイ思いをするので思い切って交換しました。

そのままプラス3気筒ほど缶チューハイを飲んでいると夕ご飯の時間となって、ああ休日がおわってしまつた、、、と相成ったワケでゴザイマス(笑)。



4連休もあったわりには後半が少々不毛なような気もしますが、オジサンには無駄に過ごす休みもダイジなのですよ(笑)。




  1. 2015/11/04(水) 00:18:50|
  2. 楽器とかオンガク的なくみちょう別の顔の趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する