組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

危機一髪

さて、下品を一発(爆)。

夕方、工場との打ち合わせが済んでさて帰宅という時のことでした。
クルマに乗り込む前に、なんとなく「クソしとくか?」と思ったのですが、ココのトイレは深く静かに魔界へと繋がっている(つまり汚い)ので、まあ家に着くまでは大丈夫だろうと思いそのまま発車しました。

エアコンの冷えが最近とみに悪い営業車サクシード号ですが、その日は雨のせいかグングン冷気がダクトから供給されています。
「おお!今日は調子がいいぞ!しかしそろそろガス補充か、もしかしてコンプレッサーが逝かれてるのか近々ちょっとみないとなあ」なんて呟いてるうちはまだ良かったのです。

そんな時に、下腹部に潜んだテロ集団は行動を僅かに開始したようで、先発隊が小競り合いを開始、後方部隊が退路を塞ぎその情報がまだ脳にはうまく伝わらずといった状況でしょうか?(笑)

今振り返るに「あれ?やっぱそろそろ」と思った時には既にテロは最終防衛ラインに迫っていたのですね。
急にグググ!と恐怖と便意が下腹部に迫ってきたのです!。冷えすぎた車内が原因なのでしょうか、前触れがあまりにも短いじゃありませんか!
思わず「てめー前戯ナシかよ!」(意味不明)と叫びますが敵の攻撃の手は緩むことはありません。


何分経ったでしょうか、既に脂汗が流れ「う!や、くっ!」と意味にならない声が洩れてしまいます。もうすぐに何とか処置しないと、あまりに悲惨な結果を招くことになるでしょう。
40歳になったばかり、諸先輩に較べればまだまだ若造とはいえシャカイテキチイもニンゲンのソンゲンも一応ですが標準装備なので、ココでアッサリ捨て去るわけにはいきません。

ふと、この先に横穴住居跡の古墳施設があったことを思い出しました。まさかトイレぐらいは、、ありました!。そして駐車場へなだれ込むように突入して古い仮設トイレの前に横付けです!
ここで慌てて走ったりすればテロの思う壺、一挙にダムを決壊させ戦いを終わらせる作戦に討って出てくるのは必至なので、老獪にも余裕の口笛なんぞ吹きつつ、しかし早足でサクッとトイレに入り込みました。

少々古い和型落下式ですが、ワザモノのOB等も見受けられず、まずまずの環境と判断。即座にズボンとパンツを同時に下ろしてギチギチに絞ったゲートを緩めます。勝利の瞬間は脳裏のお花畑と相場は決まっています。が!

「はあ~、アブねえ、、、」と思ったのもつかの間、敵は今度は意外な攻撃を仕掛けてきました!「ミシミシミシ!!」という木が裂ける音と共にまさに今踏ん張ってる私の足元を攻撃してきたのです。
「こらまずい!抜ける!」と思った瞬間、「どばっしゃーん!」と便器と共に踏み板が便槽へ落ちてゆくではありませんか!(笑)
まあ実際にはもっとゆっくりで、「ズブブブ、、」という感じだったかもしれません。

私は間一髪、みょーな姿勢で踏み板を渡していた桟木に足を掛けて落下を防ぎましたが、いつまでもこの姿勢というわけにもいきません。
だいいち、まだ拭いてないのです!(笑)

そろりそろりと安全な便所1Fエントランス(というのか?)に移動するも、ズボンがどさっと落ちないように注意を払いながら、なおかつ右手に握り締めたティッシュの箱も落とさないようにと物凄い姿勢で動きますが、根本的にココでしゃがんで拭くにはスペースが足りないことに気がつきました。立って拭くと拭き残しが心配です。
敵は2重3重の罠を仕掛けていたようです(爆)。

ええい、仕方ない、扉を開けるしかない!と半ばヤケになりながらも慎重に隙間を開け様子を見つつ、そおっと丸出しのまま扉を開けてみます。
とりあえず人影はありませんが、雨が強烈に降り出してきてしまいました。更なる罠に陥ってしまったようなのです!
どばばばば!!!という機銃掃射のような雨では扉を開けてスペースを確保する作戦は敢行できません。

しかし、ここでこの情けない姿のまま雨が止むのを待つのは酷と言う物。雨が止めば人出も復活するでしょう。
仕方ナシに残った桟木に片足を掛けて、狭い室内で足元に注意しつつ中腰というかその、立って拭きました(笑)。
なんともまんじりとしない結末です。
早く家に帰って風呂なりウオシュレットなりで小奇麗にしたいものですが、この事態で一応拭けたコトに感謝せねばなりません。

どばばばと降りしきる雨の音と落下した便器の白を見ていると、「負け」の二文字が浮かんできます(笑)。
今回はヤラレッぱなしでしたが、次回はきっと勝てる!
小降りになった雨の中、横穴式住居の先人達の霊に固く誓って東の空を睨みつつその場を立ち去りました。
モチロン、便所は壊したままです(爆)。










スポンサーサイト
  1. 2007/07/26(木) 13:38:58|
  2. お下品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<金スコ第2戦満員御礼 | ホーム | 仕事のついでにヨコハマまで>>

コメント

拍手!

 ひとり声を出して笑いながら読まさせていただきました。 その奮闘の様子があたかも見ているかのように頭に浮かんできます。 たいした表現力、文章力です。拍手:パチパチパチ!
  1. 2007/07/26(木) 23:31:36 |
  2. URL |
  3. ki9 #-
  4. [ 編集]

すごすぎ

腹がイタすぎなほど笑いながら読ませて頂きました。書籍出版されればベストセラー間違いナシ!っかと思います。くみちょさんの文才にはホント脱帽です。
  1. 2007/07/27(金) 00:16:47 |
  2. URL |
  3. pielle #-
  4. [ 編集]

目に浮かぶ

素晴らしい表現力! 大笑いしました! 【ひゃくあな】と呼ばれている場所ですかね? 便器と共に落下して欲しかったなぁ。私は公園の水洗トイレの水タンクのパイプにしがみついてフンばったら、タンクが外れてズブ濡れになった事があります。ちゃんと元栓を閉めてきましたが、トイレから出る時に入れ替わりで入ってきたヤクザ風のオジサンが俺の姿を見てかなりビビッてました。
  1. 2007/07/27(金) 10:54:05 |
  2. URL |
  3. B.K #fUnmc6zQ
  4. [ 編集]

す、すいません

皆さん暖かい人たちばかりで恐縮です。下品で大変申し訳ないのですが、誰かにこのやりきれない憤りを伝えたくて(笑)。
  1. 2007/07/27(金) 11:38:23 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

お、おもしろすぎる・・・・

くみちょ
面白すぎます。
ホント文才あるなぁ。
どこかで物書きやったほうがいいよ。まじで。
  1. 2007/07/27(金) 18:43:09 |
  2. URL |
  3. 山本 #PefwKnF.
  4. [ 編集]

ん~面白すぎますねぇ。
誰しも経験しているであろう下痢Pネタ。
経験しているからこそ手に取るように心情がわかる。
そこにくみちょさんの天才的な文章表現力が追加されて読み手を引き込んでしまう。
流石です。お見事!

そういえば、昔ニッポン放送の三宅裕司のヤングパラダイスという番組で「水戸様の怒り」というコーナーがありましたねぇ。
思わず思い出してしまいました(笑)
  1. 2007/07/27(金) 21:05:42 |
  2. URL |
  3. サファリン #3fP8K/.I
  4. [ 編集]

おぉ、何だコレ!!(笑)
便所の床を踏み抜いた事はありませんが、テロの恐ろしさは充分に伝わってきます(爆)。
愉快痛快な記事いいですね~。
  1. 2007/07/27(金) 23:35:58 |
  2. URL |
  3. neruchan #-
  4. [ 編集]

仕事柄関連会社さんが廃校の校舎など利用していることが多いので
このテのトラブルには細心の注意を払っております。
行く時には大食及び水物は控えて控えて、(小学校の時そのままの気遣い)

こうなったらヤだなーと思う想像そのままの文書で笑うに笑えませんね・・
小学校時代にこんな事あったらアダ名『○○○』に決定ですから。
(つーかアナタそうなったニンゲンには容赦なくそうするでしょ)
  1. 2007/07/28(土) 02:00:45 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集]

東の都から大爆笑

くみちょ、初めての書き込みです。

先日のお礼でも思って訪れたのですが・・・
芥川賞受賞ものですよ!!

老若男女問わず全人類の共通のネタで攻めてくるとは素晴しい!!

次回もよろしくお願いします。
  1. 2007/07/30(月) 22:31:06 |
  2. URL |
  3. ヨシ #JalddpaA
  4. [ 編集]

うちは下品専門店ですし

ヨシさん金スコ第2戦参戦ありがとうございました。第3戦も宜しくです。
さて、我がブログはサファリネタを中心としながらも、その実態は単なる私の品行下劣な行いを記録するというものですので、お食事中以外であればいつでもご覧になって書き込んでいただきたく、今後とも重ね重ね宜しくお願い申す次第であります。
  1. 2007/07/31(火) 08:03:37 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

実話ですが

ウチの死んだバーちゃんは踏み外して便器で股関節の辺り骨折して入院しました
くみ取り穴から見える片一方だけのスリッパがやたら悲しかったのを覚えています

落ちなくて、色んな意味で良かったよね・・・・
  1. 2007/08/01(水) 03:59:53 |
  2. URL |
  3. サファリ工務店バイト #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/231-45c2435c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する