組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

女王陛下のヨンダブルデー

■ ニュルブルクリンク、8分49秒

アクセルペダルを踏む右足に力を込めると、最高出力510ps、最大トルク63.7kgmという圧倒的なスペックを誇るV型8気筒5リッター直噴スーパーチャージドユニットは、間髪入れずに図太いトルクを生み出し、軽くはないボディを猛然と加速させる。トルクのツキが良いだけじゃない。このエンジンはその後の伸びも素晴らしく、従来のスーパーチャージャー特有のミーッという音ではない、耳に心地良いサウンドを響かせながら、トップエンドに向かって嬉々として昇りつめる。
~ココまで抜粋~





なんて一体どんなスポーツカーの記事だ?と思いますよね?
これ、最新のレンジローバーの事なんです。
ワタシの大好きなWEBCGより抜粋ですけど、こんなスンげえスーパーカーになってしまわれたんですね。

bbc77c77b23f7798b04aa91637b79d85.jpg



既にお値段から天高く無縁の長物ですけど、ここにきてさらに加速して無縁化したような気がします。
しかし、なぜにこんな四角いカッコしたSUVをココまでオンロードを速く走らせなきゃならないのかは本気で不明ですが(爆)。
もうオフロードは忘却の彼方か、と思いきや、そっち方面でイロイロとギミックがあるのは某日本の誇る某陸上巡洋艦兄弟船と同じですけど、こんな高額な御車ではオフロードはおろか宇都宮の裏道だって行く気は起きませんよね。


昔、ちょっと憧れていた近所の綺麗なお姉さんが急に恐ろしくケバくなって、気が付いたらカンヌの赤いジュータンに登場するような大スターになってしまったという感じでしょうか?(笑)
もはやレンジローバーは我々の知っているフツーの”高級四駆”ではないようです。



145ea9a5c39d1ee81a7294ea1c4b0256.jpg

このスイッチを右側に回す人が世界に何人いるでしょうか?

多分どんな電子ギミックでも基本的に脚が短いのはいかんともしがたいハズなんで、ギッタンバッコンしてる御レンジ様の横を、ベコベコボディの水平を保ったままスル~ッと通り過ぎる我がY60、、、というよーな素敵な光景が不謹慎ながら浮かんできます(笑)。






で、それじゃあ頑張れば何とか僕らの届く範疇にあったあのディスコはどうなったんでしょ?
コレがまた、レンジローバージュニアと化してしまって、まさにお値段異常なハイソサエティーSUVとなり”下がって”しまったようなのです(爆)。

c1428e1e6b63bb94742b4a912511f218.jpg

今度の新型はオンロードを重視したらしいですけど、それってフェラーリ430にオフロードを走れるようにしたってのとあまり理屈は変わらないような、、、???
日本のオフローダーが先祖代々奉る女王陛下の四輪駆動車は、こちらの”廉価版”も大きく軌道をそれて既に視界から消えようとしています(爆)



で、またまたワタシのホントに大好きなWEBCGは素晴らしい文章を提供してくれました!(爆)

~以下抜粋~
■こうなると心配なのはオフロード性能だが、当然そこはランドローバーである。進化したテレインレスポンスのおかげで、どんな荒れ地も泥濘地も岩場も川の中ですらも、ほとんどクルマに任せっきりで走破できてしまう。ドライバーのすることは新採用の前輪舵角モニターを注視して常に正しい方向にステアリングを向けておくことと、やはり新採用のサラウンドカメラシステムで360度の路面や周辺物の状況をチェックすることくらいと言っても過言ではない。よほど間違ったことをしない限りは、快適な車内にいながらに、大冒険を満喫することができるのだ。
~ココまで~


おお!なんという素晴らしい装置なんだ!
「どんな荒れ地も泥濘地も岩場も川の中ですらも、」  ですよ奥さん!
走破出来てしまうのですよ奥さん!(笑)。
川の中ですよ!もうカヌーも不要なのです!ディスコで川下り出来ますよ奥さん!(笑)


しかあも、
よほど間違ったことをしない限りは、快適な車内にいながらに、大冒険を満喫することができるのだ」  ですよ!おお大冒険ですよこれはマサシク万歳じゃないですか!!(爆)

うちのハコニワのようなコースなんて大冒険以前の問題ですよね!?。ああ身近なフィールドで是非、小冒険でいいから満喫したいなあ!


あ、もしかするとボクタチのオフロードって、 ”よほど間違ったこと” なんでしょうか?(笑)



3e0ede5140e9ef531920b0655559f8ad.jpg

え?まさかこの写真がオフロードとか言わないっすよね?(爆)
すげえ”良路”に見えるんですけど(爆)。


スポンサーサイト
  1. 2009/10/16(金) 00:50:11|
  2. 間違いだらけのクルマ人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ジープサービス | ホーム | これぞRVっしょ?>>

コメント

ぜひパリダカやキャメルトロフィーでその実力を証明し、販売に拍車をかけていただきたいですね。
 という冗談はさておき、ディフェンダーがこういうクルマに向かって足を踏み外さないことを希望しています。
  1. 2009/10/16(金) 06:16:54 |
  2. URL |
  3. nakajin #-
  4. [ 編集]

最後の砦ディフェンダー

もはや崇め奉る最後の砦がディフェンダーなのかもしれませんが、密かに高額になってるのと、お摘み自動タッピングブレーキ等の電子デバイスにジワジワと侵されて来ているのが心配です。
何年か前に貨物登録のディーゼルが思い出したように国内販売再開されたことがありましたが、あの時無理してでも買っておけば良かったと後悔しています。

  1. 2009/10/16(金) 07:56:56 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

じつはY60を購入する際に丸目レンジも視野に入れていました。近所に一台あるのですが、魅力的なルーフのラインやあの独特の佇まいに心は躍っていましたが、維持する事となるともう少し甲斐性が出来てからではないと無理だと思い断念しました。今でもY60でその前を通ると女王は語りかけてくるのです・・・

知人がワンンテンに乗っています。TDといい勝負の金属的直噴サウンドを響かせ、ターボチャージャーが効き出すと4JB1時代のUBSのような加速をします。フレームは本当に4トン車並で当時のっていたPZJ77がかわいらしく見えたものです。この方ももう手に入らないと思い、偶然見つけた距離の少ないワンテンをアルファードの上級グレードを買ったと思えばいいと思って購入に踏み切ったそうです。

Y60はワンテンと並べてもなんら遜色なく比べられるところが日産の力作だとおもいます。
  1. 2009/10/16(金) 08:24:07 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

丸目レンジ

丸目レンジの所有は四駆生活終盤の頃でと、自分の中で決めてあります(笑)。
やっぱり一度は乗ってみたいですからね。
そのためにはもっともっと修理スキルを上げないと(爆)。
しかしサファリは壊れないので修理スキルは下がってしまいますね(笑)。

ワンテンはあの雰囲気がいいですね~。
キャンプや普段使いにさり気無く使っている方を見ると、羨ましいなあと思います。
でもワタシの中では絶対にクロカンしちゃダメな部類です。
ワンテンが岩場をガリガリ言わせて走ったり泥濘でモガイたりしてるなんて、なんか老人をいじめている風で見ておれません(笑)。



  1. 2009/10/16(金) 08:57:42 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

ではいつかは

その節は老婆倶楽部でお話しましょう(笑)。
くれぐれも「とったどー」のコーナーはお互いにやめましょうね。

さりげなくワンテンいいですね。現代版ヨンマルのような感じがしました。
ドアを閉めると車のドアというより、アルミの納戸を閉めた様な感じがしたのが面白かったです。
ブレーキのようなクラッチの重さは四輪駆動車という感じでした。
  1. 2009/10/16(金) 09:51:16 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

ディフェンダーなら・・・

私も良いなぁ~って思います。

軽そうだし、四角いデザインも良いですね!

110、90、サファリと同じで、どちらもそれぞれ魅力があるし、

ただ、維持するのに、どんな車なのか全く知らないので、まず勉強からなのが面倒です(笑

部品はすぐに手に入るのか?どこが壊れやすいのか??

MTの設定は、排気量は?

ガソリンが良いのか、ディーゼルが良いのか・・山積ですね!

ディスカバリーは昔、社用車だったので何度か乗りましたが、もっさりした動きが印象的でした。

職場のみんなは、これ乗ると酔いそうだ!と、いつも文句垂れてましたね(笑
  1. 2009/10/16(金) 21:19:53 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #hEMd9J4w
  4. [ 編集]

懐かしいの…

昔,というか私の四駆道入門者は初代ディスコV8isでした。センターデフロックや自慢の足を充分味わう前に手放してしまって、直ぐに後悔しましたが、いつかまた今度は300td+MTに乗ってみたいなーと密かに思ってます。あ、でもCRRも良いですね。ディスコの唯一気になった点はアノ段付きハイルーフ,ここだけスティールだとか? やや重心が高い感じはしましたねぇ。
そー言えばそんなディスコでオフを満喫出来んかった理由は、「ボディアルミだから凹ましたら修理代高いぞ~」とか「センターデフロックはひっくり返るまで進み続けるぞ~」とかって周りの冗談半分の脅しを真に受けたなんて、今だから笑い話ッス。
そんなランドローバーも、今や全く"明後日な方向"に進んじゃってますね。。。RRとディスコって、と与太のランクルとプラドの位置づけにソックリですな。
  1. 2009/10/18(日) 19:47:33 |
  2. URL |
  3. ka2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/471-712a588f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する