組長の徒然なるままに

北関東の極一部でその名を轟かす硬派ヨンク使いの会、恐怖の六年二組を主宰する組長の極フツーの日常やその偏見入り左脇えぐるよな視線で見つめた社会の風景を語る門外不出の赤裸々日記。

すいぶんと間を開けてしまいましたが、こちらは相変わらずクソ忙しい日々が続いています。
世の中暇だ暇だと騒いでいるのは何かのワナなの?と思ってしまうほど、ワタシの業務と世間はズレておるようです。
なのでこんな時だからこそ、せめて食事ぐらいガッチョリ食わねばなりません。そうでなくとも大気がネバネバに暑くてそれだけで気力が汗とともに流れて行ってしまう感じです。
で、この時期スタミナの定番と言えば、日本人なら「鰻」ですよね。
蓋をあけた瞬間のあのタレの焦げる香ばしい匂いと飴色に染まった鰻の開かれた肢体が、これまた日本人の心の原点でもある白銀のご飯の上に、まるで羽毛の敷布団のように敷かれているその御姿と来たら、もう悩みも予定も何もかも忘却の彼方(爆)。
ヒタスラ無心に箸を動かして喰うべし、な、ジャパニーズソウルフードなのです。

若かりし頃は関西風の、いわゆる蒸さない蒲焼が好きでした。
頭まで付けて開かれた油ギッシュで濃厚かつ、弾力のある食感が、「ああ、オレは鰻食ってるぜ」という気持ちにさせたものです。

ところが年輪を重ねるうち、関東風の蒸して焼かれた鰻がどうにも素晴らしく美味く思えてきたのです。
あちらさんが猛烈にクドイ、というワケではないのですが、ふわっとした食感と適度な油を保持したコチラの方に我が嗜好の軍配が野球賭博暴露と共に上がってきたと言う感じなのです(爆)。
もっとも今でも大阪方面に出た時は関西風のアタマ付き油ギッシュ鰻丼をかき込みたいですがね。体調のいい時だけですが(爆)。

で、その関東風の鰻の店なのですが、こっち(栃木)でソレナリに食してみてもなんかピンとこないんです。
値段はバッチリ高いのですが(爆)、食感とゆーか舌の感触とゆーかがですね、小さく「違う違う!」と叫んでいるんです。基本的には美味しいんですけどね。

先日、東京は北綾瀬(笑)←何故笑う、、に仕事の打合せがあり、昼飯時になんとなく鰻方面の話になってホントに久しぶりに、某市戸ヶ崎の「根本」に行ってきました。

この辺りは某市住民だったこともあり過去この店にも何度も来ているのですが、その存在すら忘却しかかっていて「近所に来た+鰻の話題」でシナプスが繋がったような感じで、まあ特に味的な期待はせず懐かしさ先行のような気分で時間が止まったような店内に突入。

ひとつだけ開いていたテーブルに座れました。そこかしこに貼られた全席禁煙注意書きが今となっては嬉しいですね。
しかもこんなに安かったっけ?と御品書きをみて思えるのは、ワタシが社会的に大人になったからのみではないでしょう。
鰻屋の鰻重としては十分にリーズナブルな1800円。

鰻の根本

まあまあそれはそれはアリガトサンと何気なく一口食ったところ、ワタシの脳はカチンとLY2リレーが繋がったようになりました。
栃木県民となり10数年、鰻を食って漠然としない「もやもや」を常に感じていたのは、ココの味が、鰻がまさに基本だったからなのですね。

この身のふっくら感、皮すらもトロっとしていながらに香ばしく、鰻を食った時のもやもやの原因でもあった(それに気付いた!)ゴムのような弾力などドコにもありません。
咄嗟にワタシは思わず「ああ、コレだコレだよう~!!」と、重を持ったまま店内を走りまわりクチから透過光を発しながら「うまいぞお!!!」と叫びまくります。もちろん脳内で(笑)。
実際は業者の方が一緒なので、「ウマいっすねココはヤッパ、、」と静かに言うのが精いっぱい。

とにかくスッキリしました。
鰻食ってスッキリとは何ともコレ如何にというカンジですが、自分的にはみょーに爽やかな食後となりました。

ちょっと失敗だったのは大盛りを頼まなかったコトと、盛大に煙噴き出している換気扇の下にクルマをとめたのでボンネットがベトベトになっちゃったぐらいですかネ(笑)。

やっぱり鰻は「根本」なのです。
調理やタレを含め我が人生の鰻では自分的暫定王者なのですが、この高き基準ハードルを知らずに食っていた過去の自分がホントに「勿体ない!」(笑)。

そのうち今度はプライベートで行きたいですね~。
栃木生まれ育ちの奥様にも本当の鰻のウマさを知っていただきたい、と、書くだけはタダ的な良い旦那のフリだけして〆たいと思います(爆)


鰻の根本外観




スポンサーサイト
  1. 2010/07/12(月) 00:40:47|
  2. 飲み食いドコロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ランサー君の車検事情 | ホーム | 実録!大腸内視鏡検査>>

コメント

昨日私もうなぎを食べていました。
小さな店の軒先で炭火で焼いて無造作にトレーに載せて
マッキーで値段を書いてあります。
Y60の中がうなぎの臭いで大変なことになりましたが
許してしまう美味しさなのです。
あ~今年も食べてしまったという感じですね(笑。
これで関東遠征の疲れも取れたかな。

夏はやっぱりうなぎですね。
そう言えば
支部長とはいつもうなぎだなぁ。。。
  1. 2010/07/12(月) 12:38:13 |
  2. URL |
  3. くろちゃん #-
  4. [ 編集]

富山の鰻は

くろちゃんさんち方面の鰻はセイロ蒸しで焼きですか?それともイキナリファイヤーのタイプですか?
どちらにせよ匂いも味ですから、Y60に乗っただけでご飯3杯はイケちゃうってカンジですね(笑)。

  1. 2010/07/12(月) 14:20:26 |
  2. URL |
  3. くみちょう #-
  4. [ 編集]

うなぎ

公私多忙とPC不調でブログ更新できていないnakajinです。こころに残る鰻屋というのはあるもので、私の場合は東京は神田の菊川と、岐阜は大垣の川貞です。どちらも10年に一度も食しませんが、恐らくはメモリアルバリューとつながった味が脳内に快感を呼び起こすのでしょうね。
  1. 2010/07/13(火) 06:48:08 |
  2. URL |
  3. nakajin #mQop/nM.
  4. [ 編集]

うまそ~

でも、遠いですよ~

どこか近在で美味しいところを、教えてくださ~い!

有りそうで、ないんですよね~この辺

一度、足尾銅山にあると聞き、行ったのですが、お休みでした・・・

駅東の店は、一見さんお断りの店だったので断られました・・・
  1. 2010/07/13(火) 23:22:46 |
  2. URL |
  3. 路駆丸 #hEMd9J4w
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/tb.php/541-d4c7778d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロクノニくみちょう

Author:ロクノニくみちょう
愛車日産サファリY60と、それにまつわる悲喜コモゴモな出来事を赤裸々に曝け出す西高東低の意味なしブログです(笑)。
”組長”(注1)と呼ばれる問題児が見た社会や、彼の偏った価値観をモザイク無しの直球勝負で書き綴る、不良中年現在進行形の異常日記でございます。
尚、ご覧になる貴方の人生になんら足しにはならないので見過ぎに注意し、必ず食後に1アクセス程度を心掛けてください。
またサファリ関連だと思ってもまるで参考にもならないので、真似をすると貴方の愛車の健康を著しく損なう恐れもあります。


(注1)組長とは、説明しよう。
t県はy市y張のアレ○クラー弓張という某所にて、公開秘密結社6年2組という世界征服と環境保全(爆)を目的としたチームを営んでいる、というコトもあったけど今はホームコースの閉鎖で休業中。
元走り屋今路外屋。残念ながら既婚。メタボからメタボ気味に改善後、再びメタボになりつつあったのでちょっと反省し再び改善中。某企業の某設計屋をやりつつ悪だくみも兼務で以下ゴニョゴニョ。
最近会社では”戦車持ち”なことが有名になり、他拠点からの目撃情報が本社の話題なるほどである。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する