組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

日産上三川工場のしらさぎ祭

まず冒頭でワタクシが述べたいのは、昨日の土曜日は女房の為にわざわざ、さいたまアリーナで行われた米米ク○ブのライブ会場まで送迎をした、という事実があったコトです。

で、日曜は予定通り日産の上三川工場のお祭である「しらさぎ祭」へ行ったのです。
天気はあいにくの”雨”
シトシトではない、どちらかと言えば間欠土砂降りというカンジです。

ワタクシには「歴代スカイラインを見る」という確かな目的があったので、そんな雨でも特に問題ナッシングなのですが、まるで興味の無い奥様は既に無口の激怒モードです。
とりあえずご機嫌を真っ直ぐにする為に露店でお汁粉やコンニャク団子を購入、しかし食べる場所のテントは既に雨の避難民で満杯でドコにも隙間がありません。
雨はどんどん強くなり傘を差していても汁粉はどんどん水かさが増し、我がコンニャク団子は既に水洗いの串刺し刺身状態。
正直、もう食えるシロモノではありません。



「こんなトコロになにしにきたの!!」
ついに怒りが爆発したようです。
まず、ナニゴトも自分中心に考える奥様にとっては、確かにこの雨の中で興味も無い間所に連れて来られて、さらに折角買った食い物までダメにしてしまったら怒る以外にありません。


しかし、雨降りはワタシのせいでしょうか??
テントが混んでて追い出されたのも、遠い駐車場に回されたのも「全部オレのせいか?!?!」と、言い返したいのをグッと堪えます。
オトコですから(泣)。



話かわりますが、米米ク○ブ、ワタシは好きではありません(爆)。
ライブも特に見たくないので埼玉在住の義理妹にチケットを譲って、ワタシは浦和大宮周辺をホッツキ歩いてました。
それはそれでそれなりに楽しかったのですけど、貴重な時間を潰したことには変わりはないのです。
ま、明日はしらさぎ祭に行くのだし、コノ程度のサービスはショウガないか、という気分でした。

なのに、、という気持ちはグッと押し殺して、とりあえず観るものは見させて貰います。
一人で来れば良かったとワタクシ的に反省もしておりますので。




特設スカイラインミュージアムで50周年だと言うことを知りました。
プリンス時代から脈々と続いてきたGT(グランツリースモ)の血統は、形を大幅に変えつつも最新の350GTへと繋がっていることが解ります。ワタシの好きな「ジャパン」もオーナーズクラブのご協力でたくさん見ることが出来ました。
ジャパンを冷静に見ると、パースは狂ってるしグリル形状もみょーにオカシイし(爆)、とにかくダメダメなデザインです(笑)。
でもこの過渡期っぽいカンジが好きなんです。
ブレーキもビックリするぐらい小さくて現代の交通事情では危険だと思われますけど、オーナーの愛情でスバらしいオリジナルコンディションに保たれている姿を見ると感無量な気分になります。
西部警察仕様が2台ほどありました。それは明らかにヤリスギです(爆)。


歴史的価値のあるS54と、まだココに来るのは早いような気がするR32が肩を並べている光景はスカイラインファンでなくともグッと来るものがあります。皆が嫌うR30もワタシは密かに好きです。R31のタイミングチェーンがガチャガチャうるさいFJエンジンの音も最高じゃないですか!


こんな土砂降りに貴重なクルマを惜しげなく乗り付けてくれたオーナさんには頭が下がりますね。
箱スカオーナーの「雨漏り酷いんで先に出るからね!」と小耳に挟んだ会話がとても印象的でした。



サファリ乗りとしては、もし、パトロールG60と最終Y61が並んでいたら、、、そんな非現実的な妄想も浮かびます(笑)。
是非、サファリミュージアムをドコかで開催してもらいたいものですね。
Y60の特殊な例として我がチームからも長短4台は展示に協力いたします!(笑)。
しかしやはり門前払い?(爆)





20071001103324.jpg

セドリックも330から最終型までズラリと展示されておりました。
ナツカシのY31ワゴンもありました。
今見ても430が乗用車っぽいクリーンなデザインでとても好感が持てますね。






20071001103642.jpg

ジャパンがズラリと。L20ターボでは牙は復活しなかった、、、(爆)。
もし当時L28にツインターボで240psぐらいのモデルが登場してたら、RSにもヒケのない名実共に日本の名車となっていたことでしょう。






20071001104559.jpg

フルノーマルのケンメリ、貴重ですよね~。
まさに箱スカからの”正常進化”です。






20071001105118.jpg

GT-SのRです。スカイラインが急にヘンになった時代に何とかキャラ復活を果たした功労者とも言えますね(笑)。






20071001105611.jpg

ジャパンにセドリックのフロントを移植したヤン車を、学生時代の同級生が乗っていたことを思い出します。
ちなみに学校は国立(こくりつ)だったんですが、、、(爆)。





今日の雨でキレイになった我がサファリ。
異種兄弟にたくさん逢えたからか、気温が低いからか、本日は220キロも走ってまだ燃料計は半分より針一本上です!(笑)。
20071001110551.jpg



キミももう15年生で同級のR32は既に殿堂入りしてるってのに、ナカナカお声が掛からないね~(爆)。
ま、ボロヨンクの世界では平成=新車だからしょうーがねっかあ(笑)。




しらさぎ祭の”楽しい”詳細についてはわが師nakajinさんの、
「拙宅の日産サファリに関する雑記帳」に詳しい内容が記載されています。必ずご参照下さい(爆)。

http://nakajin.at.webry.info/


スポンサーサイト
  1. 2007/10/01(月) 11:20:07|
  2. オデカケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ビックリした! | ホーム | そうそう、サイドシルは守っとかないと>>

コメント

私のブログの宣伝をしていただき、誠にありがとうございます。

いやぁ、しらさぎ祭りの「雨」はホントに残念でした。

そういえば、私の画像で雨中で撮影したのは自動車大学校の学生さんがエンジン分解・組立しているシーンの1枚だけ。あとは、皆ゲストホールに”避難”しているときの画像ばかりでした。
 よくよく考えると、今回はスカイランクラブの貴重なクルマが型式別にズラリと並んだ姿が「特別展示」だったんですよね。その画像が一枚も無かったことに今気付きました。(苦笑)
 ただ、ズラリと並ぶスカイラインは私の記憶の中には印象的なシーンとして刻み込まれました。

 ホールに展示されていたケンメリ(C110)が「エンジン掛けないで!」とあるのに、雨中に展示されていた車両は自走して栃木まで来たわけで、クルマを大事にするオーナーの心意気が伝わってきましたね。

殿堂入りしているR32と同色・同時期のY60は、いまだに殿堂にも入れて貰えず、市井で頑張っていますね!
 
  1. 2007/10/03(水) 07:29:27 |
  2. URL |
  3. nakajin #-
  4. [ 編集]

オトコはガマン
  1. 2007/10/05(金) 01:03:40 |
  2. URL |
  3. 木村 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/255-d5a54ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する