組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

いぢってはイケマセン

サファリのショートに乗ってからロングに乗ると、異様なまでの小回りの効かなさを感じます(笑)。
ハンドルの舵角すらも減っているカンジでイヤハヤ困るぐらい曲がりません。

こりゃ別物のノリモンだと納得すればいいのですけど、フロントから見る景色はショートと同じ(アタリマエ)なので、切り遅れ頻発で慣れるまでに時間が掛かるのも事実でございます。

んじゃフロントの切れ角を増やして、、、とシロートは思ったのですが、既に等速ジョイントに限界近い角度が付いている様子で断念。
既に始まって早々に7行(エディター換算)で万策が尽きました(笑)。



で、この辺りの世の中の動向はどうなっておるのだ?と思い調べてみると、FRの世界にはハンドル切れ角を増やすナックルが売られておりました。
主にS13~のシルビア系に設定があるということは、まあいわゆる”ドリ車”に効果テキメンなチューニングのようなのです。

正直、我々の世代ではココはイヂってはいけない”聖域”として崇め奉られていました。

しかし、このアフターパーツを見てください。

Ph05.jpg


高貴な特攻服色(笑)の紫に塗られたナックルは、ソンジョソコラの町工場で出来るシロモノではありません。
100パー近い確立でノーマルのナックルをぶった切って付け直したと考えられます。
写真からはなんとも言い難いのですが、ほぼ禁じ手に近い手法です。


きょ、怖えええ~!(笑)



で、この思いもしなかったパーツの効能は、やはり切れ角の増大にあるようなのです。
フルカウンターでの切れ角の増大は、それだけドリ中の角度が付く結果になることは海を見るよりも明らかなのですけど、それよりもコーナー内側の車輪の引きずりが低減して、いわゆる「飛距離」が伸びる事の方が重要かもしれません。


ILLUST3.jpg

赤いほうが恐怖の”改造ナックル”です。
明らかに切れてます。FRならではの技とも言えますが、、、。


クルマのタイロッドリンケージは直進がトーインが少々もしくは全くのトー0に調整されてます。
その直進状態からフルに切ると、内側のタイヤよりも外側のタイヤの方が切れ角が浅くなってるコトに気付くでしょう。
モチロンそーいうふうにリンクされているのです。
コレがドリ中に引きヅリを起してフロントが失速する要因になるのですね。ふむふむ。

で、それを解決するのに切れ角を増やすと、当然内側もバッチコイに切れますが外側もノーマル以上に切れ込んでくるというワケなのです。
こちらがドリ車に使われる本当の理由なのでしょう。
モチロン早く走るためにはまるで不要(爆)。
むしろ危険ですらあるパーツですが、その世界で一番となるために特化されるチューニング行為そのものはキライではありません。


しかし、超重要保安部品で一体成型品(s13のが鍛造か鋳造かは知らないけど)を切った張ったするのはどうかと思います。
いや、コレがちゃんとアフターメーカーで鍛造されていれば問題は無いんですけどね(笑)。


こーいうアフターパーツのメーカーに保障なんて皆無に等しく、どうせ公道での使用を禁止します等の旨がキッチリ書かれているに違いないのですが、サーキット使用オンリーでもこの部品だけは怖くて使えそうにありません。もっとも使う機会もありませんけど(笑)。




ムラサキに塗っただけでは強度はアップしません(爆)。



ところが宇宙世紀になると赤く塗っただけで(以下自主規制中)(笑)。








スポンサーサイト
  1. 2007/11/06(火) 15:42:57|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<秋ですねえ | ホーム | 2007オートボルテージュアエロバティックスでした>>

コメント

なんちゃって。

 さしずめ、「禁断の果実」ですか。。
 自分も、ココまで激しい事はした事ありませんが、昔やはり180に乗ってた頃、フロントのディスクブレーキに放射状にボール板で穴空けて、「なんちゃって・ドリルド・ベンチレーテッドディスク」を装着した事があります。 が、2週間程でハードブレーキングに耐えかねて、破損しました。 やっぱ内部応力?・ひずみが出るんでしょーな。
 でも、それに懲りずに次は放射状にスリットを入れてみました。 コレは破損する事なく、効きもソコソコアップして、結局摩耗限界=スリットが無くなるマデ使いました。
 ちなみに、ブレーキのキャリパーを赤くしたがるのは… 
  1. 2007/11/08(木) 00:02:13 |
  2. URL |
  3. ka2 #53uyQSSs
  4. [ 編集]

純正でさえ、、

ドリルドは純正でさえクラックが入りますから、DIYでヤルのは怖いですよね。
サファリのブレーキが甘いので、スリット加工をやってみたいとも思ってるのですけど、加工に使えそうな手持ちの道具がサンダーぐらいしかないので躊躇しております(笑)。

  1. 2007/11/08(木) 08:03:15 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/269-46f6ab9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する