組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

緊急熱発

とゆーわけで、表題からご想像通りの前回からの続きでございます(笑)。

今年はなんと正月3日よりワタシは労働しておるのです。なんとも涙ぐましいですね。
それもこれも某ナントカ建設がイケナイのでございますですよホントにもう。
昔から「働かざる者食うべからず」と言いますが、もう食う分は十分に働いたんじゃねーかと思うのですがどうでしょう?(爆)
正月料理を食う時間すら取れないほど働いてもいいんでしょうか?新年明けたばかりだと言うのに、再びこの調子では身体を壊してしまいますよ!

で、あんのじょう「壊れました」(爆)


なんとな~く、1月4日のお昼ぐらいからドコとは無しの違和感が。
この日は会社が休み明け始まりの日で、支店の社員皆でそろって二荒山神社へ初詣祈願、のちに新年会と称する飲み会に行ったのです。
まあワタシは一日フライングしてますので新鮮でもなんでもないんですけど、存分に満日の休みを満喫した”上”の方々の御顔はやる気に満ち満ちて艶々ハツラツとしておりました(爆)。
そのみょーな”やる気”を、どうかワタシに振らないで頂きたいと切に願います。

酒の酔いもちょっとオカシイような気がしたのは、既に我が体内の敵勢分子が反乱を起こしていたからなのでしょう。
月曜日ということもあり、とりあえず1次会で解散。ワタシはそそくさと自宅に帰り寒気を感じながらシャワーを浴びて茶漬けを食っていたところ、急にグワッと言う感じで熱発のダルさを感じたのです。
ありゃりゃ、遂に来ちゃったかあ、、と思いつつも明日も早いのでとにかく市販の風薬を飲んで就寝。

ヤバい、これは流行り病のインフルエンザっちゅーやつか?インフルになったら会社はおろか、奥さんまでも役場に行けなくなっちまうぞ~これはやばいやばいやば、、、。
と、意識がフェードアウトして眠りにつくのですけど、またグワッと言う感じの熱発の苦しさで目が覚めてしまいます。
で、しばらく経つとフェードアウトしていき、、の繰り返しです。

1月5日、とにかくインフルだったら困るので朝方に掛かり付けの病院に電話。
病院は「熱が断続的なら心配ありません。新型インフルエンザではありません。お大事に」というだけで、「こい!スグに楽にしてやるぜ!」とは言ってくれないのです(爆)。
恐る恐る「あの~今日診察へ伺ってもよろしいでしょうか、、、」と切り出しますが、次の瞬間「今日は様子を見て下さい!きっと大丈夫です!もしインフルエンザだったらどうたらこうたら、、」と、どうにも歓迎していないご様子。
主観的にも客観的にも仕事に行ける状態では無いようなので、遂に休むことに決定。

休むとなるとソレはソレでいちいちメンドクセエ”儀式”が(爆)。
そうなんです、「休みます」の連絡がメンドクサイんすよ。
少なくとも支店長には連絡せなばなりませんが、まだ出勤時間には早すぎます。それまでは何ともマンジリとしない時間を過ごさねばなりません。
同僚にはメールで「熱発休むぜはっは~!」で済むんですけど、まさか上司にメールのみっちゅーのも気が引けますよね。
もう無理してでもコレから出勤しちゃおうかとも思ってしまいます。

なんとか”儀式”もこなして、ようやく布団の人になった頃にまたまた熱が。
「レースのマシンにはスピードメーターが付いていないように、オレもまた体温なんざ計っても無意味なのさふっふっふ、げほげほ。」
と言ってるにも関わらず、奥様は無言で体温計を脇の下えぐるように突っ込むのです。
もう少しで脇に用途不明の穴があくところだったじゃないですか。

見たくもない38度という数値を見せられて、絶対外出禁止令が出されてしまいました。
もっともそんな元気もパワーもありませんが寒気は節々の痛みとなり、このまま眠るのも一苦労しそうです。
で、なんとかその日は魘されながらも頑張ってみました。
半分ぐらいは良くなったかと自己採点してみますが、まだまだ熱は時折高波となって襲って来ます。

1月6日の朝、なんとか会社へ出向こうとベットから降りてみますが、床がなにやらグニャグニャとして歩きづらいのなんの(笑)。
どうにもマダマダのようで、本日インフルエンザ専門外来のある病院へ連行されてしまう事に決まりました。
会社は自主的な休み2日目に突入。休みまで返上して出勤したと言うのにコレでは本末転倒じゃないですか。
机に溜まる一方の書類が目に浮かびます。


湿らせた抗菌マスクで厳重にガードして朝一で病院へ到着。
なんと正面玄関から通されてしまいますが、思ったほどそんなに厳格には隔離されてないようです。
待合にいる患者で憔悴しきっているのはワタシだけ。あとは元気なお爺ちゃんお婆ちゃんの”病人”です(爆)。

診察室に入るなり、年配の先生に「じゃ検査しよっか」と言われました。
異存はないので「おれがいしばふ」と言うと、細い綿棒のような怪しい治具を看護師が用意してくるではありませんか!。
アレをワタシは知ってるぞ!アレは確か一昨年鼻血が止まらない時に強烈に奥の奥まで異物挿入されて大切なモノを失った気にさせられたあのあのあの、、。
全部を思い出す前に「ハイ、痛いからね」と、その言葉だけで全ての責任を済ませたような気になっている先生は、なんの躊躇もなく我が鼻へその治具を挿入したのです!

痛いのなんの涙もダダ流れ状態ですが、「ハイまだ半分だから深呼吸」とか言うではありませんか。
もう充分に犯されていると言うのに、まだ奥を狙うかと思っているうちに再びズクズクと押し込んで遂に最深部に到達してしまったようです。
「ハイ抜くよ~」と言うのと同時にズルズルっと全てを抜き出して、痛みで嗚咽しているワタシに無言でティッシュを差し出したのです。

こんな検査をするんなら事前に調べてくれば良かった、、解ってれば柱にしがみ付いてでも来なかったのに、、なんと迂闊な、、(爆)。
しかし既にしょうがありません。しばらく熱を計られたり聴診器プレイされているうちに、先ほどの惨たらしい行為の結果が出たようです。
不幸中の幸いか単なる幸いかは知りませんが、とにかく新型インフルエンザは避けられました。

抗生物質と総合感冒薬と熱冷ましの錠剤を処方してもらって、薬局の受付でもとにかく安静にしてろと念を押されてしまいました。
そんなに言う事を聞かないような顔に見えるのでしょうか?

1月7日朝、いくらなんでももう休めません。-
熱が出ようが血が出ようが、今日こそは行くんだと言う気合いが病魔に打ち勝ったような気がしますが、やはり何となく節々は痛みいまだ雲の上を歩いているような気分です。
他社が正月ボケしてるのか幸いにも思ったより未処理書類は積まれてませんでした。良かったと思うと同時に、もう1日ぐらいは寝てれば良かったかな?という若干の後悔もあります。


で、現在はもう少々チョーシが悪いだけのイチ中年にまで回復しました。
もうグワッとした熱は出てきませんし、身体の痛みも90パーセントは緩和されました。
ワタシにとっては久しぶりの熱発でしたが、流行り病の特売期間中だったにも関わらずソレに絡めとられなかったコトは本当に良かったと思えます。
根本的に流行に乗れないとも言いますが、、(笑)。


皆様もどうか、新型インフルエンザの予防も大切ですが、その可否検査には十分に気を付けてください(爆)。


お薬






スポンサーサイト
  1. 2010/01/08(金) 00:13:59|
  2. 家庭事情
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<最先端電球 | ホーム | 隠家へ>>

コメント

お見舞い申し上げます

新年早々に大変でしたね。
といっても文才は快調の様子ですね。
今のところ新型は小康状態となりましたが、
季節性もありまだまだ油断はできませんね。
こんな時y60の乗り心地は優しく癒やしてくれます。
ヨンマル時代にこのような時には心底後悔したものです。
そんなに頭をシェイクしないでくれ~と

  1. 2010/01/08(金) 10:30:26 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

復活しました

くろちゃんさんありがとうございます。
なんとか復活しました。

以前ジープに乗っていた頃にぎっくり腰をやらかして、なんとか自力で医者に行こうとして後悔した思い出がよみがえりました。
あの時、どうして日本の道路はこんなにヒデエんだと思いましたが、同様の状況でY60だとフツーに運転できましたから、兵站用としてはやっぱり優秀なんですね。


  1. 2010/01/08(金) 10:59:22 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

お大事に。。。

遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。
体調は何とか戻りつつあるようで何よりです。
生まれてこの方寝込むほどの風邪,インフルには片手で事足りる程しか掛かったことない私ですが、心中(身中?)お察し致します。
私はここ最近ヂープにうつつをぬかしたおりましたが、年末年始に久々濃厚にY60に接する機会があって、また惚れ直した次第です。やっぱり良いですね~。何でコレよか乱狂の方が売れまくるのか理解に苦しみます、なんて(笑)。 
今年も色々と企んでますが、どうなる事やら。
  1. 2010/01/08(金) 23:08:31 |
  2. URL |
  3. みかつ #-
  4. [ 編集]

完調ではないですが

さすがに病み上がりなので、まだ一本死んでる感じのTBのような咳が出ますがオーバーヒートはしないようです。
みかつさんは冬場にそんなビョーキになったら大問題ですよね。特に週末は(笑)。

機械製品で比較するならそりゃサファリがずっと上だと思います(爆)。
しかし熟成ジープの味はいくら噛み締めても出ないでしょうね。Y60はまだまだヒヨッコです。

ランクルの味は未だによく解りません。
ウマいのか?え?コレが??(爆)







  1. 2010/01/09(土) 08:49:27 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/502-9efa38a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正月ボケ ゲーム

助けて・・・正月ボケです。ボーっとしてたら、ミスを犯しました。 助けて・・・正月ボケです。ボーっとしてたら、ミスを犯しました。死にたいですorz(続きを読む) 正月太りは分かるんですが正月ボケが分かりません。正月ボケってどのような状態で... 正月太りは分かる...
  1. 2010/01/08(金) 06:18:59 |
  2. 今日起きたニュースはこれだ!

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する