組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

アフター3ハロン手前

つまりは全然完成形ではないという意味ですが(爆)まあすっきりしたということでアップしてみましょう。
先程はガードバー(商品名グリルバー)への疑問で頭がテンパってしまったので本体(サファリです)のことに触れることなく終わってしまいました。
ついでに、というかガードにステーがあるので当然なんですが、巨大PIAA製フォグランプも取りました。
実はフォグランプやドライビングランプってのも疑問なモノなんですね。続きを読むで毒吐き出しましょうか(笑)。

~術前~
20060526130008.jpg


~術後~
20060526130241.jpg


~術前~
20060526130330.jpg


~術後~
20060526130407.jpg


なんだか間違い探しみたいになっちゃいましたね(笑)
ガードバーが軽かったせいか、フロントの車高は変わらずのようです。



で、今回の被告は追加ランプというか補助ランプなんです(笑)
今までいろんなナイトランをしました。タイヤ半分落ちかけた崖っぷちの廃道や大雪降りしきる林道、明かりを消せば自分の足元すら宙に浮いているのではと錯覚するような闇夜や、ローリング族(注1)(もう死語ですか)賑やかなギャラリー溢れる峠も、ありがたい黒煙を振りまきながら走ったりもしました。勿論夜中の都会のネオンの下でもタクシーと死闘を繰り広げたりもしたですね。
そんな数少ない(?)経験の中で言えるのは、”やっぱり補助ランプいらない”です。
真っ暗であればあるほどライトの明かりで十分な情報が得られますし、大概はハイビームにすれば事足ります。そりゃデカイ補助ランプで百何ワットもあれば見やすいですけど、自前のランプだけで不便はあまり感じませんでした。
雨の日もソコソコの光量のあるランプなら見えないということもありません。
勿論、古ジムニー(例を出してごめん)にある劣化したシールドランプでは目が疲れて困りますが、一般的なハロゲンでちゃんと光軸が合っていれば問題ないように思います。
以前、シールドビームのほうがカンデラ数はあるから明るいのだ、という意見もありましたが、自分的には圧倒的にハロゲンランプのほうが明るく感じます。
シールドでイイのは水遊びしても水がライトに入らないって事でしょうか。
先代サファリでは何度か水遊び後に、金魚ブクブクホース(使用済み)でライトにたまった水を吸い出しました。勿論このクチで(笑)。
今流行のHIDも明るく感じますけど、雪の日に困りました。
会社の屠世汰魔悪通私専用車はHIDなんですが、雪がランプに引っ付いてどんどん暗くなっていくので、定期的に降りしきる雪の中をランプ掃除に行かねばなりません。
サファリのようなヘッドライトワイパーがあればなあ~と痛切に感じましたが、ハロゲンなら当然雪は熱で勝手に溶けてなくなります。

話若干それてしまいましたが、補助ランプは絶対必要と感じたことが無いばかりか、林道で割ったり廃道でもげたり、草トライアルでペロンと下向いて失笑されたり、とにかくあまり利点を見出せません。
ハイスピードでダートを飛ばす、なんて一瞬で路面を見分けなきゃいけないステージであれば欲しいアイテムなのかもしれませんが、そんな場所はなかなかありませんし、こんなおデブちゃんでは怖くて飛ばせません。
ただ、雨の日の街中ではサファリのような一坪ボンネットの幅広車に乗っていると、もっと見えて欲しいと思うこともあります。しかしココで例の補助ライトをぐわっと点灯すれば、対向車はおろか歩行者などにも多大なる迷惑がかかります。雲への乱反射でUFOと間違えてしまうため大槻教授にまで被害が及ぶという可能性も拭い切れません。
ちゃんと光軸あわせればそんなことは無いと思うかもしれませんが、ヨンクのグリルの位置でも乗用車からは結構迷惑な高さになります。

でもライトのバルブをハイワッテージ(風)のに変えるだけでもずいぶん見やすくなりますよ。
(風)というのはハイワッテージじゃなくて、単に色度が白傾向にあるだけのバッタモンバルブの事です。
今、サファリについているのは”黄色い帽子”で980円の130/110ワット”相当”ですが、コレだけで十分ですね。


そうは言っても街中でヘラヘラやピアピアなどの巨大補助ライトをガンガン点けて走っている、まるで不審船を発見した駆逐艦のようなヨンクは確かに以前と較べて減ってきたように思います。”節電”?違うか(爆)


(注1)ローリング族ってのはまだ認知されている言葉ですが、”ルーレット族”なる呼称が主にK視丁方面で使われた時期もありました。当時もっと低いクルマで首都高を遊び場にしていた頃、このルーレット族なる方々に是非逢いたくて何周もC1や湾岸をイノチ削って走り回ったものです(笑)
スポンサーサイト
  1. 2006/05/26(金) 14:20:56|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<田中正造渡良瀬ブルース | ホーム | とったどー>>

コメント

AD化

フェンダーがまだ付いてるよ!?取ってしまえ!
  1. 2006/05/27(土) 18:27:44 |
  2. URL |
  3. 6年2組のよっちゃん #SFo5/nok
  4. [ 編集]

もちろん取らせていただきます!

取りたいんですけど、このホイルでこのタイヤで取っちゃうとはみ出してしまいます。
この歳ではみ出しタイヤで捕まりたくないです(笑)
  1. 2006/05/28(日) 11:25:13 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/19-8130dc92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する