組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

Eベンちゃんの不具合

我が家で毎日奥様の通勤の足となって働いてくれてるEベンちゃん、そのディーゼルの経済性にはホントに助かってます。
なんせ地方なのであまり渋滞がないためか、奥様のスイッチのようなアクセルワーク(笑)でも11~12km/Lは確実に走ってくれるのです。
休日は主にワタシが運転して所要を済ますことが多いのですが、燃費もさることながらやはり本質はこの”トルク”。
55.1kg・mという太いトルクを低回転からヒリ出すので、街中のゴーストップも苦にならず高速クルージングでもまったく楽ちん。
それでいて踏み込めば3000rpmからの怒涛の加速、まるでかつてのシーマを連想させるようなGを感じます。
大きな声では言えませんが、このデカい体を時速”ふ”の桁まで一気に引っ張り上げることが可能(爆)。
ディーゼルだからと言って遅いクルマではないのですよクフフ(笑)。

が、まったく問題がないわけでもありません。
アタリマエですが、デカい(笑)。
腐っても(腐ってないケド)Eクラスなんでしょうがない部分ですが、ジッサイに立体駐車場に入れない事もしばし。
餃子市内の主なデパートは全滅です。都内でも良く調べてから行かないと、目の前で不幸な看板を目にしてしまうことでしょう(笑)。

そしてこちらもアタリマエですが、税金が高い(笑)。
乗用車で3000ccですから当然なんですが、貨車と小型車しか知らなかった奥様にとっては驚愕の模様。
世の中にはサファリ(4800cc)に10マンエン近い自動車税を納める人もいるのだよと言い聞かせてなだめております(笑)。

そしてこちらが本題。
「故障が多い」
特に排気ガス浄化装置に起因する故障が多いですね。
この1年未満で2回ほどありました。まずはアドブルーという尿素、通称「オシッコ」(笑)を温めるヒーターの故障。
走行が不調になることはアリマセンが、エンジンチェックランプが消えなくなるので気にはなる症状です。
そしてヒーター取替で完治たと思ったら、今度はコントローラーの故障だとか(笑)。
ロッドの初期不良的な故障であれば、今のうちに対策品にバンバン交換して今後の事なきを得ればいいのです。
なんせまだ保証期間中なんで(爆)。

そして最近の故障は、シートベルトちゃんと締めても非装着警告表示と警告音が消えない、とゆートラブル。
ヤナセに出すまでヤカマシイのでカプラを引っこ抜こうかと思ったら、急に正常に戻りました(笑)。
そんなことがあって奥様も2度ほど「ヤカマシイ」目に遭ったらしいので、重い腰を上げてヤナセへ。
いろいろと調べて貰った結果、車載CPには異常が出てないために単純にバックルのセンサーだろうかと。
つーかそんな信号までCPに入れてるんかい!とココロの中でツッコンでしまったのは昭和脳だからでしょうか(笑)。
安易にカプラ引っこ抜いてたらエラーだらけになるトコロでした(爆)。
バックル部分を得意の”本国からお取り寄せ”にて交換することに。現在部品待ち中です。

しかしコレでは細かい故障もDIYできるような気がしません(笑)。
今後、自分でイジル時はまずディーラーに相談してから、のほうが良さそうです。
もしかしてヒューズボックスからドラレコとレーダーの電源を勝手に取ったのもマズかったのかなあ?、、。

スポンサーサイト
  1. 2016/09/13(火) 00:09:18|
  2. W212
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

サファリ旅館という防災セット

9月になって既に久しいですが、例年になく台風がガシガシと襲ってきます。
温暖化の影響なんでしょうケド、来る台風ごとに各地で猛烈に猛威をフルって大変なコトになっているニッポン列島、いったい誰の罠なのかと日本海や東シナ海を睨んだりもしておりますが(爆)、やはり自分の身は自分で守らねばなりませぬ。

備えあれば憂いなしと昔のヒトも仰っておりますので、とりあえず被災者になった時の備えはしております。
とはいっても水とキャンプ道具をスタンバってるだけです(笑)。
もちろんそれだけでは生き延びれませんで、屋外での安全なる寝床も確保せねばなりません。

ワタシはあの東日本大震災も、その前の那須の水害も、この目で見て一部はこの手で触ってきましたがどうにも「避難所」とゆーあの空間にはなじめそうにありません。
プライバシーも無きが如し場所、他人の声やイビキなど筒抜けの状況にはある程度の経験値はありますが、それは周囲が友人や目的を同一にした仲間、もしくはフェリーの船底室のように終わりが見える状況なのです。
まったく見知らぬ不特定多数の人がひしめき合って衣食住を行う自信はありませんし、サイアク睡眠不足で精神に支障をきたすかも知れません。

自分の身は自分で、の精神となればやはりこちらも準備が必要です。
とゆーことで、「サファリ旅館」を作ってみました。いわゆる車中泊仕様です(笑)。

イレクターパイプとコンパネでリアスペースに平場を作っただけですが、シートで寝るよりも格段に快適です。
夏の単独旅行中に試験しましたが(笑)、なかなかどうして目覚めた時には自分がどこにいるのかさえ意識不明な程に眠ることが出来たのです。
20朝食と布団干し




春の富山行きでも活躍しました。
この時は奥様と2人で就寝しましたが、タテヨコの広さは十分でも天地に狭いのが難点。
スタイリッシュな標準ルーフのサファリY60の弱点ともで言えましょうか、この点はハイルーフに軍配です。
でも眠ってしまえば関係ありません。もっと狭いツエルト(一人用テント)だってありますからね。
DXスリーピングスペシャル



この時の教訓を生かして、マットを分厚いコールマンのインフレータブルからニトリで売ってるようなウレタンに替えました。
夏はおかげで随分と楽に寝起きが可能になり、着替えも苦ではなくなりました。

もっとコンパネを下げてしまえばいいのでは?と思われるでしょうが、そうすると今度は荷物が入りません。
現在は工具やキャンプ道具が置かれておりますが、難民仕様時には持ち出した家財道具が突っ込まれるコトになるでしょう。
こーいう収納場所があるのないのでは人の生活は大違いで、荷物と共に長期間寝るのはかなり苦行です。
汚部屋に慣れてる方は別ですが(爆)。

元ネタが旧式なディーゼルのサファリってのも安心感につながります。
移動することもあるでしょうし、その際ある程度の粗悪燃料事情にも対応できます。
ぶっちゃけ、灯油でも動きますから(笑)。
今の最新クリーンディーゼルエンジンには真似できない芸当なのです。
しかも信頼のクロスカントリー四駆ですので、道が破壊されてても移動が可能。

この点は圧倒的に居住性に勝るクソミニバン(爆)や、それこそ適合用途のキャンピングカーには出来ません。
移動できれば水食料の確保も可能となり、つまり生き残れます。

とゆー理由(コジツケ?)でワタシのサファリDXは、余計なオモチャでも余分な動産でもないのです。
我が家のれっきとした、”防災セット”の一個なんですよ(笑)。
さあ妻よ、その防災セットの維持の為に予算を出しておくれでないかい?(爆)。

18柏崎でここをきゃんぷちとする
  1. 2016/09/07(水) 00:00:20|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する