組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

本当のRV

RVという言葉、面白いですね。
背の高い四駆や乗用車系ワゴンは勿論、はたまたワンボックスやミニバンまでこの2文字で括っている場合もあります。

昨今の多用途な自動車を体系付けるのは難しいのですが、RVと言われれば、ああ、アレ系ね、というように、まあ想像できる範疇にあります。”遊ぶための道具”ということなのでしょうか?

世間一般的RV像としては、(動画風に)
「傷一つ無い新車でキャンプ場に来た親子。湖畔のサイトは汚れる危険があるので入口の近くに停める。木々にぶつけても大変だ。
颯爽とリアゲートを上げて、ビシッと整理された荷室から、これも新品のテントやタープを取り出すオトウサン。得意気に子供に指示しながら、タープのポールを組み立てる。みんなニコニコ顔。天気も最高。ビーパル読んできて良かったと思うオトウサン。
不意に子供、ポールをクルマに立てかけてしまう。咄嗟に、傷が付く!と激怒するオトウサン。いいじゃないのと庇うオカアサン。泣き出す子供。雰囲気は一瞬にしてサイアク、、、。」

と、何故かバッドエンド風に(爆)。
こんな風景、どっかで見たなあ、、、。

続きましてワタクシの思うホンモノのRV像としては(はたまた動画風に)
「湖畔のオサレなキャンプ場に似つかわしくない4ナンバのバン。車体は凹み洗車は去年の出来事。湖畔の近くにするりと停車。雑多に詰まれた荷台には使い込んだキャンプ道具が満載。適当に下ろして荷台を即席の椅子代わりに。オプティマスの余熱をしている間に釣りの準備。荷物で両手が塞がっている。当然のようにケリを入れてドアを閉めるオトウサン。ボンネットの上に無造作にどさっと道具を広げるのは彼の息子。宿題の版画の続きをやりだした。いきなりボディに彫刻等が滑る。笑いながらオトウサンがちょっとだけ彫り方のアドバイス。荷台ではコーヒーが沸いたようだ。」

と、コレがホンモノのRV車だと思うんです。
ところがどうやらあまり一般的ではないようで、、、。

ドアをアシで閉めると、行儀が悪いだの車を大切にしないだの言われます。ボンネットで作業したり書き物したりすると、傷がつくと言われます。スキー板やスノーボードをボディに立て掛けると、スイッチが入ったように激怒するヒトがいます。

コノクルマはイワユルRVなのであって、どう見てもフォーマルリムジンにはミエナインデスケド、、、。
いつもココロで語っています。たまにぽろっとクチにでます(笑)。

クルマは使ってナンボですよね!。


で、使い倒せるクルマを本日はご紹介しましょう。
いえいえサファリではありません。だいいち乗用車でも来れるようなキャンプ場ではかなり大袈裟です。荷台も高いしサイト内でも小回り効きません。そこに芝生があれば根こそぎ剥がし、地盤が緩ければぶっといワダチをつけて勝手に排水路としてしまいます(笑)。

サファリはあくまで趣味のクルマであって、RVではないのです。
巷ではCCVとも言われます。よーするに偏ったオトウサンの道楽クルマです(爆)。
しかし、ロングはかなりハードな場所でのRV的使い方もできるCCVではありますね。

本当に”RV”として使って便利なクルマなのは、

main.jpg


コレですね(笑)。
いや、笑い事ではなく、ホントに便利ですよ。
実は仕事で使ってますが、自家用としてもイイ位利便性があります。

そりゃ趣味としてのクルマではないので味も素っ気もないですが、その素っ気無さが使い勝手に結びついたって感じです。
隠れた(ワタシにとってヒジョーに数少ない)トヨタのベストセラーですね。
トヨタはキライですが(あ、言っちゃった)サクシード/プロボックスはオススメです。ワークユーズオンリーは言うに及ばずですが、特にクルマに興味はないが、アウトドア派であるという方には最適です。

オススメポイント

1、荷室が低い。これは重量のあるものを乗せるときにホントに便利です。腰掛けにもちょうどいい高さ。雨の日には大きなリアゲートでタープ要らずです。

2、広い。4人乗っても余裕あり。5人乗っても大丈夫。シートも出来よしです。ココだけの話、黒い店の元アル○ッツアより座り心地イイです(爆)。シートも厚めですね。遠くのキャンプ場でも大丈夫!。

3、安い。ビッツより安い!(笑)しかも1500でだ!。お得丸出し。

4、屋根が低い。立体駐車場に入れます。カヌー積む場合でもカートップがとても楽です。

5、燃費いい。おとなしく走れば15キロ/リッターは行きます。満タン500キロの航続距離はサファリと同じですが、使う量が、、(笑)。

6、速い。案外、ですが踏めば答える程度は速いです。満載でも”ぱっそぷちぷち”より惨めな思いは絶対しません。

7、便利。使うヒトの身になってます。センターコンソールにテーブルが付いていたり、ドリンクホルダーが工夫されていたり、灰皿が大きかったりします。タバコは吸いませんが(やめました)。

どうです?理想のRVと言えませんかね?
ってゆーか、ふつーに使っても良いクルマじゃん(笑)。

コノ車に関しては、また後日にどっさりと掘り下げてみましょう。






スポンサーサイト
  1. 2006/10/20(金) 19:17:52|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<紅葉を見に行くというイベント | ホーム | サファリ弐号機>>

コメント

どもども

うちのブログ見つけて頂きありがとうです。
これからもよろしく。
そろそろ飲もうぜい。

プロボックス、なにげに好きです。
こういうクルマ一台有ると便利だよねぇ。
でも一番欲しいのはルノーのトラフィークかな。(笑)
明日は車山恒例のフレンチブルーミーティングですが、今回は多忙につき不参加(号泣)
行きたかったなぁ。

あ、ちなみにワタクシ、六年二組でした。(爆)
  1. 2006/10/20(金) 22:27:07 |
  2. URL |
  3. 山本 #PefwKnF.
  4. [ 編集]

おお!けんたろーさんだあ

コメントありがとうございます。
フレンチブルーですかあ。懐かしい響きです。
おフランス車マニアなのは未だ現役なんですね。なんだか2CVの、あのビリヤードの玉を出し入れするシフトの感触をふと思い出しましたよ(笑)。

最近、サファリに乗ってると見知らぬヨンク乗りに「六年二組って知ってます?」と訊かれる事があります。
「知らないなあ。ふざけた名前だね?」と答えてます(爆)。
  1. 2006/10/21(土) 07:55:53 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

サクシードとプロボックスの見分け方

 さすが組長、お勧めのクルマがマニアックですね。
私はあまりトヨタ車を好みませんが(苦笑)サクシードとプロボックスは秀逸と思います。車高が低いボンネットタイプで小型車サイズにおさめながらも荷室長1.8mを実現しているのは立派です。(この荷室長、Y60ロングとほぼ同じ長さです)
 ところで、道を走っているプロボックス・サクシードの見分け方をご存じでしょうか。
フロントバンパー下の口(くち)がでかいのがプロボックスで、口の両脇にプラスチックパネルが憑いているのがサクシード。商用車にフォグランプを装着しているケースは極めて稀少なので、だいたいこの見分け方でほぼ当たります。お試しあれ。
  1. 2006/10/21(土) 20:54:44 |
  2. URL |
  3. nakajin #-
  4. [ 編集]

なあるほど

nakajinさんいつもありがとうございます。
サクシードとプロボックス、全くの同一車種では無いんですね。
自分で使っていながら、全く気がつきませんでした。
自分の仕事車はサクシードのULというグレードです。高級FMスレテオラジオが標準装備です。スピーカーも2個あります。すげーでしょ?(笑)
  1. 2006/10/23(月) 08:25:56 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/116-7b8f1949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する