組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

161

我が根城であったアレスクラー弓張が閉鎖される事は前回にご紹介しましたが、ソレに伴って一つの別れがありました。

懇情の別れとなったのは、サファリVR161です。

この161との縁は、思えば数奇と言えば数奇でした。
組員M君が栃木の県南方面の中古車屋で偶然発見して、すぐさまワタシに連絡が。
その夜仕事が引けてから速攻新幹線で現車を確認。入荷したばかりで外国行きかオークションかと立ち位置微妙と見解を述べた店主から、半ば奪い取るように金額交渉をして購入(笑)。
格安というワケでは無かったですけど、夢にまで見た161。
物欲の圧倒的勝利でした。

最初に乗った時は「え?ナニこれ??」と脳内に疑問符が飛び交う程の酷い乗り心地。
モノの本では161の等長テーパーリーフはコイルにも劣らないとされているのに、我が腰の浮きっぷりはヘタリ切って常にバンプに触っているジムニー並みなのです。

原因は黒く塗られていたガチガチの黄色いショックアブソーバー(笑)。
安物5000番ランチョに交換したらまさに賞賛の如き「フンワリ~フンワリ~」。
でも油断してると時たま「ドガ!」という衝撃が。
「ドガ!」はフロントリーフがヘタってバンプに衝突しているからだったですが(笑)。

その後フロントリーフを新品に交換して野山を駆け巡り、ボディも我がサファリ風にモディファイが順調に進んでいたある日、コレまた程良くボコボコのY60がお家にやってきました。現在部品鳥の弐号機です。
暫くは究極とも言えるコイルとリーフのサファリ2台体制を贅沢にも楽しんでいたのですが、やはり同系車種を2台維持するのはどうかと思い始めていた時に、タイミングを計ったように是非譲ってくれと言う組員に譲渡。
そんなワケで161との蜜月期間は割と短かったのです。

その後、次期オーナーによって鉄工所スペシャルのシャックルや産業遺産級のテーパーリーフへ増しリーフ(爆)という神をも恐れぬ魔改造をされ、リアにはLSDを組まれ戦闘力もみるみる逞しくなっっていきました。
特徴的なレジントップが大胆にカットされ、荷台にお手製の極太ロールバーが組まれ、西海岸風ピックアップに改造されたのもこの頃です。

そしてその次のオーナーも組員。なので常に我が片目の片隅の視界には入っているというカンジなのです(笑)。
3人目のオーナーはクロカンマシンと言うよりは2人乗り街乗りピックアップとして活躍させていました。

クロカンピックアップと言う車種は本当に便利です。
特にこーいうようなオフロードコースには必需とも言える利便性に、ワタシ達は猛烈に気が付いてしまいました。
イベントあるごとに駆り出して便利に使わせて貰っていましたが、遂に太っ腹な三代目オーナーは皆の為にコースへ寄贈する事に決めたのです。
そろそろ本気で継続車検が怪しいのも事実でしたが(爆)。

ナンバーは無くなりましたが巡り巡って再び我が元へ帰ってきた161です。
バッテリがダメになってもグローも無しの引き掛けで無理やり目覚めさせたり、灯油や何時のか解らぬような粗悪な軽油を突っ込まれたりして、気が付けばいかにも雑なフィールド専用実用車と化しておりました。
それでも愚図ること一つなく、常に独特のSD33サウンドを奏でてコースを実直に走りまわっていたのです。

そんな健気な161ですが、極たまに洗車されてたり気が付いたらスワンパーを履かされていたりと、ソレナリに皆はかわいがられていたようです。


そんなこんなで大きな故障もなく活躍してきた161なので、本当は手元に置いておいて部品鳥としても良かったのですが、ボディ以外Y60との互換性はそんなにあるモノではありません。
そんな折、2代目オーナー自らが解体業者に連絡して引導を渡すとの連絡が。
一瞬、「ちょっと、」と思いましたが、我が手元に残して邪魔になりつつ腐れて行く姿も忍びないモノがありますので、皆の意思を確認してツブすことに。

161.jpg


タイヤは早朝から総務部長が3分山スワンパーから極太のバリ山マッテレに交換。
多分今まで一度もしなかったであろうファンキーなイデタチでの死装束となりました(笑)。

ワタシも思い出深いグリルと独特なブラケットを介して取付けるピントルを抽出。
当時とても高価だった日産純正マニュアルフリーハブも頂こうとしたのですが、外して見ると「!」な状態だったので、そのままそっと”お戻し”に(爆)。
粉々のグッチャグチャでよくも4輪回ってたもんだと感心してしまいました。


161メーター


生涯走行距離186359キロ。SD33としてはまだまだ現役続投可能な距離数です。
引取業者はリビルトや輸出もやってるので、きっと途上国で再び回り続けるでしょう。


161エンジン

161エンジン2

そのSD33ターボ付き。列型ポンプも凛々しいですね。
またこの黒いヘッドカバーがL20ターボみたいでカッコいいんです。
勿論純正品。コレを見てるとTDやTBなんかは単なる「灰色の蓋」に過ぎません。
エンジンが”商品”なので、さすがに記念品にするにはいきませんね。









161とY60



4月某日のよく晴れた日でした。
VR161、いろいろと楽しませてくれて本当にありがとう。



スポンサーサイト
  1. 2010/04/28(水) 12:05:27|
  2. アレスクラー弓張
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<命の燃料ゲージ | ホーム | Ferewell Party>>

コメント

有難う御座いました。

今日は、十分楽しませて頂き有難う御座いました。

最後の三本締め・・・一緒に出来てとても良い記念になりました。


レスキューで、颯爽と現れ、
荷台から牽引ロープを、さっと出し

とてもカッコ良かった161

今思うと、一度乗って見たかったです!

  1. 2010/04/29(木) 23:24:21 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #hEMd9J4w
  4. [ 編集]

ありがとうございました

路駆丸さんにはもっともっとここを走って貰いたかったです(笑)。
さしあたっての次ステージは「K三川」ですかね?
  1. 2010/04/30(金) 10:27:11 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/529-e0c8902c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する