組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

2006空まつり

完全個人趣味行動です(笑)。
2006空まつりというローカルなイベントが、千葉県は野田市で行われました。
RCやウルトラライトプレーン等の、個人で出来そうな空関係のモノを一挙に集めて飛ばしちゃえというイベントですが、実際はRCが主体ですね。
ココで飛ばすRCは翼幅3mという超大型機。エンジンも30~80ccクラスのガソリンエンジンで、受信機やサーボ関係は2セットずつ使うという物々しさです。

20061114131613.jpg

巨大RC飛行機の存在感は凄いです。飛ぶとこが見たい!!(泣)
ナゼ泣くか、というと、本日強風のため競技中止!なワケで(さらに号泣)。
今日の野田スポーツ公園(河川敷)は10~12mの風が常に吹き付けていました。

現場には同じRC飛行機趣味を持つ、行きつけのタイヤ屋(実車)友人が家族で来てました。
いきなり後から肩を叩かれるから、お巡りさんかと(爆)。
思わず「オレ、ヤッテないっすよ!」という犯罪者の枕詞が。(笑)
彼もこの強風が恨めしいようでした。


20061114132453.jpg

このデカさ!迫力です。こんなのを飛ばせたら、、、いつかはこのクラスですね!。



20061114132607.jpg

実機でも有名なエキストラ300です。実に美しい機体ですね。
なんと100まんえん以上!!意識と共に夢遠のきます(笑)。


20061114132809.jpg

このsuも綺麗なカラーリングです。カラーといっても色を塗ってるわけではなく、バルサの上に強度確保のためフィルムを張るのですが、一本のシワもなくピシッと貼られています。まさに職人芸!。


20061114133059.jpg

あまりの強風のため風下にアタマを向けて尻尾をロープで繋がれて、エレベーターとフラップエルロンをフルダウンして駐機してます。風上に機体を向けたらそのまま飛んでいくでしょうね。


まだクルマから出してない(出せない)機体もたくさんあったろうと思います。この強風は本当に残念でした。マジでガックリです。
悔しいので野田せんべいをカジりつつ、三郷で高級うなぎを食べて帰宅しました。


ヨンク遊びは実車も可能ですが、ヒコーキは実機というわけにもいきません。たかがラジコンじゃねーかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、コレがナゼか面白いんですよ。

一度飛ばしてみませんか?












飛行機に限らず、RCを動かすってのは目で見てプロポで行う遠隔操作です。当然自分に向かってくる時と飛び去る時、操作の向きが違います。飛び去る時は簡単ですが、自分に向かってくる時は舵が逆になりますよね。クルマラジでも同じコトが言えますが、この辺りが「やっぱり自分が乗れなきゃヤダ」と思われる部分なんでしょうか?
ちょっと慣れると、それがとても自然に出来ちゃうのですけどね。


ベテラン、というか飛ばすのに慣れまくる時期になると、舵の重さや機体の抵抗がどういうわけかプロポに伝わってくるように感じます。
プロポにそんな機能はありません。あくまでスティックのバネの重さだけなんですけど、ナゼかユビサキに伝わってくるのです。
今日はスロットル軽いぞ!とか、ラダーが重いなあとか、、、。
不思議です。



最近のクルマ(実車)はフライバイワイヤ制御が主流ですね。これって、実車のRC化だとも言えますよね。
より緻密な制御を求めればフライバイワイヤになるのでしょう。
しかし、可変抵抗器を動かすだけのアクセルにもダイレクト感みたいなモノは感じます。
そういう味付けなのか、RC的な思い込みなのかは解りませんが、確かにワイヤーに取って代わった電線や電波にもアナログ感を覚えます。


将来はクルマもF16のようにステアリングさえもFBW化されて、途中にCPを介入させて路肩を外すような入力は受け付けないってコトも在り得るでしょう。
しかし、どんなにFBW化が進んでも、CP介入のキャンセルスイッチだけは欲しいですよね。
RCがヘタな操作をすれば落ちるように、実車もヘタな操作をすればちゃんとヘタなりに動いてくれないと困ります。
クロカン遊びもままならぬ時代が来てしまうような気がします。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/15(水) 08:06:26|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<出張なんて | ホーム | 競馬>>

コメント

職場近くの空き地で、日曜日になるとラジコンクラブの方々が車を横付けして飛ばしています。
いつも「み~ん」といった小型エンジン特有の音が聞こえてきます。
よく見てみると時折ハラハラするような飛行シーンを目撃します。
「墜落する~」と思ったら急上昇したり、錐揉み?と言うのでしょうか、真っ逆さまに落ちるような飛行をしたり。
それは楽しそうに和気藹々とした雰囲気です。
何故かはわかりませんが、同じクラブでも飛行機(セスナ)系とヘリコプター系に分かれているようです。
一緒に飛ばしている場面に出くわさないです。
ヘリ組みは1メートル程度の高さをキープして(ホバリング?)いることが多く見られます。
みなさん、私よりもはるかに年上の男性陣ばかりですから、大人の趣味なのでしょうね。
  1. 2006/11/15(水) 17:56:07 |
  2. URL |
  3. サファリン #3fP8K/.I
  4. [ 編集]

皆大人なんですよね

自分も大人の仲間入りしたいのですけど、なかなか敷居が高い!(笑)のですね。でも結構クラブ同士での、使用バンドのイザコザがあるとかで、いくつになっても男はガキのようですよ(爆)。
自分はRCを飛ばす=一人になりたい、的な部分がありますので、地元穴場的な広場で飛ばしてます。
  1. 2006/11/16(木) 07:46:12 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/133-d59cc50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する