組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

家を建てよう!

今回は「家を建てよう」の巻でございます(笑)。
つなおたさんに触発されて、なんとか思い出し思い出しですが記事にしてみました。


皆様、持ち家はイイですよ~(笑)。
浄化槽やら何やら維持費は掛かるし固定資産はバカになんないし、気がつけばアチコチと壊れたり剥がれたりするし庭は放っておくとエライ事になってしまうし、、、おいおい(爆)。

それでも、持ち家は良いんです。
オトコノコは子供のころから「基地願望」ってのが強くあるんだと思います。
段ボールや廃材でよく基地を作ったではないですか。
ワタシは近所の公園のジャングルジムを占拠の上、資材置き場からコンパネを無断借用し屋根や壁、床を作って、我々“チーム”の「基地」として活用しておりました。
確認申請も必要なぐらいの規模でしたけど当時は「施主」がまだ「小学生」だったので免除です。
鉄骨造6階建の立派な”ビルヂング”で、テナントが10人ぐらい入ってましたかね。しかし階高が600ミリぐらいだったので随分とフロアの移動が大変でしたが(笑)。

そーいう遊びの延長に、きっと持ち家ってあるんじゃないかなと思います。
アパートと違って使いやすいように自由にしていいという部分も魅力です。もちろん限度はありますけど。
マンションも修繕や地区とのしがらみもなく気楽でいいですけど、ワタシは壁紙と内装ボードしか自由に出来ないシロモノにあんな高価なお金を払う気にはなれません(爆)。


しかし、持ち家建築にはお金が掛かります。
土地も買うとサファリが新車でまとめて何台、、なんて金額になりますし、登記だ何だとそれ以外にもバスバスとカネは出ていきます。
家もDIYで建てられる方はほんの一部でしょうから当然大工さんや工務店に頼むことに。
設計に“凝ったり”なんかすれば、いわゆる「先生」にお願いするようですし、とにかくボヤっと家を建てたのではカネはいくらでも出て行こうとします。

そんな高価なシロモノへ挑戦すべく、貧乏でも家の欲しいワタシは頑張ってみました(笑)。
そりゃ最初はいろいろなハウスメーカーや工務店さんに相談しましたよ。
時間が惜しいのでまどろこしい交渉は抜きです。
まずは「予算」ありきですからズバリ金額から切り出したほうが良いようで、「コレを建てたいからいくら?」という感じでバンバンと問い詰めてしまうのです(爆)。
当然のように提示された金額で収まろうはずもなく、希望の家を建てようとするならばさらに倍という目を疑うようなお見積りでございます。
ワタシも建築業界の“端っこ”にぶら下って生きているモノですから、積算資料からちゃんと弾き出しての「予算」なんですけど世の中は全然甘くありません。

しかし、とある砂を噛むような工務店さんが「これだけ積算出せるならさあ、自分で材料手配したらあ~?そしたら大工だけウチで紹介させてもらうよお~」というナイスな提案が。
どうせ設計と確認申請書作成は自分でやるつもりだったので、材料手配が増えただけの事です。ちょっとメンドくさくなるだけじゃん!と軽い気持ちでその案に乗りました。
「でさあ、出来れば基礎工事ぐらいは自分でやってみればあ~?たしかセンセーはユンボ乗れるじゃんよお~なあ?」
と、激しく挑発してくるので思わず、「できるお!」と即答してしまいました(笑)。
しかし、建物が進むにつれそれなりに大変だったのです。



組長的貧乏建築方式のご紹介

さて、我が家は結論から申し上げれば設備を入れた坪単価は36万円、造作面積55坪を1980万円で建てました(土地代金別)。
普通じゃんと思う方もいらっしゃるかと思いますけど、実は完全分離型二世帯住宅なのです。
つまり、風呂も台所も全部2か所ずつ必要で玄関すら分けなければならぬという役場の資産評価「2世帯住宅の定理」に則って設計しているのです。こうしないと固定資産の低減が受けられません。
設計上で一番大きな縛りがこれでしたが、生活の異なる親子が住む為には必然とも言えるかもしれません。いくらなんでも江戸時代のようなベタ同居では息が詰まりますよね。
しかもこの地方ではぺナぺナ材料を使うと家の中で凍え死んでしまいます。ある程度のクオリティは必要ですし、木材もあまりヒドイものは使いたくありません。
そのうちに仕事で使う材料カタログの棚を、“自宅用”が超えました(爆)。このぐらい真剣に働けばワタシも設計屋一本でやっていけるのかもしれません(笑)。

妻や親の意見も聞きながら?図面を書きます。他人の家ならばもっとチャッチャと書いてしまいますけど、自分の家はホント悩みます(爆)。
さすがに模型を作るまでにはいたりませんけど、図面は随分と書き直しました。
凝ったことはしませんが、頑丈な家であることと、広い畳の居間には拘りました。畳にゴロンと寝転がりそのままゴロゴロしても壁にぶち当たらないって、実はささやかな夢でしたから(笑)。
おかげでうちの居間、柔道ができます(爆)。

さて、図面もなんとかまとまり書類も揃い、あとは建築確認をだすだけ。
某役所には仕事上の繋がりがバッチリありますので、ナゼかこちらが予期せぬぐらいにスムーズに(核爆)。

ワタシの買った土地は元NTTの電波塔跡地で、坂道の頂上付近になり水捌けはイイのですが、町の水道がちょっと下の隣家までしか来てません。
しかも枝管の水頭圧が低くてワタシの土地まで揚がってくるどうかとてもビミョーなのです。
何度も役場と協議(戦い)しましたが、結局自前のポンプで曳くこととなり、ワタシ的には残念な結果となりました。
しかし、うちが強引にポンプで曳いている為にそれまで水道の出が悪かった隣の家や向かい側の公園管理人は、「いやあ最近水道がバンバンでるようになったよ~」と言ってますので、まあ良かったのかなと最近では思ってます。
僅かな電気代で人助けが出来れば安いもんです(笑)。

そんな電波塔跡地なのですけど、元、塔があった場所なのできちんと整地は出来てまして、フェンスはやり過ぎなほど張り巡らされてます。
とりあえずあまり外構工事は考えなくとも良さそうです。巨大なゲートまでありましたがあまりにモノモノしいのでサービスで撤去。
しかし塔の基礎も地中部分には残っているそうで、30m以上もパイルが打たれていてそれは撤去できないそうなのです。
契約の日にはそんな部分を引き合いにしてちょっと迷惑そうな顔をして臨んだ結果、若干の値引きに成功(笑)。
東京のNTTの本社で契約したのですけど、まさかそんなコドモダマシな値引きに応じるなんて逆にビックリしました(爆)。
当然ワタシは、フェンスも基礎も嬉しくてしょうがないのですが(笑)。
128坪510万円。イオンショッピングセンターまで徒歩10分自転車行き2分帰り15分(笑)。ついでにガススタンド車で1分。30mのコンクリートパイル4本と基礎フーチン付きです。
登記その他は自力の本人申請。調査士も司法書士も本人申請なら必要ありません。

着手はまずこのワタシの手で、先ほどの砂を噛むような業者から借りたユンボで根切り工事(笑)。
と、その前に適当に地鎮祭(笑)。
四隅に酒を撒いて“ちょっと飲んだり”して祝詞の代わりに“お経!”を呟きながら(爆)両手を合わせます。
今回、我が家は一切の神事はしません。ワタシも妻も神も両親も、「神も仏も信じない」(爆)のでこれこそ無駄なお金なのです。


さて、そのパイル付きの基礎を生かしたいので、ベースに配筋を絡ませて家の基礎と一体化させるという姑息な魂胆で設計をしております。
土被り600と聞いてましたが300も掘らずに基礎発見。半日も経たず基礎が露わになりました。図面よりも浅かったのでちょっと基礎の高さを変える必要がありそうです。
塔の基礎が見えたらトランシットで家の位置を出します。その為の計算は既に前の晩に済ませてありますので、その距離角度に従うだけなのですけどなんせ自分の家ですから何度もチェックします(爆)。ざっと根切りを済ませて丁張りを張ってみると、思いの外随分と小さく感じるものです。自分の家なので小ささもひとしおですね(笑)。
ここまでは土日を利用して全部一人+α(測量時にお手伝い一名)+借り物ユンボでやりました。

明日からは基礎のベース工事です。なんとか週末には立ち上がりの型枠を組めるでしょう。

というわけで、土曜日に”現場”へ来てみると殆ど型枠が加工済みなのです。あとはホントに組み立てるだけ。気になった大工さんが平日に見にきてやってくれたそうです。
型枠大工ではなく、モノホンの大工さんが刻んでくれたのでホントに素晴らしい型枠でした。コンクリが固まった後にバラすのが勿体ないほどです。
せっかく持ってきた充電式のマル鋸も出番がなく、パタパタとセパとフォームタイで組むだけで一日で終了。
テコ(助手の意味)で連れてきた若い衆も拍子ぬけだったので、レベルとトランシットの使い方講座を緊急開設しました。
月曜日に立ち上がり基礎コンクリート打設の予定なので、今週は養生の為現場作業はお休みです。

しかし、今後は主に大工仕事なのであまりシロートが手を出すと逆に怒られそう(笑)。
工務店から紹介された自称日本一の大工さんはマイペースで、一日悩んでる時もあれば鬼のようにバッタバタと作ってしまう日もあるという現場カントク(つまりワタシ)泣かせの逸材です(爆)。
どうにも梁が気に入らない(一部見せるので)ということで、建て方を伸ばしてクレーンをドタキャンセルしたり、小屋組を勝手に変えてしまって材料が足りなくなってしまったりもしましたが、おかげでそれ以上にイイモノが出来たと思います。
一部天井のない家なので小屋組は少々複雑になった感じで見栄えが増しましたが、梁は、、、正直よく解りません(爆)。

ieno 008

ieno 011


そんなわけで大工さんが入ってからは任せきりが続きました。
しかしこの大工さんはあまり任せきりだとトコトン拘られて何時までたっても工程が進まないのです。
屋根が上がってからさらにピッチが遅くなり(笑)、もうこちらも6か月工期は無理かなあとほぼ諦めムード。もう気の済むまでやってって感じです(爆)。
階段も当初はプレキャスト(別の工場で製作して現場で組み付ける)をそのまま使う予定で進んでいましたが、結局そのプレキャストを現場で全バラ加工の組み直し(笑)。
はじめから造作でやれば良かったかも、、。

しかし玄関の土間だけは左官屋に任せず、自分でやりたかった譲れないトコロでした。
うちの土間はコンクリート小手仕上げのみでタイルも石も曳きません。つまり、小手さばきだけで仕上げなければならない職人の腕の見せ所な場所なのですけど、それをシロートがやるのです(笑)。
ココに使う特殊なモルタルも届きました。自前のカナコテも揃えました。この日の為に特訓(爆)もしました。
勝手に他人の家のブロックの塀を塗り上げたり、勝手に消防小屋の車庫の床を仕上げたりして実戦も積みました(笑)。
そしてついにその日がやってきたのです。

出来れば日曜日とかに誰にも見られずゆっくりとやりたかったのですが、決行日は祝日で現場(つまり我が家)は稼働中です。
なぜか大勢ワタシの周りに集まってきまして、みな興味津津なのです(汗)。
バケツとスクリューで特殊モルタルを練り、思ったよりも色見が悪いので墨を足したりして、いざ勝負!なのです。
「ほほう、」「いやはや」という感嘆の声もありますが、「なんじゃそら?」「ふふんっ」というような明らかに否定的な視線もチラホラと(怖)。
この特殊なモルタルは増粘材が入ってまして、ホントは土間なんかに塗るものではないのですけど、コレを小手で引っ張るように撫でるとエンボス調の流れ目付きみたいな紋様になるのです。
まあどうにか旨くいきました。こんなレベルでは左官屋にはなれませんけど大体想像通りには仕上がりました。
しかし残念ながらコレを真似したいというヒトは今日まで現れてません(笑)。


車庫にも若干のコダワリです。とりあえず止めるクルマはフェラーリでもトライアンフでもありませんから(笑)、雨の日に整備できる屋根さえあれば壁も扉も要りません。とゆーか壁を3面張ってしまうと床面積と見なされてしまうのですね。なので2面は開放です。
ワタシの家的にはハイルーフのサファリをジャッキアップしても大丈夫な高さと、将来的にどの位置にでもアンカーを打てるコンクリートの厚い床は必須科目なのです。
まるでスラブ、と呼ぶような土間をガッツリ打ちまして、表面はお決まりのハードナー仕上げ。これで床コンクリを台座にしてハンマーをぶっ叩いてもしばらくは割れる事はありません。
もちろん配筋と結束はワタシのシワザ。たぶん打つ前に治されてますけど(爆)。
ハードナーは一斗カンで買ったので意地になって撒きまくりです(笑)。

外観はノーマルに見せたかったので外壁は一般的なサイディングボード貼りです。
安くて断熱性が高くて施工性の良い材料が最優先、見た目は二の次(爆)。でも「ウソレンガ模様」とか「ウソタイル模様」だけは避けました(笑)。
サッシも特注は一切使わずコストダウン。この地方ペアガラスだけは必要な装備なので結構お値段が張るのですけど、地元のサッシ業者さんが標準品ならばと「格安」で卸してくれました。
内壁は居住空間はボード+ビニールクロスですが、それ以外の廊下や吹き抜け、ワタシの書斎兼ミンナの物置は全て”構造用合板”そのまま貼り(爆)。材のスタンプも押したまま(笑)。
ホントは全部の部屋をこうしたかったんですけど、奥様が「ソレだけはヤメて」と強く反対するので断腸の思いで断念。
どこにでも釘は打てるしビスは効くし、ホントに便利なんですけどね。
自分で言うのもナンですが、「仕上がってない」とみるか「オシャレ」とみるかの瀬戸際です(笑)。

床は畳以外は合板フローリングです。材を部屋によってコロコロ変えないというのもコストダウンの一つですね。
畳も地元の畳屋さん(現在廃業夜逃げ済み)が「ご祝儀価格」で“本物”を卸してくれました。ありがたい話です。
巾木やカマチは無垢の白木を使いましたが、これはなんと大工さんの「私物」(爆)。
解体するときは返せと言われてますけど、どう返せって言うのでしょうか(笑)。

キッチンはサンウエーブというメーカー品です。が、実は格安の展示品。ショールームに見学へ行った時に交渉済み(笑)。
なんでも言ってみるもんです(爆)。
なので我が家には不釣り合いな食器洗浄機付きなのです。
ユニットを実際に置いてみたらオフクロには高すぎて奥様には低すぎるというミステイクのオマケ付き(爆)。

風呂のユニットバスも、「これ使ってみて下さいよ!」という知り合いの営業を「脅して×お願いして○」格安で入手(爆)。
ほんとはタイルと檜板で作りたかったのですけど、こっちのほうが断然安いので採用です。
ついでに便器ぐらいサービスしろということでこちらは贈呈の品となりました(爆)。
かわいそうになったので便座に金の文字で“贈呈”と“社名”を書くか?と尋ねたら首を横に振って泣いてましたけど(大爆)。


家づくりをドタバタと始めて、気づけばドタバタとなんとか竣工に漕ぎ着けました。
なんとあんなにのんびりムードだったのに、本人もヤバいヤバいと呟いていたのに、実はキッチリ予定通りの工程だったのです。さすが自称日本一の大工さん(爆)。
しかし、浄化槽だけが間に合わずトイレや流しが使えません。
竣工パーティは全員ノグソという我が家らしい華々しいデビューを飾りました(笑)。



あまり最初から凝り凝りに凝ってしまうと、あとから手を入れる余地がなくなるのも寂しいものです。
ゆっくりDIYで作る予定の場所は残しておいた方が楽しみも増えます。
我が家では、寝室天井裏のロフトと吹き抜け部分の回廊(エキスパンドメタルで組む予定)を残しております。ロフトは後施工しやすいように一部床まで施工済み。
でもそんなこと知らない電気屋さんにその足場床へそのまま配線されちゃったのですけど(笑)。
吹き抜けの回廊は、これ作らないと上部にある窓の開閉が出来ない仕組みになってます(爆)。いわば必然なのですけど、いまだ実現できず(笑)。

一階はワタシの書斎兼物置と両親の住まいとなっています。
書斎兼物置は実際には2階の玄関も兼ねてます。なので書斎兼物置兼玄関兼、ワタシのイタズラ場なのです。
くそ重たいサファリのデフやエンジンを曳きこんでも大丈夫なように、床は車庫と同じ厚さのコンクリートに耐重仕様のクッションフロアー。
ゆくゆくはここに薪ストーブを置きたいのですが、そのストーブもオリジナルで作りたい!と設計思案中(笑)。

ieno 007


両親の住まいは本人たちの希望もあって、コンパクトに小さくまとめました。
その希望というのが面白くて、「掃除機かける時にいちいちコンセント抜き替えしなくてもいいぐらいの広さ」(笑)。

そこそこ床面積がある家なのですけど、部屋数は極端に少ないのです。
食堂の座敷のような畳の居間とそれに続くキッチン、建具の無い家事室が一つの空間であとは寝室と水周り。あとは吹き抜けの周りに一部廊下があるぐらいが2階です。
あまり間仕切るのも性格上イヤなのですが、客間もないのは困るという事で座敷天井にカーテンレールを設置。
病院の大部屋のように必要に応じてカーテンで仕切れということです(爆)。
現在まで何人もココに寝泊まりしましたが、我が友人たちには何一つ問題は無かったようです。

ieno 018



キッチンと居間(お座敷)との間には巨大なカウンターが。
大工さん渾身の作品です。キッチン側には食器を収納するための大小の引出があり、居間側にはテレビ置き場と本棚です。
このカウンターだけで10枚以上は図面描いたですね。

ieno 017

ieno 019



そんなわけで我が家はまだまだ未完成な部分が多いのです。
先述の吹き抜け回廊をはじめ、外構はまだ試行錯誤状態です。砂利を曳いたり土を入れたり、今度は枕木でも曳いてみようかと(笑)。
でも最近は草むしりが大変なので「庭なんか要らねえ!」状態。ホントにもう、舗装しちゃうぞ(爆)。

テレビの受信状態もあまりよくありません。もともと電波塔が建っていた場所なのに不思議な話なのですけど、いくらアンテナを調節してもフジテレビとテレ朝を犠牲にしなければなりません。
もちろん地デジ待ち、という希望的観測もあります。しかし地デジすらも受信できないようであれば困るので、去年敷地内に中古電柱を建ててしまいました(笑)。
国旗掲揚ポールとしても役立てようとしておりますが、あのサファリに日の丸ではご近所にあらぬ疑いを掛けられそうでまだ一度も掲揚したことはございません。

ウッドデッキを伸ばしたいし、手摺もモクを並べてみたいし、不細工な電波塔時代のフェンスも何か化粧してみたいとホントにやることは一生分ありそうです。
2000万円で一生楽しめるのですから、安いもんでしょ?(笑)。


ieno 006



スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 14:45:44|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<必需品その3 | ホーム | 必需品その2>>

コメント

すごいですね~

組長様は、家まで作ちゃうんですね~

そのバイタリティは、どこから湧いてくるんですか?

ほんと脱帽です…

でも、すっごく交渉が上手いですね~羨ましいです!

私はそこが苦手なので、いつもなんでも、高くついたり、
物事が進まないのです。

私は、今まで購入した多くの車すべてと、家までも中古です。
バイクだけは、時々新車でしたが…

自宅は、組長様の別宅すぐ近くの社宅に住んでいる時に、新聞のチラシで見つけた、
超お買い得、特買品でした(笑

このチラシとの遭遇は、一度目は近所だね~ぐらいで、気持も無く素通りで、ごみ箱行き…
二度目は、また入ってら…って近くだから散歩がてら見に行くか~で
見に行き、広さ、大きさ、新しさに衝動買いしてしましました(笑
貯金も無く、ローン地獄ですよ!

組長様本家と似ていたのは、水道が引かれて無く、井戸だけでした(笑
もちろんその後、水道は引きましたが…


この次ぐらいは、新車、新築、新妻が欲しいですね~(爆

  1. 2008/07/31(木) 23:16:10 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #-
  4. [ 編集]

せっかくだから、こちらにも(?)

引っ越しの手伝いをした時は、確かにちょっと「へぇ~」という感じだったかな。人の物と違って、自分の物となると「こだわり」が邪魔して色々まとまらないもんだけど、そこは”らしさ”が随所に見え見えで・・・・・(あぁ、誉め言葉が出てこない)。

とまぁ、何だかんだと言っても、マンション暮らしの俺にとっては羨ましい限り。家に関する夢といえば「断然!平屋一戸建て」。サマージャンボよ、是非とも良い結果を出して欲しい。。。。。

でわ~~~
  1. 2008/08/01(金) 00:47:16 |
  2. URL |
  3. はっは~ん@あつぎ #-
  4. [ 編集]

新車新築新妻よりは(笑)

路駆丸さん、ワタシは畳が新しいほうがいいです(爆)。
Y60が新車で買えるならハナシは別ですけど。

家の衝動買いって、凄いっすよ。
中古住宅って用途が合えばホントお得だと思います。
家なんて10年や15年ノーメンテでもどうにかなるものでもないですし、もし壊れても目に見える範囲なら自分でも出来ちゃう簡便さがイイですよね。

まさにホームセンターはホームの為なんですね~(笑)。



  1. 2008/08/01(金) 07:43:38 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

マンション

アツギ君久しぶり。その後、病気の方はどうかな?
もう中年も通り越して「初老」の域なんだから、暴飲暴食暴眠暴着色暴穴あけはやめよう(笑)。

平屋の一戸建て、いつでも建ててやるぞ~。
今はサマージャンボよりもFXだぞ!(爆)

  1. 2008/08/01(金) 07:49:39 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

こりや凄い!
何でもネジ止めしゃう人かと思ってましたが、御見逸れ致しました(笑)。
ご自分の書斎があるなんて羨ましいなぁ。



  1. 2008/08/01(金) 08:37:02 |
  2. URL |
  3. B.K #-
  4. [ 編集]

何でもネジ止めです(笑)

家も結局はタップビス止めです(笑)。
インパクトドライバーの震動がワタシを狂わすのです。

書斎っても物置ですし用途は玄関ですから。
エアコンもありません。頭上はドカンと吹き抜けてるので冬は凍てつく寒さです。

マイボート所有で毎週釣り行脚のB.Kさんのほうが凄いです!。ホントは魚紳さんなんでしょ?(爆)



  1. 2008/08/01(金) 16:42:00 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

リビングの

ピカチューが気になるところですが、確かにインパクトドライバーは LSD 並みの依存症をもたらしますね。スライドソーとの併用は身を滅ぼしかねません・・。

いや、ホントにきみちょさんの拘りと行動力には脱帽です。

  1. 2008/08/02(土) 00:27:59 |
  2. URL |
  3. Peg #f3LguhZM
  4. [ 編集]

そこですかあ?

ぴかちゅーは奥様の趣味ですけど、インパクトはワタシの趣味ですね(笑)。

なんとなく今日、四号線西那須野付近でpegさんとすれ違ったような気がしましたけど、あの61は違ったのかな?

変にニコニコしながら手えあげたりして、オレって密かにキモいヤツになってたんですかね??(笑)。




  1. 2008/08/03(日) 00:22:42 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

くみちょさん、あなたって人は・・・
ほんとになんでもできちゃうんですね!尊敬します!!!
家って自分で積算できちゃうんですね・・・スゴイっす。
自分はハウスメーカーで建てましたが、値段を見るたびにバカらしく思えるほど高いなぁと思ってましたが自分では何もできないので「ぼりすぎだろっ(怒)」とか思いながらもなすすべがありませんでした。
くみちょさんのようなスキルは持ってないので今の家で満足はしてますが、ほんとにいったいいくらぼられてんだ?と今でも思いますw
  1. 2008/08/03(日) 00:36:17 |
  2. URL |
  3. つなおた #-
  4. [ 編集]

カインズから出て

次は、部販に寄ろうか、ヨーベニが先か、あ~暑っ!冷たいスイカ食べたいなぁ~。などと、小さな灰色の脳細胞が右往左往している最中だったため、直前まで前方のサファリに全く気づいていませんでした・・。しかも気づいたのはフロントの「6年2組」の文字。「アレ?どこかで聞いたこと・・」 ここでやっと高屋根で、しかもシンプルなのに只ならぬ雰囲気のサファリであることに気づいた次第です。「もしや!」と思って運転席に目を向けたときはちょうどスライドのタイミング。一瞬目が合ったような・・。 ということで、手を上げていただいていたなんて全く気づかずに大変失礼しました。

次は笑顔で手を振りますので、今回の件はお許しを。

ちなみに、先にヨーベニ行ってビールとスイカを買ってから、部販でナットを受け取り帰りました。
  1. 2008/08/03(日) 01:43:07 |
  2. URL |
  3. Peg #EVyfgUYw
  4. [ 編集]

BORA~RETAA~

ハウスメーカーって、すごい至れり尽くせりだと思いますよ。
あの金額で、このサービス(修理保証含む)は凄い!。
工務店や個人では確かに若干建築費が安いかもしれませんけど、補償となるともうお手上げです。
安心を買った、と思えばどうでしょう(笑)。


  1. 2008/08/04(月) 07:51:34 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

サファリの不思議

いつも不思議に思うのですが、サファリに乗っていると必ずと言ってイイほど仲間や知り合い、友人に会ってしまうのです(爆)。
ほんとに最近はたま~に乗る程度なのですが、それでもかなりの高確率です。

ワタシはT根沢のアパートから那須の自宅へ「ゴミ」搬送中でした(笑)。
矢板付近でエアコンのコンプレッサーのクラッチが壊れて泣きそうになりながら西那須野4号の渋滞を満喫していました(爆)。
普段は烏森の信号かプリモの交差点を左に入ってしまって、カゴメの工場まで4号を迂回するんですけど、なぜかあの日は真っ直ぐ行ってしまったのですね。

コンプレッサーはクラッチの断続スイッチ接触不良でした。
5分で修理完了。つまんね~(爆)。

  1. 2008/08/04(月) 08:03:01 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/337-b7e9d644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する