組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

エリック・ドルフィーをレコードで聴け

最近のヘビロテお気に入りは人生何度目かのリバイバルブームでエリック・ドルフィーなのです。
やはりレコードで聴きたい類のジャズですが、今になって色々と気付くことも多くてスピーカーの前で正座して唸ってます(笑)。

じゃ、ドルフィーさんの概要をコピペでご紹介(爆)。

 エリック・ドルフィー(1928年6月20日-1964年6月29日)はアメリカ西海岸ロサンゼルスに生まれ育ったジャズミュージシャンで、東海岸へ進出した1960年にアルバム『Outward Bound』で鮮烈なデビューを果たします。以後1964年に異郷の地ベルリンにおいて夭折するまで、前衛ジャズの旗手として活躍しました。リーダー作では『At The Five Spot Vol.1』『Out To Lunch』『Last Date』などの傑作を残し、またサイドマンとしてもチャールス・ミンガス(Charles Mingus)のグループやジョン・コルトレーン(John Coltrane)のグループで数々の名演を残しています。その使う楽器は多彩で、アルトサックス・バスクラリネット・フルートの三つの木管楽器を巧みに操るマルチリードプレイヤーでした。バスクラリネットに関しては、ジャズ史上初めてバスクラリネットでアドリブソロを取ったパイオニアとも言えます。

以上ここまで

とまあ何ともカッチョ良い人でゴザイマスねえ。
若くして死んでしまった人なので今のワタシよりもずっと年下なんですが、彼の演奏はなんかこうサラッと聞いてしまっては勿体ない程の、「音の羅列」がハンパない!のです(笑)。
今まではどちらかっちゅーと、「難解」な部類だったですけど、齢半世紀のこの歳になってようやく理解できたこの味とテイスト(一緒か)。
まあ実は西那須基地の主に記憶を引っ張り出されて、ほぼ15年ぶりぐらいに聞いてるんですがね(爆)。

ジャズでもなんでも楽器のソロパートの音選びは老若男女今昔問わず難しい問題ですが、ルールがあるのも確か。
ルールのないものをフリージャズと呼んだり前衛と言ったり、オルタナティブなんて余計にわからなくする言い方もあるようです。
我々の耳と脳はそんなに上等ではないので(爆)、不動なルールがあった方が聞きやすいのですね。
これはギターソロで言えば”スケール”で、だいたい根っこの音のコードさえ守っていればその範囲で”使える”音を探っていくのが普通。
使えない音(ハズシの音)を敢えて選んでも元に戻る”ルート”さえ確保していれば気持ちよく聞こえたりもします。
ま、いろいろと理論は小難しいのですが、ギター弾きはジャズ野郎でさえそのあたり指のカンで済ませて理論は後付けなヤツが多いのですがね(爆)。
それがギターという楽器の素晴らしいトコロで、簡単な(比較的に)ルールさえ覚えてしまえば理論なんて知らなくともドンドン弾けちゃうあたり、我ながらズリい装置だなあと(笑)。

閑話休題、で、ドルフィーの音選びを改めて聞くと、これがなんとも不可思議でカッチョ良い。
彼は管楽器の人だからフレージングはギター弾きよりも難しいはずなんですけど、これがイイ感じに聞こえちゃう”ハズシ”と”ルート”と”リズム”なんですよね~。やっぱり出音、いわゆる音色なのかなあ。なんでこんなもん(爆)がきもちいいんだろ?。
特にフルートの曲がいいですねえ。彼のサックスの艶っぽさも堪えられませんが、ワタシはあのフルートのカスレ気味の”ハズシ”で大小便失禁全身サブイボ昇天必須なこの頃なのでゴザイマス(笑)。

西那須基地ではデッカいスピーカーとレコードで聴くことができるので、当時の録音の空気感まで伝わる気がします。
このあたり鳴ってる音は全部溝に刻んじゃうアナログレコードの凄いトコロで、お手軽デジタルにはない部分ですね。
人間ってたぶん自分で思ってるよりもスゴくて、聞こえない音域の音とかも”気配”で感じられちゃうんでしょうね。
残念ながらCDや配信では”気配”は感じられません。

エリックドルフィー

”発狂のビバップ”、エリック・ドルフィーをもし聞く機会があったら、そんなことを思い出しながら味わってみてください。
最初は難解、次はなんとなく理解。10回目ぐらいからイケナイ世界が開けちゃうカモ(笑)。


スポンサーサイト
  1. 2017/07/04(火) 09:06:55|
  2. 楽器とかオンガク的なくみちょう別の顔の趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する