組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

ジープサービス

世の中にはいろいろなトラクションタイヤがあります。
硬いの軟いの、ガっと食うモノ飄々と走るモノ等などなど、現在過去でも語るに過ぎる程イロイロと特性の違う個性があります。
ラジアル、バイアスでも違いますが、得てしてこの手のタイヤで共通していることと言えば、”舗装路でやっかましい”ということですね(笑)。

グラホグを履いたサファリやランクルが近くを走っている時の騒音と来たら、まるで4発プロペラ機が傍を飛んでいるよう。
スワンパーもナニやらユンボのゴムキャタを高速で走らせているような音で、乗ってる当人も低周波治療を受けているような錯覚に陥ります(笑)。
また新品はそうでもないのですが、5分山のSATでの長距離走行は一種の荒行の部類に入るでしょう(爆)。

そんな中でワタシの考える”キングオブノイズ”と言えば、日本の誇る伝統のトラクションタイヤ、BSはジープサービスなのではないでしょうか?
確かにこのタイヤよりもデシベルが大きい値を示すモノもあろうかとは思いますが、どうにもあの音質が確実に脳周りに凶悪なのです。
JS5分山の発する怪音波は間違いなく精神を蝕むタイプで、長時間の舗装路荒行イニシエーションでは確実に人格が変わります(笑)。
4DRやB系など、もはや暴力とも言えるエンジンノイズを盾に出来るのであれば悟りへの修業は緩和されるのですが、TDや1HZというジェントルなディーゼルやミュージックの調べの前では放射能を吐きまくる初代ゴジラと一緒なのです。

その走る洗脳4発サイレンとも言われるJSですが、意外や意外とソレナリに軽量。重量車に履く分には何プライでもサイドウォールが案外柔らかく、7.5-16の表記でも外径は800オーバーとオフではまさに魅惑のスーパースター。しかも安価で供給も確実というのも見逃せないポイントですね。

ワタシはそんな局地的スターに負けて、過去何度か過ちを犯したことがあります(笑)。
最初のイニシエーションはGXハチマルに新品ジープサービスでした。
さしもの凶悪サイレンも新品では威力半減以下で当時のワタシはなんとなく安堵したものですが、だんだんと、まさに地獄への5分山に向かって段べりしていくにつれて徐々に牙を剥き始めるのです。
5分山を越えゲタ山と面構えも変わらないほどにすり減っても、怪音波は不思議と納まりません。
当時付き合っていた水道局の彼女(一般人)はワタシのハチマルに乗ると必ず頭痛を訴え始め、吐き気や目眩まで誘発してふと気が付けばいつの間にか疎遠、さよならコース一直線(爆)。
遂に身近に尊い犠牲者まで出てしまったのです!(笑)

JSを履いて5分山を過ぎる辺りから、ハチマルもすいぶんと”精進”と言うモディファイが進んでいましたが、その姿が気にならなくなり始めてしまったのもイニシエーションの結果だったのかもしれません。
2セット目も躊躇なくJS行っちゃうトコロを、寸前で止めてくれたのがCCV誌のトラクションタイヤレポートでした。やっぱりJSは誰もが感じるほど異常にウルサかったんです(笑)。
おかげで次のタイヤはダンロップのロードグリッパー750R16にしましたが、走りだした瞬間、その静かさと滑らかさには涙腺が緩む程の感動すら覚えました。

その後、ジープJ24にもJSを短期に履いたこともありましたが、4DRの轟音と相殺される感じでそんなに苦業ではなかったのが印象的でした。
目には目を、歯には歯を、JSには轟音を、です。

次の悲しきJS体験はサファリY60弐号機でした。
当時の定番タイヤだったジオランダーMTが0.5分山ぐらいになってしまって次のタイヤを買わねばならなくなった時に、「ハイあげる」と目の前に積まれたのがJS5分山(笑)。
正直、ええ!とか思ったのですが、猫+マタタビ、貧乏+タダに敵はいません(爆)。
純正テッチンホイールにJS、履いた瞬間サイレンが脳髄に来ました。覚悟の上ではありましたがやはり6発漁船ジェントルメンサウンドには荷が重すぎます。
ちょっと具合の悪い時に行った遠征の帰り、JSのサイレンで脳が割れる程の痛みを感じて急きょ一人でお泊まりしたこともありました(笑)。
乗り手の完璧な健康すらも求められるタイヤなのです。

その後、泥濘命のSAT7.5-16に履き換えましたが、振動や抵抗はさておきノイズは随分と緩和されたような気がしたものです。
JSと比べるとSATのサイレンも十分にウルサイのですけど、低音で脳髄にも響かないので長距離遠征でも洗脳されずに済むようになりました。
60キロ/時ぐらいでの低周波ノイズは、乗り手の血行もよくなるような気がしたものです(笑)。
しかし当時はJSよりもずっと高価で、ちょっと外径が寂しいということもあって何セットも履きつぶすには至らないタイヤでもありました。

その後、MTラジアルばかり履いてきましたので自分的にはタイヤノイズとはほぼ無縁になったのですが、ヤマに来るお客さんがたまにJSを履いてくると自然と目が行くように。
ジムニーがメインなので6.5-16の細いサイズが多いのですけどノイジーなエンジンのSJならいざ知らず、昨今のJBに履いているのを見ると舗装路の苦労が偲ばれてしまいます(笑)。
新品のJSを見ると何故か思わずトレッドを触りたくなりますし、ゲタ山化してすっかり角が丸くなったJSもまた、何故かナデナデしたくもなります。
もう自ら選んで履くことはないとは思いますが、こうやってお客さんや仲間のタイヤとして使われているのを見るとまだまだJSの時代なのかなあと思っていました。


そんなJSですが、遂にカタログ落ちしたと聞きました。
確かにBSの商用車サイトをみても、あの凶悪なお姿を見る事が出来ません。
無くなると聞くと急に惜しくも思えるのですが、記憶とともに脳裏に蘇るあのサイレンを思うとよくぞここまで生産したという偉業の方を素直に評価したいですね。



img10042394970.jpg

日本の誇る細見大径バイアストラクションタイヤ、ブリヂストンジープサービス、
プレーンな四駆乗りで細見大径タイヤ主義の方は、必ず一度は履いたことがあるはずです。
ジムニーからサファリランクルクラスまで幅広いマニアに支持されました。(洗脳も含めて)
いままでどうもありがとう。そしてお疲れ様でした。

スポンサーサイト
  1. 2009/10/17(土) 00:05:41|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<その後の”御札”効果について | ホーム | 女王陛下のヨンダブルデー>>

コメント

そんなタイヤもあったねと~

今は亡き(いやあるけど)ロッキーに履いてた時期もありましたねぇ。どっかの組長から譲り受けて(笑) あれで軽井沢まで行こうと走り出し、佐野で挫折して帰ってきた事もありましたよ。だって意識が飛んでましたものorz...

その前に、まだ凹み1つない時期に履いてたゲタ山もアレでしたけどね。アレも確かどっかの組長から…(爆)

ベストタイヤはやっぱりダンロップのMT2だったなぁ…
  1. 2009/10/17(土) 00:51:17 |
  2. URL |
  3. Wakui3 #t50BOgd.
  4. [ 編集]

我慢できないって

スゴイっすね~

残念ながら、私はJSの経験がありません。
今までで新品で購入したM/Tタイヤは、BFとMT2と優等生?だけなので・・・

最近中古で変なタイヤ履きますが、中古ならではの煩さとハンドルブレ、
ハンドルの取られは、家族にはもちろん、嫁は運転も嫌がります。
が、まーだ私は我慢できます。
でもその後に、BFのM/T履くと、グリップするは、良く転がるは、アスファルト走るのに、
なんていいタイヤなんだと関心してしまうんですよね~(笑

今週末は、早く処理したいタイヤで行きますね!
  1. 2009/10/17(土) 02:41:31 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #hEMd9J4w
  4. [ 編集]

ついに

そうですか、ついに”農耕トラクター用タイヤ”JSがカタログ落ちになってしまったんですね。後継タイヤはもう出ないのでしょうかね。
  1. 2009/10/17(土) 07:01:03 |
  2. URL |
  3. nakajin #v0W2OX1k
  4. [ 編集]

私はびょーき?

心地よい子守唄でした。2Bのサウンドと、ジープサービスのハーモニー最高!

雨天時簡単に路上スタック、交差点ドリフト、対向車線の大型車に向かって突進する直進不安定性、最高です。

255顔負けの大径、軽量さも魅力でした。

ベアリングの唸りのように回転の上昇とともに歌いだし、減速とともにまるでスノーを履いた路線バスのような

騒音で止まったら、Bのカラカラ音が聞こえてくる・・・

ある日幼稚園バスを待つお母さん方に一斉に注目され、一瞬にして落胆の表情に変わったのが楽しい思い出です。

タイヤのハーモニー・エンジン音・立て付けの悪さから来る軋み音・荷物のはねる音・・・

私の青春のヒットソングでした。

そのうち85扁平のタイヤもなくなるのかな・・・
  1. 2009/10/17(土) 08:30:20 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

いやちょっと待ってくれ。

『TDや1HZというジェントルなディーゼルミュージックの調べの前では』???

1HZを乗り継いできた者としては、こと“音”についてTDと同列にされるのは
ちょっと不本意ですねー。
TDは・・ねぇ。ベルトじゃ無いし。

JSはディープなクロカン乗りが勢いのある時に一度は通り過ぎる、
なんかこう青春のタイヤって感じ。

否定できない、でももう二度と戻れない・・・みたいな。
  1. 2009/10/18(日) 00:26:54 |
  2. URL |
  3. たけ #-
  4. [ 編集]

私には催眠効果

JSは今のサファリに最初に合わせたタイヤでした、ノーマル足回りから7.00R16選択でしたが。 途中、格好に走って、リングリムに組んでたりしましたが、その際のタイア自体の軽さにビックリしましたね。お陰で手組の脱着もこのサイズにしたら容易でした。 そうそう、リングリム+バイアストラクション+手組では、70km/h以上では"鬼"の様なハンドルのブレ=ステアリングシミーでした(笑)。
オフの使用回数が少ないのに、重量車サファリではアッと言う間に減っていくのにビックリして慌てて普通のラジアルにしました。G90→BFのMTと。
バイアスのトラクションタイア初だったので「こんなもんか…」って感じで、長距離運転ではその騒音すら、私的には心地良い音と化し,振動と相まって眠くすらなりました。
それも今やカタログ落ちですか、JS大事に保管しときます。
  1. 2009/10/18(日) 20:06:44 |
  2. URL |
  3. ka2 #-
  4. [ 編集]

jsの思い出

皆さんそれぞれにJSへの思い入れや思い出があるようで、食い付きがいいっすねえ(笑)。
wakui3君のロッキーには随分とマニアなタイヤを履いて頂きやしたが、ジープとpcdが同じだったことがいけないのだよ。

nakajinさんもJS愛用者だったんですよね。サファリにはちょっとイタイタイヤでしたが、プロの目ではどうでしたか?

くろちゃんさんには子守唄だったですかね(笑)。
2Bがノイズではなくサウンドに聞こえるんですから、さすが我々とは位が違います。
うちの組員の4DR乗りでも、JSは60キロ以上出せないって言ってました。怪音波で。

たけ君はちょっと勘違いしとるねえ。
TDはディーゼルエンジンの音としてジェントル、まさか静かとは言えない。
1HZはディーゼルエンジンとしてジェントル、そりゃ静かだから。
でも、ベルト付きは安物の証だぜ(爆)。

ka2さんにも”効果無し”でしたかあ(笑)。
くろちゃんさんもそうですが、世の中にはこーいう屈強なカタツムリ管を生まれ持った御仁がいらっしゃいますよね(爆)。
しかしいくらサイドの柔らかいJSでも、バイアスを手組みとは、恐れ入ります。




  1. 2009/10/19(月) 07:37:33 |
  2. URL |
  3. くみちょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/472-3bd5bf55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する