組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

2007オートボルテージュアエロバティックスでした

今年もこの時期がやってまいりました。
毎年ツインリンク茂木で行われるアエロバティックス競技の最高峰、オートボルテージュ2007が週末に開催されました。
11/2・11/3・11/4と3日間通しの競技で、チケットもモチロン通し。
ワタシの観戦もモチロン通し(笑)と、マニアにはタマラねえヒコーキ漬けの日々でございました。
「会社が大変な時に休むの?」なんて社長に言われちゃったりもしましたが、
「そんなのかんけーねー!」(爆)。


さて、そんな悪い子はやはりキチンと罰が与えられるワケでして、初日の金曜日は雨しかも一時豪雨(泣)。さらにこの日は日頃の行いに多大な問題のある”猛獣の女史”を一名同伴させたのもカナリの原因があったのではないかと(笑)。
だって天気予報では常に「曇」なのにさ。
寒いのにアイス食ってるし(爆)。

午前中は一通りのプログラムは進みましたが午後からはコンディションの悪化という事で、公式練習が途中で中止(泣)。
雨の中傘でシェルターを作って剥き出しの観客席で頑張っていた我々の意志の力は、神にも主催者にも通じませんでした。
とりあえず明日からの決勝競技に備えて一時退散です。



翌日の決勝当日の朝は曇。しかし気温の上昇と共にドンドン天気は回復して、秋らしい青空がバッチリでございました。
昨日とはうって変わってツインリンクはヒトヒトヒトの大洪水。
雨でも降りやがれ、と思うぐらいでございます(笑)。


20071105090828.jpg

競技そのものは1キロ四方の上空エリアで行われますが、最後には皆、観客席の目の前をナイフエッジのローパスで決めてくれるのです。


20071105091556.jpg

これらの機体はスホーイsu31というロシアの飛行機です。ロシア製品というとビミョーな印象を受けるかもしれませんけど、このアエロバティックスの世界では最高峰最新鋭の機体なのですね。
大馬力の星型エンジンで、プロペラを比較的ユックリ回して超軽量の機体を引っ張り揚げる力技ガテン系飛行機です。



20071105092104.jpg


この競技には複数機で行う団体クラスもあります。翼が触れ合わんばかりの接近した状態で行われるマニューバはまさに神業。
zoom!zoom!で有名なマツダさんがスポンサーのエキストラ300Lの2機チームです。

このエキストラ300Lというヒコーキはドイツ製のエアロバティックス専用機です。珍しいのは2座という点ですね。ちなみにシングルバージョンは300Sと表記されます。
水平対向エンジンでプロペラを高回転でぶん回して大推力を得るタイプで、前述のスホーイとは対照的な機体です。
キレと速度が身上の頭脳派デューダ系飛行機と言えるでしょうか。



20071105093940.jpg

4機で飛ぶフライングブルズというチームです。この寄せっぷりと線で繋がったようなシンクロマニューバはスゴイのヒトコト。
機体はロシア製のズリンという古い古いヒコーキですが、そんなことは微塵も感じさせないパフォーマンスはさすがです。


その他、エキシビジョンではこんな珍しい機体も。


20071105094851.jpg


20071105100030.jpg


イタリアの4機チームなのですが、使用している機体はたった100馬力のライトプレーン!。
確かにシャープな動きはアリマセンが、息ピッタリの編隊や小粋な”小道具”が大変微笑ましい演技でした。




20071105095332.jpg

こちらは茂木ではお馴染みのヘリチーム、茨城のアルファアビテーションさんです。ヘリコプターのフリー演技はとても珍しいそうですが、2機チームとなるともう世界でもココだけという事です。

20071105095713.jpg

ヘリ独特の面白い動きを見せてくれますが、こんな接近旋回も迫力ありますね~。肉眼で見てるとローターが触りそうなぐらいに感じます。




しかし、今年は茂木の常連とも言える2名、バケモノjukaを操るユルギスカイリス選手と、ミスターエキストラのピーターベネゼイ選手の顔がありません。
日本人パイロットの室井選手も初参加で頑張りましたが、この二人に較べると?な印象は拭えません(爆)。
豪快なホバー系で飛行機の動きとは思えないユルギスさんと、空が切れて血が出そうなキレキレのべネゼイさんの飛びっぷりはヒコーキに興味の無い方でも必見の価値ありです。
来年は是非、呼んで頂きたいぞと力強く希望いたします。



さらに残念なこと?に今年は浜松から”飛来”するあの「ブルーインパルスjr」がドタキャンにつき、あの”地上スレスレ”の”展示飛行”が見れませんでした。
キャノピー付きの新型(元ネタはジャイロX?)が見たかったのになあ(笑)。




スポンサーサイト
  1. 2007/11/05(月) 09:11:11|
  2. 近所探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いぢってはイケマセン | ホーム | 源流を見に行こう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/268-04b687e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する