組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

TBエンジンのベルト交換

久々にサファリ話題でしかも作業報告です。
この間Vベルトの交換をしてみたんですけど、あっさりイケると思ったら結構なお手間でした(笑)。

以前、といっても去年のコトですが、オルタの2本掛けベルトのうち手前側が痩せ減ってブンブンしていたことはご報告済みでございました。もっとも覚えている方はいらっしゃらないとは思いますが、、、(笑)。
まー2本がけだから1本でも健全ならば支障はないだというと言う事で、今の今まで放置プレイしていたのです。
仕事も忙しいし試験もあるしとか、ワタシ自身がとにかくイイワケには事欠かない状態だったのも見逃せません。
当たり前ですが2本掛けは2本揃って初めて信頼性が上がるワケでして、一本遊んでる状態ではやはり何となく不安ではあります。
幸いにも交換すべきベルトは格安で新品入手済みだったりもするので、あとはまさにヤルだけだったんですけどね(爆)。


TBのベルト配置は、手前(ラジエタ)からパワステ、オルタ、エアコンの順になります。
つまりオルタのベルトだけを交換したくても、パワステポンプへのベルトを外さねば抽出できないワケですね。
しかもそのパワステポンプ野郎が随分と下方側についてやがりまして、そのままではまず手が入らねーのですよ。
当たり前ですがベルトテンションを落とすためにはテンショナーボルトで補機君達を動かす必要もあるので、まずはソイツを拝むためにも邪魔者を排除する必要があるのです。
SD33や13BTは目の前にドドンとパワステポンプがあったように思いますが、アレらの配置は後付け感丸出しだけど整備性は最高だよなあと呟きながらまずはエアクリボックスを撤去。
こんな軽いプラ箱にも関わらずたくさんのM6長ボルトで固定されていてちょっとイラッとしますが、先日ラチェットのロングアタッチメントの先を叩いて潰してしまったのもイタイ現実です。


エアクリとったどー!の図。
もちろん軽量化などせず戻しますけど(笑)

サファリベルト交換4




で、露呈したパワステポンプの全容。
エアクリがワッパ飯の生TDならばこの苦労は要らないハズですね。


サファリベルト交換3


さっそくブラケットに刺さっている12mmのテンションを掛けるボルトを緩めますけど、もちろんそれだけではポンプは動いてくれません。
ブラケットの支点になってるボルトも緩めなければイケませんが、ソイツとファンシェラウドが近いのなんの。
しかも狭いので手持ちのメガネが入らず、脚立まで持ち出してスパナで気合い緩めです(笑)。
しかもこのボルト、みょーに首上が長いのは何故なんでしょ?
明日の筋肉痛が確定した頃にTBパワステポンプ君、やっと動いてくれやがりました。

次、オルタを緩めますがこっちは上側に付いてるのでなんの問題もなくテンションが落ちました。
ここで新品のベルト登場です。
フツーは作業前に確認するのがセオリーなのですよ。もしベルトが間違っていたらどうするのでしょう(爆)。
この際なので今回パワステベルトも交換します。こっちはまだまだ健全ですが、在庫もあるしついでだしということで。工賃割引セルフサービス適応です(笑)。






サファリベルト交換1

新しいゴムの香りがウットリとさせます(笑)。
肩もカチっと張っていて、ずっと撫でまわしていたい衝動に駆られますが既に手はまっ黒(笑)。

次、古いベルトを外します。
パワステの方はポンプがガッツリ緩んでさえいればペロンと撤去出来ますが、オルタはクーリングファンカップリングのプーリーに掛かっているのでファンを潜らせないと取れません。さすがにファンを外す必要はないですけどね(笑)。
で、撤去した3本がこちら。

サファリベルト交換2


写真だとあまりダメには見えないかもしれませんが、ブンブンしていたオルタ用の1本は既にヒビが発生しまくり。
全部のベルトサイドのステッチはただの直線柄になっています。

新品の組み付けはバラすのと反対なのでそう苦労はありません。
テンションも指プッシュゲージ(笑)で勘計測済みです。
TBにあってTDに無い諸悪の根源エアクリボックスを復旧します。
エンジンをかけて異常がないことを確認して、本日の作業しゅーりょー(笑)。


これで雪遊びもゲレンデにも安心して行けるようになりました。





サファリ冬仕様

しかし、255/85R16から235/80R16のスタッドレスにすると、すんげえタイヤちっちぇえ!(笑)。
だけど舗装路を無音で矢のように走るのです!。しかも加速が鋭い!

やっぱり、WGY60の設計タイヤってこの程度の外径なんだなあと思い知った次第で、、、。








スポンサーサイト
  1. 2010/02/15(月) 05:24:15|
  2. MYサファリY60
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新型かっ! | ホーム | お初>>

コメント

お疲れ様でした。TDのベルトも減ってきているので交換しようかな・・・
不思議なのが、TBは2本掛けで何故TDはシングルなのか?
235/80R16だと普通の車?と言う感じですね。
でも速いだろうな・・・
  1. 2010/02/16(火) 15:27:26 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

速いです

くろちゃんさんも是非ベルト交換をお勧めします。
鳴いてからでも遅くはないかも知れませんけど、イキナリ切れたら悲しいです。
もっともTDならば全部のベルトがブチ切れてもエンジンさえ掛かっていればコンジョーで帰宅は出来ますね(爆)。
昔言われたようなパンストとかではまずプーリー回りません。もし回ってもすぐ切れます(過去実験済み)。


2本掛けの謎は解りませんが、TBは砂漠の民がYOUTUBEにアップされてるような無茶をするからかもしれません(笑)。
  1. 2010/02/16(火) 16:16:03 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/510-fcbf32e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
会社では彼の”戦車”がすっかり溶け込んで、最近では「乗ってくるな」とまで言われている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する