組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

御茶ノ水買い出し紀行

ここんところ週末は常に雨です。
台風がバシバシとやってきては日本列島をベロンと舐めて行きます。
なかには被害に遭われている方もいらっしゃるので不謹慎な発言は控えたいと思うのですが、風雨が強くなってくるとなんか「ワクワク」してしまうのはなぜでしょう(爆)。
ま、家内制肉体労働関係のやりたいこともやらねばならぬことも出来ないので、こっちも微弱に被害に遭ってるとも言えなくはないのですが、、、。

しかしじっとしてるにも休日があまりに勿体ないので、台風が本気で攻めてくる前日の土曜日に東京都内へれっつごうしてきました。
用事ミッションは「枯渇していたギターの弦を購入すること」と、「YW1000に取付したいのPUマイクの相談」と「ハーモニカのEm管ってのがあれば欲しいな」の3点張り(笑)。
台風前哨戦なのか雨も断続的に降ってきてやがりますので、移動はいつ止まるか分からぬ電車よりもクルマがよろしいと判断。
しかもベンちゃんよりもサファリで、、と思ったところで奥様よりクレームが。
「高速乗るんだったらサファリダメだかんね!」
たしかに、、、中型貨物は高いんです、、、(泣)。

小雨交じりのトーホク自動ーシャドーをバビュっと公表できない速度で60分、もう首都高(爆)。
最近は都内に車で行く時は安い東陽町のPを使ってますので、迷わず悩まず箱崎ICより地上へ復帰。
ちょいとEベンちゃんには狭い立駐に預けて、Suicaを握りしめ地下鉄の駅へ。
ぶっちゃけ、ベンちゃん移動は新幹線より楽ちんで速い(オイオイ)。唯一の欠点は酒が飲めないことなんです(爆)。

東西線ー千代田線と乗り継いで御茶ノ水へ。
神保町で古本祭りなるイベントをやっていたんで覗いてみるのですが、古書の世界はようわからんのです。
ラウドネスが表紙のロッキンfやアリーナ37(懐!)が売ってましたが、そのお値段3000円!(驚愕)。

ボーイズカレーでハンバーグカレー付きを喰っていざ出陣(笑)。
途中クロサワ楽器に吸い寄せられましたが無事に脱出。
ふう、危ないところだった。奥様が睨んでいなければ即死だった(爆)。

まず谷口楽器の4Fでハーモニカを物色していると、やっぱりあるじゃんメジャーボーイのEm管が。
マイナーなのにメジャーボーイとはこれ如何に?なのですが、わざわざパッケージ変えるほど数量は出てないんでしょうね。
なので安売りしているコーナーにはなく、通常のソレナリなお値段をお支払い(泣)。
ま、希望のものがあったのでヨカッタヨカッタなのです。
これでAm管を吸いまくって過呼吸で倒れるコトもなくなります(笑)。

つぎ、YAIRIギターと言えば下倉アコースティックへ。
うちのYW1000もココで買いましたし、まるで博士か神のような店員さんがいるのでギターの相談事にはバッチシ。
今回も「マイクを付けたい」というワタシの希望に親身かつブッキラボー(笑)にお答えいただいてたいへん勉強になりました。

「ボディ鳴りも再現できるモノが欲しい」とのリクエストには、やはりピエゾ系のブリッジ下に付けるモノではダメなようで。
サウンドホールに挟み込むタイプだとトップ板をミュートしてるようなもんなので、バンドの中では使えるけどソロだとダメだよとか、あのPUはカリカリシャリシャリだとかこのPUはナチュラルだけど拾いが弱くて結局増幅ノイズが出るとか、まあいろいろみたいです。
今のところはブリッジ下ピエゾマイク+ボディの中の音を拾うマイクの複合機が一番使えるかも、という結論でした。
買って帰ってDIYしたかったのですが、「それはやめてください」と止められてしまったので今度来た時にYWを持ち込むことに。
しょーがねえなあまた来なきゃなあ(嬉)。

うっかり忘れて帰るところでしたが、そういえば弦も買いに来てたんでした(笑)。
いつも割引してくれるので助かります。今回もオーガスティン3セットとエリクサー2セットをお買い上げ。
ジャスト5000円(安!)。

気分よく店を後にして、JR御茶ノ水駅より秋葉原へ。
ちっとコーシーでも啜ってくべかと途中下車しますれば、ハロインの時期なのに目立った仮装集団もおらずちょいと拍子抜け。
ヨドバシ角のカフェベローチェ(ここのブレンドが一番うまいと思う)で半舷休息。
奥様は旬の食べ物だからとモランボン(もといモンブラン)まで食っておりました(笑)。

地下鉄で東陽町まで戻ってくると、もう夕方。
なんとなく腹が減ってきたので、預けてあったベンちゃんを引っ張り出して築地へ。
よく考えたらそのまま地下鉄で築地行けばよかったか?と思いましたが、ハンドル握ってから腹が減ったのでしょうがありません(笑)。
寿司をパクついて今度こそ本当の帰路につきました。

20:00前には宇都宮基地到着。
早速買ったEm管を吹いてみます。
この薄暗昭和な場末哀愁感はやっぱりEm。Amだとなんか欧州風のクラウディ的な哀愁感になっちゃうだよなあ(笑)。
思うにB7がいい仕事するんだと思うのですが、このへんのお話はまた今度ってコトで。

スポンサーサイト
  1. 2017/10/30(月) 11:04:20|
  2. 楽器とかオンガク的なくみちょう別の顔の趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「スペイン」が弾けるようになりますた

”根性”とか”努力”なんて言葉は無縁のワタクシめなんですが、以前にもご紹介した「スペイン」というチックコリア様の曲がまあそれなりに弾けるようになりました。
ほぼ毎日10分ぐらい(爆)はギターに触って(練習とは言わない)、脳内には仕事中も含め四六時中のリフレイン(笑)。
YOUTUBEや無料閲覧の譜面を駆使しつつ(買うことはないようだ)、昭和ギター弾きお約束の耳コピ術がかなり不自由になってる事実にも若干うなだれつつ(笑)、苦節ひと月程頑張りましたよワタシは!。

YOUTUBEで一番参考になったのはやはり日本の誇る世界のギター弾き職人、渡辺香津美さん
YOUTUBE参考かつみさん
↑クリック

横田明紀男さんバージョンもモノスゲかっちょい~
YOUTUBE参考横田さん

意外なところでは松本孝弘さんもこれまたギンギンで
YOUTUBE参考まさかのディストーションバージョン
いや若いなあ~(爆)。

そのほか、いろんなミュージシャンがいろんな楽器で演ってるんで、なかなか面白いのです。
ここまで幾多のジャンルに好かれる曲も珍しいですね。

このスペインという曲はテクニカルではありませんが、とにかく中間のキメのユニゾンが難しい。
ワタシ昔からこーいう休符がらみの今までの流れを無視したような(爆)リズムが得意ではありません。
得意ではないから克服しなきゃならないハズが、なんとなく迂回してきて今日に至ってしまった、という怠惰な歴史があるのです。
なので齢50にして立ち上がりましたよ(笑)。
ガンダムだって1979年に大地に立ったんですから、今ここでやらねば墓場まで迂回せねばなりません(爆)。

こーいう休符交じりや変拍子モノをコピるには最初は譜面を凝視しつつゆっくり練習が効果的です。
しかし、YOUTUBEはゆっくり再生ができないしうちのCDプレーヤーときたら速度調性はオロカ任意の巻き戻しも早送りも出来ないんすよ!。バビッと一曲丸ごと飛んじゃうタイプなんれす(泣)。ああカムバックカセットテープ!。

もうリアル速度でやるしかない!と決めて気合は込めましたが、まあもって10分(笑)。
オヤジは集中力が続きません。
しかも変な長年のキャリアが邪魔をして、勝手に弾きやすく作曲してしまう事案が発生(笑)。
なので気持ち新たに聞き直しても、指先が便利にも編曲してしまうという何ともオソマツな現象に苦労しました。
大した技術もないのにオリジナルばっかり演ってると、こーいうナサケナイことになるんですね、、、。

とゆーわけで初心に帰るというダイジなコトを思い出し、改めてコピーの大切さも噛み締めました。
今後もギター道に不撓不屈の精神で邁進することを、、、いやいや気楽にいきましょうや(笑)。



  1. 2017/10/18(水) 10:00:43|
  2. 楽器とかオンガク的なくみちょう別の顔の趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幸の湯

かなりの久しぶりです。
以前はナンダカンダ(キャンプがらみが多かったか)で日帰り入浴利用していた幸の湯、久しぶりに再訪してみました。
場所は板室温泉の手前、塩那道路(未成道路)の起点付近です。
奥の分岐を道なりに右に行くと深山ダムがありますが、こっちは毎年雪が降れば犬ころのように走り回ってるスポットです(笑)。
なので道行きに久しぶり感はありません。

22日の選挙が仕事で行けそうにないので役場で不在者投票を済ませてから、お山方面へEベンちゃんのスリーポインテッドを向けますれば、3リッターターボディーゼルのクソトルクであっちゅう間に板室温泉郷へワープ。やっぱり排気量は正義でしょ(笑)。
久しぶりの幸の湯ですが、たたずまいは記憶の彼方と一緒。
入口の木製デッカイチン●ンも相変わらずゴリッパ(爆)。

当時500円だった日帰り入浴料金は700円になってましたが、来年の3月からは800円になるんだとかの貼り紙が。
なんだかなあ、、。
廊下をとぼとぼ歩いていくと、以前は離れの露天風呂があった場所に立派な前室が設えてあり男女の入り口はココで分岐される作りとなってました。扉を開けるとちゃんと脱衣所もありますが、ロッカーは100円が戻らないタイプなので貴重品はフロントに預ける必要があります。

フルチ(笑)になって浴室に行くとなるほど、ちゃんとした内湯があるではないですか。しかも檜風呂じゃないすか。ゴージャスじゃないすか。
洗い場もちゃんと完備されて当時の面影は、、、、あまり覚えてないなあ(笑)。

image132.jpg

壁板が腐っていてところどころ朽ち落ちてるのが気になりますが、他は比較的清潔です。
身体を洗って内湯を堪能。
こーいう温泉に行くと先に身体も洗わず浴槽に入ろうとするフトドキモノをよく見かけます。
若造に限らずマナーにウルサそうな爺でも平気でチ●コだけチャッチャとお湯掛けてドプンと入ってくるのです。
「お湯に謝れ!」とワタシは言いたい!。ついでに先に入ってるオレにも謝れ(爆)。
我が流派はどんな温泉も地球の恵みに感謝し、まずは全身を清めてから浴槽に入るべし、なのです。

露天風呂への戸を開けると、見慣れないバドバドと激しい音の打たせ湯が。
この落差、水量はかなり珍しいのではないでしょうか。
脇にある打たせ湯の上流の風呂は石造りになっていて、ワタシが思い出せる当時の面影はありません。
チャプッと石の方に入ってあたりを見渡すと、記憶のある東屋風の屋根が隣に見えております。
あっちは女湯になってしまったようで、近寄ることは出来ません(笑)。

A21.jpg

A11.jpg

せっかくなので打たせ湯にチャレンジ。
キョエ~、、と小さく奇声が出てきてしまうほど「痛い」(笑)。
ズドドドドと整備不良ハーレー(爆)のような振動と音が蓄積肉(ぜい肉とも言う)を揺らします。
こりゃたしかに打たせ湯効果は抜群かもしれませんが、なんか別に筋肉痛になりそうな(爆)。

ソレなりに満喫してしまいました。
あとで奥様に女湯の状況を聞くと、立てないような深い浴槽があったようで綱につかまって入る面白システムが導入されていたようなのです。

top081.jpg

top021.jpg

(写真はHPより引用)

改めて最近のパンフを確認すると、曜日によって入れ替わり制になっているようです。
しかし週末は決まって打たせ湯が男風呂固定みたいでちょっと残念。
綱につかまってみたかった(笑)。

久しぶりの幸の湯でした。
記憶からはかなり変わってましたが、なかなかどうして良かったじゃねーか、なのです(笑)。
入浴料700円はちと高いけど、払うだけの価値はあるようですよ。


  1. 2017/10/16(月) 09:21:16|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

相模原オフラインミーティング

三連休の中日はヨンク系の集いとしてサガミハラは猿のオフラインミーティングへ。
しかし大半は実際に顔合わせてるメンツばかりなんでオンもオフもないんですがね(笑)。

渋滞を見越して早めに餃子基地を出たのは良いんですが、思ったほど混んではおらず拍子抜け。
ま、反対車線はスゴイことになってましたが。
佐野インターからワタシが分岐する久喜までもうズラッとお見事に縦列駐車場状態。おおこれぞ醍醐味(爆)。
途中で買い物したりして時間調整しても現着は30分早着。ステキな高速道路の旅でした(笑)。

告知は我が所属するSNSよりもFacebookのほうがメインだったようで、2名ほどお初のお方が。
関東のサファリ乗りでワタシを知らないなんて、、、(核爆)。
まだまだ修行が足りません(笑)。

今回は河原ダベリがメインなんで現場移動後すぐに会場設営。
昨日と打って変わって刺すような日差しが暑いんで、自立タープ持ってきておいてヨカッタ。

7猿会開始

ウソビールで喉を潤しながらご歓談。炭で肉を焼きつつ食らいつつ、なかなか贅沢な時間です。

8蒸気を吹いた人

御自慢の塩味な愛車のラジエタが抜けて、今日は代車+徒歩で来た人も。
人生も運もしょっぱいんだなあ(笑)。

9サファリ界重鎮自ら焼くステーキ

やはり土地柄か、最終サファリの出席率がよろしいようです。
金色があれば最終Y61国内販売全色コンプリートだったのに(笑)。

12Y61最終軍団

法的にはここにいてはいけないはずの我がY60サファリ(爆)、今日はアウエー感がハンパありません(笑)。
同じ日産サファリと名の付くノリモノなのに。

夕方になって雲行きが怪しくなり、日がとっぷりと暮れる前に撤収です。
皆さんは近所っぽいですが、ワタシは地平線のかなたまで帰らなければなりません。
帰りの高速道路は圏央道のトンネルで少し並んだけど、あとは順風満帆でした。
やっぱりトーホクジドーシャ道反対車線(上り)は大渋滞で、ヘッドライトがまるで天の川やあ~(笑)。
あ~楽しかった(爆)。

うちのサファリDXヨン様、この二日間で600kmちかく走りました。
近年稀にみる快挙です(笑)。
そろそろオイル交換しようかな。たぶん1000キロ走ってないけど(爆)。



  1. 2017/10/11(水) 01:31:42|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

林道

ホントはカヌーに行く予定だったんですがなんせ先週末は天気が雨降りで風が強くてサイテーでして、んじゃあサファリで林道なんぞを突いてからかってみようということに相成りました。
ホントはカヌーのエンジン要員で呼んだ(爆)ゲストの医大生とうちの奥様をDXヨン様に押し込んでいざ出発。
Tとの集合場所の白河ローソンにサクッと到着しますれば、早速林道に向けて山方面へ舵を取ります。

1某林道

いつもおしっこするポイントで小休止(爆)。
そろそろ飽きたなこのルートも(爆)。

2雨のDX

うちのDXヨン様は今日もゴキゲンまっすぐ。故障知らずでホントに助かります。
林道程度のツーリングでは最高のノリモノ。
なんとゲストの大学生は人生初未舗装路体験とかで、しきりに「うお!ふお!」と起伏の上下に合わせて喜んでおりました。
前を走るリーフスプリングの貨車に押し込んでやればよかった(爆)。


目的地は布引山の風力発電装置群。
しかし、霧雨になったとはいえ視界は悪いし寒いしほんっとに寒いし(笑)。

3風車見えず

なんもみえねえ(笑)。
ただ、頭上では巨大なマスが回転している不気味な音が鳴り響いてます。
市街地で風力発電が嫌われる理由が解ります。

この後は舗装路でR294経由にて白河まで戻り、Tの家でジュージューBBQ。

4部ちょー宅

うちの奥様も医大生もガンガン酒を飲んでますが、ワタシは運転士なのでノンアルで(泣)。
明日は相模原でオフミーティングなのでサファリを置いていくわけにもいかず、効率を考えた末の苦渋の選択なのです。

この日の黒田原は町おこしのイベントが開催されておりましたので、ちょいと様子見に。

5商工会町おこし的なナニか

廃倉庫を利用したメイン会場。
こーいうのって宇都宮市内とかでやるとカッチョ良い感じになるんだけど、黒田原だと場末感がリアルすぎて、、、(爆)。
ちょっと医大生が変な酔い方してるんで、今日はここで終了。
あ~朝からよく遊んだってコトで解散です。

その後餃子基地までひた走って250kmにちょっと足りないぐらい。
久しぶりにサファリとTDエンジンを満喫できました。
ちゃんちゃん。








  1. 2017/10/10(火) 15:29:13|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する