組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

LPG車ハジメタワケ

組長、LPガス車導入!の衝撃ニュースは各方面に反響が大きいようでした。
「何故にそのようなシロモノを?」とか、「ナニ今さら普通のクルマ買ってんだよ!(酷)」という理不尽なお叱り(爆)から、「LPってナニ?」という初心者的なご質問まで多々頂きまして本当に誠にありがとうございます(笑)。
別に”某役所”のように隠す理由もないのでお話しできるところはお話しいたします。
ええ、決してネタを小出しにしてるわけではございません(爆)。



1、導入理由
実はワタシは妻の仕事の事情で、那須にある二世帯住宅の自宅(マイホームなのだよマイホーム)とは別に某高○沢町にアパートを借りています。
基本的には那須に住んでいますけど、ふと気の迷いや飲み会、遊び等々でT根沢お泊まりも多いのです。
ので、休みの日は言うに及ばず、容体によっては平日の夜だって片道60キロを往復せねばなりません。しかも我が家にはクルマは2台”しか”なく(爆)、そのうちのティーダは奥様の通勤の足として日々利用されているので、ワタシが自由に使えるのは「アレ」(笑)だけなのです。


アレ=TBサファリは確かに快適で乗り心地も良く(当人比)、どんな長距離でも疲れ知らずで本当に最高(当人比)なのですけど、その為に使う燃料代は昨今のガソリン単価を思えばまさに「超贅沢」と自他ともにオモワざるを得ません。軽量化や増大君のチカラを持ってしても、ティーダのように18キロ/リッターは絶対走りません。その為、稼動すること極力避けるべしのお達しが出てしまいました。
まさに「遊びの為に買ったのに遊びに行けないってどーゆうこと?」なのです。
しかも、2インチアップ+ステップ撤去の為、臥せっている実父の病人が自在に乗り込めないというオマケ付き(爆)。病院に連れて行くのも一苦労なのです。
そこで、いろいろなセカンドカーを物色し始めたのですが、介護(介助)の為に買うので4ドアセダンのクルマでなくてはならぬことと、燃料費を食わぬこと、現在の経済事情も考えて購入費用が安い事が条件となりました。



ワタシはサファリのY60ディーゼルロングが真っ先に思い浮かびましたが(←ほんとバカ)、考えてみれば軽油もそれなりに高いのです。
それにサファリロングが2台も、なんて世間は許しても奥様が許すはずもございません(爆)。
だいいちサファリでは”棺桶”は簡単に積めても生きてる病人がヒョイヒョイと乗り降り出来ませんよね(笑)。
ではいっそ軽自動車、とも思いましたが結構お高いのと長距離走行の辛さは小型車の比ではありません。
燃費の良さそうなセダン、、、シビック、カローラ、サニー、、、カーセンサーをパラパラしてみますがどれもピンときません。
世の中のクルマにキョーミのない人がクルマ探しをするって、こーいうツマンネー気分なのかなあとみょーに気付いちゃいました(爆)。


そんな時に「いっそLPガス車はどうかなあ?タクシーのコンフォートやセドリックも面白そうだぞ~」と思考が浮かび、ぼんやりネットでググっていましたら結構あちこちでタクシーの中古車を販売しているのですね。
タクシー上がりの前者2車は確かに魅力的?ではありますが、どれもハンパない距離を走破しています。
40万キロ?マジかよと思いましたが、考えてみればティーダの前のインサイトは25万キロほぼノントラブルで走り切りましたから問題はないのかもしれません。タダ同然なら面白い選択かもしれませんが、20~50万円とソレナリにするんです。

ただ、LPGって選択は正しいかもしれないと思いました。燃料費はレギュラーの半額です。LPのスタンドは確かに少ないですが、とりあえず500キロ程度走れるなら問題はないでしょう。
もっとよく調べてみると、「オイルの汚れが少ない=交換が1万キロ毎」とか、「音が静かで滑らか」とか、「スラッジが溜まらないので故障しない」とか、なかなか維持費も掛からないようなのです。ふむふむ。
故障しないかどうかは解りませんが、構造が単純であればDIYで何とかなるでしょう。手も汚れすに済むかも(そーいう問題かい?)。


そこでLP車でいろいろと探っていったら、今回購入した「ランサー教習車LP仕様」に辿り着いたと言う訳です。
乗用車登録が可能(と言うか、個人で教習車登録は出来ません)で、少しでも楽しめるMTで、安価で、ランニングコストがティーダ以下と、これ以上希望に沿った物件は無いんじゃないかと早速現車確認へ行ってきました。
やっぱり中古車は自分の目で実物を見てから判断しないとダメですよね。


2、購入
埼玉のオートギャラクシーというお店は主に中古バスを扱っている店ですが、教習車上がりの中古も豊富です。
教習車はガソリン車が大半ですけど、ディーゼルのコンフォートなどもチラホラ見受けられます。その中に、水垢だらけの白いランサーセディアが申し訳なさそうにひっそりと停まっておりました。
お店の人(良い人です)に聞くと、佐世保の教習所から来たクルマで機関絶好調、LPi(インジェクション式のLPガス車)なので速いし整備もばっちりこの通り(整備手帳付き)と、なかなかに魅力的なスペックをおっしゃるのです。エンジンを掛けて前後に動かしてみますが、クラッチも全く問題なしです。エアコンもギンギンに利きます。なぜかLPタンクも満タンです。
気になる値段は38万円。同世代のガソリンランサーと比べても格安です。まあ装備が全然無いですから妥当と言えば妥当かもしれません。
今すぐ即決したい気持ちをグッと押えて、とりあえずその場は後ろ髪引かれる思いで離れてみます。
まだ調べてみれば掘り出し物があるかもしれない、、という思いも少しはありました。


が、帰り道で遅い昼食を取っていた時のこと、不意に先程のお店の人から電話がありました。
「あの~ランサーのキーを持ってないでしょうか?」
!!なんとおバカなワタクシは無意識のうちにポケットに入れてしまっていたのです!!(爆)
普段キーなんてイグニッションから抜きもしないのに(よく怒られます)、今日に限ってなんということでしょう!?
速攻で戻ってキーをお返ししましたが、その時もうワタシの腹は「コレ買うしかないな」と決まっておりました。
その日はお店の社長が不在だったので、次の日の朝に電話で歯切れ悪く値段を交渉したところ、イキナリ30万でイイと気持ち良い回答に釣られてその日のうちに手付を振り込んで契約しました。
名実ともに晴れてワガモノになった訳です。


3、書類
とりあえず半分イキオイで買ってしまいました。
しかし、我が人生、家もサファリも全部イキオイで買って来たのですから間違いなぞあろうはずはございません(笑)。
そう言えばケッコンもイキオイだったような、、(爆)。
まあとりあえずコレをワガモノとして公道を走る以上は新規車検を受けなければなりません。
自分で陸運事務所へ持ち込んでも良いのですけど、たまにはお世話になっている(勝手に使っている)整備工場にも仕事を回さないといけません。見た感じ暇のようですし(爆)。
どうせまたサファリの時に「予備検査」してもらわなきゃいけないので、ここは奮発?してお願いすることにしました。
しかし、車検や整備以外の余計な手間は掛けさせないようにと(我ながら良い客だあ~)、書類や車庫証明、工場までの陸送はワタシの方で行うことにしました。
そんな手続きにキョーミがお有りの方の為に、「続きを読む」で書類の解説をしておきます。



4、試運転
陸送がてら仮ナンバーで埼玉新座から栃木益子まで試運転です。
ガスは故郷佐世保の教習所で満タンにさせての積車陸送なのでほぼ全量入ってますから到着まで問題はないでしょう。しかもお店の人がピカピカに磨いてくれてました。
パワステがちょっと軽すぎるぐらいで、LP車を感じさせない低速トルクがあります(って、他のLP車乗ったことないじゃん)。
渋滞も100キロ走行もヒジョーに静かのままコナして、エンジンが温まるとちょっと低すぎるアイドリングでプルプルと震えてる以外は全くの「普通」。
タクシーの、あのなんともガスっぽい臭いすらしません。
目前メーターの燃料の針もあまり下がってきません。
実は後日、タンクを外して検査工場に持ち込まねばならない(*)ので出来れば燃料は少ない方がいいのですけど(外すのに重いし、なにより検査で全部抜かれてしまう為)、思いの外減りません。
少々不安になってトランクを開けてタンクに付いているゲージを確認します。100キロ以上走っているのにまだ70パーセント以上(*2)を指しています。嬉しいやら悲しいやらです(笑)。


(*)LPガス車はLPガスのボンベをタンクとしてるので(当たり前か)、高圧の圧力容器として扱われます。6年に1回の漏えい検査が必要です。
新車だと車検期間とダブらない(3年+2年=5年)とか、容器検査そのものに日数(3~7日)が掛かることや、結構な費用(3万から8万!!)という理由で問題になってます。
取り外して検査工場に持ち込むという手間も大変ですし、お願いすれば工賃も掛かります。
環境にも財布にも良いLP車が一般に普及しないのはこのあたりにも原因があるのでしょう。もっと高圧の天然ガス車は車載のまま簡単な検査で済むと言うのも不思議です。
検査費用がマチマチなのもあまりに暗くて謎な部分です。
ガソリンに掛かる税金をなるべく多くカツアゲしたい”国”がLPガス車の普及を阻むため、LP業界への規制緩和を行わないから、だとも言えます。

(*2)LPガスのタンクは全量の80パーセントぐらいしか充填出来ません。つまり85リッタータンクですと、68リッターで満了になります。



現在(6/18)はその容器検査の為、我が「ランサー教習車」は一歩も動けません。タンクがありませんから(笑)。
これが終わってから新規車検ということになります。
あと1週間以上はかかるかなあ、という感じですけど特に慌ててませんので、久々にゆっくり「納車」までの期待感を味わっていようと思います(爆)。




続きを読む、は「書類」のお話。
車屋やディーラーにマル投げ出来る資金がバッチリな人には必要がないかも知れませんが、「知識」として知っておくと便利です。



**
**
**
**
**
**

組長的中古車の登録諸注意

車検の切れたクルマを名義を変えて再登録する場合に必要な書類を紹介します。
書類を自分で揃えるのは案外簡単です。業者任せにすると手数料だけでもン万円になりますので、こんぐらいは自力でやってみましょう(爆)。

抹消登録されたクルマの新規車検に必要なのは、
「抹消登録証」
「譲渡証明書」
「車庫証明」
「印鑑証明」
「自賠責保険」
と、これだけです。とゆーかこれらを用意しないといくら頑張っても自分の名義になりません(笑)。



抹消登録証は買ったお店で持ってますので、手付金をぶっ込んだらまずはコイツのコピー貰いましょう(笑)。
譲渡証明も買った店が持っています。この二つは中古車を買う前には必ず確認しましょう。
抹消登録してない(名義変更の)ケースもあります。


最初に車庫証明を取ります。
何故最初かと言えば、これが一番時間が掛かってくる書類だからです。
車庫証明に必要な書類は全て警察署にありますので、とりあえず貰いに行きましょう。
4枚つづりのカーボン複写付きの簡単な書類と、借地ならば「保管場所使用承諾証明書」、自宅ならば「自認書」のどちらか、それと「所在図、配置図」です。


抹消登録書を見ながら形式番号や車名を間違わずに記入します。
車庫を借りているなら大家さんに「保管場所使用承諾証明書」を書いてもらいます。名前とハンコ(三文判)だけです。
自宅ならば「自認書」を書きます。どちらも簡単ですし、ディーラーや店に頼む時もこの作業は必要です。
車庫の位置の地図を描くのがちょっと面倒と言えば面倒ですけど、所在図はゼンリンの住宅地図のコピーでも良いそうです。
コツは敷地の前面道路の幅員と、自宅からの距離をしっかり記入する事です。汚くとも解ればよいのでフリーハンドでオッケーです。
記入出来たら認印を持って警察署に持っていきます。印紙を買ってお手本通り貼るように指示がありますのでイラつかずに従いましょう(笑)。
何事もなければ3~7日で証明書はおります。
証明書をもらいに行く時は必ず申請した時の認印を持っていきましょう。


次はクルマを持ってこなければハナシが始まりませんね。
車検場に持ち込むにしろ修理工場やお店に預けるにしろ、まずはブツを回送しないといけません。
マル投げで諸費用がかなりかかる場合は、この回送費用が結構な割合を占めている場合もありです。
しかし、個人でローダー等を持っていたり借りたり出来る場合は稀ですよね。
大概は自走、つまり仮ナンバーで陸送となる筈です。

仮ナンバーの取り方はまず自賠責に入ることから始めます。
車検をすぐ受けて乗るんだ、という直下型の場合は25か月入ってしまいましょう。その方がずっとお得だからです。
しかし、持ってきてイロイロと改造したり悪いことしたりして車検の予定が未定の方は、とりあえず最低の動かす分だけ入っておけばよいのではと思います。
んが、どーいう単位で入れるのかは実はワタシ解りません(爆)。
なんせずっと直下型でしたから(笑)。
自賠責に入ったら役場(市役所)に行きます。仮ナンバー申請書というつまんねー紙っぺらに型式やらを書く欄がありますので、抹消登録証は持っていきましょう。
自賠責と併せて提出すると最長5日まで赤線の入ったナンバー2枚と、仮ナンバー証明書を”貸して”くれます。
”貸して”くれるだけなので、用がすんだら必ず返しましょう。

役場に行ったついでに印鑑証明書1通を取っておきます。新規登録に必要だからですね。
登録を急がないなら仮ナンバー返却の時にでも構いませんが、回送期間中にそのまま陸運に持ち込むなら必ず取っておきましょう。


これで車検がないクルマを動かすことができます。
車庫証明と印鑑証明が手元にあれば仮ナンバーを付けてそのまま陸運事務所へ持ち込み検査も可能です。
けど、ちゃんと事前に予約をしないとダメですよ。
予約はインターネットでも電話でも出来ますが、どこの陸運でも予約した日から最短でも3日後とかですので注意してください。
もちろんラインで合格すればその日のうちにホンモノのナンバープレートを付けて帰れますよ。

よく屋府奥とかで見る”「予備検査付き」で販売します”という文面ですが、これはまさしく予備検査を売り手の方で受けてから渡すという意味です。
予備検済みの書類があれば登録の時の本検査でラインに通す手間を省けますので、買う方にしてみればヤバめのクルマだとホントにアリガタイお話なのですね(爆)。


ちなみに上記のように陸運事務所にユーザーが車両を持ちこんでナンバーを取る場合に必要な書類の全ては、

1、「申請書」(新規車検用OCR用紙)
2、「手数料納付表」
3、「自動車検査表」
4、「抹消登録証明証」原本
5、「自賠責」
6、「譲渡証明書」
7、「印鑑証明」
8、「車庫証明証」(自動車保管場所証明証)
9、「重量税納付書」

と、実印です。

1~3は陸運事務所で買う(OCRだけ)か貰うか出来ます。手数料は印紙です。9、もその時に払ってしまいましょう。
4~8は既に手元に用意が出来てなければなりませんが、すでに車庫証明をとったり仮ナンバーで動かしたりしてるなら問題はないでしょう。
でも自賠責は半年以上残ってないとダメですよ。


あとはやったこと無いけど、希望ナンバーとかも申請があるようです。
希望で貰いたいような数字もないものですから、、、(笑)。



スポンサーサイト
  1. 2008/06/19(木) 10:45:52|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<未来の乗り物か?電動アシスト自転車 | ホーム | LPG車ハジメマシタ>>

コメント

最初は

ウケ狙いかと思いましたが、ちゃんとした理由と綿密な下調べがあったわけですね。さすがくみちょ様です。また、LPG 車のインスペクションなどめったに聞く機会もないので、興味深く読ませてもらいました。ありがとうございました。

お父様の件、大変でしょうが頑張ってください。
  1. 2008/06/19(木) 23:43:28 |
  2. URL |
  3. Peg #-
  4. [ 編集]

リスペクト

LPG車ですか! 先行く組長さん流石です!!!

(組長さんに感化され始めた私のブログ「サファリ派日記」は事情により一旦閉鎖致しました。リンクに追加して頂きありがとうございました!!お手数ですがリンクから削除を御願いします。)

組長さんのとても楽しく、ためになる読み物今後も楽しく拝見させて頂きます。感謝!!








  1. 2008/06/20(金) 21:00:19 |
  2. URL |
  3. よし #-
  4. [ 編集]

ローテクで最先端

だと思うんですLPG車って。
大昔からありますけど、ちゃんと制御してやればガソリン並みの動力性能はあるんですよね。
み~んなガソリンで儲けたい一部の「お金持ち」が悪いんです。
「納車」されたらどんどん使ってみます。
その時はインプレッション書きますのでヨロシクでございます。

よしさんのブログが閉鎖されてしまったのは本当に残念です。
またどこかで始めたら教えてください。
  1. 2008/06/23(月) 17:48:51 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/324-6481cc06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する