組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

組長のクルマ達2

~栃木独身(貴族?)時代~
さて、そんなワケで栃木の山奥にスッコんだ組長ですが、自分の人生を振り返ってじっと手を見ることもうなだれることもまるで無く(笑)、美味しい空気と暇に任せて昼に夜にとせっせと働き始めました。
自分が作った借金ではないのでイロイロな機関に相談に行ったりもしましたが(おかげでヤバイ方面にも随分顔が広くなりました)、それでもやはりどうしても返さなければならないトコロもありまして、オウチがタッちゃうぐらいのお金は自力で稼がなければなりません。
3年以内、という柱を自分にブッ立て頑張ってみました。頑張ると言うと偉そうですが、実際はもっとグタッとナントナクなのです(笑)。
それなりに働くにはどうしても車が必要な土地柄ですので、とりあえずは岐阜の親戚の家に預けていた父のアシ車150系カリーナGTを引き取って乗っていました。

mh24gun-img600x450-1171786744corawn_014.jpg


密かに4AGエンジン、5MTで速いのです。
FFですが実によく出来てない(笑)のでタックイン癖が強く、4AGの乾いた排気音と共に楽しいクルマでした。
残務整理で栃木~東京を何度も往復しなければならなかったので、速くて楽しいこのクルマにはカナリ救われました。
夜のお仕事(残念ながらイカガワシクありません)にも4ドアということで重宝しましたし、燃費も良かったので借金大王(爆)には最適です。
しかし、ジープJ24購入の為に友人のオヤッサンに譲渡。あの頃は2台所有なんてまず無理でしたから。


昼夜の仕事も慣れて稼ぎも安定してきた栃木2年生の頃、ジープの他にも何かクルマが欲しいなと悪いオシリカジリムシの囁きに負けて購入したのが「Y30バン」です(笑)。

B184001380L.jpg


勿論、バン(貨物)でディーゼルでRD28(笑)なので、維持費はジープ並みに安いのですけど、ポンプの調子がイマヒトツなのか黒煙番長で何度も修理しました。おかげで噴射ポンプの構造を理解できましたが(笑)。購入価格は、たしか20万ぐらい。もちろん現状渡しで車検もなし。
写真のY30とはちょっと違いまして、3ナンバーセダン用のフロントマスクとバンパー、内装はブロアムに交換張替え済みという前オーナー力作のカスタマイズ車でした。
そのうちVR161サファリを購入する事になり、いくらなんでも3台は無理!ということでやはり友人のオヤッサンに譲渡。
ブロックに穴が空いて廃車となったようです。

借金にも目処が立ってきた栃木3年生に、隣町の建築士の友人が「貰ってくれ!」と置いて行ったのが「シビックフェリオEG6事故車修復歴あり?なし?号」です。

H003366140102010101B0001009L.jpg


大概のボログルマには驚かないワタクシですが、コイツは本当に凄かった!(笑)。
何でも貰ってしまう癖はそろそろ考えようと初めて反省もしてみました(爆)。
結局、車検を取って乗れるまでに動力関係の部品代だけで30万以上(爆)。
同じ程度のSiが買えたかも(笑)。
ボンネットや外装は、前オーナ自らの手による金属バットの巧みな技で修復されておりましたので(笑)、ワタシはヒビの入ったヘッドライトを新品にした程度です。
このクルマで初めてホンダの思想に触れました。室内がヤケに広くてエンジンは小さくコンパクト、しかもパワフルで元気一杯です。
ボディも軽くて燃費もイイとまるで悪いところが無さそうなのですが、軽量化の為に補強の入ってないボディやまるで強度に余裕の無いエンジン、ギリギリの容量のラジエター等々、まるで戦時中のゼロ戦です。
半年ぐらい乗ったら前オーナー宅へ「お戻り」に。
ワタシの手元には修理の為にあったような、そんな奇特なシビックでした(笑)。


~結婚してお小遣いが激減の氷河期時代(爆)~
借金の返済が終わり、これでやっと夜もちゃんと寝られる!(笑)、好きなクルマを好きなだけ保有できる!(解体寸前に限りますけど)と思ったのも束の間、 一人の女性がワタシのアパートからなかなか帰ろうとしません(爆)。ふと気が付いたら彼女は戸籍上の妻になっていました(笑)。
若い頃、新車のMR-2にTバーを選んだ時の失敗が脳裏をフトよぎります(爆)。
そんなこんなの1999年世紀末を過ぎ、2000年代となって弐号機Y60と共にあったのがジムニーJB23とエスクードTA02逆輸入(ビターラ)でしたが、奥様のインサイトの頭金にJBはドナドナされ、TA02ビターラはATからの大出血で買い替えを余儀なくされてしまったというハナシは以前にもしました。
暫くはワタシが自由に出来るクルマは弐号機Y60のみ、という状況でしたが、TA02ビターラがダメになったのをキッカケに乗り換えたのが「スバルプレオネスタRG」です。

2997859_1l.jpg


ちっちゃくて速いクルマに乗りたかったので、当然SC付き64馬力しか眼中にありません。なんと乗り出し170万を越える高額軽自動車でございましたが、外せるようなオプションも無く、ついでにMTも無く、安くなる選択の余地はありませんでした(爆)。
今となっては200万を越える軽も珍しくないですけど、奥様に土下座して当時現金で150万を降ろし「オジサンこれく~だ~さいなあ~」とディーラに行ったのに、「ちっ、足りねえな!」(笑)の事実にちょっとショックでした。
よく出来たCVTとモリモリトルクのSCで外観以上に走ります。
イジリメニュー(爆)はSTIの前後強化サスキットと強化プーリー、足元はRSワタナベの14インチでバッチリ80年代風にキメておりました。
燃費は軽とは思えない10キロ前後でしたけど、この動力性能ならば致し方なしです。当時はガソリンも安かったし(懐!)。
欠点といえば燃料タンクの容量がドラッグマシン並みに少なくて(たった32リッター)、しょっちゅうスタンドに行かねばならなかったことです。
なんと2度も車検を受けて、サファリ以外のワタシのクルマとしては異例の長寿命だったのですが、低すぎた車高のおかげでオイルパンを何度もブツけ、治す度にアルミ製のブロック側がヤバくなってまして、完全にダメになる前に値段が付くうち売ってしまえ(爆)と言う事で、中古車屋に売却。
現在サクシードについている3連メーターは、実はこのプレオの遺品です。



~番外編~
結婚する前に奥様が乗っていたクルマ「カローラFX」です。

E0002_010104500101.jpg


スゴイ事故を経験している(らしい)痛々しいクルマでした。下回りには溶接で接いだ跡が生々しく、実は全損だったのじゃないかと思える程。
何度アライメントを取ってもちょっと走れば狂ってしまうのですけど、ナゼかハンドルのブレも無く、車体が僅かナナメになりながらでも真っ直ぐ走ってました(笑)。
エンジンは人類の至宝4AG後期、そう、あの5バルブエンジンです。
それをATで乗るというこの贅沢な無駄!(笑)。このオンナには一生掛けてでも説教するしかないなと思いました。
いつ折れるか不安なのでさっさと売っておしまい!と言うことで、ガリ○ーというボディしか見ない買取屋で持って行ってしまいました(爆)。
今思えば、エンジンだけでも抜いてしまえば、と後悔しています。



こういう風に書き出すと、実は自分はヨンクって、「サファリ」と「ジムニー」と「ランクル80(笑)」しか知らないんだなあと改めて気付きます。(TA02はヨンク的な使い方をしませんでした)
もっとも自分的に遊べるヨンクが少ないもの事実ですけど、一生の趣味にしている割には少ないかなあと思います。
でも、イザ買い替えと言ってもダメなんだろうなあ~。
ファーストカーはまた「サファリ」を買ってしまうような気が多々、するのです(笑)。


ちょっとカジョガキ風にまとめようと思って始めた「組長のクルマ達」でしたが、思いの他長くなってしまいました。
所有の時間長短に限らず皆、思い出の深い一台でしたから。
またこれからもそーいう「クルマ達」を乗ると思いますが、そんな思い出の「屍」(爆)を累々と死ぬまで築いていけたら本望だなあと、クルマバカオジサンは思うのです。

最後まで読んじゃった方、ホントご苦労様でした(笑)。









スポンサーサイト
  1. 2007/09/15(土) 11:53:32|
  2. クルマ遍歴(変歴?)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<エクストレイル | ホーム | 組長のクルマ達1>>

コメント

いやぁ、最後まで読んでしまいました(笑)
「事実は小説よりも奇なり」という言葉を思い出しました。
  1. 2007/09/15(土) 18:18:31 |
  2. URL |
  3. nakajin #-
  4. [ 編集]

完読させていただきました。
どれも懐かしい車ばかりです。
4AG搭載のカリーナには激しく反応しました(笑)
憧れましたよ~GT-TRというグレードが欲しくって欲しくって。
同じく4AG搭載のカローラもありましたね~。
シトロエンやポルシェまでお乗りとは・・・凄すぎです。
なにせ私もスーパーカー世代ですから。

私は中学生でバイクを覚え、高校生になると同時に車に走りました。
勿論無検挙ですよ(笑)田舎ですからね(^^ゞ

「人生に無駄はナシ」つくづくそう感じました。


  1. 2007/09/15(土) 21:09:07 |
  2. URL |
  3. サファリン #3fP8K/.I
  4. [ 編集]

読んじゃいました。

私があの会社をやめてから、いろいろあったんだねぇ。
びっくりです。
でも、なぜか元気をもらえましたよ。こんなに大変な状況なのに悲壮感が漂ってない(爆)
それがスバラシイ。
  1. 2007/09/17(月) 16:35:25 |
  2. URL |
  3. 山本 #PefwKnF.
  4. [ 編集]

いろいろありましたねえ~

ほんとイロイロありましたけど、ノホホンとしてたら自動的に友人や仲間に助けられてココまでやってこられたか、というカンジです(爆)。
ワタシの人生は多分これ一回コッキリだと思われますので、仕事も遊びも存分に楽しみたいと思ってます、ケド!、仕事はやっぱりドコまでも仕事でツライっす(笑)。
  1. 2007/09/17(月) 21:46:15 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/248-9bc04a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する