組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

2008年 サファリの車検

え~速報でお伝えしたとおりですが、今回も私とサファリはユーザー車検に挑戦し、そして勝ちました(笑)。

前回の顛末は去年の今頃のブログを確認していただければ、そのドタバタが記載されております。
昨年なんとガス検査が不合格という思いもよらぬ伏兵に苦しめられたワタシは、ある”ごにょごにょ”っとした方法で乗り切った過去があります。
当局の目もあるので詳しくは話せませんが(笑)。

で、前回の反省を踏まえて1年がかりで中古のキャタライザー一式を探し求めていたのです。
んが、結局見つからず間に合いませんでした(泣)。

しかし、車検に通さないと困ってしまいます。

「やはり、やるしかない」
組長、久々に”犯罪者”の目をギラつかせて”細工”を施しました。




では、準備からのドキュメントをお送りしましょう。

まずは5/11日前日、那須の家に「余計」な荷物を降ろしに行きます。
ハイリフト、お道具、キャリア、そして「リアシート」(爆)。
我がサファリは貨物登録(貨客兼用ではなく)なので、2名乗車がデフォルトなのです。
去年の車検で変更したポイントですが、これにより年間の自動車税が8800円で済むのです。
普段はリアの「荷物保護」の為にシートを付けておりますが、これに乗せるのは人間ではなくて「荷物」なのです(爆)。

SYAKEN-2.jpg



随分と軽くなったサファリです。
きもち加速も増したような気がしますし、変速タイミングが早くなって燃費にも良さそうです。

SYAKEN-1.jpg


ところが、リアのランプカバーを外したところ一部割れが発覚!予備はもうありません。
コンビランプについては諸説が飛び交っております。
「ヒビなら大丈夫、光が漏れなければよい、修理痕があればよし」というアリガタイ意見から、
「おいおいヒビだってダメだよお、直した跡があったら余計にダメだよお、」という実に厳しい意見まで様々なのです。
カバーをつけたままであればヒビも割れも隠れてしまうので問題はありませんが、検査官に「これ外して」と言われた時にはもうアウト。
とりあえず、ボンドG17で補修だけはしておきます。
一応、ランプカバーはちゃんと視認面積適合で作っておりますがどうなることやら。


シャシナンバーをワイヤブラシで掃除して、くまなく腹周りを洗車、次はヘッドランプ光軸調整です。
バネ交換により車高が上がったり下がったり激しい我がサファリですので、その都度光軸を弄ってしまうため合っている筈もありません。
後輩の「ダイハツのお店」へ行って光軸調整をお願いします。テスター完備なので間違えがありません。

が、光軸よりもどうやら光量が足りなさそうなのです。
早速バルブ交換せねばと、予備品の「ゴールドバルブ」を取り付けようとしますが、左のバルブのコネクターが熔着して抜けません。
やっと抜けたかと思ったら、端子が泣き分かれてコネクタのメス側に残っていやがります。バルブ側のプラ躯体が一部溶けて変形させてしまったのが原因のよう。
これでは電流がスムーズに流れずに光量が不足するはずです。

なんとかラジペンでコジ抜いて新しいバルブを取り付けます。黄色い光は馴染めませんが、手持のバルブはコレしかありません。
パッケージを見る限り車検にも通るようなので今回は「黄色で勝負」です。


サイドスリップもついでに確認。けっこう飛んだり跳ねたりで遊んでおりますが頑丈なリジッドアクスルとタイロッドは狂うはずもなく、バッチリ規定値内です。

さて、もうすでに夕方になってしまいました。
本当はリアエアコンもカーペットも全て取っ払って、車検上の総重量2570キロをなんとか2400台にして節税したいのです。
あと70キロならなんとかなるかも知れませんが、実際はもっと重いのが事実なのですね。
車検証の重量はたぶん、オイルや水、燃料などは含まれてない数字なのでしょう。
車両総重量=積載250キロ+2名乗車110キロ+車重の実測になります。
屋根でも切らなきゃだめかもです(笑)。



明日に備えて今夜は前祝い(×)じゃなく早めに眠るようにしましょう。
朝一830開場狙い目標です。


当日の朝です。
結局昨晩は0200過ぎまで焼酎を飲んでおりまして、ニンゲンのコンディションはあまりよろしくありませんがなんとか0830には関東陸運事務所宇都宮に到着できました。
朝のラジオでKアナウンサーが告げる本日のかに座は最低の12位。
不安が募ります(笑)。



まずは入って左側のD棟建物、、、おおっと工事中でアプローチから出鼻を挫かれます(笑)。
継続車検のOCR用紙40円を購入し、隣窓口で自賠責保険に入ります。
なんと、自賠責が¥8800ちかくも値下がりしています。
おお、これはウレシイ誤算でした。自賠責と重量税が車検費用の殆どと言っても過言ではないので、こーいう改正は大歓迎です。
ついでにユーザー車検だったら重量税半額とかにしてくれれば、、(爆)。
ニコニコしながらB棟に行くも去年の秋より継続車検業務はA棟になったとのこと。
ううむ、やはり油断はできない。なかなか手ごわいぞ。


A棟で継続車検ですの旨を伝えると、重量税と手数料の印紙台用紙をくれます。これはタダです。
これらを車検証を見ながらボールペンで記入、先ほどのOCRは鉛筆で記入していざ先程のD棟へ。
とにかくユーザー車検は建物間をガシガシ歩くのです。
重量税と手数料を印紙で払って、再びA棟に。

またまた訪れたA棟で、今度は車検の予約番号を告げます。
一週間前にネットで予約済みなので問題はありませんが、番号をケータイメモに入れてきたので少々引出しに手間取りました。オジサンはこれだから困るのよ、という受付の若いネーチャンの視線が痛いです。

そして、サファリに戻ってこそっとボンネットを開けて「秘密の作業」をします。
秘密なので多くは語れませんが、これをしないとガス検に通らないのです。

4番のラインに並びます。
先程の「作業」で不整脈のサファリは、それでもエンストすることなくドッドドドッドドド、、といつもと違う不自然サウンドを奏でております。

SYAKEN-3.jpg



まずは外見検査。前からワイパー、ウオッシャー、ヘッドランプ下、上、ウインカー左右、ハザード。後ろはウインカー左右にブレーキ、バック、ハザートと流れるように指示に従います。
若い検査員はリアのガードを気にすることもなく、外せとも言いません。マジで良かった!(笑)。
とりあえず第1関門クリア!。

いよいよ建物ラインへ突入です。

ディーゼルは入口で黒煙とガス険をやるのですが、ガソリンはブレーキ検査の後でやります。
特にガソリンのサファリやランクル、2トン車に乗っている人は要注意です。係員が近付いたら「ガソリン!」と大きな声で告げましょう。

まずはサイドスリップ検査です。
ゆっくり乗れば大丈夫。先日の「予備検」でも問題はありませんでした。
続いてローラーに前後車輪を乗せ、メーター検査。
40キロになったらパッシングですが、不整脈TBはなかなか回転が上がりませんでヒヤっとします。○が出てホッとします。
そのままブレーキ検査です。
表示が出たら床ぶち抜けよとばかりに踏みつけます。
最初はなぜかフロントが×。再度検査で○。なんだかあぶね~なあ(笑)。

サイドブレーキも問題なく○。
そのままヘッドランプ光軸検査です。
機械が左右より寄ってきてハイビームの指示が出ます。こちらも予備検済みで完璧に○。ひろしくんありがとう。
ローラー関係の検査はこれで終了


クルマをローラー台から出して、今度はドキドキのガス検です。
さっとクルマを降りて4サイクルガソリンをスイッチで選択。プローブを排気ガス出口に突っ込むも、出口位置が微妙な我がサファリの場合、つり下がった電光表示が見えません。
いつまで突っ込んでいればいいやらこれでは解りませんが、そろそろと思ってひっこ抜いて仰ぎみれば、なんと「○」が点灯。
小さくガッツポーズ!(笑)。

がちょん記入機に用紙を突っ込んで今までの合格マークをもらいます。

続いて下回り検査です。
検査台に乗ったら定位置に右前輪をはめ込み、ハンドルから手を離して、エンジンを止めブレーキもサイドも掛けずに待ちます。
3分少々待ったところで検査官が床下に登場。その様子は左側のモニターに映ります。
続いてクルマを揺する検査をします。豪快に揺すられますがハンドルを握ってはいけません。
「ハンドルから手を離す」表示が常に出ますけど、指一本触れてません。ブレーキも踏んではいけません。

地震体験が終わったら、コンコンと床下でハンマー検査が始まります。
ブレーキをかけろとかサイドを引けとか注文に応じます。ほどなく下回り検査「○」。
おお、一発合格の快挙やあ~。


喜びすぎると最後のがちょん記入機を忘れがちですので、注意しなければいけません。
全ての書類をまとめてライン事務所に提出して、合格ハンコをもらいます。
ふわっはっはっは!、やったぜ!!とこの時点で喜びましょう!


SYAKEN-4.jpg



続いてまたまたまたA棟に行き、今までの書類とハンコも見事なチェックシートを提出します。
暫くすると名前を呼ばれて、真新しい車検証と来年5月までの車検ステッカーをくれます。
サファリはこれであと1年は戦える!(笑)

SYAKEN-5.jpg


怪しい振動のTB42を元に戻して(爆)、ステッカーを貼り直したら完了です。
0830に入って、終了が930。時間的にもコストパフォーマンスの高い車検ができました。

基本的に去年となんら変わる部分はなく、懸案事項も懸案のままですがなんとか今年も合格させることができました。
来年こそは、重量区分総重量2500以下登録、ちゃんとした触媒の取付をせねばなりませんね。










*****
****
***
**
面白い覚書

今回の車検と前回の車検で違うところ

サファリ
バネ+ソーサーがバネのみに。しかもカンサスは青い!(笑)
リアのバンパーの有無。去年つけて行ったけど、無くても大丈夫だった意見多数に付き着けずに参戦。
リアのコンビランプガード。外すと割れているのがバレるけど、外せとは言われなかった。サファリ工務店初の車検対応グッズと認定する(笑)。
ピントルフック。重いので外した。去年はこのフックから全長を測ったような気がする。今回は検査なし。

車検場
工事中に付き入口が変更に。ちょっと戸惑った。
D棟でOCR用紙を買ったときに、いつものように丁寧に手順を教えてくれなかった(爆)。
B棟で継続車検の受付をするのが、なぜかA棟に変わっていた。
B棟の継続車検受付は朝0845からだった(笑)。


本人
いつもは会社をサボっていくのだが、今回は有給休暇(笑)。
なにかある前日は酒を飲まない主義だけど、某アーティストのDVDを観てたら杯が進んでしまった。
朝飯を食う暇がなかった。まさに朝飯前車検(笑)。
レディオベリーの朝番組B-UPの鹿嶋田さんの声を久々に聞いたけど、よりによってこの日、星座別星占いが最下位だった(笑)。



手順もまとめて書いておこう。来年の為そのいちとして。

事務手続き

1、D棟に行ってOCR用紙を買う。
2、そのまま横スライドして自賠責保険に入る。
3、A棟に行って継続車検の受付をする。1,2,3、は順番どうりでなくともイイ。
4、そのままA棟で継続車検申請用紙、重量税納税用紙、OCR用紙に記入する。OCE用紙のみ、鉛筆で記入。
5、D棟に行って重量税と継続車検手数料を払う。自賠責の隣。勝手に印紙を貼ってくれる(はず)。
6、A棟に戻り継続車検の予約を確認する。チェックシートをもらって指示されたラインに並ぶ。


車検

1、係員が近付いてきたら指示の声を聞くため全ての窓全開。すべての書類を見せ、指示どおりにウインカー等操作する。
  シャシ番号の場所を聞かれるので前もって調べておく。サファリは左シャーシ前端上側付近に刻印あり。
2、ラインに入ったら緊張ばかりせずに電光盤の指示に従う。急がなくともよし。チェックシートのがちょん記入を忘れないように。
3、排ガス検査はなるべくクルマを前に停めるべし。半端な位置だと左に出口のあるサファリでは電光盤が見えない。
4、下回り検査の電光盤の指示は気がついたら変わってる。良く見ておくべし。最後のがちょん記入も忘れずに。
5、ライン検査室にはすべての書類を提出する。ハンコ貰ったらダッシュで逃げるべし(爆)。



ユーザー車検は以前よりも減ったような。
当日のあの時間も、たぶんワタシだけだったような気がします。
世の中、スタンドやディーラー等で安い車検をよく目にしますが、たまには自分の手で車検を通して見るというのも面白い遊びではないでしょうか?






では、気になる費用の公開です(爆)。

継続検査用申請用紙(OCR用紙)            40円
検査登録印紙     1500円
自動車重量税     18900円
自賠責保険(1年)    23920円
---------------------------------------------------
                       合計     44360円


去年が53230円だったので、大幅プライスダウンですね。


一応の目標は重量税18900円を総重量2500キロ以下の13200円にしたい!という願望があります。

そうすると、38660円!というジャパネットも驚愕のプライスが実現するのです!(笑)
1年間でこれだけだったら奥様もだいだいだ~い納得の、価格ですね!!
しかも自動車税は年間たった8800円
これはもう貨物にするしかありません!(2名乗車だけど)





しかしその為には随分と軽量化の改造をせねばならないので、相当躊躇しております。
キングスロードがDX以下になる日も近い??(爆)。







スポンサーサイト
  1. 2008/05/13(火) 12:16:20|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<2周年 | ホーム | 取り急ぎご報告まで>>

コメント

毎年車検!

ユーザー車検お疲れ様でした!
私も、毎年車検ですのでとても参考になります。

是非とも参考にさせて頂きます。

ただ、今年は車高が40mm以上高くなったので、構造変更が必要なのかも?

普通、ユーザー車検する人の為に、無料で検査してくれる工場は、あまり無いかと…
光軸調整や、トー調整も確認して頂ける良き後輩をお持ちで、羨ましいです!

今から年末に向け、準備すれば…(笑

  1. 2008/05/13(火) 22:46:53 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #-
  4. [ 編集]

レンズ補修

私も何回かユーザ車検の経験がありますが、毎回ドキドキでした。
レンズ割れの件ですが、私も指摘されたことあります。それまでは透明テープ補修で何も言われませんでしたが、厳しくなったとか・・・。それで ↓ で修理しました。赤、オレンジ、透明、色も揃っていて、硬化します。性格上、かなりいい加減に修理して見た目悪いですが、それ以後は指摘ありません。

http://www.soft99.co.jp/products/detail/30/254

路駆丸さま、はじめまして。
サス(コイル)変更での車高 UP なら、構造変更の必要はないと思います。もちろんリーフだったら×ですけれど。ソーサーかましているなら、陸運に問い合わせた方がいいかもしれません。各県の陸運によって判断がマチマチと聞いたことがあります。間違っていたらゴメンナサイ。

確かに、良い後輩お持ちですよね。普通に予備車検受けても 5.000円くらいはするそうですし。
  1. 2008/05/14(水) 00:54:59 |
  2. URL |
  3. Peg #EVyfgUYw
  4. [ 編集]

良き後輩

そうですね~そう考えると、大変よき後輩なのですね~彼は(笑)。
でも調整だけで、交換や部品はすべてこっちでやるんですけどね。
工賃や部品代が発生したら、それはそれで払いますけど。
路駆丸さん、Pegさんの言うようにコイルだけでは問題はないですよ。宇都宮陸運では、ソーサーも大丈夫でした。
もちろん、相談や事前確認は「ナシ」でしたけど(爆)。
  1. 2008/05/14(水) 09:37:23 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

車高

こんばんは、
pegさん、こちらこそ、初めましてです。

組長も言われておりますが、私もコイル変更での問題は、低い場合の最低地上高と、
スプリングの遊び無き事だけだと思っていたのですが…

高くなる方は、無制限かなと(笑

今回ヤフオクで、ソーサ購入を検索している時に、車検について40mm以上のUPについては、
構造変更しないと、保険などが使えないと書かれていた方がいたもので、心配しておりました。

ソーサもなぜか40mmが売られているし、リフトUPも、2インチで無く、40mmUP等が販売されているので
これは知らない間に法規変更が有ったのかな??と、解釈しておりました。

あとは、バンパー位置が上がりすぎると、もぐり込み防止のバーが必要などもありましたが、
具体的な高さなどは、まだ確認していません。

UT陸運局に聞くほうが、良さそうですね…

または組長のように(私の解釈ですが…)
聞けばダメと言われるぐらいなら、聞かずに飛び込むも有りですかね(笑
  1. 2008/05/14(水) 21:37:01 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #-
  4. [ 編集]

リフトアップ

規制緩和で車高に関しては随分と甘くなったような気がします。
1~2インチのアップであればほぼ問題は無さそうですけど、バネによってはライン最後の揺らされテストでヤバいぐらいに揺れてしまうとマズイかもしれませんね。
あと、ブラケットダウンや調整式ラテラルは×みたいです。
純正「然」としていれば良いんでしょうけど、売られてるパーツはどれもキラビヤカでいかにも取って付けました的ですから。


  1. 2008/05/15(木) 12:34:47 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

一発合格!と聞けば、何事もなくスムーズ(?)に進んだのかと思いましたが、それでもくみちょさんのレポートになると、やはりいつもの愉快なストーリーになるんですね(笑)。

私もジオラマサスによって、4~6センチUPしてますが、ディーラーにて無事車検を通過しています。
コイルによって車高UPした時に問題となるのは、「前方視界要件」と「最大安定角」ぐらいですが、共に問題はありませんでした。

初めに車を持ち込んだときには「車高UPして全高が変わっているので車検に通せません!」と言われましたが(笑)。

そもそもジオラマサスの装着は同ディーラーで施工してもらい、その際にもディーラー側から「車高UPして全高が変わっているので、車検時はノーマルに戻さないといけないので純正サスを保管しておいてくれ」と言われ、「スプリングは指定部品なので大丈夫でしょ?」とお伝えしていたんですが、「以前、サスを交換された際、純正スプリングを保管するよう伝えていたハズです。持ってきてください。」と言われ、再度、事情を説明するのに難儀いたしましたが、結局ジオラマサスを装着したまま車検に通りました。


  1. 2008/05/17(土) 14:33:44 |
  2. URL |
  3. neruchan #-
  4. [ 編集]

一発!合格おめでとうございます

 なにはとこあれ、一発で車検合格おめでとうございます。
なにもなければ、呆気ないぐらいに楽勝な車検ですが、なにか一つでもNG項目があると、パニックになるのも「車検」ですね!
昔は私もユーザー車検をしましたが、いまは時間を優先してディーラーにお願いするようになってしまいました。

 ところで車重の件ですが、拙宅のサファリ1号(初期のY60)は当初は車重2.5t未満でした。TD42+AT、平屋根ロング、AD、デフロック+スタビオフという仕様でした。
 Y60の初期は燃料タンクが80L容量だったのですが、第二期以降からこれが95Lになったので、これで約15kgの増量ですね。あと、第二期以降ではドアに再度インパクトビームが仕込まれているので、これの増量もあります。

 くみちょさんの場合、重い電動イスも換装されているし、2nd/3rdシートも外されているし、サイドステップも外してますから、けっこう良いセンまで来ていそうですが、「あとちょっと」が一番大変なんですよね。ただ、18,900円/年→13,200円/年と年額5,700円の節税を達成するために必要となるくみちょさんの情熱と工数の方が高額に感じます。きっとここまでくると「金じゃなくて、執念」なのかな?とも思います。

 続報、楽しみにしています(^^ゞ
  1. 2008/05/18(日) 23:21:53 |
  2. URL |
  3. nakajin #-
  4. [ 編集]

だいえっと

ダイエットが必要なのはサファリだけではないのですが、こーいうのはやり易い方を優先してしまいがちですね。
ワタシと同じ平成4年式のキングスでもカタログ上の車重はちゃんと2500キロ以内に収まっているのですけど、実測するとどうも増える傾向にあるようです。
2シーターで貨物登録時に実測70キロのオーバーなので、燃料ギリギリ、カーペット剥がし、リアエアコン撤去(これ次のネタです)、不要な内張り撤去で臨もうかと思っています。
とりあえず、ちゃんと車重の測れるデジタル計測器のある場所を探しています。

  1. 2008/05/19(月) 08:08:13 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/310-a03ceac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する