組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

2010ジープの機能美展に行ってきましたよ その1

今年もこのお伊勢詣的通年行事に参加してきました。
今回、ワタシ的にこの手の行動ではカナリ珍しく単独行は取り止め、栃木より4台の編隊(変態?)で行ってまいりました。
9:00には小山のM邸(ジムニーヤード、と言った方が良いか)を出発したのですが、現場到着10km手前で我がDVDナビが御乱心になり、なぜか16号に入ったり出たりとロスを繰り返し到着は12:30近くなってしまいました。
もうすぐ着くはずだと再三の満タン警報を無視し続けた膀胱にも辛い道行きとなりましたが、あるまじき不幸は何とか避けられました(笑)。

というわけで、最初に見た展示はTOTOの便器だったんです(爆)。
と、戯言はさておき無事放水完了で落ち着きを取り戻してイザ展示室へ。


4W61.jpg
まず目に飛び込んだのは4W61。やはり存在感が凄いです。
鳥肌を抑えつつもエンジンルームを覗き込むと、巨大なSVエンジンが鎮座しておりました。
写真で見るよりも明らかにデカイ、鉄の塊のような6発です。
ん~まるで定置エンジンか船舶用ってカンジ。


4W61-5.jpg
リアリーフは細身が何枚も重ねられた、いわゆる電車リーフ。
摩擦軽減の為か、ナニやら布が挟まっています。
手抜きなしの実直な作り感がヒシヒシと伝わりますね。


4W61-6.jpg
計器類は必要最低限。でもジープに比べるとどことなくシャレてる風。アンティーク置き時計のような感じですね。


4W61-7.jpg
フロントリーフにはワインドアップ防止の為でしょうか、車軸より後ろ側を増されています。


4W61-8.jpg
この日産マーク、魚拓取りたい(爆)。


4W61-9.jpg

御先祖様と言う事でサファリとの共通点を探しますが、ここまで時代が変わってしまうとなかなかあるものではありません。んが、見つけました。
Y60も61も160もセンタースルー式の四駆ですけど、なんと4W61もそうだったんです!
つまりエンジンとミッションとトランスファー、プロペラシャフトが一直線で通ってるのでリアデフのオフセットがないんです。FRで走る分には振動やロスが少ないと言われていますが、リアからのジャッキアップにも便利ですよね(笑)。
安直にウイルスジープの模倣、派生形ではないぞと語っているようです。




隣に目を移すと、主催者石川さんの白いおレンジ様が展示されていました。

ROVER-6.jpg


ROVER-3.jpg
このゲートの開閉金具と取付処理は流石なのです(笑)。



ROVER-1.jpg
年式相応の英国車品質を物語っていますが、果たして楽しめる範囲の修理で済むのでしょうか?(爆)


ROVER-4.jpg
ドア開閉ハンドルは、なんと本物の木製のようです。


ROVER-2.jpg



いつかはクラッシックレンジに乗りたいですね。
その為にはもっともっと修理スキルが必要ですが(爆)、サファリはその点ちょっと役不足かもですね。
パーツがゴツイので体を鍛えるのにはイイですが(笑)。


ジープの機能美展というぐらいだからジープがたくさんないと気が済まないのは、なにもJマニアに限ったことではありません。
そんな意見もあったのか、今年はジープ盛りだくさん(笑)
ディーゼル系が無かったのは開催地の都合による大人の事情だと思います(爆)。


J-58.jpg
J58。
今日一緒に来た某高校の先生の58と同色の同年式。程度は断然こちらがヨロシイ(笑)。



J-58KAI-1.jpg

J-58KAI-2.jpg
このジープもCCVで紹介されていましたね。
創意と工夫と作り込みがスゴイです。でもボディの色が青だとは知らなかった、、。
なるほど、白黒書籍の限界を知りました。



J3-1.jpg
J3-2.jpg
このJ3は御殿場の例のお店から。マジで売りモノなんすかね?
そう言えばJ3は10数年前にアレスクラー弓張にもありました。すでに不動産と化していましたが、相当なスキモノが嬉々としてドナドナして行った記憶があります。



MB-1.jpg

MB。
もう何も言っても語るに落ちる、まさに原点という感じです。
この兵器感がタマリマセン。


今年の展示で目を引くのは、この素晴らしいウンチクの”書”。

KASENJIKI.jpg

RANKURU IKA

SYURABA.jpg

UGOKUDAKEMADAMASHI.jpg

もーこういうの大好きなんで、神聖な展示室で笑いを押し殺していましたよ(笑)。
足利には本格的な緑濁系チームがあるとは聞いていましたが、成程、敷居はかなり高そうですね(爆)。


MIZET.jpg

MB MOKEI

模型の作り込みも感心通り越して、神懸り的なモノを感じます。
リアルなミゼットに視線釘づけ。
Wakui3君もこのレベルになるまで頑張ろう!トンガリ帽子削ってる場合ではなくてよ(笑)。

その他書籍の閲覧(お持ち帰り厳禁)などが毎年の如くありまして、毎度一気に読めないので1年に一度少々を読み進めるという気長な読書を楽しみました。
なので是非、来年も同じ本を並べて頂きたくお願いします(笑)。



毎年思うのですが、この内容ならホントにショバ代払ってもイイぐらいです。
今年も良いものを見させて頂きました。

また同行したJ58先生(某高校教諭)が、石川さんにサインを貰ったと言って喜んでおりました。
部活をサボって来た甲斐があったと(笑)。
ホントに日本の教育現場はどうなってしまうのでしょう?(爆)




土曜日の第2展示場の模様は「その2」でご紹介します。

こー御期待?

スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 13:26:40|
  2. 間違いだらけの趣味人生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2010ジープの機能美展に行ってきましたよ その2 | ホーム | TBの系譜>>

コメント

お疲れ様でした。会場到着と共に出初式の如く放水とはさすがです(爆)。
近所のパトロール消防車も同行させたいところで有ります。
ご先祖参りはルーツを感じるところであったと思います。
職人が作りだした気迫を感じる作りこみですね。
リーフと格闘してきた私にはご先祖の構造はうならざるにおれません。
第二報も楽しみにしています。
  1. 2010/05/31(月) 14:35:53 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

気迫

プラスチックが除かれると、道具と言うモノはこうも機械感が出るものなのかと感心します。
4W61御先祖はまさに手間を惜しまず作り込んだ機械そのものでした。

フロントのリーフはもしかするとワインドアップ防止的なモノというよりは、沈み込んだ時に作用させてスタビ効果を狙ったのかもしれませんね。
なので、このリーフは見た目よりも柔らかいのかも知れません。

シャックル等の部品ディティールの凝り方は去年のトヨタジープBJ号の方がより在ったように思います。
まるでY60とハチマル時代の逆ですね(笑)。


  1. 2010/05/31(月) 16:08:46 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

充実ですね。

やっぱり、土曜日or日曜日に行きたいですね…。
来年は是非とも週末狙いで行かねば!!
4W61は見応えありましたね、ホント良いモノ見せて頂きました。
石川さんの2Drレンジ、遠目には綺麗ですが近づくと…(笑)、こだわりの仕上げ。自分のJ30もひとまずこの路線(=見てくれは後回し、実使用の重要カ所を重点的に…)で行こうと密かに心に思ったりしてました(笑)。
  1. 2010/06/01(火) 23:12:37 |
  2. URL |
  3. みかつ #-
  4. [ 編集]

レンジ様も様々

土曜日はその女王陛下の四輪駆動車の集会が併祭されてましたよ。
第2会場に集まったクラッシックレンジは皆細部まで綺麗でしたが、ウヤウヤしく飾られた本展示会場のが一番、、、、(爆)。

でも道具は本来こーあるべきですよね。
機能してれば問題はないのですから。

みかつさんのJ30はもはや貴重な工業遺産なのです。
どうか目標は高く掲げてください(爆)。


  1. 2010/06/02(水) 10:15:17 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/536-78ddecbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する