組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

オトモノ増設

「音が悪いよね」

妻の何気ない一言でワタシは奮い立ちました。
確かにガスランサーはオーディオの音が悪い!(笑)。

とゆーか、ティーダのシステムが豪華すぎるんだぜとは思うのですが、ワタシもランサーのオーディオのぺナぺナさには一抹の寂しさを感じずにはいられませんでした。
内張り剥がしたストイックな2名乗車の高級SUVサファリ組長仕様なら何の問題もないレベルなのですけど(笑)、一応ランサーは我が家では一番の高額納税”車”なのです。
しかもガスエンジンは静かなのでオーディオの音の悪さが顕著に表れるようで、多少の出費で済むなら何とか改善してみよーという事でスピーカー(サブウーハー)増設をやってみました。

ガスランサーはご存じのとおり(爆)元教習車なので、デフォでラジオすら付いていません。
当然スピーカもありませんので、ワタシは”露出”で置き型スピーカーをリアとフロントに取り付けました。
その方が圧倒的に配線が簡単だからです。

トコロがそうやって横着した結果、「低音がスカスカ」に(笑)。
高音域の再生はまあまあだと思うのですが、いくらデッキのEQを弄ってみても下が出ません。
ベースの音が「ポフポフ」で、バスドラが「ポコポコ」なのです(笑)。
ぜめて「ブンブン」と「ドンドン」にしたい!ということで、「ブンドン再生計画」と名付けて気温3度しかない寒空の下、喜々として作業開始しました。

今回使用する機材はフロント、リアの置き型スピーカーと同じメーカーの、”BOSCHMANN”製のサブウーハーです。
カロのデッキにはウーハーをリアSPに繋げられるようになってますので、「外付けアンプ無しで取りあえず鳴らしてみよ~、具合がよければラッキ~」、という姑息的手法かつ安価に済ませる方向性で選びました。
なんせこのスピーカー、嘔吐嗚呼流図で特価2300円!という格安なのでございます。
昨日地球に来た火星人だってコレを選ばない貧乏人はいませんね(笑)。



まずはフロントのドア内張りを引っ剥がします。
引っ剥がすには普通、嵌め込みをマイナスドライバーなどでコジって外しますけど、傷がつかないように専用のプラヘラなども売ってます。気になる方はそーいうのも使ってみればヨロシイのですが、ワタシはもっぱら「バール」(爆)。
ビスは周辺に2か所と内側手掛けに1本、開閉レバー部分に1本の合計4か所だけですので、それさえ外せばあとは”思い切り”がモノを言う作業ですね(笑)。

スピーカ下地取付


程なく外れました。
さて、次なる難問はこのドアから室内に引き込む配線をどう通すか、なのです。
前回の設置の時にはこの作業が面倒で置き型露出スピーカーを採用していたのですが、さすがに今回はキッチリと挑まねばなりません。

スピーカ取付穴


しかしどう考えてもどう見ても、既存の電動窓の配線経路に通すしか無さそうです。
いきなり今回一番苦労したポイントの作業になりました。

まずはいつもの曳き込みでやってる通り、長めのインシュロックでコチョコチョと探ってみますが、扉~ボディ間の蛇腹グロメットに引っ掛かり内部で折れてしまうようです。この方法では何度やっても通りません。
次に金魚ブクブク用チューブを挿入してみます。程良いコシで具合が良さそうなのですが少々太過ぎてNG。
そう言えば尿管を突っ込む時も痛いからなあとツマラヌ事を思い出しました(笑)。
ならばとそのチューブを半分に裂いてみますが、今度はコシが無さ過ぎて中で折れてしまいます。

さてどうしよう、、。蛇腹グロメット部分が長すぎる上にクランク状に曲がっているのが問題のようです。
しかも配線の束の隙間を入れるわけですから、かなり細くなくてはいけません。

ダメモトで針金の先をペンチで丸めてチャレンジしてみますが、やはり蛇腹で引っ掛かりクランクで引っ掛かりでうまくいきません。
が、なぜか何の拍子か突然スルスルと入っていったではないですか!?
コツもテクも何もなく、単なる「運」で開通しました(笑)。
ヤバい、反対側もあるのに何も会得しないで貫通させてしまった焦りが募ります。

で、逆側はいきなり針金でコチョコチョと攻めまくりますが、やはりあるタイミングとポイントでスルスルっと無事開通。
結局は結果オーライです(笑)。
もう2度とヤリたくない作業ですが、既に配線を通した今以降は逆に2度とデキない作業となりました。

通ったどー



さて、一難去ってホッとしました。
次はスピーカーベース板の取付です。
本来はボディ側に板ナットを挟んでビスで固定するらしいのですが、板ナットを挟むような穴もありませんし、第一ピッチが違い過ぎです。さすが安物メーカー製、”メイドインパンダの国”のスピーカーです(爆)。

全国三千万人のタッピングビスファンの皆様、お待たせしました!
ナニも迷わずサクッと取りだす電動インパクトと2番ビット、今日は13ミリのドリルビスにしようかな?下穴なしでいけるかな?るんたった~(笑)。
ズダダダッとあっちゅう間にスピーカ下地固定完了です。

スピーカ下地


それにしてもサファリと比べて、なんと鉄板の薄いこと、、、(爆)。


その下地に左右にスピーカを取り付けて取りあえずスピーカー設置は完了。

スピーカー取付状況


この後内張りを元に戻し、ヘッドユニットを一度外して配線をリアSPに割り込ませます。
今回外部アンプは使わずにDEH-777のウーハーラインを使って鳴らしてみたいのですが、リアSPへの出力がウーハーに取られて無くなってしまうのでちょっとビミョー。


取りあえず試運転ならぬ、試聴に漕ぎ着けました。
こうして見るとあっさり終えたようですが、ほとんど日中の丸一日掛かっております(笑)。
その時間の殆どを、ドアの配線通し作業に費やしましたが、、、。


デッキをリアSPをウーハーに設定し直して鳴らしてみます。
リアSPといっても取り付けているのはフロントドアの下なので、ダッシュ上のフロントSPと相まってカットオフ周波数のバランスが少々難しいのですが、以前とは明らかに低音が響きます。
増設したスピーカに耳を近づけると、「ブフ、ブフ」とソレナリの重低音が出ています。
もうちょっと欲しいなあという気がしますが、ヘッドユニットの”オマケ”で付いてるようなウーハー出力ではこんなもんなのでしょうか?
「ブンドン」には程遠いような、、、ああ。


やはり、サブウーハー用のアンプを増設するしかなさそうなんですかねえ、、。
音の道は険しくて難しいなあ、、。





スポンサーサイト
  1. 2009/01/14(水) 22:45:26|
  2. LPG車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<調律 | ホーム | MADMAX>>

コメント

あ~あ、

豊富な知識と経験を積んでいるのに、どうしてそこだけ豪快になっちゃうんでしょうね(汗)。
何時の日か、このランサーを乗り継いだオーナーが内張を外した時に腰を抜かすでしょうね(笑)。
  1. 2009/01/15(木) 08:28:58 |
  2. URL |
  3. B.K #-
  4. [ 編集]

ウチのBeexは・・・

M8のボルトとナットで締めましたよ【笑】もちろん穴は合わなかったので電動ドリルでガガガッと。スピーカーベースなんて使わず鋼板に直付けです【爆】
あ、内張はバールなんて使わずに素手で剥がします、私の場合ヽ(´ー`)ノ
  1. 2009/01/15(木) 22:36:13 |
  2. URL |
  3. Wakui3 #-
  4. [ 編集]

私は我がサファリの内張りを剥ぐ時に最初の1回目だけは慎重にやりましたが、2回目以降は手で「バキバキ」っと(笑)
金の無い私はインナーバッフルも手作りです。
鉄板には制振材(レジェットレックス)を全面貼りです。
これだけでも結構締まった低音が得られますよ~♪
  1. 2009/01/16(金) 00:30:54 |
  2. URL |
  3. サファリン #3fP8K/.I
  4. [ 編集]

オレのヤリ方

そんな卑猥で楽しいコーナーではありませんが(笑)、内張りは一般的に手で引っ剥がすんじゃないかなとは思います。
ランサーはナゼか異様に嵌め込みが硬くて、指が千切れそうになったのでバール君登場。
サファリは何度もやってるからユルユルのガバガバなんで、指先一つでオッケーなんですが(爆)。
ちなみにサファリの場合のドア内張り剥がしはスピーカーとかじゃなくて、内側からの”叩き出し”の為(笑)。

b.kさんやっぱし音モノは「ボディ直付け」が基本ではないでしょうか?(笑)。

wakui3君ちのbeexはうちのランサーよりも大胆かつヒデエつけ方じゃねーか?(笑)。
ボルトナットは緩むからタッピングにしなさい。

サファリンさん、制振材貼りはやはり利きますか?
一瞬やろうかどうか悩んだんですけど、まだ集中ドアロック取付とかで弄りそうなんで今回は見送りました。
あまり重くなるようなら考えちゃうんですけどね。




  1. 2009/01/16(金) 07:52:55 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/382-870f198a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する