組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

那珂川の源流

那珂川、という川、ご存知でしょうか?
栃木、茨城の方はお馴染みの川ですよね。
北の四万十川、と言われる(程ではないですけど)清流(川沿いの人家は雑排水ボタボタなのでそうでもないですけど)で、鮎釣りやカヌーで有名です。
自分もカヌー遊びでお世話になっているのですが、カヌーが出来る水深があるのは黒羽から下、堰があるのでいっそ烏山から下流~御前山までの区間ですね。地元以外の方に説明致しますと、まあ中流域って事です(爆)。

で、今回は(ちょっと前の事ですが)この那珂川の源流に行ってみよ~な旅企画なのでした。
旅?とは言えないですけどね、那須の家から1時間圏内の距離と厳しさです。

板室街道をどんどん山へ登っていくと、深山ダム方面へ行く道へ分岐があります。「幸の湯」という温泉が目印ですね。更に奥地へ進んでいくと深山ダムのサイト上に辿り着きます。発電所を過ぎて橋を渡り、暫く進むと舗装は途切れて林道に。
何年も前から通行止めになっている大川林道とのY字路を右に入り、右手に見える川を遡上するように進んで行きます。この川が那珂川ですね。
20061101100754.jpg

下流の大河とは趣の違う、切れそうな水温の清流です。

橋の手前でチェーンによるゲートがあります。ちょっと失礼して外させていただきますが、地元民たるもの、ちゃんと知り合いの営林署職員に連絡済です。
しかし、「あ~くみちょさん、いいよ鍵意味無いから勝手に外して!」と言われただけですが(爆)。

そのままそれなりに通行量のある林道を進みます。川からは外れて、登り主体の道へ変わります。サファリロングではちょっともてあまし気味の道幅ですが、通れないことはありません。
ゴロ石と濡れ土の滑りやすい路面を堪能していると、急に開けた場所に出ます。


ここが先日ご紹介した”三斗小屋宿跡”ですね。
sandogoya2.jpg

戊辰戦争の時には悲惨な殺戮があったそうですが、今は静かな廃村となっています。かなり前に夜中に来て肝試しもしましたが、正直チビりそうでした(笑)。しかし、なぜ肝試しのときに怖さを紛らわす歌は「おー牧場は緑」なのでしょうか??(笑)。


そのまま進むと道はY字路になっていますが、左はすぐに行き止まり。右はどんどん下っていき、唐突に川原に出ます。ここで小さな小さな転回広場があり、道はオシマイです。サファリロングクラスだとココまで降りきらない方が賢明です。
立派な歩道橋が掛かっていますが、コレは三斗小屋温泉への登山道の一部です。このつり橋の袂に”那珂川源流の碑”が立っています。

しかし、川は結構な幅でゴンゴン流れているので、実際の源流はずっと上なのでしょうか?
20061101103207.jpg



20061101103402.jpg

澄んだ川の水のアップです。都会から来た方はゴクゴク飲んでしまいますが、綺麗なところだからこそ居るような寄生虫に感染するのが怖いので、地元民はまず口にしません。
皆さんも山に入ったときは気をつけてくださいね。
エキノコックス?とか線虫とか、ビックリするような輩が潜んでますよ~。


さて那須の自然シリーズブログ(笑)になってしまっているような組長のお出かけ日記(家庭サービス用覚書とも)ですが、次回からはマトモなサファリいぢり闘病記?をお届けしたいなあと(爆)。







スポンサーサイト
  1. 2006/11/01(水) 10:47:01|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<悪戯 | ホーム | 紅葉那須登山茶臼岳>>

コメント

川がまだ続いているのに、源流ですか!
こっから先は、危ないから、行っちゃダメ。この辺りにしときなっていう教育的指導でしょうか?
それにしても謎だ。
  1. 2006/11/01(水) 14:34:39 |
  2. URL |
  3. 国立の住人 #-
  4. [ 編集]

不思議でしょ?

源流というから誤解があるんだと思うんですよ。
ふつーに想像すれば、岩の間からちょろちょろ出てる、みたいなモノを考えるじゃないですかね?
だから駅の標識のように、「ココから那珂川←   →ココから○○川もしくは名称無し川」
ってしてくれれば納得できるんすけどね。
  1. 2006/11/01(水) 17:12:13 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/124-28ed8246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する