組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

タバコが1000円だとお?

「タバコ一箱1000円」運動ってのを、駅前でやっておりました。


ワタシはついこの間まで(といっても6年以上前だけど)常習喫煙者であったわけでございます。
それまでは必ず一日一箱以上は吸いまくり、タバコやめたって人生がツマんなくなるだけだぜえ~と内角低めにエバっておった次第ではありましたが、ある冬の夜にふと、「果たしてタバコをやめた時の禁断症状って、どんなんだろ~か?」という思いに急に囚われてチャレンジしたという経緯があります(笑)。

つまりは、「禁断症状」が”激しく猛烈に”出た時、堪え切れずに吸う一本って最高にウマいんだろうな、という発想が元でして、健康の為とか家族の為とかそんな外交的要因ではなく、徹底的な自己快楽の為と言っても過言ではなかったのです。

で、止めても想像していたようなモガキ苦しんでノタウチまわる禁断症状が現れず、ついには今に至ってしまったと(笑)。
そりゃ吸いたい衝動に駆られる場面もあったですし、吸っている夢も何度もみました。
仕事中や平時のイライラ、ガクガクもなかったとは言いませんが、想像していたよりも遥かに「弱い!」ものだったのです。

意思が強いとか弱いとか、そーいうことではないのです。
今までカネの無い時だって何とかして小銭をかき集めて販売機へ、もうソレすらも不可の時には吸殻を漁りちょっとでも長いのを見つけてはほくそ笑み、とにかくそんな思いまでして続けてきたタバコなのにコレといったジャンキー症状も現れずに、割とあっさり”お別れ”となってしまったのですから、どちらかといえば”裏切られ感”という感じでしょうか(笑)。

ニコレットも禁煙飴もグッズは必要はありませんでした。
「タバコはヤメヅライもんだ。ちょっとの禁断症状も我慢が出来ないんだ」と、禁煙グッズ業者発テレビCMの”大げさな情報”に踊らされているだけのようです。ヤツらに儲けさせる義理も筋もありませんが、ただ、ちょっとクチが寂しい時はあります。
その時はガムでも噛んでいればいいわけで、ホントはニコチンの中毒なんてニンゲンの気持ちに比べれば微々たるものでしかないんですよきっと(笑)。


「タバコひと箱1000円」、確かに高いと思います。
このまま誰もヤメずにそのまま税収に結び付けられるならば、その規模は消費税の4パーセントに相当するらしいです。
もっともそんなことはないでしょうし、ヤメる喫煙者は莫大に増えるでしょう。
そうなれば嫌煙者の受動喫煙被害も減り、健康にも環境にもプラスとなることは明白です。部屋の電気も壁紙も白いままです。しかもワタシが実践したように、ヤメルにあたり努力も根性も要りません(笑)。

なので、「キッカケ」を欲しがっている御仁にはもってこいの策ではないでしょうか?
だから500円/箱でも700円/箱でもダメなんです。
1000円/箱じゃなきゃあ、その「キッカケ効果」も半減してしまうでしょう。


また、「1000円でも吸う」という方もいらっしゃるでしょう。
ワタシのブログを見てる方や偏屈が多い四駆乗りに多いかと存じますが(爆)、そーいう向きにも1000円/箱は有効ではないでしょうか?

まず、尊敬されます。ええもう間違いなく。
だって一本当たり50円もの高級品を、しかも課税率が原価の8割を超えるようなシロモノを煙にしてしまうのです。
しかも楽しめるところは激しく限定されるという不自由を被りつつも吸い続ける御仁は、まさに”ジャパニーズジェントルマン!!”(爆)。


組長とサファリ工務店はそーいうわけでタバコ一箱1000円案に賛成してきました。

そーいうわけで、どうすか?
タバコ、ヤメてみません?(笑)。






スポンサーサイト
  1. 2009/01/28(水) 22:48:50|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<真・爆走デコトラ伝説 | ホーム | イカール星人来襲!!>>

コメント

il||li(つ∀-;)il||li アタマイタッ…
私、少し前に禁煙したんです。
10ヶ月続きました。
で、また復活。
やめるに当たっては特に禁煙グッヅは必要ありませんでした。
ニコチン中毒というよりは、手持ち無沙汰なだけでした。
昼休みも何していいかわからず(爆)

1000円になったら潔くやめます(^^)v
  1. 2009/01/28(水) 23:07:04 |
  2. URL |
  3. サファリン #3fP8K/.I
  4. [ 編集]

2000円でもいいんじゃね?

って、半分マジですけどね。
最近はかなりマナーも向上したようで、飯屋での食後の一服なんてするボケナスも随分減りました。
そういう常識のある方に対しては 1000円はちょっと勘弁してあげたくなっちゃいますけど、未だ歩きタバコとか、ポイステとか平気でやっちゃう人たちは 2000円くらいでもいいかなって思います。
  1. 2009/01/29(木) 00:11:05 |
  2. URL |
  3. Peg #t0bYGKmQ
  4. [ 編集]

マナーにもマネーを

1、昼休みや休息時間には灰皿の傍へ行く。
2、自分では吸わないけど受動喫煙を楽しむ(爆)。
3、灰皿の民の情報は収集する。

この3つは実践してました(笑)。
特に3番、重要ですから。けっこう大事なことが決まったりするんです。
今はメンドクサくてたま~にしかヤリマセンね。喫煙スペースは寒い外だし(笑)。


喫煙のマナー、確かに最近はまともになってきたというか、喫煙のヒトが減ったというかですが、吸わない者にとってはいい傾向になってますよね。
ワタシもアレだけ吸っていたのに、食事中にまわりで吸われると腹立ちます(笑)。


タバコの単価が一気に上がれば、そーいう気軽に吸える感じが薄れると思うのでマナーも向上するんじゃねーかと思いますよ。
マナーによってタスポにその人が買える金額情報を擦り込んだりすれば面白いですよね~。







  1. 2009/01/29(木) 07:53:31 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

だが断る(笑)

法的に認められた成人が、法的に認められたタバコを、法的に認められた場所で吸ってるんです。誰にも文句言われる筋合いはありませんよ~。

それよりも、年間1万人近くが犠牲になってる車の方がよっぽど危険です。暴走車による受動事故の危険性なんてタバコの比ではありません。早く車の値段を一台すべて1億円にして、車の数を減らすべきです【笑】

えぇ、どうせ私はしばらく車なんて買えませんから【爆】
  1. 2009/01/29(木) 11:16:45 |
  2. URL |
  3. Wakui3 #t50BOgd.
  4. [ 編集]

やはりワタシの敵は法律か!

ほんとはどーでもいいんです。
誰が死のうが病気になろうが(爆)。
自分と家族が無事ならそれでいいんです。

だからケムイのはいやだ、と言ってるダケなんです(笑)。


どーしても欲しいクルマが一億なら、あたしゃ必死になって買いますよ。
だからタバコが一億になっても、絶対にヤメないでね。







  1. 2009/01/29(木) 16:44:32 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/386-54e3e0db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する