組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

気絶するほど悩ましい

メトロン星人がセブンと語らうシーンは衝撃でしたが、このワンショットもかなり貴重です。

セブンとアンヌ隊員がポインターでドライブだと

アンヌ隊員とウルトラセブンがポインターでドライブデート!(爆)。
フライデーも週刊現代も真っ青のスクープ中のスクープですなあ。


とゆーようなオジサンの少年が喜ぶような資料がテンコ盛りの、某県某市シミツ基地Hスタジオへ久々に行ってきました(笑)。
じゃ本文行ってイイかな?(爆)。


最近はどうにもこうにもこの形状のギターが気になってしょうがありません。

てれかす

いわゆるテレキャスターってヤツです。
テレキャスなんて”テレカス”じゃねーか(爆)イラネ~よそんなカッチョワリ~のオトコは黙ってストラトハムバッガー!(つまり偏っている)と豪語していたワタシですが、ようやく齢40も後半戦に差し掛かってこの良さに気付くとゆー恐るべし偏差値の低さ(爆)に我がことながら驚嘆しております。

なんでしょうこのマルチっぷり。
コード弾きだけのボーカル専用カッチョ付けギターではありません。
ジャキジャキと上を鳴らすカッティングサウンドはお得意処の有名技ですが、フロントピックのメロウな音のゾクゾク感ときたらアンタもうマジでサブイボもんでタマリマセンよ(笑)。
ほんと、PUってパワーじゃないんだなあと改めて気づかされる初老のオヤジ1名。
ま、当然ちゃんと作ってるボディのギターであることは前提ですがね。

つーか既にシングルコイルの魅力(魔力)にドップシと漬かってしまってるコトは否めません。
もうこのあたりトッカエヒッカエ鳴らしては悦に浸るとゆー繰り返し(笑)。

ひきまくり

手前のアコギを除けばゼンブ自分のギターじゃアリマセンがね(爆)。
H基地は趣味人生の墓場のような魔窟なのです。
酒を飲みながら主のH兄貴とセッションしてると、時間どころか自分がナニモノなのかさえも忘れてしまいます(爆)。
そんな時にテレキャスの音がイイ!。ソロのギブソンのレスポールに絡まるバッキングがイイ!気持ち良すぎでしょ~(笑)。

とゆ~わけで、現在人生初のテレキャスを物色中。
いろいろと時間見つけてアチコチ見て回ってるケド、これぞの一本て無いもんです。
予算の関係も大々的にありますが(爆)。

ちなみにワタシ、ギターだけはオークションやネット通販では買えません。
音はまあド失敗しても100歩譲れますが、演奏性に繋がるネックの具合だけは1歩も譲れません。
ギブソン系のごっつくて分厚いネックは好きじゃネーし、エレキングに関しては指板が幅広で平たいのもどうかと思う派です(笑)。
音出ししなくてもジッサイに握って見ないとそーいうのは解りませんよねえ。

ま、こうやって悩んでる時がバカにとって一番シアワセなんでしょうなあ(笑)。


スポンサーサイト
  1. 2016/02/22(月) 02:22:22|
  2. 楽器とかオンガク的なくみちょう別の顔の趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青世界

もう先週のコトになるんですが、用事のついでに茶の水にギターを物色しに行きまして、ほんで更についでに汐留に青いのを見に行きましたとさなのです(笑)。

ちょっと前までは見向きもしなかったテレキャスターとゆーギターが、寄る齢波のせいか最近とても気になってしまって気が気ではありません(笑)。
気の利いたヤツがあれば買おうかなと思っていたんですけど、どうにも「コレだ!」の一本には巡り合えず今回は見送り三振。
ま、安い買い物じゃないから妥協しちゃダメっすよね。

で、気が付くともう日暮れの時刻。
楽器屋でフト目にしたカレッタ汐留のイルミネーションの紹介ポスターが何となく気になって、何年振りかに行ってみることに。
冬にはあの一帯が真っ青になるイベントは毎年やってるんですが、思えばここ最近は御無沙汰でしたねえ。

1かれったしおどめ

確実にパワーアップしておりますなあ(笑)。
暫くするとLEDの点滅とか色とか具合とかを駆使しまくってのショーが始まりました。

2いるみのしょー

このイベントも10年目だそうで、今年は特にチカラが入っているようです。
光も届かない海の底が青いかどうかなんてヒトの目では見ることが出来ないのでそんなの知りませんが(爆)、たしかに”海の底感”はハンパありません。

3めのまえがまっさお

音に合わせてのシンクロが見事ですが、暗い所で激しい点滅をみたらダメなんじゃないの?。
ドラえもんも言ってるよ(笑)。

4シャボン玉いり

写真では解り辛いですが、佳境には大量のシャボン玉が発生します。
目の前でパチッとはじけメガネが汚れると同時に、飛沫の冷たさが顔面に染みわたります(笑)。
奥様は終始「きれーすごーいきれー」と騒いでおりますが、たしかにこのレベルのイルミは干瓢餃子地方にはありませんなあ(爆)。

5あおのせかい

5分ほどでショータイムは終了し、その後ドイヒーなコーラスのゴスペルコンサートが開催されました(爆)。
聞くに堪えないので退散。
その後カレッタの展望階まで上がって夜景を眺め、超高級そうなレストランを傍目に麓まで戻り(爆)、腹が減ったので神田の「宇名とと」でうな丼Wを喰いました(笑)。

少し土臭い鰻でしたけど、カレッタ最上階レストランで高価な場所代を払うよりはマシかな?(笑)。

  1. 2016/02/08(月) 00:22:03|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひゃっはー(笑)

ちょー久しぶりに酢脳防度に行ってきました。
ホントに何年ぶりなんだろ?とゆーカンジでビンテージもんの板と靴をセド君へ放り込み、いざ県北西部のゲレンデへ。
160サンチの板がスポッと入ってしまう巨大トランクのセド君、こんな時とても便利です(笑)。
しかし、黒塗りのセダンがスキー場に似合わねえコト今世紀最大に著しいっす(笑)。

そんな黒塗りをカラフルな車列の駐車場に繋留。ドコを見てもSUVばかりです。
今回は会社の仲間で集まったのですが、同世代には「なんじゃこりゃ?」と笑われることしばし(笑)。
20代の後輩は「シブいっす!新鮮っす!」と褒め言葉を探すのに必死のようでした。

しかあし、そんなコトよりもちょー久しぶりのスノボのほうが気がかりなワタシ。
こんなブランク開けてマトモに滑れるんかいな?と不安が前頭葉を支配しております。
そんなワタシの気持ちを知ってか知らずか、いきなりゴンドラ乗り場に並びだす若造ども(笑)。
ええい、なんとかなるやろ!と腹を括って10分後には標高1200mの尾根に到着しました。

2ちょーかいせい

この日はチョー快晴。
風も無くて天気は最高、前々日の雪でコンディションもまずますですが、やっぱり例年に比べると雪は少ないです。
そりゃそうだ、スタッドレス装備とは言えドFRのセドで素直に登ってこられるぐらい道が良かったんだから(笑)。

ビンテージもんのステップインをカツっとセット。
「ナニソレ?初めて見ました!」と驚愕の眼差しの若造たち(笑)。
そっかあ、オレってもしかしたらオマエラが生まれた頃にスノーボード始めたぐらいかも(爆)。
腕前はどうでもキャリアだけは努力せずに伸びるモノですなあ(笑)。

バカなワタシは既に往年のアノ頃に気持ちが戻ってしまって、久しぶりだとゆーことすら忘れて真っ先に滑り降りました。
山頂からなので勾配はソレなりに急なんですが、時間が早いせいかコブもなく切り返しもラク。
それよりも何よりも冷たい風が心地よいです。ああ~やっぱりおもしろ~い(笑)。

傾斜が弱まるとグンと速度が落ちてきまして、どうやら塗ってきたワックスと雪面が合ってない様子。
せっかく昨晩”残業”して会社の倉庫でロウ攻めしたのに(爆)。
ベースワックスのノリも悪かったし、板もそろそろダメなんでしょう。

ちょっと右足の締付が弱かったか、かかとが浮き気味だったので靴紐を締め直してまたゴンドラへ。
案外マトモに滑って降りてこられました。
何年ブランクがあっても、こーいうのは自転車と一緒ですぐに身体が思い出すんですねえ(笑)。
でも何となく足が痛い(笑)。

このチョーシでゴンドラを7~8本こなして、その隙に中腹のクワッドを少々喰い散らかしてと存分に楽しんで、これまた久しぶりのゲレ食の昼飯です。
土曜のお昼だというのに食堂のテーブルが空いてるなんて、ホントに最近の若者のゲレンデ離れは深刻です。
ま、空いてるのは嬉しいんですがね(爆)。

1000円の高級カレーを食して足を休め、ウソビールを飲みつつしばし歓談。
今回は大人数で年代もかなり幅広いのですが、親子ぐらい齢の違うヤツと一緒の遊びが出来ることは素直にウレシイですね。
まだまだ若いもんには負けませんよ(笑)。

そういえば一日券を買ったなんてコトも何年振りだったんだろ?(笑)。
チケットホルダの中からは旧いH鳥湖の4時間券ばかり出てきました。

昼食後の2本目ぐらいから雲行きも怪しくなり雪も降ってきました。
ゲレンデのコンディションも滑り跡がコブとなって荒れてきたので、途端に滑り辛くなってきました。
なによりも足にチカラが入らず踏ん張りが利きません(笑)。
若造たちはまだまだ元気みたいなんですけど、ジジイはそろそろ足腰に黄色信号です。

それでも14:00ぐらいまでは頑張って滑っていたんですがもう限界。
なんだか右足が締めても締めてもかかとが浮く感覚が無くならないので、なんでだろ?と靴をシゲシゲ見てたらなんとソールが剥がれかかって泣き別れ寸前でした。
エッジが立たず踏ん張れなくなって何度か転倒するようになってきたのでオカシイな?とは思ったんですが、そりゃこんなんじゃ無理だわ(笑)。
朝からなんとなく剥がれかけてたんでしょうね。ここにきて完全に逝ってしまったようです。
ステップインは靴底とビンディングがセットなんでここが剥がれて来ることは完全終了を意味します。
完全に左脚一本な感覚で最後のゴンドラからゆっくり降りてきて、ジジイは14:30に投了(笑)。
若造は「あと1本イキマス!」と元気に上がっていきました。お~もう何本でも行って来いやあ(笑)。

すっかり冷え切ったセドのエンジンを掛けつつトランクを開けてお着替えとお道具を仕舞い込みます。
こーいう時にセダンは便利で、室内と荷室が分かれてるので排ガスの巻き込みもなくヒーターもバッチリ。
ブーツを脱いだら足が急速に”戻る”感覚は、一種の醍醐味といえば醍醐味(笑)。
しかしもうこのビンテージグッズは残念ながら使い物になりません。ま、十分元は取ったでしょうが(笑)。
なによりも今日一日、なんとか”もって”くれたコトに感謝です。

仲間が終わるのを待つ間、駐車場でテレビを観ながら軽く仮眠。
こーいう時もセド君は便利です。フワフワシートの旧車にフルセグAVの威力です(笑)。

16:00前には下山して街に降りてから某所にて解散。
既に脚がイタイです。久々の割にはガッツリ滑ってしまいました。
たぶん明日か明後日辺りには、こちらもガッツリと筋肉痛が襲ってくるでしょう。
なるべくソイツを和らげるためにジジイは温泉に行ってきます(笑)。


  1. 2016/02/01(月) 09:33:24|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する