組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

ダウンサスを入れてみる

我がLPランサーはトランクに鎮座したガスタンクの為なのか、どうにもケツ下がりが顕著なのです。
リアなんてローダウンしてるの?ってぐらいタイヤとフェンダーとの隙間がナイスなのですが、実は単にヘタってるだけのよう(笑)。


ローダウンリア
リアの現況です。なにもしなくても十分カッコ良い落ち方(笑)

本来ガソリンタンクはリアシートの真下にあるクルマなので、重量物がホイルベース内に収まる筈が強引にトランクに移っちゃってるもんだから、そりゃテイクオフ~なカッコにもなってしまうんです。



別にそれでも何の支障もないんですけど、クルマを横から見るとどうにも引き締まりがないとゆーか、四駆じゃあないんだからとゆーかで(笑)、今回フロントのみローダウンスプリングを入れてみました。
ホントはこんなの(失礼!)普段使いにほとんどメリットはないんですけど、まあ車検が通る範囲ならってことで着手した次第です。

まだまだ元気なノーマルのショック(セディアのはけっこう絶妙なセッティングだと思うのはワタシだけ?)を生かすためにはあまりカチンコチンのバネじゃあ困るし、オチ過ぎてストロークしないガコガコサスもいやなので今回採用したのは、RS-Rさんの「程良く落ちる」と言われるダウンサスの車検対応品です。
コレ以上落ちる「スーパーダウンサス」と言うのもありますが、オトナなんだしソコまではいらんだろという自分自身への”配慮”もあります(笑)。


若いミソラに随分とヤッた作業なので作業にヌカリはありません(笑)。
こーいうコトをしたい貧乏でアタマの悪い後輩たちの為に、今回はサービスで手順をちゃんと説明したいと思います(爆)。
ちゃんと走りたいならホントはカネ貯めてソレナリの車高調を入れるべきなんですよ~。
そっちのほうが結果的に安上がりなんですよ~。
いやマジで(笑)。

それからワタシの記事を鵜呑みにして怪我しても責任は負えませんからね。
あくまで参考程度にとどめとかないとダメっすよ。
本来はちゃんとした整備工場にお願いすべき作業ですよ。




とは言いつつも、まずは術前のビフォー状況。
ローダウン術前

上のリアと比べても?な感じでしょ?(笑)



ローダウン指
指4本、と言うよりは拳が縦に入りそうぐらいです。





作業はまずは当たり前ですが、ジャッキアップから。
ジャッキアップしたら必ずウマがけをする事です。ジャッキだけだとボルトを緩める時などにクルマがグラついて不安定になり、チカラが入らないどころか危険です。

ローダウンウマ



次にストラットロッドのアタマナットを緩めます。緩めるだけで取ってしまったらダメです。
フツーにメガネやラチェットで緩めようとしても、ロッドが共周りしてしまうので緩みません。ロッドのアタマが平らになっているのはココにモンキーを掛けて緩めろってことのようですがワタシはメンドクサイので電動インパクトでズガガガッとヤッちまいます。セルフロックナットでもあるのでチマチマ人力でやってると泣けてきますよ(笑)。
ついでにアッパーブラケットをとめている3本のボルトも緩めておきましょう。これも緩めるだけ。
弄ったことのないクルマだとけっこう硬いっす。

ローダウン術インパクト攻撃


次に下部へ。
”上から下へ責め降りる”という順序は、出来るオトコの基本ですのでしっかりと学んでください(笑)。
ブレーキホースを止めているステーを外します。クルマによっては溶接されちゃってるのもあるかもしれませんが、そーいう場合はクリップ部分を外します。
クリップをとっても外せないとゆー悲惨なストラットの場合は、ビミョーにサンダーを入れてホースを外せる分だけ溝を作るという高度な技もあります。お勧めはしませんが。

それからさらに下、ストラットとハブをとめているボルトを二本緩めて抜き取ります。ココが偏芯になっててキャンバーを調節できるハブもありますので、そーいう不埒なハブは緩める前にしっかりとマーキングする事です(笑)。たしかレガシィBC5はそうでした。
どうにも抜きづらい時にはハブをガコガコ揺らしながら抜き取ると、痙攣もなくすんなりと抜けます(爆)。
ローターが近い作業なので、CR-Cとかは使わない方がいいと思いますョ。

ストラットの下がブラブラしたら、アッパーをとめているボルトを外して本体をひっこ抜きます。
この時にシャフトブーツを傷つけないようにしましょう。こんなんでグッサリ切れてしまったら悲しすぎます。ブーツの交換はまた更にメンドクサイので。
ホンダのダブルウイッシュボーンはかなりな”知恵の輪状態”なので気を付けてください。
ちなみにこのクルマは悲しいぐらいあっさりスカッと取れてしまいます(笑)。


ローダウンストラット摘出後


個人の自由と言うかまあどーでもいいことですが、ワタシは脚周りをいじる時には必ず左右同じようにクルマからバラして作業します。こーすると1本はかならずノーマル状態が手元にあるので、組みつける時に確認がしやすいのです。


ローダウンストラット摘出

ストラット、とったどー!(笑)。
隣のはこれから付けるRS-Rダウンサスです。
ストラットに巻いている白いテープは「右側」という意味(笑)。


次に、こんな特殊な”責め具”を使います(爆)。

ローダウン道具

「どらえも~ん、ノーマルスプリングが長くて」「じゃじゃ~んスプリングコンプレッサー!」と、とにかくのび太が全部言わんでも出さねばなるまい、コイル取り換えには必要な道具なのです(笑)。
写真のは20年モノぐらいでしょうか?たぶん1~2回しか使ってない箱入りの新品同然品です。
コイルスプリング交換作業は数多なれど、その大半はストラットごと交換の車高調だったり、既にダウンサスだったり、とにかく強引で済むサファリのリジットアクスルだったり(爆)で特段必要はなかったのですね。
ワタシの道具としては珍しくビニールに包まっていたので目立った錆もなく、久々に日の目を見ました。


コイツを使ってノーマルスプリングを縮めてから、ストラットのアッパーブラケットを外さないと結構危険なのです。
広い場所だと「ストラットロケット」なる遊びも出来ますけど、飛ばした先に大事な鉢植えなんかがあると二度と家でクルマいじりが出来なくなるという恐れもあるのですよ(笑)。

ローダウンストラット分解

逆にダウンサスを組み込む時には、大概はスプリングコンプレッサーを使わずに済みます。
フツーはソレだけ自由長が短いという事です。今回もちょっと押し込んだだけでナットが掛かりました。

ローダウンばね比較

その差このぐらい。少々線径もRS-Rの方が太いようです。


で、もっと重要な作業がこちら。
ノーマルショックにダウンサスを組むという事は、単純に縮み側ストロークを規制してしまうという事です。
縮みストロークがないとフツーに乗っていても突き上げが厳しくて、穏やかに乗ってられないクルマになります(笑)。
縮みストロークを確保するにはショートケース加工されたストラットを使う以外に根本的な対策はありませんが、そこまでやるのはおカネがないのよというワタシを含めた悲しき貧乏人がついついやってしまうのはバンプラバーを切り詰めてしまう加工なのです(爆)。
本来はせめてショート加工されたバンプラバーを使うべきだとは思われるのですが、新品で7000円近くもするんです。
7000円あったらすき屋の牛あいがけカレーが何杯食えるんだ!?という天文学的金額なので(笑)、今回はノーマルのラバーの先っぽを”ちょん切って”使います。

ローダウンノーマルバンプラバー

コレは生まれたままの健全な状態(爆)。

ローダウンバンプラバー加工

こちらが”オイタ”をして切られた状態(笑)。


これもちゃんとちょん切れる形状のモノでないと当然ダメです。この”段々”が「短小」で一段しかないとかのモノもありますが、その時には切る事は諦めて何らかの方法を模索した方が良さそうです。
ランサーは「人並み」だったので、今回一段ちょん切らせて頂きました(爆)。





で、組みこんだストラットがこちら。
バネだけがミョーに新しいですが、ショックのシャフトがギラってる範囲が全長ストロークになります。
これからどれだけ沈んでしまうのかは組んでからのお楽しみということで。

ローダウンばね組込済み







組むのは外すよりも簡単ですが、トルクの掛かるボルトはちゃんとトルクレンチで管理した方が良いですね。
我がランサーもハブベアリング交換でバラしたキャリパーとハブをとめている大切なボルトが、なんと見事に緩んでいました(爆!)。
ココだけは絶対に緩んではイケません。人生が早期終了になるトコロでした。
”手”ルクレンチは全くあてになりません。
トルクを管理するというよりも、ちゃんと締めたかを確認する事がトルクレンチの役目の半分だと思うのです。
バラシタついでによお~っく他のボルトもレンチを掛けておきましょう。



さて、タイヤを付けてウマを外して、いよいよメーンイベントの「ジャッキダウ~ン!」(笑)。


ローダウン術後

ふむふむ、あまり下がった様子はなさそうだけど、確かにこれなら違和感はないなあというレベル。
これならスーパーダウンサスでも良かったかあ?(爆)


ローダウン指術後

指はキツキツ3本。2本だと余裕でズボズボ(爆)。
ダウン量は20ミリってとこかしら?という感じです。
でもこれから下がってくるのがいわゆる後メーカーのダウンサスなので油断はできません。

試運転の前に、ジャッキを降ろしたら必ずショックのアッパーボルトを増し締めします。
コレしないで動かすと、ちょっとの段差でもガコガコとうるさくてビックリします(笑)。



スタイル的には前後のバランスはとれてきたという感じ。
当然多少トーは開いていると思われるのですが、この程度の下げ幅なら直進性にも影響がなくなんら変わりはありません。
乗り心地も「先っぽカット」が効いてるのか、こちらもそんなに変わらずです。
タイヤが汚れてるのは砂利道を疾走してみたから(笑)。残念なほど問題はナシです。


ローダウン術後全体前

ローダウン術後全体後ろ




多分にとりあえずな作業でしたが、しばらくコレで乗ってよーかなあと。
安価で程度の良い車高調がどっかで出展されないかなあ(笑)。




スポンサーサイト
  1. 2009/03/09(月) 19:06:56|
  2. LPG車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<インドアダッジオーブン料理 | ホーム | ドンドン1号を取り付けてみる>>

コメント

イイカンジですね~v-218
  1. 2009/03/11(水) 17:40:38 |
  2. URL |
  3. B.K #-
  4. [ 編集]

イイ感じでしょ~

B.Kさん、やっぱし箱車はRSワタナベにローダウンっすよね。
それも一目でわかるようではダメで、「ん?落ちてんの?」と言わせるような微妙さがオトナっすよね!(笑)。






  1. 2009/03/12(木) 12:39:17 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/393-8fdbdab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する