組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

カンサスを入れてみる

我がサファリの最近の懸案事項である「フロント前下がり」を”どげんかせんといかん”、という事で、ちょっと頑張って工事してみました。
ヘタリまくった我がサファリのフロントバネは車高を左右同じに保てるだけの能力すらもなく、ついでに右が圧倒的に下がって来ております。その左右差はフェンダーより30ミリもあります(笑)。

思えば前回、リアに拾って来たようなバネをソーサー共々入れてみた時から顕著にフロントが下がるようになりました。
車高調整用のソーサーの為、その時から若干の前下がりだったのですけど、時間が経つにつれドンドンと自然ホッドロッドになっていきます(笑)。
あまり訳のわからぬデドコ不明のパーツは使うな、という暗示のような気もしますので、せめてメーカーの解るバネはないかな?と物色していたところ、組員UD君より「4×4エンジニアリングのカントリーサスペンション2インチアップ過度に使用後(爆)。」を頂戴いたしました。
かのメーカーの特徴である青い塗装は既に褪せ、イイ感じでヤレテいるので心なしか乗り心地も良さそうです。しかし柔らかすぎると派手派手ロールが心配ですね。


まずはフロントから着手いたします。
いつもの通りにジャッキアップしてウマを咬ませてアクスルを浮かせます。ワタシの持っているウマは乗用車用なのでサファリだと全く高さが足りませんので、鉄ホイールを台座に咬ませます。こんな時、ちゃんとした道具が欲しいなあ、2柱リフトが欲しいなあ、と切に思うのです(この後、さらに思いは募る事件が!(笑))。

200804051334001.jpg


写真を見てもわかるとおり、ソーサーを入れた今までのバネと今回入れるカンサスの自由長がほぼ同じなのが解ります。
ということは、若干車高は下がるかもしれませんがソーサーは不要になります。もし下がりすぎたらまたソーサーを入れればいいんじゃね?という事で取りあえずナシでパッパと組んでしまいます。一昨年の夏に取れたままだった右コイル内のバンプストッパーも、ボンドG17と3か所のテクスビスで2年ぶりに復旧致しました(爆)。
異様な右下がりの原因はこれの有無にもあったはずですね。
手順はいつもどおり、ショックの下ボルトを外してアクスルを下げられるだけ下げます。今までのソーサー+バネはこの状態で外れます。入れる時は外す以上にスペースが必要で、手で押したり足で蹴ったりしますがそれでも下がりきらないのでダルマジャッキを挟んでアクスルをさらに捩じります。


200804051339000.jpg


こんな感じでまさにカンサスです(笑)。
クロカン御用達の老舗メーカーのバネなのですが、なぜか仲間には不評(笑)。
かくゆーワタシもジープ時代にリーフのカンサスの購入して、組んで3日で親リーフのみカンサス仕様となってしまった事をふと思い出しました。硬くて硬くてどうしようもなかったのです。



フロントを組み終わってジャッキを落とすと、思ったとおり今までの車高は維持しているようです。
車高アップが目的ではないので、ソーサーを外せただけでも良しとしましょう。



天気の良い春の一日。
お茶を飲みつつ小休止。
我が手は油と砂で真黒、当然湯のみが汚れて実母に怒られ(笑)。



さて今度はリアです。
春の日差しの為かココでワタシは大きなミスを!(爆)
ウマ掛けがメンドクサイので、どうせジャッキアップで先にタイヤを取ってしまうのだからということで、ウマが低いまま(つまりホイルのカマシを省略して)シャーシを乗せてしまったのです。
下の写真のように、カンサスの長さは今までのソーサー+ヘタレバネと同じなので外せれば入るはずだという考えだったのですが、ソーサーとバネは圧倒的に外れ易いのを忘れておりました。


200804051439001.jpg


こちらも大体同長ぐらいです。
リアはヘタリが少なそうですが、どうせ変えるなら前後同じのモノが標準として付いていれば今度の指標にもなり得るだろうということで交換です。


ここからが苦労の始まりでした。
まず地面が近くて下がりきらないアクスルに長いバネを入れるのですから、方法としてはシャシ側を上げなければ方法はありません。ところが、ハイリフトで揚げようとするとバランスが狂ってクルマが横へ動こうとしてしまいます。ウマもヒジョーに不安定になり、このまま上げ続ければ車庫内で大惨事にもなりかねません。
自宅破壊を避けるためにも何か方法を考えねば。

少しずつ左右をハイリフトで上げて、ウマの下にカマシモノを入れていきます。ハイリフトが2本あったらこんな地道で大変な作業をしなくてもいいんですけど、無いものを強請ってもしょうがありません。強請るなら2柱リフト!でしょうね(笑)。
どうにかアクスルを捩じってもブレーキが土間と接触しないだろう高さになりました。これでやっと次へ進めます。

最初からちゃんとフロントのようにホイルかましてウマを使えばよかったのです。たったそれだけなのに、2時間は余計に費やしてしまいました。

入れづらいバネを何とか押し込んで、ショックを戻してタイヤをつけます。このジャッキをおろす瞬間が毎回やってても堪りません。
おし!ええ感じや!(笑)
全体的に車高は下がったけどフロント下がりは解消されています。

して試運転。
今までのバネよりもレートが低いのか、乗り心地は相当ふんわりです。カンサス=硬いのイメージは完全に払拭されました。
思わぬ誤算に顔も綻びますが、ロールがデカクなったのも確かなようです。
まだオフロードには持ち込んでませんけど、ストロークとしてはショックが同じなので増大も減少もしていないとは思いますが、確実に縮みやすくて伸びやすいバネになったなと思います。
何よりも前後のバランスがいい!(そーいう製品なので当たり前です)。

あまり良いイメージのないカンサスですが、ことコイルに関して言えばオンロードは及第点ですね。
スタビも戻さなくても良さそうな程度です。

さて、次はオフで揉んでみっかな(笑)。











*
*
*
*
*
*
サファリのバネ交換に関する重要な追記(なんじゃそら?)

サファリに限らず、背の高い四駆はエンジンのモーメント反力を顕著に受けて右下がりになりがちです。
特に車重が重くてバネレートの低い車両に右下がり傾向がありますが、メーカもその点は配慮して、最初から左右のバネレートが違っていたりもするのです。
サファリのノーマルバネも右フロント、左フロントはレートが違います。ちなみにウインチ付き、なしでも違います。
気の利いたアフターマーケットならその点も配慮されているはずですので交換の際には注意が必要なのですが、”自動後退店”や”黄色い帽子”程度のお店ではそこまでちゃんと見て組んでいるとは思えません。事実、名の通ったメーカー品の新品バネなのに既に右に傾いている四駆も見かけます。

新品なら注意して組めばいいんですけど、これが中古品だったらどうやって左右を比べればいいでしょう?
押してみる? う~む、もしそれで解れば凄い能力ですね(笑)。
一度組んでみる? 間違ったらそれはちょっと大変過ぎます(爆)。

実はレートが違うと言っても制作側ではそんなメンドクサイ事はしません。特にアフターのメーカーでは、バネそのものは左右同じの径、材質です。
違うのは若干のバネ長さだけなんですね。
もしコイルばねを伸ばして直線に出来たら、右のバネの方が若干長くなっているはずなんです。
でも実際に伸ばして見るわけにはいきませんね(笑)。

見分け方は簡単です。
1、まき数を数えます。多い方が右の可能性大です。
2、まき数が同じなら、コイルを立てて下側のコイルの始端を左右合せて置きます。上からそっと見てみると、コイル上の終端が長いほうが右です。
3、2でも同じに見えるなら、そのコイルは良く出来たノーマルか、いい加減に作ったバッタモンです(笑)。

ジオラマは左右別ロッドとも言われてます。つまり鋼の段階から違うらしいですね。すげ~。



もっと簡単な見分け方は、外すときに「右」って書いとけばいいんだよ!!(笑)

200804051439000.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/04/07(月) 12:36:26|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<祝!満タン!!(笑) | ホーム | サファリの足元セッティング(と呼べるものではないが)>>

コメント

久しぶりにカキコさせて頂きます。ka2ことDX乗りです。
自分のサファリも先日夏タイア交換の際に、運転席側のバンプラバーがもげてスプリング内に落下してるのが発見されました。 ディーラーに問い合わせた所、1ヶ1,700円との事だったので、反対側分も含めて2ヶ交換する事にしました。
サスについては、自分のもそろそろ交換しようかと色々検討してますが、コレと言うものがなかなか。 某クロスカントリー専門誌のバックナンバーで「Y61のサス・ショックの組み合わせをY60に当てると良さそう…」みたいな記事を見掛けましたが、どなたか試した方いらっしゃいますかね?? 感想なんぞお聞きしたいです。
今回の"へたったカンサス"も良さそうですね。
長々と失礼しました。。
  1. 2008/04/07(月) 22:43:19 |
  2. URL |
  3. ka2 #82MNjnsA
  4. [ 編集]

Y61のショックとコイル

ワタシのサファリ弐号機(ショートのAD)は、まさにY61(1型の前期型)のコイルとショックを使ったことがあります。
自由長に変化なし、レートちょっと高め、車高変化なしです。フロントはしっかり感が出ていいんですけど、リアが特に硬く(感じて)、縮み側がすっと入らずな感じでした。ちょっとショートADでは車重が軽すぎるようです。
結局リアのコイルのみY60ショートの乗用車登録用に変更しましたけど、貨物用よりもヘタリが早いです。
オフでの具合は最高なんですけど。

L/C100のリアコイルがいいらしいですよ。組員UD君情報ですが、高級な乗り心地になるらしいです。


  1. 2008/04/08(火) 08:15:37 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

今、成田空港です。
一週間ほど、広州へ行ってきます。もちろん仕事です。

帰国しだい私も、ソーサが届いている筈なので、
組み込みしてみます。

注意事項を参考にさせて頂きます。

組長、同じ経線(太さ)であれば、短い方が右ではないですか?
そんな気がしますが…
  1. 2008/04/08(火) 09:08:44 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #-
  4. [ 編集]

そんなバネもあるのかな?

路駆丸さんいってらっしゃい。仕事でも遠くに行けるのは羨ましいですよ。
さて、短い方が右というご意見ですが、同じ線形であれば長い方が確実に縮みづらいです。
縮みづらいからへたりにくいということで、右な可能性があるんです。
可能性、という程度なんですけどね。
使用過程で縮んでも右は右ですし、最初からバネレートそのものを高くして同じ長さに作っている高級な製品もあります。一概には言えませんね(笑)。
巻き数が多いと柔らかそうなのですが、これも何とも言えません。車高調に入れる直巻きバネなんて結構巻き巻きしてますが、巻き数と長さが同じでもいろんなレートがありますし。

なんにせよ、足回りイジリは難しいけど楽しいです。





  1. 2008/04/08(火) 21:31:41 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

基本と標準

早速の回答ありがとうございます。
そうですか、リアはロングならどうか?って所でしょうかね。今の(Y60の)標準のレートとY61の各レート、それから組長さんの経験談をよーく吟味して検討します。
L/C100のリアコイルですか、高級な乗り心地…んー、なかなか想像出来ませんが?(笑)スミマセン。
思うに、別にカンサス等車外品を否定する気は全く有りませんが、サスに限らず標準品,標準サイズって、一応メーカーがそれなりに時間とお金掛たっぷり掛けて開発してるモノだから、それなりに良いモノなハズなんですよねぇ。
…と言う考えがあって、基本は標準・ノーマル派だったりします。
  1. 2008/04/08(火) 22:13:58 |
  2. URL |
  3. ka2 #-
  4. [ 編集]

ノーマルが一番です

ka2さんのノーマル派は大賛成です。
ワタシもお金に余裕があれば、Y61後期のウインチ付きノーマルバネ新品を前後手に入れたいのです。
仰る通り、日産純正は安価で最高によく出来た製品です。
特にサファリ純正ショックの出来の良さには感動ものです。
しかし、ロングはハラシタが長いので、ちょっとの段差で亀になってしまうという悲しい事実もあり、2~3インチのアップは致し方なしか、とも思っています。
サファリの利点である横安定性を阻害するようですが、走れないのでは困りますし、、、。悩むところではあります。

  1. 2008/04/09(水) 12:36:40 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

金曜日に無事帰国し、
届いていた2インチソーサを土曜日の花見日和に装着しました。

組長のリフト時の注意事項を守り、少し普段より高めに馬をセットし、
又、ダルマジャッキのうまい使い方を、参考にさせて頂き大変助かりました。

写真で見る組長の精密に出来たソーサと違い、不安はありますが、
どうにか、無事に落ち着いております。組長のソーサは本当によく出来ていると
お見受けしました。スプリングの逃げ加工、内側、外側の形状、羨ましいです!

車高はフロント少し上がりで落ち着いておりますが、突然マッドガードにタイヤが
当たりはじめ、すごい音がするので蹴飛ばして外側に曲げて応急処置(笑
この状態で、少し様子見してみようと思います。

中国では、トラックがリヤのWタイヤの片方をバーストしたまま、
火花を散らしながら平気で走ってました(笑

相変わらず、空気が空が、どんより曇っていて、広州は気温30度、湿度85%!
たっぷり汗をかき、仕事は大変でしたが、夜はその分たっぷりと呑みまくり、
楽しい夜を過ごしました。詳細はお会いした時にでも報告させて頂きます(笑

早々帰国した日に友人に誘われ、ut宮の中国パブに行きましたが、
本場の方が楽しかったので、女の子を説教しておきました(笑

愛車も触るほど、さらに愛おしくなりますが、女性も同じですね!
嫁さんは、別ですが…

  1. 2008/04/14(月) 00:54:23 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #-
  4. [ 編集]

触り魔ですか

実は先日、某かましんの駐車場で見かけてしまいました。
バランスよくあがっているようにお見受けしましたよ。中国へは種付けに?(爆)。
さて、ワタシのソーサーは鉄製の50ミリでメーカーやデドコは不明です。日産に勤める大先輩から譲ってもらったものですが、半端なく重いのです。
先日バネ交換する際に、つま先にソーサーを落としてしまったのですが2週間経った今でもまだ痛いのですよ(泣)。
ダルマジャッキよりも安全靴が大事ですね。






  1. 2008/04/14(月) 21:24:16 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

どちらかと言えば、触り魔です(笑

そうですか、駐車場で見かけられましたか…
あそこは家から程よく近くで、ut宮に出かけた時には、
帰り道ですのでたまに付き合わせられます。

某かましんに行った場合、嫁は買い物、ガキは店内ゲーム、私は車の中で携帯サイト鑑賞
極一般的な微笑ましい家族です(笑

今までノーマルだったので、異音?はしてませんでしたが、やはり最近は、どこやらかしこから
いろんな音がしており、うるさいのは気にしませんが、異音は気になります。
ハンドルは二山左に修正し、見た目とウインカー戻りは問題なし
スタビは、伸び側規制のように跳ね上がってます(笑

5月連休に、一通り見直し掛けます。

ソーサー含め、確かにあれやこれやサファリの部品は重たいので私も注意してますが、
車高が上がっているので、特に前だけ馬を掛け、
タイヤを外したときのあの不安感は恐怖ですね~

足、お大事に…  自分は、痒くなるのではと、不安です(笑
  1. 2008/04/18(金) 06:44:43 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/301-a6455f3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する