組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

ゲリかよ~

今回汚いです。潔癖症の方やお食事中の方、必ずお読み下さい(爆)。


うっ!オレもついにノロウイルスか???!

昨晩、2200頃何だか激しい下痢に見舞われ、都合10分おきに4度も便所へ突撃しました。

ついにノロか?流行に乗ったか?
と、半ば良かったような悪かったような複雑な心境で腹痛を抱えてましたが、4度目の水便でナゼかすう~っと、ウソのように治りました。

便器に座ってふと思い出したのは、10年以上前の事。
栃木に住み着いて少し経った頃の事です。

その日は東京の友人と苗場へスキーツアーへ行っていた日でした。
朝から腹具合がイマイチだったのですが、パウダースノーとせっかくだからの気持ちに負けて、それなりにガンガン滑ってました。
苗場の頂上付近の吹雪にも負けず、動く樹氷になりながら楽しく友人と楽しく暴れ過ごす時間は、体調不良なんてサッパリ忘却の彼方です。

夕飯の前に旅館の大浴場へ行きました。何と無く滑り終えてから、下腹部にクックッと信号があったように事後となっては思えます。
大浴場は茶色に濁っていて、いわゆる薬湯というイデタチでした。
チャっチャとパンツを脱ぎ、早く温まろうと冷えた身体を湯船に投入しました。
徐々に安らぎと暖かさが身体を支配しだした頃、突然悲劇は起こったのです!(笑)

暖かくて緩んだのは下腹部も一緒です。一気に便意が襲います。ちょっとでも動けば、勿論立ってしまえばすぐにダムは決壊し周囲の住民達に多大なる被害を与えてしまうのは明らかです!さあ困った!

ニンゲン、切羽詰ると凄い案を思いつくものです。
その時薄れゆく視界の中に飛び込んできたのは、湯船の栓!(笑)
そうだ!栓の近くで決壊させれば水流で我がブツも流れゆくに違いない!。しかもこの腹痛状況なら固形物は僅か大きさしかないはずだ!
そしてミスって少々吸い込まれなくとも薬湯の色で何とかなるはず!いける!いけるぜ組長!(爆)

そお~っと栓側に移動します。作戦開始、、心の中で静かに呼称。
大きな浴槽なのですが、栓は普通のサイズです。大丈夫か?大丈夫。
それにどうせ合併処理なら便所も浴槽も排水は一緒、、、ふふっ、、そして静かに栓についている紐を肩越しに引き、抜きます。

ごっ!と一瞬だけ音がして排水が始まりました。こちらもついに最後の緊張を解きます!。一瞬、躊躇ぎみに最初の放射が小刻みに始まると、後は怒涛の流失感が全身を包みます。ふう~、ああ、お花畑が、、脳内には静寂と共に安堵による美しい映像が流れ始めました。
でも安心はキンモツ(笑)。
水流は思ったよりも強く、栓の上に正座状に座っている私の、その、まあいわゆる”男袋”を激しく引き込もうとします!予期せぬ(というか危険予知不足)事態に一瞬怯みますが、細かく自車位置を変えて対応するしか方法はありません。コレがもしグボっと引き込まれてしまったら、この作戦の意味は果てしなく希薄になり、自力脱出不可能ともなれば我が人生も最大の危機を迎えることでしょう。

浴槽の水位に変化が出てきた頃、ようやく我が排水+多少の固形の放出も完了し栓をそっと戻します。ずごっ!という重みある音と感触で、元に戻ったことが解ります。成功かっ!?やったのかっ!?

しかし、何とはナシにモロモロとした感触が尻や腰の辺りに、、。
固形の排水が完璧じゃあなかったんだ!!
とっさに手で散らします!手に当たる感触でカナリの量のブツが流れ残ったことを感じました。
遠くから徐々に近づくように、脳内に警告音が響きます!顔から血の気が引いていくのが解ります。
作戦は微妙に失敗です!。

作戦は失敗したら?そうです。すぐに撤退!(爆)。
生き残るための鉄則ですね。
さり気無くその場を離れ、いかにも満足した風に浴槽を出ます。
勿論その前にはチャチャッと”手”で拭いたことは言うまでもありません。

その夜の夕食時の話題にこの旅館の温泉が出ましたが、浴槽については何の苦情もないようでした。しかも自分よりも後に入った方が「いいお湯だった」という感想まで漏らしていたということは、作戦は成功したと考えても宜しいのでしょうか?(笑)。

夕食後、友人が「2回目のお風呂に入ろうぜ」と誘います。
犯罪者は必ず犯行現場に、ではないですが、あの浴槽を確認したい気持ちが沸々と沸いてきます。
完全犯罪を狙うならもう行くべきではないのです。
「湯あたり気味だからい~やあ~」と返答。
下痢ソルジャーとして正しき判断が出来ました(爆)。


あれから10年以上の月日が流れました。
苗場はその後何度も行きました。しかし、あの旅館には二度と行く事はありませんでした。そしてこれからも多分、ないでしょう(爆)。



スポンサーサイト
  1. 2007/01/12(金) 14:43:18|
  2. お下品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<日産ティーダラティオ | ホーム | 買い替え検討中>>

コメント

ご無沙汰してます


金太の大冒険と、悲惨な戦い(なぎら けんいち)を思い出しました・・・・

現実は、「ほんとかよ!!!!」苗場行かんぞ~
って内容ですね~

あっ今年も宜しく~
今シーズンから、3~4台で参戦します

ブログも壊して作ってしてま~す
  1. 2007/01/12(金) 20:11:40 |
  2. URL |
  3. 武爺 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

これを読んでいたら随分昔に聴いていたニッポン放送の三宅裕司のヤングパラダイスを思い出しましたよ。
「水戸様の怒り」というコーナーがありましたが、内容はまさにこれです!
この手のネタは誰でも一つや二つありそうですねぇ。
私も10年ほど前に海で食中毒になり、生死の境を彷徨ったことがありますが、その時は・・・海にコマセを何度もぶちまけてやりました(爆)
  1. 2007/01/12(金) 21:35:59 |
  2. URL |
  3. サファリン #3fP8K/.I
  4. [ 編集]

退却

組長文才ありすぎ。
またもや爆笑してしまった!

退却といえばこれね。
http://anime.livedoor.com/yawaraka/
  1. 2007/01/15(月) 10:53:08 |
  2. URL |
  3. 山本 #PefwKnF.
  4. [ 編集]

汚話について

こーいう実体験に基づく事は誰かに伝えたくてしょーがなくなる性格なのですね(笑)。
誰一人他人と会わなかった山の中で立ちションしてたら急に女性ハイカーに出くわしたり、野糞してたら鹿に囲まれたりとタイミングの悪さにはかなりの自信があります(爆)。
  1. 2007/01/15(月) 13:11:32 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/158-72fbe2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する