組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

学生時代

昨晩、トイレで本日分の「仕業」を射出していた時にふと思い出しました。
いえ、思い出し笑いで吹き出してしまいました(笑)。
便器に座っているおっさんが急に笑い始めるのですから、それはそれは異様な光景だったことでしょう。
台所の妻の訝しげな顔が想像できます。

組長、学生時代の頃の話です。
ワタシは当時某高専の寮に入っておりました。事件は最高学年の5年生の時です。
友人の「N君」が血相を変えてわが部屋に乱入してきて、「すごいの出た!!」と叫ぶのです!(笑)。

「??」と、いきなりでワタシは事情がよく飲み込めず、Nに連れられるまま直近のトイレに連行されてしまいました。
「んだよお前のウンチなんか見せん、、ええっ!!!」

まさに驚愕のサイズだったのです!。
ナニをナニがどう食ってこんなモノを!!ヒトの”業物”とは到底信じられません。
しかし、コレを射出したNは誇らしげに栃木弁で、「すげ~べ?な?こだでけえのみたことねーべ!?」と狂喜乱舞なのです。
とりあえず流す前にワタシに見せたかった、との事。
なぜ、、、友情とはかくもトオトイモノなのでしょうか?バカらしくて倒れそうです(笑)。

が、事実存在感たっぷりに白い陶器のベッドに横たわる”大蛇”を見てると、不思議と汚いとか臭いとかの感覚が薄れてしまうのです。
本当に見事な一本グソ。まさに神の領域と言えるでしょう(笑)。

ワタシはこの感動を他の皆にも伝えたく、在寮していた級友をとにかく集めました。
皆それぞれに、「おおっ、」「なんと!」「すげえ!」「トリックか??」と感想を漏らしておりました。
誰一人として「汚い!」とか「はよ流せ!」とかの声は上がりません。それほどの圧倒的な存在感なのです。
なんせ便器の低地湿潤地帯全長の全てでも足りてない大業物(オオワザモノ)。太さに至ってはUCCコーヒーほどはあるのです。

しかし、いつまでもここへ「神」を安置しておくわけにもいきません。
最初はそれぞれに騒いでいたギャラリーも、神の圧倒的な存在感に徐々に無口になっていきます。
遂に沈黙を破り、厳かに「神」を生みだしたる「N君」が両手を合わせました。ワタシも皆もつられて両手を合わせ黙祷します(笑)。
いつも賑やかな南寮に唐突に訪れた静かな時間が流れます。

長い黙祷ののち、N君は思い切ったようにフラッシュの弁を下げました。
しかし当然と言えば当然。この神はヒジョーに往生際が悪く一度の操作ではビクともしません!。
が、4度5度とチャレンジするうちに遂に神は2本に折れ、断末魔の身をくねらすかのように水流に翻弄され始めました。
なんとか一本目が深い小さな湖のほとりに辿り着いても、そこからの躊躇はまさに一進一退(笑)。
思わず「がんばれ!」「もう少しだ!」「ダイブ!ダイブ!!」と周囲から大勢の掛け声が上がります。
N君はその皆の励ましを我のように受け止め、とにかく必死でフラッシュを下げまくり、遂に一つめの神は崩壊して小さな湖に消えて行きました。

「あと一本!あと一本!」
まるで甲子園です。さらに狂ったように髪を振り乱してフラッシュを蹴りまくるN。
充填に時間がかかるロータンクでなくて良かったですが、圧力が回復するまでの僅かな時間すらも惜しむかの如く、まさに彼は証拠隠滅に全力投球なのです。
1つめの神よりも小さかった2つめは、そのままの形を保ちつつ轟沈する潜水艦のように茶濁する湖に飲み込まれて行きました。

「おー、やったぜえー!!」
ナゼか大歓声。ナゼかハイタッチな面々(笑)。ワタシも混み上がる興奮が抑えきれません。
N君は大仕事を終えたようなスッキリとした顔で、万雷の拍手に答えながら両手を上げてヒトトキのヒーローと化しておりました。
「いやあいい試合だった。」と訳の分らぬヒーローインタビューが始まりました。
よく考えれば(考えなくても)、ただ自分のウンチを流しただけなんですけどね(笑)。

こんなバカな学校で、貴重な10代後半の人生を過ごしてしまいました。
反省の色は多々あれど、20年経った今でも本質はなにも変わっていない自分にも呆れます(笑)。
まあ、おかげさまで退屈だけはしてませんけどね。



回想が終わってふと意識が現代に返り、ウオシュレットのスイッチを押すと、どうにも”的”の位置が悪くてしょうがありません。
おかげでケツをニジリよせたりしていたら「バキ!」と便座のヒンジ根元から割れてしまいました(笑)。
妻に「笑ってるから便器壊すんでしょ!せめてウンチぐらい真面目にやんなさい!」と怒られ、夜中に2液エポキシで固めて修理しました。
なのでうちに遊びに来た時は、便座はそっと取り扱ってください(笑)。



スポンサーサイト
  1. 2009/06/06(土) 00:53:46|
  2. お下品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ホームコースがなくなる日 | ホーム | TBサファリの燃費>>

コメント

男子寮の良くある光景(笑)

大蛇とはすばらしい!洋式なら立っていたでしょうね(笑)
実は小生も中学を卒業してから軍隊に4年ほどいました。
何処も同じですね。時々トイレに緊急招集がかかっていたことを思い出します。
一番困ったのは、お腹の調子が悪くてトイレに居た時に、訓練の非常呼集が発令された時ですね。
今でも思い出すと冷や汗が出ます(笑)
みんなが飛び起き、ブラインドを閉めて、着替え、編上靴で武器庫に向かっていく足音が廊下にこだまするのです。
僕は動けません・・・
当時世の中はバブル真っ只中。その時間はジュリアナ東京では扇子で踊ってたんだろうな・・・
ハイティーンの思い出です(笑)
  1. 2009/06/06(土) 08:16:47 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/428-3fa5b9d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する