組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

ヒトとして

少し前まで教壇に立つ(教団ではないです)仕事もしておりました。
アルバイト的ではあったのですが、やはりヒトがヒトを教えるという難しさは変わりませんよね。自分の受け持ちは中学数学でしたが、ニンゲンは合同や相似条件のように証明で語られるモノではなく、ましてや割り切れなきゃ分数にしちゃえというわけにもいきません。
またヒトは気分の生き物。気分よい状態で教えないとちゃんと脳に書き込まれないのです。いくら怒っても解ってくれなきゃ全く意味が無いのですね。じゃあ怒らなきゃいいのか叱らなきゃいいのか?といえばそれもダメで、ちゃんと自分と相手の力関係は認識させていないと、教えるという商売は成り立ちません。

かなり難しいですよね。コレは難しすぎてハゲる!と思ったので辞めました(笑)。おかげでハゲは免れましたが、教えるという商売を中途でやめたことにもなりました。

ヒトとヒトとの付き合い(夫婦でもですよ!某家庭!)は、相手をどれだけ許せるか、自分をどれだけ解ってくれるかによると思われるのです。何でもカンでもオッケーでは、チームも家庭も成り立ちません。例えば、オマエが遊び歩いてるなら俺だって遊ぶぜ!ではダメですよね。
オマエが浮気してるならオレだって!じゃあ何のための夫婦だかわかりませんよね。はいはい気持ちは解ります気持ちは。しょせん君は獣ですし(爆)。

いうなれば誰かがそのチームや家庭を守らないといけない訳です。
オマエが遊び歩くなら、俺はコツコツ掃除してるぜ草刈してるぜ。
オマエが浮気してるならオレは家で帰りを待ってるぜ。
こうでなければ成り立たない不条理システムを受入れることが、上手なニンゲン関係への第一歩と言えましょう。
~してるぜ。の後にベイビーを付ければ弱ロック活用ですね(笑)。
そうする姿勢を見せることで誰しものココロに、お、協力すっか、とか、そろそろアタシ帰らないと(爆)、、とかのマトモゴコロが生まれるわけですよ。逃げた奥さんも帰ってきます。多分(爆)。

あと肝心なのが、失敗した人間を陥れない、ということです。
ヒトは必ずミスします。つまんないミスから重大な過失まで様々です。
ミスを指摘することは重要です。それに気がつかなかったら今後の生活や成績に影響するからです。
ただ、一度指摘してすぐに改善策に行動が移っているのにも関わらず、畳み込むように罵声を浴びせたり指摘を繰り返したりするのは絶対にダメですね。

お子様をお持ちの方、ホントにこの点だけは気をつけてください。
速攻でグレます(爆)。いやマジですよ。
不良中途半端非常識教師だった自分ですが、この点だけは気をつけておりました。
ニンゲン、少しでも優位に立つと鼻息荒くなってドンドン追い込みたがりますが、それは虐めの第一歩でもあるのですよ。

大人同士の社会でもそうです。部下がミスした、取引先がミスした、ニョウボが味噌汁ひっくり返した等々、毎日様々なミスが多々あります。
ちょっとしたコトならその本人への指摘で済ますこともできますが、重大なミスであればあるほど、ミスした本人を責める事はやめましょう。
うっかりでもちゃっかりでも重要であればあるほど、すぐに対応策を考えなければなりませんよね。すぐにそれに移れる上司が、ニンゲン的に優れていると言えます。
そう、怒ってる場合ではない時は怒ってはいけないのですよ。やっちゃったコトはしょーがないです。肝心なのは次の改善ステップです。


さて、偉そうに書いた自分が一番半端モノですが(爆)、ニンゲン関係で会社を辞めたり社会からドロップしたりする前に、まず自分の教え方、教わり方に不備は無かったかどうかをちゃんと点検しましょう。
不条理を嘆き激怒する前に、どうすれば穏やかに不条理を受入れられるかを考えましょうよ。

いつかはガッポリ得すれば、今、ちょっと損したっていいじゃん。

当時子供達にコト在るごとに言ってました。
今はせめて間違ってなかったことを祈ります(爆)。

scene_02.jpg

写真は全くのイメージです。塾の先生は若造よりも年配の方のほうがずっとずっと優秀ですね。イイ塾かどうかは年配の先生がどれだけ多く居るかどうかをチェックするのも大切です。

room3.gif

この写真も超イメージです。
ホワイトボードって、マジックのカスが服に付いて擦っちゃうともう落ちない。案外マジックのカスは多いし、無意識に吸い込んでる分もあるだろうなあ。チョークよりもぜってー体に悪いに3000点。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/29(木) 15:23:49|
  2. 組長社会にモノ申す
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜のサイクリング | ホーム | 地図>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/48-1f19f235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する