組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

アーシングをしてみた

社用車を手放すと、当然普段使いにもサファリ君の出番が増えまして。
そうなりますとコレがまた、グングン下がる燃料計もシャレにならねえガソリンの単価もドキドキする程に気になりまして(笑)。


てなわけで莫大な燃料費を少しでも節約出来れば、ということでワタシの中では「オカルトチューニング」の範疇に入るかもしれない「アーシングチューン」をしてみました(笑)。


だってさあ、アースなんて律儀にマイナス端子に戻さなくてもプラスはきっちり流れるぜよ理屈では(笑)。アース(ー)がきっちり取れてなかったらプラス(+)はゼンゼン流れません。
本気で効果狙うなら地面に銅棒でも刺せよって(爆)。


まあ、ちゃんとアースが取れてない場所もある「かも」しれませんからやってみなくちゃあ解りません。


まずは材料です。
電材から調達した(かっぱらった?)太めの電線と端子を用意します。
ちょい厚めの銅板の切れ端も忘れずに。
テキトーにぶった切った電線の両端に端子をつけて、テキトーに加工した銅板にテキトーに穴をあけてバッテリマイナスの集合端子にします。
そして、テキトーに好きな所からアースを取っていけば出来上がりなのです(笑)。


実は、以前にもアーシングには挑戦していたのですけど、どうにも不整脈が出てしまい一度撤去した経緯があるので、今回は配線してはエンジン回転ムラチェック(耳テスターですけど)をしながらの作業に。



そんなワケでなんとか「採用」になった配線姿がコチラでございます。
IMG_1731.jpg


インジェクションの傍から2カ所とデスビの傍、イグナイターコイルの傍より引っ張ってみました。
不思議な事にナゼかインマニにアースを落とすと不整脈になるようです。インジェクション側(つまりヘッド)からも手前1番と3番から取っていれば問題はないんですけど、6番寄りを追加するとナゼか不整脈に。
う~む、まさしく「オカルトチューン」(笑)。


IMG_1732.jpg


赤いのがプラグコードで、銅地金色のがアースです。
このお手軽さ+何となく効きそうな理屈(笑)+シロート向きな作業(爆)が、アーシングを流行らした原因になっているのですね。
これで燃費が良くなれば、それに越した事は無いんですけどねえ(笑)。

電気系のチューニング、個人的には+端子につけるコンデンサの方が効果があるんじゃないかなあと思います。
あの「ホットイナズマン」とか言うヤツですね。
ちなみにサナギマンから変わるヤツではありません(笑)。


IMG_1734.jpg



はてさて、燃費はどう変わるでしょうか?
1、気のせい
2、思い込み
3、ホントに変わった!!

明後日にはちょっと距離を走る機会がありますので、その時に答えを出してみたいと思います。
期待はもちろん、3番ですよ(笑)。
だって「無料」で燃費が良くなったらこんなに良い事はありませんぜ。



IMG_1735.jpg


「こんなものが、ホントに効くのか?」
「あんたのその疑り深い目えがあ、、」
(笑)。

スポンサーサイト
  1. 2007/11/27(火) 21:38:24|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<サファリイジリあれこれ | ホーム | お休み中なのに、、>>

コメント

おおっ

心配するどころか、サファリのカスタムがエスカレートしそうですね!今後も愉快痛快な記事を待ってますよ~
DIYで成功すると更に愛着が沸きますよね。ホットイナズマは以前付けた事ありますが、効果は・・・「1、気のせい」だったかな(笑) ただLEDがエンジンルーム内で常時点滅してて、それだけで5馬力UP&燃費5%UP!な気持ちでした(爆)
  1. 2007/11/28(水) 00:39:44 |
  2. URL |
  3. pielle #Gx/DhmM6
  4. [ 編集]

とうとう手を出してしまったのですね。

メンタルチューン大好きです。一度付けると外せなくなる分野ですね。
何故って、効果が「あんまりよくわかんない」から。
「それって効果あるの?」と聞かれても、
「付いてた方がきっとい~んじゃん?」と返事も疑問形。
「沢山電気流したら勿体ないじゃん」とウチのママ。
装着している事を覚えてるのも一週間。ボンネット開けて「あ、付けてたんだっけ」と。
そのうち私のY61アーシングもネジが腐食して外せなくなるんだろうなぁ。。。残念。
  1. 2007/11/28(水) 15:45:43 |
  2. URL |
  3. B.K #-
  4. [ 編集]

期待はしてないんですけど、、(笑)

積極的にアースを取る事自体は間違ってないとは思うんですけどねえ、どうせヤルなら昔のタンクローリーのように腹下からチェーンをぶら下げて、そこにマイナス端子を繋げてチャリチャリ言わせて走った方が効果があるとは思います。不快な静電気も防げますよきっと(笑)。
pielleさん、ホットイナズマもやはりキノセイチューニングなんですか!?コンデンサは効果あると思ったんですけど。電動ラジコンなんかキャパシターとかいうパーツがあるんですけどねえ。
B.Kさん、ママさんの「勿体ない」最高です!そうです勿体ないですよはい!!(笑)

今度はマーシャルの真空管でも着けてみるかなあ(笑)。

  1. 2007/11/28(水) 20:59:54 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

2年くらい前でしょうか…自作ホットワイヤーというのが流行ってまして、その流行に乗ってエイヤッ!!と作ってみたんですが、何となくソレが元で不具合が起きてもイヤだったんで、未だに作ったまんま装着するコトなく眠っております…。
しかもベースとなったのは特注で作ってもらった永井のブルーポイント!!
変な加工を施すより、フツーにブルーポイントをそのまま付けた方が効果があったんじゃないか?(笑)と、未だに後悔というか、付けようかどうしようか迷っているパーツです(爆)。
  1. 2007/12/01(土) 03:20:04 |
  2. URL |
  3. neruchan #-
  4. [ 編集]

自作ホットワイヤー

確かにそんなブームがありましたね!。
当時はディーゼル車だったのでゼンゼン気にならない情報だったですけど(爆)。もっと勉強しておけば良かったです。
しかし、電荷を溜めて一気に出すというのは理にかなってるかと思います。アースをヒキマワすよりも説得力がありますね(笑)。
ブルーポイント、是非、壊れても良いクルマでお試し下さい(爆)。


  1. 2007/12/01(土) 11:26:23 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

私の過去記事に「アーシング」を題材にしたものがあります。電流がどうのこうのという解説が巷では多いですが、私が至った結論はただ一つ「エンジンセンサへのノイズ対策」としての効果でした。つまりは、「ボンディング」ですね。
 特に効いたのは、ノイズ発生源のオルタネータと排気管のO2センサへの”ボンディングワイヤ増設”でしたよ。
  1. 2007/12/01(土) 23:42:06 |
  2. URL |
  3. nakajin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/275-a8835009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する